へらめん




単純な人間
酔ってればいいんだから


ただ長く生きてるだけで
若人を否定する気はない
千差万別の生き方や
感情があるのだから
各々のそれを聴きたい


冬が好きだ


きもちわる
でもそんなとこが大好き


海を見ていると
心が素直になれる


外傷で人の気を引くような
薄っぺらい人間に
なるつもりはない


ただただひたすら
自分を憎むしかない
こんな自分を


早くまた冬が来ないかな
冷たい風を感じたい


思い出に、
感情なんていらない


最後にもっと
色んなことをいっぱい
伝えたかった


今夜は何故こんなにも
酔えないのだろう


最後くらい
けじめつけたかった


離ればなれになるなら
独りぼっちでいれるよ


晴れない


心が崩れそう


貴方の詞で
恋愛を感じられるのならば
私はそれだけで十分


なんか酔えない


自分を安売りねぇ


才能
あるいは
努力できる資格が欲しかった


昔は青かったな
唐突なフラッシュバック
当時の自身が微笑ましい