引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆人により引っ越しのやり方は様々ですが、近頃で

人により引っ越しのやり方は様々ですが、近頃では、業者にすべてを任せる形の引っ越しを選ぶ人も増えています。


ですが、業者が大型家具や家電などを運んでいたら、近くでその作業を見守っていた方が良いでしょう。


引っ越し業者の人が、もしもそんな荷物を取り扱っている間に傷をつけるなどの損害が発生した場合、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、確実にその傷が引っ越しによるものなのかどうか主張しないといけないからです。


何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。


引っ越しでは、ご自分が所有する自動車についても住所変更手続きを求められますが、ナンバープレートが変わるのは面倒だと気がかりだと思います。


引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越した先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。


引っ越す前の居住地と同じ管轄内ならばナンバーは変わらなくなります。


異なる陸運局の管轄であれば変更は強制的に行われます。


住環境を快適に保つということは、住居の中だけだと思ったら大間違いです。


隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。


よりよい関係づくりの手始めとして、引っ越し時の挨拶はその日のうちに済ませるべきです。


ちょっとした手土産を携えて伺うのが良いでしょう。


長々と訪問する必要はありませんからとにかく好印象を与えるよう努めましょう。


出会った時の印象は、お互いに強く残るものです。


引っ越しで、プロの手を借りずに、自分だけで引っ越し作業をしたい場合はまずは荷物を少なくすることを考えます。


というのも、積載量の少ない自家用車での運送が基本になるからで、詰め込みやすくするための工夫をします。


大きすぎないダンボールを使って梱包作業をする、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こんな風にして、包み紙の使用を防いで、その結果、荷物の嵩が減って割れ物と衣類を、同時に荷造りできてしまう、そんな技です。


こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。


引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)は多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、よく知られた存在になりました。


昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、会社名は引越社、引越センターに決まっていた先入観がありました。


あちこちの運送会社は、近頃、家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。


日通のように、運送会社の中でも大手ならば、引っ越しサービスも一定の水準をクリアしていると言えます。

◆職住接近したい、世帯の人数が増えた、

職住接近したい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。


その際、不要になったものや長いこと着ていない服などは手放し、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。


しかし、布団は買い換えや処分を行うことなくこれまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。


毎日使うものであり、自分になじむものなので引っ越しで買い換えるものでもないのでしょう。


国民年金の人が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、変更する必要があります。


それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にてなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。


ちなみに、国民年金手帳と印鑑は必携です。


やむを得ない理由で、本人が顔を出せないなら、委任状を作成することで配偶者などを代理人として、手続きすることができます。


大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が出てくるものですが、これらの品を適正価格で買い取ってくれる引っ越し業者が増えていて、評判になっています。


大型収納家具からブランド品、応接セットのようなものまで、バラエティ豊かな不用品が、引っ越しでは出るものです。


種類が多い場合は、不要品の買取を本格的に行う方針の業者を選ぶのが賢明です。


なぜならそういうところは、確実な査定をしてくれることが多く、買取対象商品が広いので、新たに買取先を探す必要がありません。


収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を日常としている方には、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは荷造りが終えられるかどうかです。


ものが多すぎて整理しきれず、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすればもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、引っ越しを一つのきっかけにしてとことん処分してしまえばきっと楽になるでしょう。


引っ越しの荷物が全て積み込まれるのに、時間がどれくらいかかるかは毎回同じ、という訳にはいきません。


荷物量や、部屋が何階にあるか、それからスタッフは何人かなど、様々な要因により極端に違ってきたりもするのです。


そこをかなり無理矢理、計算してみますと、一番短時間で済むのは、荷物の少ない単身者の場合で、これが30分程、荷物の量が極めて多めの世帯であれば大方2時間ちょっとで、超高層階だの、蔵書がやたら多いなどの特殊な条件がなければ、だいたいその範囲内で済むはずです。

◆コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるよ

コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は引っ越し業者からレンタル可能な衣装ケースが存在しますから、これを用いると衣服をスピーディに梱包できるようになります。


普通のダンボールを使うと一枚一枚、衣類を畳んで収納していくことになりますが引っ越し用の衣装ケースを利用できると衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。


運搬先でも、今度は衣装ケースからダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。


引っ越しを翌日に控えたら、寝る前に必ず当日の時程を確認するべきです。


引っ越し業者の人が来るのは何時か、作業を終えて運び出すのは何時かという確認をします。


できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、当日の関係者のために冷たい飲み物の準備をしておきましょう。


