引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変

どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。


初の引っ越しであれば尚更のことでしょう。


このような苦労をどのように減らせばいいのかですが、はじめに、時間に余裕を持たせた計画を作りましょう。


この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。


当然、計画通りに進められるのなら問題ありませんが、手続きや書類記入の作業に追われて、家の中のことをうっかり忘れされてしまうことが良くあるのです。


余裕を持った引っ越し計画を立てておいたら、少し遅れたくらいでも、問題なく引っ越しの準備を続けることが出来ると思います。


職住接近したい、家族が増えたり減ったりして、今の住まいでは合わないといったことがあって引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。


これを機会に、長いこと使っていないものや古くなった服などはどんどん手放して、大半の世帯では身軽になって引っ越そうとするでしょう。


引っ越しを機会に布団を買い換えたという話はめったになく、引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。


毎晩使っているので引っ越しで買い換えるものでもないのでしょう。


引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、壊れやすい電化製品や、大きな家具には傷がつかないような工夫をしたいところです。


せっかくの新居ということで買った新品家具などは、毛布を巻いたり、市販の緩衝材なども使用して丁寧に、運搬したいものですね。


新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。


しかし、細かいキズだらけにしてしまったりすると、とても損した気分になりそうです。


転居時にエアコンをどうしたら良いか、悩む人は多いようです。


しかし、退去するのが賃貸住宅の場合なら、物件を管理する人を探してエアコンは今のまま設置して、置いて行きたい、それが可能か知りたいと聞いてみるべきです。


部屋の管理をする側としては、エアコン付の物件を次の入居者に用意できるわけですし、そのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。


こんな風にエアコンを置いていけるとその分、工事費用がかからなくなり、引っ越しにかかる費用を少し削減できます。


最近では、知る人も少なくなってきたようなのですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といったことを昔からしてきました。


どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長くお付き合いを致しましょうと縁起をかついだのと、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですというダジャレもこめて新居の近所の人達に振る舞ったり、もしくは配ったりしたと言うことです。

◆社会人になりたての頃、仲の良い友達と住ん

社会人になりたての頃、仲の良い友達と住んでいた時期がありました。


ほとんどはペットを飼えないアパートで、一緒に住む友達は猫を連れていたので猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。


不動産屋さんにも何度も問い合わせてペット可の物件を探し当てました。


引っ越しも早々にできて私たち二人も、そして猫も喜びました。


我が家の洗濯機はドラム式なんです。


以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。


その時の事です。


新居に荷物が運搬された時、濡れているダンボールをみつけて引っ越し業者に電話をしてみました。


ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようで運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないままずっとトラックで運んできてしまいました。


荷台まで水は流れていきませんでしたから、特に害も無かったのですが、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はありませんでしたからもし次の機会があれば、その時は気を付けたいです。


引っ越し作業が効率良くいくかどうかは、天候に左右される面が多分にあり、激しい降雨などがあると、防水の徹底など、作業が増えて時間がかかってしまうでしょう。


梱包作業を業者に一任しているのであれば、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、道路事情が雨で悪くなったりすることで到着が大幅に遅れるなどの影響は出るでしょう。


荷造りを全て自分で行なうのであれば、濡らしてはいけないものはビニールで包む、などの対策はしておきます。


特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから念のための備えはしておいた方が良いですね。


どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。


初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。


この苦労を減らすためには、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。


当然、計画通りに進められるのなら問題ありませんが、手続きなどの雑務が多いために、家の中の作業が予定通り進まないことが多くあるのです。


ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、少し遅れたくらいでも、問題なく引っ越しの準備を続けることが出来ると思います。


家中のものを引っ越しのために整理していると、どこの世帯の引っ越しでも不要品が生じます。


処分するだけでも疲れてしまいますね。


ここで調べる価値があるのは引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。


また、業者によっては、ものによってですが粗大ゴミとして有料で処分するものを独自のリサイクルルートに乗せるため引き取り無料とする場合もあるため、引っ越し業者に聞いてみてください。

◆全て自分で行うのではなく、業者に依頼

全て自分で行うのではなく、業者に依頼する引っ越しであれば、今回の引っ越しの日程などが明らかになったところで費用などの見積もりを業者に依頼し、その結果を十分検討した上で、正式な依頼のため、契約書を取り交わします。


費用を節約するため、ご自分で荷造りを進めるお考えなら、梱包材は業者が用意しているので、それを使って準備を進めておきます。


いよいよ引っ越すときには、作業については業者に任せておけばスムーズに進みます。


引っ越しをする場合、アート引越センターに作業を依頼すると、順調に終わらせることが出来ると思います。


段ボールの準備から家具の梱包や搬送まで引っ越しが完了するまでありとあらゆる作業を支えてもらえます。


重たくて大変な家具や荷物の運搬もしっかりと対応してくれますから当日も計画通りに引っ越せます。


引っ越しの荷造りは大変なものですが、特にどうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。


どこまでも油断は禁物です。


安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。


新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。


包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方がぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。


