ブランドの買取情報



24時間限定リアルタイム

◆「ブランド品を買い取ってもらおう

「ブランド品を買い取ってもらおう」と買取店を利用する場合、ぜひともあらかじめ用意しておいて欲しいものがあります。


それは名前、住所、年齢などが確認できる本人確認書類で、運転免許証などがこれに該当します。


本人確認書類が必要な理由としては、古物商であるブランド買取店は、古物営業法に従って商売を行ないますが、この法律により古物を買い取る際は相手方の人物確認が必要となるのです。


そのために名前や住所が記載された、本人確認ができる書類を見せるように言われるのです。


運転免許証で用を済ませる人が多いですが、健康保険証やあるいはパスポート、それらがなければ住民票でも大丈夫ですが、きちんとしたお店である程、確実に提示を求められることになりますので携行していないと困ったことになります。


気を付けてください。


ブランド品を買い取るお店で査定を受ける際に高い値段がつけられるような物というのは、あくまで今現在、人気のある商品となっております。


例え、以前に大人気商品だったとしても、ここのところの人気は皆無、といった場合、査定が高く出るということは、まずないでしょう。


この買取基準を知らずにいると「折角すごいブランド品を査定に出したのにこの程度?」と驚くこともある訳なのです。


査定額は今時点の人気、需要の有無がポイントだと知っておけば、査定の時に大体、高額査定かそうでないかざっくりと予想がつくかもしれません。


ブランド好きであれば、どうしても避けられないのが、そのうちに使わない品が出てきてしまうということです。


そういう物は業者に売って、次に予定しているブランド品購入の、資金の足しにしましょう。


ともあれどうせ売りに出すのなら、できるだけ納得のいく値段、わずかなりとも高い値段をつけてもらいたいところです。


しかしながら、ブランド品の買取価格は、どこの同じというわけでは決してありません。


利用する側としては、買取価格がどこよりも高いところを探し回らなくてはいけないことになってしまいます。


ですが、実はたいして面倒なことではありません。


PCやスマホでアクセスできる、一括査定サイトというものを使うと、複数の業者が出す査定額を知ることができます。


ちなみに、この一括査定の申し込みは無料で行えます。


1921年といえば第一次世界大戦が終わった頃です。


イタリア生まれのグッチオ・グッチが創業したのがこの年で最初はフィレンツェの一レザー工房でしたが、ほどなく店舗を持ち、製品が人気を呼んで成功をおさめていきます。


1951年にアメリカ進出、それから1964年に日本に上陸しました。


ラインナップを見ていきますと、各種バッグや靴、お財布などお約束の皮革製品をはじめとし、服、香水、アクセサリー類、時計などに至るまで関わる分野は多く、商品の種類は間口の広さでもあるでしょう。


こういった点もグッチというブランドの特徴です。


その歴史はお家騒動などもあってかなりドラマチックなのですが、そんな中、あまたのデザイナーが育ち、関連ブランドも多いです。


そんなグッチの商品は、ブランド品買取店ならどこであれ歓迎するはずです。


ブランド品を愛用する人の中には、品物を長く使っていき、醸し出されたビンテージ感を好ましく、格好がいいと思う人は多いです。


しかし、そういう古い物をブランド買取店を利用して買い取ってもらうつもりでいるなら、考え直した方がいいかもしれません。


買い取りを希望したとしても、実物の古さのあまりにがっかりしてしまう程の低価格になることが予想できますし、そもそも査定もしてもらえないことだって考えられます。


経年劣化で留め金が緩んでいる、細かいキズが多数浮いている、紐が切れかかっている、などの理由で、いい値段は到底期待できないのです。


古い物が貴重なもの、とみなす風潮はブランド買取の世界ではない、と考えてください。

◆ニューヨーク生まれのブランド、ティファニーは

ニューヨーク生まれのブランド、ティファニーは1837年の創業で、宝飾、銀製品のブランドとしてよく知られますがネックレスやリングなど、ダイヤモンドの製品に人気が集まっています。


ですから、結婚指輪として、また婚約指輪にティファニーを望む人たちも大勢います。


また、客層はどちらかといえば女性中心かもしれません。


ティファニーファンは明らかに、女性の方が多い傾向があります。


ティファニーの製品を買取店で取り扱ってもらおうとするなら、その前にぜひ一度、ネットでその商品の相場を調べて、知っておいた方がいいでしょう。


そうして、その上で、業者は単独に絞らず、いくつかの店にどんな買取価格になるのか査定を受けてみましょう。


店によってだいぶ、価格が違うかもしれません。


ジュエリーブランドとして世界的に名高いカルティエは、各国王族の身を飾る宝石を手がけてきたことでもよく知られています。


それほど目立つことはないかもしれませんが、所有の喜びを深く味わわせてくれるブランドで、デザインはとても種類が多く多彩で、いろいろな年齢層や好みの人が自分の好きなものを選ぶことができます。


