ブランドの買取情報



24時間限定リアルタイム

◆10代にしか見えないような若い人も、ブランド

10代にしか見えないような若い人も、ブランド品を身に着けている今日この頃ですが、持っているブランド品を買い取ってもらうには実は年齢制限があることを知っておきましょう。


買い取りを制限される年齢は、店により異なります。


例えば、20歳未満は無条件で一切取引をしない、としているお店もありますし、ブランド物を売却することに保護者が同意していて、その証明ができれば未成年であっても18歳以上で取引を可能とするなどといったお店もあり、その対応は様々です。


買取店の利用を予定しているなら、未成年の人はお店側がどういった対応を取るかなど、事前にHPなどでちゃんと確認しておくことが大事です。


買取店が買取可能とする数々のブランド品のうち少し毛色の変わったものとして特筆すべきは、ヴィトンやシャネルとったハイクラスのブランドが出したノベルティグッズが挙げられます。


手鏡、ポーチ、遊び心あふれるおもちゃに至るまでいろいろありますが、これらはブランドの正規店でも買える物ではなく、商品を購入することで店からプレゼントされるものです。


そんな様々なノベルティグッズは、誰もが入手できるというのものではなく、それらを欲しがるブランドコレクターが多いこともあって、高い値段で買い取ってもらえる可能性は高いです。


なので、プレゼントされたまま未開封でおいてある、なんてグッズをお持ちであればぜひ、買取店に査定を頼んでみると良いでしょう。


ボッテガ・ヴェネタはイタリアのファッションブランドです。


1966年の創業で、「ベネチアの工房」という意味を持つそうです。


比較的新しいブランドですが、皮革製品でよく知られており、デザインとしてはまず、イントレチャート(編み込み)が挙げられます。


そして、ブランドロゴは目立ちませんし、製品の形状、バッグや財布の形は概してシンプル、確かな品質を誇り、機能的にもよく考えられた製品で飽きがくるものではありません。


色のバリエーションが多いことでも知られており、色を選ぶ楽しみがありますし、色違いを配偶者にプレゼントすることもできます。


持っているだけで使っていない、使う予定もない、というボッテガがあれば、ぜひ一度、買取店で査定を依頼してみましょう。


ブランドとしては新しいですが人気は高く、高額査定もあるでしょう。


使わなくなったブランド品も持っているだけでは宝の持ち腐れ、それなら売って少しでもお金にしたい、と考えていても、簡単に訪ねて行けるところに、こういうお店が存在せず、考えてみると、遠くのお店まで行って帰るような時間を取るのは難しいといったように、お店に行きたいけどなかなか行けないという人もいます。


お店がない、遠い、そういう時には宅配で買い取りをしてくれるお店を利用すると問題解決です。


まずお店に連絡して宅配キットを届けててもらいます。


それを使ってブランド品を送り、お店側は受け取ると梱包をといて品物の査定を行います。


査定が済むと結果のお知らせがあり、査定額に不満がなければ、商品の料金が振り込まれることになります。


全ての過程を在宅で行うことが可能です。


不要になったブランド品を買い取ってもらうために、買取業者を利用しようとするならちょっとしたコツのようなものがあるのでご紹介します。


まず便利な方法としてよく知られているのが、一括査定サイトという、オンラインサービスを使うことによって少しでも高く買ってくれそうなところを探します。


サイトから一括査定を申し込んで、複数の業者から査定額を出してもらい、一番高かった業者を簡単に見つけることができるわけです。


またちょっとしたことですが、実物を見てもらう本査定の前には、商品の見た目をきれいにしておきましょう。


でも、あまりに一生懸命磨き上げようとすると傷をつけたりして、元も子もなくなりますので、軽くホコリを払い、乾いた布でやさしく拭くくらいにします。

◆ヴィトンのバッグといえば、世界的な

ヴィトンのバッグといえば、世界的な人気商品の一つかもしれません。


言わずと知れた有名ファッションブランドの一つであり、ブランド名は創始者である職人ルイ・ヴィトンからきています。


ルイ・ヴィトン(LouisVuitton)のLとVを組み合わせであるモノグラムを使った、特徴的な模様は見間違えることなくヴィトンだとわかります。


ヴィトンというブランドは世代に関係なく、大変息の長い人気を誇り、限定品や新作も発売されていて、それが話題になると、以前買った製品をブランド品買取店で買い取ってもらい、新しく出た製品を買う資金にする、というやり方をする人も珍しくはないそうです。