細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。


プロの業者から何らかのサービスを受けた時にすっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は意外と多いです。


大きな荷物の上げ下げを繰り返してくれる作業スタッフに感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、あるいは飲み物、軽食などを用意する人も多いです。


こういったことをする必要は、本来全くないのですが、作業をする方からすると、もらえるのは素直に嬉しいし、正直助かる、ということです。


引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、当日、あるいは前日のキャンセルによって、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。


業者は、実は見積もりを出す時に、キャンセル料金について、その発生条件などを客に説明をする義務があります。


けれども、書面だけでの説明となるとその記載部分に気付けないかもしれません。


なので、引っ越し作業の予約をする前に、念のためキャンセル料についての詳細を尋ねておくべきではないでしょうか。

◆引っ越しの予約を入れておきながら、

引っ越しの予約を入れておきながら、前日や当日という直近になって、急にキャンセルすることによって、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。


引っ越し業者は見積もりを作る時点で、キャンセル料金について、その発生条件などを客に説明をする義務があります。


けれども、書面だけでの説明となると書類をしっかり読まないと気付けませんから、業者に予約を入れる前に、キャンセル料がいつ発生するか尋ねておくべきではないでしょうか。


荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで緊張するのは割れ物の対応です。


その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。


傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。


包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うと衝撃を和らげてくれます。


それから、持ち手のついた食器類などあれば、その部分だけを先に包んでしまいましょう。


先日引っ越したのは良いのですが、当日までの準備は大変でした。


マンションの高い階に住んでいたため引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。


近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと業者さんに頼まなかったものは自分で計画を立て台車を借りて運び出し、新居に搬入しました。


台車がこんなに使えるとは思いませんでした。


引っ越しが完了して、無事に新しい住所での生活を始めるにあたって免許証の住所変更は、なるべく早めに手続きしておく方が良いです。


ペーパードライバーの方などは、数年先の免許更新時までは現状維持で押し通す気でいる人も、少なからずおられるようです。


ですが、普通の人が運転免許証を使用する機会は、割と多いのです。


例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に使いやすい本人確認書類として重宝します。


銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。


住所変更だけなら手数料もかかりませんし、なるべく早めに済ませてしまいましょう。


引っ越し作業に手間取るという場合は、アート引越センターならば、引っ越し作業も予定通りに終わらせることができます。


荷造りに必要な段ボールの準備や、引っ越し当日の家具の梱包から運搬など、引っ越しに関わる全てのことをお手伝いしてくれます。


重量のある家具や荷物の運送も信頼がおけますし、順調に引っ越しを完了することが出来ると思います。

◆荷物の数や移動距離の違いで引っ越しの相場も変わります。

荷物の数や移動距離の違いで引っ越しの相場も変わります。


引っ越しの費用を抑えるためにも、まずは色々と情報を集めて目安として一般的な相場を知ると良いでしょう。


その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、相場の価格より安くかったり、サービスが充実した業者に頼むのが良い方法だと思います。


どんな世帯の引っ越しにも、欠かせないものがあります。


荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。


どこでも手軽に買えるものですが、引っ越し業者に依頼した場合、契約時に契約のお礼として引っ越しグッズを必要な分だけもらえることが多いのです。


一言言えばもらえるはずのものを結局ダブってしまったと後悔しないよう、業者に見積もりを頼む時にはどうなっているのか知っておきましょう。


先日引っ越しをしましたが、業者さんに依頼したのは大きいものだけで後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。


ものの移動だけ終わらせて、市役所に行って住民票の移動も終えてきました。


何かと見落としていたこともあったけれど、力を貸してくださる方もたくさんいて、人のありがたみを知りました。


その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、一つ一つ荷物を開けはじめ、後片付けに取りかかりました。


単身で引っ越しするとき新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。


ワンルームに引っ越すとすると、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。


また、専門業者の腕を持ってしても新居の玄関からベッドを入れられないといった話も耳にします。


そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活を試しに始めてみると家の中がすっきりしていいかもしれません。


引っ越しの際、部屋のエアコンをどうすればいいか、という問題を抱えている人は、意外と大勢いるようです。


エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。


取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、だったら、電気屋さんにがベストなのか、それとも、引っ越し会社のスタッフに、取り外してくれるよう依頼するか、そして、引っ越し先での取り付け工事はどうするか、といったように、わからないことが多くて困ってしまいます。


他の家電と違い、エアコンの扱いは専門家に任せた方が間違いがありませんから、エアコンサポートセンターなど専門店に相談し、利用を考えてみるのも良いですね。