そして、確かな品質と高い機能性を兼ね備え、超高級品から手の届きやすい価格のものまで取り揃えて販売しているブランドです。


優雅で気品のあるジュエリーは、特に女性から熱心な支持を受けており、カルティエを婚約指輪、結婚指輪としてセレクトする人は多く、人気の高さを物語るのですが、贈り物としてのカルティエを売りに、買取業者を訪れる人も時折見られるそうです。


エルメスの歴史は、馬具工房から始まります。


その顧客は皇帝や貴族などですから、事業としては大変成功していたと言えるでしょう。


程なくして、フランスにも産業革命の波が押し寄せ、人や物が馬車ではなく自動車で運ばれる時代の兆しが、この頃すでにありました。


そこでエルメスは、馬車の急激な衰退に対処するべく、皮革製品に対する知識を生かしてバッグ、財布などを取り扱う会社へと転換することによって、歴史の波に消えていたかもしれないポイントを乗り切り、生き延び、成長しました。


言わずと知れたハイブランドで、欲しいけれどもなかなか手が届かない、といったケースが多いのですが、手に入れて後悔することはないでしょう。


そしてもしも気に入らなかった、手放したいと思うことがあったら迷わず、買取店を利用することをおすすめします。


エルメスであれば、ほぼ間違いなく、かなりの高額買取が期待できるはずです。


誰もが知るバーキン、エルメスのバッグとしてでなく、ただバーキンとして非常に知名度と存在感のあるバッグであり、バーキンが誕生したエピソードは、エルメスファンでなくても知っている程有名で、商品名は女優兼歌手のジェーン・バーキンに由来しています。


物がどんどん詰め込まれて一杯になった籠を使っているジェーン・バーキンを五代目にあたるエルメスの社長が目撃し、使いやすくて、何でも入れられるバッグをプレゼントすることにし、こうしてバーキンが生まれたのでした。


バーキンといえば、長期にわたって人気が続いている大定番ですから、きれいな状態のバーキンであるなら高い値段での買取が期待できます。


正規店からでなく、ネットオークションなどを通して入手したブランドのバッグや靴などをお店で買い取ってもらおうとしたら、なんと真っ赤な偽物だった、ということはたまにあるようです。


こうした場合には、プロの査定員が真贋の見分けがつかないはずはなく、すぐにこの品物は扱えない、と買い取りをお断りされてしまうはずなのですが、滅多にないこととはいえ、取引が成立したこともありました。


査定員が偽物を見分けられず、買い取りを拒まなかったのが原因とはいえ、持ち込んだ側の責任もあり、ちょっとした問題になることもあるでしょう。


ですから、ブランド品を購入するときは、さらにそれを後々買い取ってもらうつもりでいるならぜひ、正規のお店を利用するようにし、ギャランティカードがないものなど、あからさまに怪しい場合は安くても購入を見合わせるということを徹底しましょう。

◆バレンシアガは1914年、デザイナー、クリス

バレンシアガは1914年、デザイナー、クリストバル・バレンシアガによって創業されたブランドです。


1930年代には、パリに本社を移転したので、スペイン生まれですが、スペインのブランドとはいえません。


ラグジュアリーブランド、つまりルイ・ヴィトンやエルメスのように、ハイクラスのブランドとして存在し、レディース服、バッグ、靴、宝飾、時計、香水など、さまざまな商品を揃えています。


また、バレンシアガのバッグや財布をブランド品の買取店に持ち込めば、高く売却することができるでしょう。


ブランド品は多種多様、いろいろあります。


ブランド品を買取店で査定をしてもらう際に査定額が断然高くなる物といえば、その時点で人気の高い品物であり、これは鉄則です。


少し前の人気商品でも、今はあまり人気がない、即ち需要がない物の場合は、まず、高い値段になることはなさそうです。


この買取基準を知らずにいると「折角すごいブランド品を査定に出したのにこの程度?」と驚くことも珍しくはないのです。


査定額は今時点の人気、需要の有無がポイントだと知っておけば、買取店の出す査定額に納得がいき易いのではないでしょうか。


頂き物のロレックスがあります。


ロレックスは初めてだったので珍しさもあって数回使ってみたのですが、しっくりこなくて放置することが増え、いつしか完全に、お蔵入りになってしまいました。


ですが良い物だし、このままでは宝の持ち腐れというものです。


そこで、ブランド品の買取サービスがあるお店に持ち込んで、査定してもらうことにしたのでした。


傷があるか、故障してないかなど時計の状態そのものに加え、市場での需要、人気のチェックだったり複数の要因が組み合わさって査定額は、算出されるということでした。


プレゼントされた当初からずっと持っていた、箱とか保証書も全部まとめて、そして、希望価格を質問されたので、適当な金額を答えて、買取店のベテラン鑑定士による査定をお願いすることにしたのです。


