引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、思わぬ騒ぎになったという話もあります。


引っ越しの前日までに、忘れず庫内にものがないようにして、スイッチも全て切って一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけば他にやることはありません。


庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは引っ越し前日までになくなるようにして、購入するのも計画的にして、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。


賃貸住宅から引っ越すと、必ず、退去時の原状回復義務があります。


しかし入居中に経年劣化することも確かです。


入居者による破壊や破損と判断されると入居者のお金で修理しなければならないことが一般的ですが、壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは入居者の費用負担で直す必要はありません。


余計な心配をしないで済むよう、慎重に暮らすのがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。


引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって衣服をスピーディに梱包できるようになります。


こういうケースがないと、普通のダンボールに箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。


でもこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用するとハンガーのままケースにかけていって、荷造りを完了させられます。


転居先に着いたら、ケースから取り出して直接クローゼットに収納していくような形になります。


もし、引っ越しされる方が車をお持ちならば、自動車についても住所変更手続きを求められますが、そうしたらナンバープレートも変わることになるのか心配になるかもしれません。


日本全国どこでも、ナンバープレートの変更があるかどうかは陸運局の管轄地域が問題になってきます。


その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければ同じナンバープレートを使えますが、異なる陸運局の管轄であれば指示に従ってナンバープレートを変えてください。


これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。


「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。


何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。


割れたものが、自作のお皿だったりしたため、衝撃は大きかったです。


とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、クレームをつけることはしなかったです。


ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。

◆引っ越して住所が変更となったら、なるべく早く

引っ越して住所が変更となったら、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行ないます。


ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、加入手続きの方は、新しい住所の方で行います。


印鑑、国民健康保険証と、さらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて手続きをします。


同じ市内での転居であっても忘れずに転居届を提出する必要があります。


お天気の状態によって、引っ越し作業の効率は変わり、激しい降雨などがあると、防水の徹底など、作業が増えて時間がかかってしまうでしょう。


業者に荷造りを全部任せているのなら、荷物がびしょ濡れになってしまうなどの心配は不要ですが、道路事情が降雨により悪化して到着が大幅に遅れるなどの影響は出るでしょう。


荷造りを全て自分で行なうのであれば、防水対策は必要です。


季節によってはゲリラ豪雨などもありますし天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。


荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器は数も多く、とても面倒です。


必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、細心の注意を払って梱包しなければ運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。


最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。


それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んで業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、何重にも注意をして荷造りしておくと途中で壊れてしまう危険性はだいぶ減るでしょうね。


距離が近い引っ越しの場合でしたら業者の手を借りずに引っ越しすることは可能です。


その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物を新居に運ぶようにします。


少量ずつであっても、何日もかけますからあまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。


自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。


これで運送してしまうと良いです。


この方法を実行できれば、費用は大きく削減できます。


就職して、通勤に便利なところで一人暮らしをはじめようという時に、荷物と言えるような荷物もあまりなく、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。


ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、レンタルトラックを使ったりするよりずっとずっと安かったです。


布団とか、ちょっとした家具とかはもう住むところで買えばいいと考えていました。


だから荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。

◆引っ越しの荷物の移動について

引っ越しの荷物の移動についてですが、設置の場所に、かなり気をつけたい家電がやはり、洗濯機です。


洗濯機はほぼ毎日、水をたくさん使いますし、水道の近くに設置されることになります。


水回りに設置する洗濯機の周囲というのは、湿気がこもりがちで、それに、一度水漏れが起こると、排水溝から水が溢れやすいので、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をぜひ完璧にしておきましょう。


引っ越しにおける挨拶をした方が良いのかしない方が良いのか悩んでいるという話も耳にしますが、やはり転居元や転居先の隣人へ挨拶した方が今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。


挨拶をしておかないと隣近所から浮いてしまったりギクシャクすることが多いのが、その理由です。


普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。


円満に解決するためにも、隣近所の人には、出来るだけ挨拶をするのがおススメです。


家移りするということは、新しい環境に慣れるまで物入りになるのはみんな同じで、引っ越し作業を業者に依頼するとしても予算の削減を図っていきたいですよね。


まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。


どこの業者でも、割引はいわゆる引っ越しシーズンを上手く外せば割引してくれることが多いもので、その時期の引っ越しができるように、スケジュール調整をしていくと良いですね。