手持ちのブランド品が増えていくにつれまったく使われない不要の物も出てくるでしょう。


そういった品物を、勿体ないですから「売った方が得」と思う人は多いでしょう。


でも、利用する買取店を慌てて決定するのは良くありません。


どうしてかというと、こういった買取店というのはそれぞれに、割と値段は差が出てきたりするからです。


そんなこともあり、利用するお店は複数のところを比べてから決定する、というのが多少なりとも得になるのです。


中古ブランド物の買い取り相場ですが、数が膨大且つ多種多様ですから、何かの品物についてピンポイントでその値段を知るというのは難しいようです。


しかし、他のものはともかく世界的に有名なブランドのバッグなら、ネット検索によって買い取りの価格相場は容易に判明します。


そしてブランドの中のブランドといってもいい定番商品ともなってくるといつでも人気の高い状態を維持しており、買い取り相場はほとんど変わることなく、予測しやすいのです。


対照的に、買取相場の変動が大きくて判断が難しいものは、この先の人気がどうなるか不透明な最新の商品、マイナーなブランド品、そして常に人気が上昇したり下落したりするアクセサリー類全般、そういった商品です。


こういった商品に関しては、それぞれに査定を受けないと、価格はわからないでしょう。


家に保管してあるだけの、要らなくなったブランド品を専門の業者に買い取ってほしいけれど、近所や知っている範囲にお店がない、お店に売りたい品物を持って行く時間もないといったように、お店に行きたいけどなかなか行けないという人もいます。


そういう時は、宅配買い取りサービスを行っている買取業者をみつけて利用するのが良いでしょう。


お店の用意してくれる宅配キットで、売りたい商品を送付し、それをお店の方で受け取って中のものを査定してくれます。


査定額を連絡してきますので、その金額でよければ、お店から料金の振り込みがあります。


すべてを在宅で行える便利なサービスと言えるでしょう。


第一次世界大戦後の混乱がまだ尾を引いている1921年、グッチオ・グッチが創業したのはそんな時代で元々はフィレンツェの皮革工房でした。


世界的に有名なイタリアンブランドとなり、最早知らない人はいないでしょう。


どんな商品があるか見ていくと、バッグ、靴、財布といった定番のレザーグッズから、様々なウェア、香水、アクセサリー類や時計などと多岐にわたって充実した品揃えを誇り、ブランドの特徴の一つとなっています。


歴史を辿ると、ビッグネームらしい、大長編のドラマのような変遷を見せていますが、ブランドの柱をなす、幾人ものデザイナーの手が仕事をこなしてきました。


有名なところではトム・フォードなど。


ちなみに現在のクリエイティブディレクターはアレッサンドロ・ミケーレです。


ブランドのファンは多く、変わらぬ人気を保ち続けるグッチの商品は、どこのブランド品買取店でもいつだって、高水準の査定価格で対応してくれることが多いはずです。

◆手持ちの不要なブランド品を買取店で

手持ちの不要なブランド品を買取店で買い取ってほしい時は、宅配買取サービスを使うことによって、店頭まで足を運ぶことをしなくて済むため、大変便利になっており、なんと最初から最後まで在宅での手続きが可能です。


お店に買い取りを申し込むことで、商品を詰めるための配送キットが届きますので、そこに買い取ってほしいブランド品を詰め込んで送付し、お店の査定員が、それらを査定してくれます。


売却したい品物が複数個だったり、なかなか外出する時間もなければ、こういう方法を使えば便利なのでおすすめです。


中古ブランド物の買い取り相場ですが、数が膨大且つ多種多様ですから、何かの品物についてピンポイントでその値段を知るというのは難しいようです。


しかし、他のものはともかく世界的に有名なブランドのバッグなら、ネット検索によって買い取りの価格相場は簡単にわかってしまいます。


そしてブランドの中のブランドといってもいい定番商品ともなってくると高い人気をずっと保っていますから、買取価格は簡単に把握できることが多いです。


それとは違い、中古価格がいくらになるかつかみにくいものが、先々人気がでるのかもわからないほど新しすぎる商品、またあまりよく知られていないブランドのものや、そして常に人気が上昇したり下落したりするアクセサリー類全般、そういった商品です。