ブランド物の買い取り相場を正しく知るのは、そう簡単ではないのですが、ただ有名ブランドのバッグに限っては、その買い取り価格がどのくらいになるのか、ネットで調べてみるとかなり正確な数字を知ることができるようです。


特に定番商品ともなるとその常に変わらぬ人気ぶりによって、そのため価格の相場はあまり動くこともなく、おおまかながら調べれば、買取価格がわかるのです。


対照的に、買取相場の変動が大きくて判断が難しいものは、この先の人気がどうなるか不透明な最新の商品、マイナーなブランド品、または、流行の波が激しく、人気が安定しないアクセサリーの類となっております。


これらの商品に関しては、ネットで相場を調べることは難しいので、お店で査定を受けてみると良いでしょう。


ブランド品を買うと必ずついてくる、箱や保管袋といった付属物は、基本的に全て残しておいた方が良いようです。


後々その商品を買取店で買い取ってもらおうとした場合にオリジナルの箱や袋を残しているか、そうでないかは、各々お店ごとに違っていたりブランドがどこか、どういった商品であるのかにより、査定の時に大きな影響を与えますから、金額は大きな差になります。


ですから是非とも、それらを捨てることはせず良い状態のまま保管しておき、後々役に立てましょう。


「保存していても意味がない」「必要ない」と思うのであれば、ネットオークションで販売してみましょう。


ただの箱や保存用袋ではありませんからそれなりに買い手がつくことが考えられます。


ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

◆ブランド品を色々と身に付けたり、使ってい

ブランド品を色々と身に付けたり、使っていくうちに気が付くと使用することがなくなり、収納してあるだけ、という物もやがて増えてしまいます。


それらを、せっかくのブランド品だからと、買取店に売ってお金にしようとする人は増えています。


ですがその折、お店を性急にどこにするか決定するのは良くありません。


なぜかというと、ブランド品の買い取りは個々のお店で、出してくる価格が違ってくるからなのです。


なので、一つの店にすぐ決めず、色々なところを比べて店を選ぶ方がいくらかでも得ができる方法なのです。


今時は若い人、それこそ未成年の学生さんであっても、ブランド品を使用している割合は多いようです。


しかし、所有のブランド品を、ブランド買取店で買い取ってもらうことは年齢によってはできないことがありますので、注意してください。


規定は店ごとに異なっており、未成年(20歳未満)は取引不可、というシンプルな所やブランド物を売却することに保護者が同意していて、その証明ができれば未成年の場合でも(ただし18歳以上)取引できるところもあるようです。


それでも買い取りを希望するのであれば、お店のサイトなどを見て、取引可能かどうかチェックしておく必要があります。


使わなくなったブランド品も持っているだけでは宝の持ち腐れ、それなら売って少しでもお金にしたい、と考えていても、買い取ってくれるお店が見あたらないし、そもそも、行けるような時間を作ることができないなど、人それぞれ事情があるものです。


お店がない、遠い、そういう時には宅配で買い取りをしてくれるお店を探してみましょう。


検索すればすぐ見つかります。


このサービスを利用したい旨をお店に伝えると、それ専用の宅配キットが送られてきます。


それを使って売りたい品物を送り、お店側が受け取って査定を行ってくれます。


それから査定額の通知があります。


その金額で特に問題がないなら、売買が成立し、料金が振り込まれるという流れです。


オメガはスイス生まれの高級腕時計メーカーで、スピードマスターシリーズはブランドの代名詞といっても過言ではないでしょう。


ハイクラスのものあれば市場での需要は高く、買取においても良い値段がつくはずです。


ただし、相場価格はあらかじめ、ネットなどで調べておく必要があるでしょう。


そうでなければ、あまり時計に詳しくない店などで安い査定額を提示され、取引してしまうこともあるかもしれません。


大半のブランド品買取店では、たまに、期間限定ながら買取価格を数パーセントアップするなどといったようなお得なキャンペーンをしてくれることがあるのです。


それ程急いでもいるわけでもない、という場合は、極力高い値段で売却するために、キャンペーン期間がスタートするまで待ってから買取額のアップを図ると良いです。


フェラガモは正式名称を「サルヴァトーレ・フェラガモ」といいそのまま創業者の名前です。


イタリア人サルヴァトーレ・フェラガモは10代でアメリカにわたり、靴職人として卓越した能力を発揮して多くの顧客を得た後、イタリアに帰国してフェラガモを創業します。


ずば抜けた品質の良さで名声を得ており、多くの人に信頼されているブランドです。


フェラガモといえば靴、というのはその通りなのですが、それに加えてバッグ、財布などの商品も出してきて、パリコレその他のコレクションにも参加してトータルファッションブランドとしても認知されています。