自分の周囲に大変な数のものがある生活を日常としている方には、その方が引っ越すとき最も大変なのはものを整理して荷造りすることに尽きます。


ものが多すぎて整理しきれず、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうともう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、良い機会ができたと思ってとことん処分してしまえばきっと楽になるでしょう。


一人で移動するのではなく、一家が転居するとなるとなんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、一日がかりの作業を覚悟しなければならないので、当日でなくてもできることは事前に終わらせておくことが大事です。


とりわけ、ライフラインの水道、電気、ガスその他をすぐに使えるようにする手続きは確実に終わらせなければなりませんし、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、他のものに紛れないように、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。

◆犬を飼い始めてそろそろ十年経つ

犬を飼い始めてそろそろ十年経つでしょうか。


この子と暮らし続けるため、住まいを変えることになった時には必ずペット飼育可能なマンションのことを毎回苦労しつつ、探しているのです。


ペットが飼えるだけのマンション、というだけではなくて、私としては、ぜひ屋上にドッグランがあるなど設備の整ったマンションが望ましいと考えています。


普通のマンションより家賃は高めでも犬との生活は譲れません。


転居時にエアコンをどうしたら良いか、悩む人は多いようです。


けれど、賃貸住宅から退去するのなら、管理人や管理会社の担当者に対してエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか聞いてみるのが良いです。


管理する人の立場からすると、次の住人がすぐに使えるのであまりに古い型だったりしなければ、要望が通ることも有り得るのです。


エアコンを元の家に残していけるということは撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、幾分か費用の節約ができるでしょう。


いろいろな引っ越しがありますが、どんな場合でも生活の様々な点で変化が起こり何かとお金が出ていくので極力、荷物をまとめ、運ぶという作業自体に安くあげたいと思うはずです。


まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。


ほとんどの割引サービスは年度末などの繁忙期以外に引っ越しすればかなりお安くしてくれるのでできることなら、そこをねらって引っ越しできるようにしていきましょう。


いろいろな引っ越しの進め方がありますが、梱包や運搬、引っ越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです。


でも、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、近くでその作業を見守っていた方が良いでしょう。


作業しているスタッフがもし、大きな荷物を運んでいる間に傷をつけるなどの損害が発生した場合、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、傷は引っ越しによるもの、と主張しないといけないからです。


何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。


さあ、引っ越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。


まず、荷造りの作業を思い浮かべてください。


やり慣れない作業でカッター類を多用しますから、ケガの可能性が高くなります。


それから、大小さまざまな荷物を運ぶので指詰めや落下物の危険と隣り合わせです。


軍手の選び方を間違えると却って危険で、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手でないと役に立ちません。


手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。

◆引っ越しで、荷物をまとめる際、割れ物の取り扱いには誰で

引っ越しで、荷物をまとめる際、割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。


一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。


安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。


包むものより一回り以上大きい新聞紙で、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくとクッションとしての役割がより高まります。


持ち手や取っ手がある器の場合は、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。


転居をきっかけとして、電話回線をどうするかも考え直した方が良いでしょう。


もう固定電話を使わないという話になれば別ですが、引っ越しても生活に電話回線が必要だったら、引っ越しても電話回線を使えるようにするための手続きが必要になってきます。


取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、固定電話のない生活を余儀なくされますからいわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く手を打つに越したことはありません。


特に大きめ荷物を運ぶ時に注意しておきたいことですが、なるべく大型家具の表面や、家電に目に見えるような傷を残したりしないようにします。


新居のためのインテリアとして購入したおしゃれな家具などは、市販の緩衝材などもふんだんに使って用心深く運ぶようにしたいものです。


新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。


しかし、運搬時に傷だらけにしてしまったら、とても損した気分になりそうです。


住環境を快適に保つということは、住居の中だけとは限りません。


良好なご近所関係も住環境の一部です。


良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶をその日のうちに済ませるべきです。


ちょっとした手土産を携えて挨拶に伺いましょう。


簡単な挨拶で構いませんから、なるべく好い印象を持たれるように心がけます。


はじめの印象は、後々までの人間関係を決めるものです。


引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば次の生活に対応するために何かとお金が出ていくので極力、荷物をまとめ、運ぶという作業自体に安くあげたいと思うはずです。


予算で悩んでいる方は、業者の割引サービスが使えるかどうか、検討してみるのが一番いいでしょう。


ほとんどの割引サービスはいわゆる引っ越しシーズンを上手く外せばかなりお安くしてくれるので閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。