作業が終わったところで、飲み物を出せば夏場は本当に喜ばれるものです。


転居先がごく近所であれば専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。


方法を説明しますと、とにかくまず、自家用車を使って運べるだけの荷物を転居先に運びこみましょう。


少量ずつであっても、何日もかけますからたくさんの荷物を運ぶことができます。


そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。


このレンタルトラックで全ての荷物の運搬を済ませてしまいます。


このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出は大きく削減できます。


いろいろな引っ越しの進め方がありますが、中には梱包、運搬全てを業者に任せる向きも多いです。


ですがそうして任せてしまうにせよ、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、業者の作業を見ておいた方が良いです。


もし仮に、引っ越し業者のスタッフが大きな荷物を運んでいる間に傷を作ったり壊したり、といったことになると、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、傷は引っ越しによるもの、とわかっておく必要があるからです。


写メなど残しておくと良いかもしれません。


荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、とにかく最初に必要となるのがライフラインの準備でしょう。


中でも特に水を使えるようにしておくことは引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。


水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からが都合がいいかというと、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。


そして少し余裕を見つつ、転居当日の一週間程前の辺りに使用可能になっていたら、理想的です。

◆段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。荷物の量に

段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。


荷物の量に見合ったダンボールを調達して、梱包作業を順次行ってください。


日常的に使うものをのぞき、ものの種類で分けながらさくさくと梱包していきます。


ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで片付ける手がかりになります。


いわゆるライフライン、電気やガス、水道の手続きは日程を考え、計画的に取りかかりましょう。


賃貸契約で住んでいたところから引っ越しする際、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。


具体的に何か、良い効果があるなどと到底、言えないのですが、少なくとも、悪い印象を持たれたりすることはないはずで、このことが敷金返還のことなどに良い風に、影響が出ることも考えられます。


お掃除については、もし落としきれない特殊な汚れやどうにもできない大きな傷などは、放置した方が良いでしょう。


あれこれいじり倒すと、余計に悪くなることの方が多そうです。


賃貸の物件から引っ越す場合には、原状回復が義務になっていますが、その一方で、住宅は必ず経年劣化しています。


破壊や破損が明らかな箇所は修理費用の請求につながるわけですが、経年劣化と見なされる日焼けなどは回復義務は発生しないのが普通です。


いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。


特に、引っ越しに慣れていないような人にとっては、費用がどれくらいかかるかというのは知らないままでいるうちは、少し不安になりがちです。


でも、費用関連については、ネットを使うと容易に聞いたり調べたりできるはずです。


一度に何社もの引っ越し業者より見積もりを出してもらうことができたりしますから、まったくどこの業者を選べばいいのかどうにも判断しかねている場合は一度、業者の比較サイトを訪れて、利用してみてはいかがでしょうか。


引っ越しが一段落つきましたが、当日までの準備は大変でした。


転居前はマンション暮らしだったこともあって引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。


けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。


自分でエレベーターに乗せられる荷物は今日はこれとノルマを決め、台車を借りて運び出し、移動するという流れでした。


案外、台車は便利ですよ。

◆引っ越しは一つの転機であり、日常生活の

引っ越しは一つの転機であり、日常生活の細々したことを改めて検討するでしょうが、このまま続けてNHK受信料を払うかという点もこれを機にちょっと考えてみませんか。


引っ越し後はテレビのないライフスタイルを選ぶのなら、継続して受信料を払う必要もなくなるので、受信料を引き落としにしている場合は中止の手続きをして、NHKとの契約を終わらせる手続きを思い切って実行しましょう。


これから引っ越し、と決まったところで全ての手続きの元になるのが役所に転出届を出すことです。


転出届を出すのは簡単です。


自分が現在住んでいる市区町村で役所に出向き、窓口で手続きできますが、郵送で送ることもできます。


忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、委任状を出すことによって、代理人の提出も可能になります。


実際に転居する2週間くらい前から、届を受け付けることが可能になっているようです。


今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけに今のアパートに引っ越すことになりました。


3年くらい働いたところで、実家の近くで仕事を見つけるつもりで、住民票の移動をしないでおきました。


しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、ずるずると居続けてしまい、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、地方税はこの町の方が安かったりするので、今さらですが、住民票を動かしたいのです。


距離が近い引っ越しの場合でしたら家族や親せきなど、自分たちだけで引っ越しをすることも難しくはありません。


方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけ転居先に運びこみましょう。


時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことであまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。


大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、効率よく運び込んでしまいます。


こうすると、引っ越し費用は大きく削減できます。


家族が多く、荷物も大変な量になりますから、ほとんどの引っ越し作業について、お任せするプランを利用しています。


ところで、いつものことながら、いつ心付けを渡したらいいのか、タイミングを判断できません。


料金は料金としてちゃんと払うにしても、長い時間働いてくれた、働き者の皆さんに、自然に感謝の気持ちが湧きあがってきます。


私の場合、ペットボトルを作業してくれた全員に一本ずつ、それと作業してくれた各々に千円をお配りしているのですが、心付けの相場というのは一体どれくらいだろうと、考えこんでしまうことがあります。