こういった物の買い取り価格については、ネット検索で探しても情報を得られることはないでしょう。


業者に査定を頼むしかありません。


どんな買取業者であっても、高額買取になる可能性がきわめて高いプラダは、マリオとフラテッリ、二人のプラダ兄弟によってつくられたイタリアの高級ブランドです。


始めの頃は、店名を「プラダ兄弟」といい、皮革製品の店でしたが、素材にどこまでもこだわる等、品質の高さで評判になり、イタリア王室御用達となりました。


その後プラダ衰退の時代が来て、3代目オーナーにミウッチャ・プラダが就任すると状況が好転、「日常を贅沢に飾る」という言葉を掲げてコンセプトにし合理的で巧みな素材の使い方と、デザインの斬新さによって、世界を巻き込む大きなブームを呼びました。


業者に売りたいブランド品の数が多かったり、もしくは事情で家を空けられない、という時には、出張サービスがありますので、利用してみると良いでしょう。


大型のスーツケース、または移動させるのが難しい物を売却したい、という人はしばしば、便利に利用しているようです。


住居、あるいは職場など、商品のある場所に出張してきてもらってその場で査定を受け、金額に納得がいけば売却分の料金を受け取って売買は終了、という流れです。


女性が一人暮らしをしているなど、住居に男性を入れたくない場合、女性バイヤーに来てもらえるよう、あらかじめ言っておくと良いでしょう。


持っているだけで使っていない、使う予定もないというブランド品の数々、バッグや靴、財布、時計などについて価値のわかるところで売却したいと願っている人は大勢いて、ブランド物の買取店を利用する人は増えています。


ブランド買取店を利用の際、得するための方法を紹介しましょう。


一つのお店だけを利用するのではなく、複数のところで査定を受けてみて、どんな値段になるか教えてもらいましょう。


これで、買取価格を一番高くつけてくれる買取店がどこなのかが明確になり、結果として最もお得な取引ができることになります。

◆ずっと大事にするつもりでブランド品を購入する人もいれば

ずっと大事にするつもりでブランド品を購入する人もいれば、近い将来、手放して換金するため業者を利用するつもりでいる人もいるでしょう。


そんな風に思っているなら、覚えておいてほしいことがあります。


ギャランティーカードをはじめとして、ブランド物を買った時に商品に付属していたもの、箱から袋も捨てたり紛失したりしてはいけません。


保存を心がけてください。


なぜなら、業者の査定において付属のあれこれがないとなると、査定額が大きく変わることが考えられるからなのです。


付属品の中で特に大事にしたいのはギャランティーカードです。


どんな事情であれ、この品質保証書を付けられないのであればどこのブランドかにもよりますが、査定すらしてくれない可能性もありますから、その扱いには注意を払っておいた方がいいですね。


新しくブランド品を買った時に商品と一緒についてくる箱、保護する袋、その他諸々ありますが、捨ててしまっていませんか?将来、買取店を利用してその売却を試みるのなら最初からあった、箱や袋などが残っているか否か、ということが、買取店により、またどこのブランドか、どういった商品かによるものの、大きく買取価格に影響します。


箱があるだけで高額買取になったのに、というケースも多いのです。


なのでぜひ、捨てようなどと考えず保管しておくようにしましょう。


「保存していても意味がない」「必要ない」と思うのであれば、そういったものを必要としている人もいますから、ネットオークションで販売してみるとそこそこの値段で売れる可能性があり、おすすめです。


略称をフェラガモ、正式名称サルヴァトーレ・フェラガモは創業したデザイナーの名前です。


若いころから靴一筋で、大学で解剖学を学んでまで靴の履きやすさを追求しようとした真摯な職人です。


高い品質と、靴としての機能の素晴らしさは、人々が知るところとなり、多くの人に信頼されているブランドです。


フェラガモといえば靴、というのはその通りなのですが、それに加えてバッグ、財布などの商品も出してきて、各国コレクションにもブランドとして名を連ねておりトータルファッションブランドとしても認知されています。


履かなくなった不要なフェラガモの靴をしまいこんでいるなら、買取店での売却をおすすめしたいところです。


数が多いようなら、出張買取を利用した方がいいかもしれません。


バレンシアガというブランドは1914年に、バスク系スペイン人、クリストバル・バレンシアガにより創業されたファッションブランドで、スペイン国内にて設立されました。


スペインの内戦によって、パリへと本拠地を完全に移動しましたので、フランスのファッションブランドとして知られています。


ハイクラスの高級ブランド、ラグジュアリーブランドの一つであり、服飾をはじめ、バッグ、靴など皮革製品、宝飾、香水、時計等々、ファッションに関連した様々な商品を取り扱っています。


