キャッシング情報



◆2010年の法改正後、キャッシングやカードローンなどの

2010年の法改正後、キャッシングやカードローンなどの金利は制限を受け、違反業者には厳しい罰則が課されるようになりました。


とはいえ、利息制限法では最大18%であるのに対し、一部の登録事業者は最大29.2%以下の金利で貸付ができるという状態でした。


違法かというと、そうではありません。


この差11%を指してグレーゾーンとはよく言ったものですね。


電車の車内広告やCMで「過払い金請求」を見かけたことはありませんか。


あれは、利用者(債務者)がグレーゾーン金利として払った額を返してもらおうという、法律の専門家による代行サービスです。


どうも今月は何かと厳しいなぁ、という時にはキャッシングの利用が便利ではありますが、専業主婦にとっては無関係な話、と思ってあきらめてしまう人もきっと多いことでしょう。


しかし、実際には専業主婦でも融資を受けられるキャッシングも存在しています。


専業主婦でも大丈夫なキャッシング会社では、配偶者に一定の収入があるならば、審査をクリアすることが可能です。


いわゆるブラックになると、一般のキャッシングはまず利用できなくなりますが、ブラックOKを謳うキャッシング業者は存在します。


ところが、そのほとんどが悪徳業者が提供しているキャッシングサービスなので、きちんと下調べをしてから申し込みましょう。


審査が甘いところは、その分、利率が高くなるのが一般的なので、あまりにも金利が低いといったケースでは避けた方が無難なのです。


キャッシングを謳った詐欺サイトや闇金融で、更に借金がかさむかもしれません。


そのほかにも、返済条件についても注意しておきましょう。


返済方法次第では、結果的に返済手数料にお金がかかることになってしまいます。


キャッシングをしたとすると返済日までに、借り入れ金額に利息をプラスした金額を返済を行わないといけませんが、一度でも延滞をしてしまうと業者から一度で支払いを要求される可能性があります。


ですので、金額を用意できない場合は予め業者に連絡するのが良いでしょう。


突然な督促が来ることはなくなり、どう返済すればいいのかの相談にも乗ってくれます。


キャッシングで借り入れするときの金利は、提出書類や所要時間の多寡(多い、少ない)が深く関係していることが多いです。


わずか何十分のスピード審査や即日融資を謳っている会社より、ある程度審査に時間がかかることを最初から公言しているところでは、融資上限や低い年利といったセールスポイントがあるわけです。


調査漏れもあるかもしれませんが、だいたいの金融機関に言えることですし、上手に使い分ければだいぶトクすることができるでしょう。


なにより自分に合っていることが大事なのです。

◆社会人になると支出の金額も回数も格段に

社会人になると支出の金額も回数も格段に増えてきます。


足りないなというときにキャッシングできるよう、カードを作っておけば安心です。


カード一枚ですぐ融資金が受け取れるので確実なバックアップになり、人間関係も崩しません。


返さなければいけないお金ですから最初から最低限しか借りず、早期一括返済することで利息がかからないケースもあるので、そういったところを利用するのも手ですね。


金額や使途にもよりますが、人間関係を難しくするような借金はできれば避けたいですね。


少なくとも1枚くらい、キャッシングできるカードを持つと心強いでしょう。


キャッシングを大きく分けると銀行が提携したキャッシングと消費者金融があります。


いわゆる銀行系と称される、銀行が提携したサービスの利点を挙げると、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、審査さえ通れば無収入の主婦の方でも借りられるという特徴があります。


ノンバンク系のキャッシングはと言うと、なによりも業者の数が多いことが挙げられます。


指定された期間内に完済すれば利息が付かないところもあるので、すぐに返せる場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。


WEBだけでキャッシングできることをご存知ですか?どのキャッシング業者も手続きをネットのみを通して終えられるとはいえませんが、大手企業のほとんどが提供しているサービスです。


家事の合間などちょっとした時間に家でお金が借りられるとは、効率のいい方法ですね。


短い時間でも簡単な手順でお金を借りたり返済したりできるので、お困りのときはぜひ使ってみましょう。


一般的に、誰かにお金を借りようと思ったら、借金のわけを詳しく聞かれてしまうでしょう。


嫌な顔一つせず、お金を貸してくれる人も居ないとも限りません。


でも、よほどの伝手が無いければ、そのように解決できることはありません。


さらに、お金を貸してもらった後は、誠実に対応しない限り、揉め事が起こる確率も高いです。


金銭トラブルは人間関係に大きな影響を及ぼし、周囲との軋轢を生むものです。


こうしたトラブルを回避するためにも、急なお金の工面には限度額や利率がハッキリと設定されているキャッシングを使った方が気持ちも楽だと思います。


ストレスがたまって買い物に歯止めが利かなくなり、気がつけばクレジットカードでとんでもない額を使ってしまっていました。


次月の支払額が大変なことになっていてたまたまコマーシャルでやっていたキャッシングを利用して借りたお金を入れましたが、それ以上お金を用意出来ず、深刻な事態に陥っていました。


