へらめん




真っ直ぐ生きるって
何か難しい


なんでこんなに
いつも心に
余裕がないんだろ


泣きたいけど
なんだかしっくり来ない


何もかもが
ストレスになってゆく
彼の詞と
彼女達の歌声だけが
私の心を静めてくれる


時間って早いな


めんどくさいのに、
淋しい
すごくわがまま


ただただ浅く広く広がり
より孤独を突きつけられる


早く冬になってほしい
冷たい風を感じたい


懐かしさは感じない


眠らなきゃ


人の事は信じない


愛のあるキスがしたい


ループしたい


目を見られると心まで
見られるようで


自分は何を
考えているのだろう


逆に、淋しいのかも


感情がごちゃごちゃして
落ち着かない


淋しい


夢であえたことは
幸せだったのだろうか


ふとしたところで
影が重なる
そんな自分に腹が立つ