へらめん




この香りが心をくすぐる
こんな季節は
さっさと終わって
早く冬になってほしい


淋しい


夜は落ち着く


さびしい


会いたい
会いたいけど
誰になんだろう


明日に安心できる日がほしい


さびしい


なんでそっちなの
って自分で不思議


なんだかすごく悔しいから
寒いふりしてる
でも自分は自分の立場を
知って生きているから


色んな人へ
感謝の言葉や
伝えたい思いはあるけれども
自分は
自分の決めたようにやる


心が揺らぎそうで
目をそらしていたのかもしれない
思い出なんか全くないのに
度重なる空想を求めて


ただただ自分を憎むしかない
もっと優れた人間なら
自分を愛せて
感情のままに生きられたのに


それでもなんだか淋しい


少しは慣れてきたかな


愛されたい


愛する人がつくる詞には
感情が揺らぐ

気付いてよ


このままどこか
遠くへ行きたい
そんな風


キスがしたい


人を信じるって
すごく難しい


止まっていた時計の針が
動き出してしまった
なんてそんな寒いことは言わない
私は私なんだ