いっそのこと今勤めている会社を辞め、退職金を貰って払うしかないとまで思いつめましたが、両親に猛反対されて退職を思い留まり、両親に援助してもらうことになりました。


最終的には、利息なども合わせて5百万円にもなっており、両親には本当に申し訳なく思いますが、家の改築資金にと用意していたお金を用立ててくれることになりました。


これに懲りて二度と無茶なお金の使い方をしないよう散々お説教をされた後、借用書と誓約書を書いて誠意を示し、返済をしながらでも堅実な生活を送ることが出来るようになりました。


親というのはありがたいものですね。

◆初めてキャッシングの利用を申し込む際

初めてキャッシングの利用を申し込む際にはあなたの希望する額を書かなければなりません。


金額をどうするか迷う場合も多いですが、最初の時点からそんなに高い金額を希望として書くと審査に通らない場合があるでしょう。


最初の申込ですから、できるだけ希望金額は低めにしておき、借りたお金を返したという実績をちゃんと積んだ上でもっと多い金額を申請するという方法が存在します。


キャッシングの選び方の一例ですが、仮に今後も必要な時にはキャッシングでお金を借りる可能性がある、という方は、身近な所にATMがあるかどうかを見てから業者を選ぶのも一つの手です。


近くにATMがあると、すぐにキャッシングを利用してしまうのではないかと心配な場合は、ATMのために遠くまで出向かないといけないようなサービスをあえて選ぶのも良い案ではありますが、それは同時に、返済する際にも遠くのATMまで出向かなければいけないという欠点でもあります。


借り入れ後の計画を立て、どちらがご自分にとってより便利に使えるかを考えてみましょう。


サッと借りて簡単に返せるキャッシングは便利ですが、考えなしに利用しすぎてしまうと、期日に返せない月が出てきたり、あとで計算してみて、馬鹿だったなあと気づくかもしれません。


うまく使うには、コツがあるのです。


借りたお金はかならず出ていく(返済する)ことを常に意識しつつ、あきらかに妥当だと思える線を決めたら、それを越えずに借入・返済を行うように気をつけていれば、キャッシングの便利さがわかってくるでしょう。


予期せぬアクシデントなどでお金が足りなくなって、返済日に払うことができなくて、結果として、延滞してしまった場合、必ず業者から通知が来ます。


それでも支払わないでいると、終いには強制的に財産が差し押さえられてしまいます。


賃金に対してこれは施行されます。


恐らく大半の人が思い浮かべるような、自宅で業者の人間が差し押さえていくことは本当に起こる訳ではありません。


お金を借りたいけれど、誰にも知られたくない。


こうした場合には、キャッシングの利用を検討してみてください。


かつては、融資を受けるためには、わざわざ金融機関の窓口まで行かなければなりませんでした。


時代は変わり、今はネットを使った申し込みが主流で、ネット上ですべての手続きを完了できるのです。


人と顔を合わせる心配がありませんし、周囲の目を気にする必要もありませんから、キャッシングサービスの存在は多くの人が認知し、誰にとっても活用しやすいサービスだと言えます。

◆キャッシングの種類と特徴について、簡単に説明します

キャッシングの種類と特徴について、簡単に説明します。


キャッシングにはサービス母体が銀行のものと消費者金融が取り扱っているサービスに分けることができます。


一般的に銀行系と呼ばれる銀行のキャッシングサービスは、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、主婦の方でも借りられるという特徴があります。


消費者金融などのノンバンク系は、銀行系より圧倒的に業者の数が多くサービスの選択肢が多くなります。


短期間の貸付であれば無利息のサービスもあるため、ちょっと借りてすぐに返したいという人にはピッタリだと思います。


当然ですが、キャッシングは無条件で融資してくれるわけではありません。


実際にお金を借りるには、先に審査を通過しておかなければなりません。


収入や家族構成など、様々な条件を審査されますが、この審査に最も通りやすい職業が公務員です。


審査は定期的に安定した収入があり、確実に返済できることが条件になるので、不況で会社が倒産するという危険が少ない公務員の場合、キャッシング審査の重要条件にぴったり当てはまるわけです。