ブランド品の買取店で、バレンシアガの製品を売るつもりなら、財布やバッグ、小物などは、高く売却することができるでしょう。


ニューヨーク生まれのブランド、ティファニーは1837年の創業で、その名前は宝飾と銀製品で有名です。


中でも指輪やネックレス、またピアスなどのダイヤモンドが使われたアクセサリーが高い人気を誇ります。


ダイヤといえば、結婚指輪や婚約指輪としてもよく使われますが、ティファニーによる一組のリングを身につけたいと考える人は多くいます。


それから、特に女性たちの間で、コレクターや愛好者の多いブランドです。


使わなくなったティファニーを買取店に売却するつもりなら、その前にぜひ一度、ネットでその商品の相場を調べて、知っておいた方がいいでしょう。


そうして、さらに店は複数当たって価格がいくらになるか尋ねた方が良いでしょう。


というのも、店ごとに価格差が大きい可能性もあるからです。

◆大雑把にブランド品とはいっても、物は

大雑把にブランド品とはいっても、物は様々です。


数あるブランド品の中でも、買取店において洋服ほど、査定に期待をしてはいけない物はないようです。


とても品質が良くて、デザインも一般受けしそうに思える服も、よっぽどの大人気ブランドの、しかも人気商品でない限り査定額は、残念なものとなることが多いです。


新品同然の未使用品、値札もつきっぱなしといった商品なら人気ブランドに限りますが、高額での買取も期待できるのですが、着用済みならそれだけで、査定金額は激減します。


そこそこ着用して、既に新品感がまったく消えた物になると残念ながら、ほとんど値段はつかないでしょうから、リサイクルショップに持ち込んだ方が良いかもしれません。


欲しかったブランド品を購入できると嬉しいですよね。


ところで買った時の箱や保管袋などは、どうされていますか。


ブランド買取店を利用することにした時にオリジナルの箱や袋を残しているか、そうでないかは、その買取店の方針だったりブランドがどこか、どういった商品であるのかにより、買取価格に大きく影響することになります。


付属物が全部揃っていれば高額買取というケースでも、揃っていなければそうはなりません。


なのでぜひ、捨てようなどと考えず大事にしまっておくのが良いのです。


それでも捨てたい、というのであればいっそ、ブランド品の箱や保存用の内袋は需要がありますので、ネットオークションを利用して売りに出してみたらそこそこの値段で売れる可能性があり、おすすめです。


ブランドを選ぶならシャネル一択、という人もいるほど人気の高い、世界的にも名高いシャネルは、ガブリエル・ボヌール・シャネルという女性によって創業されました。


ココという愛称の方が良く知られていますが、この人が広告塔として自ら先頭に立ち、ブランドイメージに大きく寄与しました。


創業当初はシャネル・モードという名前の帽子屋さんだったのですが、徐々に服、香水やコスメといったように、広く展開するようになり、バッグ、財布、時計など多種多彩な商品が販売されております。


多くのファンに支えられ、根強い人気がありますから、商品次第とはいえ良い値段での買取もあるはずです。


ミュウミュウというのは、ミウッチャ・プラダが、プラダの姉妹ブランドとして、興した新しいファッションブランドであり、幼少の頃の愛称がブランド名の由来です。


できてからまだ20数年しか経っていませんが、個性の強さ、斬新さ、これまでにないものを実現させ続けようとするデザイナー、ミウッチャ・プラダの理念が表現されており、人気は高いです。


どちらかというと若い世代向けのデザインと言えるでしょう。


プラダ系列である、とうこともあり、ミュウミュウについての買取を強化している買取店がたまにあるくらい人気があります。


新品であればともかく、中古となったブランド品の価値というのは普通の人が一見して判るようなものではありません。


ですから、使っていないけれど保管している、そんなブランド品に、ちょっと意外な程の高値が付くというようなことだって、ないわけではありません。


いい話ばかりではないにせよ、そして売買の話が最後まで進むかどうかはブランド品のストックがあるのなら、試しに査定を頼んでみたら如何でしょう。


単なる中古ブランド品だったはずなのに、思わぬ理由で高い値段がつくような物になっていた、といった例もあるにはあるのです。