ところで、そんなフェラガモの靴を、あまり履かないままただ保管しているだけ、という状態であれば劣化してしまう前に、人気のあるブランド靴ですから、一度査定してみると良い結果が得られるかもしれません。


数が多ければ、出張買取という手もあります。

◆所有していながら、使うことのなくなっ

所有していながら、使うことのなくなった靴やバッグやお財布、あるい時計などのブランド品の数々をちゃんと価値をわかっているお店で売りたいと思っている人は多く、ブランド品の買取店も人気があります。


買取店を利用するなら、覚えておくと良いことがあります。


利用するお店はを一つに絞らずに数店において査定を受けてみて、どんな値段になるか教えてもらいましょう。


こうして複数のお店のうち、より高く買い取ってくれる買取店がどこなのかが明確になり、満足のいく売買になることは間違いないでしょう。


あこがれのブランドの高価な靴を買ったものの、履いてみると、足に合わないのか、履くと必ず靴擦れができるので履けない、なんて経験のある人もいるかもしれません。


合わない靴は本当に仕方がありません。


そんな風に、履けなくなってしまった靴がある場合、所有はあきらめて、いっそブランド買取業者に買い取ってもらいましょう。


そうする場合は、なるべく早めにした方がいいです。


保管状況にもよりますが、靴は手入れもせずに置いておけばどんなに良いものであったとしても、くたびれていくばかりです。


ですが、まだ少ししか履いていない、そして、キズもカビもなくて、よい状態で置いておけたら、想像以上の高値がつくこともあります。


創業当初、エルメスはパリにある馬具工房でした。


その顧客には皇帝や貴族が多く、事業としてうまく軌道に乗っていました。


ところが時代は巡り、人や物が馬車ではなく自動車で運ばれる時代の兆しが、この頃すでにありました。


近い将来、馬が動力である時代は終わる、すなわち馬具では商売にならなくなることを悟り、馬具工房からその皮革加工の豊富な経験を生かして、バッグ、財布などの皮革製品を扱う会社に華麗に転身し、時代の変遷に潰されることなく、それどころか時流に乗って生き延び、成長しました。


もはや、説明不要の超高級ブランドと言っても過言ではないでしょう。


需要は高く、供給が少ないため、不要になったエルメスがあるなら、相当高い金額での買取となるでしょうから、一度査定をしてみてはいかがでしょうか。


一般にフェラガモと呼ばれますが、正式にはサルヴァトーレ・フェラガモでデザイナーの名前がそのままブランド名となっています。


イタリア、フィレンツェでの開業は1927年ですが、それ以前から大勢の顧客のいる程の熟達した靴職人でした。


どちらかといえば名より実、ブランド名もありますが、その品質の高さと使いやすさによって、フェラガモファンは世界中にいます。


フェラガモといえば靴、というのはその通りなのですが、それに加えてバッグ、財布などの商品も出してきて、近年ではパリコレをはじめ様々なコレクションにも出場しトータルファッションブランドとしても認知されています。


ところで、そんなフェラガモの靴を、あまり履かないままただ保管しているだけ、という状態であれば劣化してしまう前に、買取を検討してみると良いでしょう。


何足もあって面倒、という場合は出張買取が便利です。


買い取り商品を選ぶ業者、つまりお店にとって良い商品、売れる見込みのある商品のみ店頭に置くことを目指している買取業者の場合、古くて形の崩れているものや、型落ち製品といった物は店の方針として、買い取ってもらえない場合が多いです。


こうした店で買い取りを拒否されたような商品を売りたいなら、ギャランティカードや外箱といった付属品を紛失していても買い取りをしてくれる、そういった業者を選ぶのが良いようです。


難点があるとすれば、査定額が少々低めになることが多い点です。


なので、手持ちの商品を全部買い取りに出すようなことはしないで、高額買取の見込みがありそうな物が混ざっているなら、それは他のところで売るようにするべきでしょう。