あるいは、よく名前を耳にするような大手企業の方も、安定した収入が見込めるということで、審査では公務員と同様の評価を受けるでしょう。


なにもカードローンに限りませんが、借金をしようとした際に、貸す側にとって一番大切なことと言えば、借りる側が返済出来るかどうかです。


それゆえに、今後、住宅ローンの審査を受けるにあたって、カードローンを利用していると、果たして住宅ローン返済の予定が立つのか、その力があるのかどうか、という点では良い評価にはならないでしょう。


もし、お金を借りたいけれど、どのキャッシング業者を選べばいいのか分からないという場合は、ネットなどの口コミを参考にして業者を選ぶことも、おススメです。


中でも、その業者を実際に利用した人の感想は、利用者目線で業者を評価してくれるので、説得力があります。


しかし、いくら口コミの評判が良くても、人それぞれの条件や環境の違いがありますので、その通りになるわけではないことを意識しておきましょう。


知りたいことがあれば、電話やメールを使って、その業者にあらかじめ確認しておきましょう。


契約者でなくても、スタッフが親切に対応してくれるはずです。


あまり知られていませんが、税金を滞納中であっても、キャッシングでもお金を借りることができます。


中には、延滞して利息が膨らんだ税金を返済するために、キャッシングで受けた融資で税金の支払いを済ませる人も多いのです。


住民税などの税金はもちろん、健康保険や年金などの支払いを放置したままでいると、差し押さえられる可能性があるので、できるだけ早く未納分を払ってください。


支払いが難しいようであれば、自治体に相談してみましょう。


分割して払えるようにしてくれたり、納税が困難な人でも納税できる特別減税などの方法を提案されるはずです。


後回しにして放置するのは厳禁です。

◆よほどお金に無頓着でないならば、できるだけ金利

よほどお金に無頓着でないならば、できるだけ金利の低いキャッシングを利用したいでしょう。


あらかじめ複数のキャッシングサービスの情報を得て、同じ条件でも、最も金利が低く借り入れできるサービスを探します。


サービスによっては、初回に限って30日無利息ローンを利用できることもあるため、お得に利用しましょう。


普通、キャッシングを利用したい時は早急にお金が必要な時で、気持ちが焦っていることも多いでしょう。


ですが、目先の情報に飛びつくと結果的に損をしてしまう場合もあるため、業者選びには時間をかけてください。


最近のキャッシングはインターネットにも対応しており、自宅から電話やパソコンを使って申し込むことができます。


なおかつ、即日融資に対応したキャッシング業者も増えており、お金に困った時の頼もしい味方でしょう。


キャッシングに必要なカードについては、自宅に郵送されたり、最寄りの店舗窓口で発行してもらえます。


カードを使えば、借入返済できるATMが多くなるので、ますます便利に活用できます。


気軽な気持ちでキャッシングに手を出すのはあまり良くないことですね。


仕事をまともにしていれば、返済できるだろうなんて甘すぎます。


その仕事さえもなくしかねないのが返済させるための取り立てなんです。


勤務先にかかってくる取り立てと分かる電話により、勤務先に居づらくなり仕事をができなくなってしまった人をたくさん知っているのです。


クレジットカードと同様、キャッシングも自宅に明細書が送られてきます。


家族が心配するのでなんとか内密に借り入れできないか調べていたところ、送付ナシで済む会社が複数あることに気づきました。


その中でレイクを選んだのは、安心の銀行系であることのほか、30日間無利息や180日無利息プランがあり、繰上返済にも対応していたからです。


レイクは有人店舗がないと言われたので、契約には無人の自動契約機を使い、そこに設置された電話で色々疑問点を質問してみました。


心配だった明細書ですが、ウェブでチェックできるので自宅に送られてくることはないそうです。


おかげでやりくりも楽になりましたし、気持ちも楽になりました。


返すお金がなく、債務整理を行った場合には、カードローンは一切利用できなくなります(ごく一部の例外はあります)。


 どうしてかというと、債務整理を行ったと記録した信用情報機関があるからで、この情報が保存されている間は他の信用取引も全てできません。


この信用記録は少なくとも5年間は保管されるので、カードローンの再利用には、一定期間が過ぎるのをただ待っている他にできることはないでしょう。