引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆借りていた部屋から引っ越す時は、ある程度きれいに

借りていた部屋から引っ越す時は、ある程度きれいに掃除を済ませてから、退去しましょう。


掃除をしたからと言って、何か良いことがあるとは言えはしませんが、大家さんも気を悪くすることはないでしょうし、それが敷金返還のことなどに良い影響があるかもしれません。


お掃除をしておくにあたって、もしも落ちないシミや汚れがあるとか修理が難しいほどの破損などは、放置がベターです。


無理矢理汚れを落とそうとしたり、破損部分を修理しようとしても、なかなか上手くはいきません。


引っ越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきます。


中でも大事なものは自動車運転免許証と、車庫証明でしょうか。


運転免許証の住所の変更ですが、これは本人確認書類として大変重宝しますので、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。


警察署で手続きができる書類ですから、どちらも大事な手続きですし、同時に済ませてしまいましょう。


これで少しは楽でしょう。


洗濯機ですが、うちではドラム式のものを使っています。


少し前に転勤により、引っ越しをしました。


引っ越してきた日、荷物が届けられましたが、濡れているダンボールを発見し引っ越し業者に電話をしてみました。


ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようでそれが漏れて出てきて、箱を濡らし、そんな状態で荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。


ダンボールが破れたりしたわけではなく、害は無かったようなものでしたけど、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はありませんでしたからもし次の機会があれば、その時は気を付けたいです。


引っ越し業者も星の数ほどありますが、実績を知られているのはパンダマークの引っ越しのサカイになります。


全国規模で170社以上の支店を展開しており、自社で保有する車は3500台を超え、大手にふさわしいネットワークや機動力のある引っ越しを行うことが可能です。


サービスを細分化しているだけでなくスタッフ全員がきちんと仕事をするという評判を維持しており、期待通りの引っ越しを実現できるでしょう。


マンションやアパートですと、今では隣に住んでいる人のことを全く知らなくても生活が成り立つことが当たり前のこととして受け入れられています。


そうは言っても、日頃から挨拶を交わし、何かあったときにはお互いに助け合えるという関係はあってもいいのではないでしょうか。


ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは転入の際には、ちょっとしたおみやげとともにお隣に顔見せの挨拶をしましょう。

◆どんな引っ越しでも同じなのですぐ気がつ

どんな引っ越しでも同じなのですぐ気がつくことでしょうが、ガスの解約は転居前に終わらせなければなりません。


引っ越しは私も何度か行いました。


解約はそんなに難しいわけではありません。


旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後のガス代も請求される羽目になりますので確実に終わらせてください。


その際、転居後も月末まで自分が支払わなければなりませんので、それも覚えておいてください。


この間、引っ越しまして、準備で本当に疲れてしまいました。


マンションから転居したので、引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。


近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと自分で運べそうなものを残しておいて何日もかけて台車を借りて運び出し、新居へと持っていったのです。


台車がこんなに使えるとは思いませんでした。


プロの業者から何らかのサービスを受けた時にチップを渡す習慣は、日本にはまったくありませんが、しかしながら、引っ越しの時には、そうしたお金を渡す人がかなり大勢います。


引っ越し作業という大仕事をしてくれるスタッフに感謝と労りの気持ちを表すために、お金を手渡したり、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。


これらは、全く必要ないことではありますが、そういった差し入れ等は、作業スタッフにとってかなり喜ばしいことのようです。


気持ち良く作業してもらえるなら、チップ的なものも充分ありですよね。


家を引っ越すというのは大仕事になります。


するべきことがたくさん出てきますが、まず必要性が高いのがライフラインを整えることで、中でも水を使えるようにしておくことは相当重要だと考えてください。


そうすると、いつ頃水道を使えるようにしておくと丁度いいかとなると、引っ越しをする日に近いと忙しくなりますのでやめておきその上で、何かと困ることのないように、転居当日の一週間程前の辺りに水が出るようになっているなら、一番良いです。


どこからどこに転居するとしても引っ越しでダンボールを使うことになり、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。


そんなときにも、スーパーなどに行くとダンボールは無料で手に入ります。


当然ですが、サイズはいろいろあります。


荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、サイズが揃っていないと気をつけて積み重ねないといけません。

◆引っ越しには慣れていると思います。どのタイミングでガ

引っ越しには慣れていると思います。


どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。


引っ越し直前というのは、何のかのと体力を使っているので引っ越し前日には、夜遅くなっても温かいお風呂をゆっくり味わい翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。


引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めばずいぶん癒やされるものです。


学校を卒業した直後、友達と二人で部屋を借りて住んでいた時期がありました。


ほとんどはペットを飼えないアパートで、一緒に住む友達は猫を連れていたので猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。


いくつもの不動産屋を回り、ようやっとペット可の物件を見つけました。


引っ越しもすぐに済ませて私たちも猫も満足できるところに住めました。


引っ越しで、プロの手を借りずに、自分だけで引っ越し作業をしたい場合は荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。


なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、狭い車内になるべく詰め込むため、適度な大きさのダンボールを使って梱包作業をする、われものなどは、シワになってもいいTシャツにどんどん包んでいく、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますしついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。


このように、荷物をできる限り少なくする、というのは、とても大事な点です。


大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。


落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などという事態になったら困りますので、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。


引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、これまでのところ、荷物をぞんざいに扱われた経験はありません。


でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。


私たち一家が新居に引っ越したときは、1歳児を抱えていました。


子供でも、引っ越しを経験して今までの環境と違うことは感じているもので戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。


案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機に使わなくなったおもちゃなどを整理しました。


片付けを進めているうちに母子手帳があったので、今まで書いたところを改めて読みました。


なんだか懐かしく思いました。

◆結婚のために引っ越したとき、いろいろ

結婚のために引っ越したとき、いろいろ調べて、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスにしたんです。


全面的に専門の業者に任せた引っ越しなど初めての経験で、電話では本当に緊張していました。


ですが、スタッフ全員がきちんと対応していただき、作業も丁寧で全く問題なく引っ越しを終えることができました。


今度引っ越しするときも、ヤマト運輸の利用を考えています。


荷物の数や移動距離の違いで引っ越しの相場も変わります。


引っ越しにおける金銭的な負担を減らすためにも、実際に動くより前に、出費の目安をつけるためにも、相場を分かっておくことが望ましいです。


こうして、凡その相場が分かったら複数の引っ越し業者の見積もりを比較検討し、一般的な相場より安くてサービスもセットになっている業者を選ぶのがおススメだと言えます。


あらゆる引っ越しに関わってくる手続きに、役所への転出届と転入届があります。


転出届は転出する市区町村の役所でもらいます。


その後、転入する市区町村の役所に行き、転入手続きをするという流れになります。


転出と転入は一体の関係なので、転出届と一緒でないと転入の手続きができないことは気をつけないといけません。


これを忘れると他の手続きも進まなくなるので忘れずに手続きしましょう。


引っ越しの時は引っ越し前と後の近所の人にちゃんと挨拶に行くのが今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。


挨拶をサボると隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。


普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。


円満に解決するためにも、隣人には、積極的にきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。


いろいろな引っ越しの進め方がありますが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。


しかしそうであっても、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。


作業しているスタッフがもし、そういう荷物を運んでいる最中に落として壊したりしてしまった場合には、業者は、約款により補償を行わないといけません。


ただし、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と主張しないといけないからです。


何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。

◆荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、運び出すまでに時間がかかってしまったというケースもあるそうです。


準備のためには、前日までに冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切って一晩で下の水滴貯めパレットに水がたまるため、捨てておけばもう大丈夫です。


そのため、冷蔵庫の中のものは全て、冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、新たに買うのも控えて、冷蔵庫を使わなくても済むように準備しましょう。


運送トラックに、引っ越しの荷物が全て積み込まれるまで、一体どれくらいの時間がかかるかというのは毎回同じ、という訳にはいきません。


部屋は何階なのか、荷物はどれだけあるのか、それからスタッフは何人かなど、様々な要因により極端に違ってきたりもするのです。


そういったことを踏まえて、ということになりますが、単身の方の、特に荷物が多い訳ではないケースで30分程度、家族数が多く、荷物も多い場合は約2時間くらい、一般的な家庭の引っ越しなら、大体この範囲内で積み込みは終わるでしょう。


長い時間、犬と一緒に暮らしてきています。


ですから、住むところを変える際にはペットを飼っても良い、というマンションを探し回ります。


ペットが飼えるだけのマンション、というだけではなくて、なるべくなら、ドッグランが屋上にあるなどプラスアルファの設備があるマンションが望ましいと考えています。


設備にお金がかかるせいで、家賃が少々アップしたとしても犬との生活は譲れません。


どれ程の金額が、引っ越しの際にかかることになるのか、という点はわからないでいると、少々心配になってしまうかもしれません。


しかし、インターネットを利用することですみやかに調べ出すことが可能です。


一度に何社もの引っ越し業者より大体の見積額を教えてもらえるシステムもあるので、まったくどこの業者を選べばいいのかどうにも判断しかねている場合は料金の一括見積もりを依頼できる、業者の比較サイトをいくつか利用してみるのも良いかもしれません。


少し早いうちから始めるべき、引っ越し準備になりますが新居へ運ぶ荷物の仕分け作業を始めてみるとそのうちに、要らなくなった家具や家電といった、粗大ゴミがうまれます。


たくさん出てしまう引っ越し時の粗大ゴミ、これらは普段のように、ゴミ収集日に出すことはできなくて、自治体のHPをみるか電話にて、処分方法を確認して決まり通りに処分しましょう。


粗大ゴミを残しておくと、引っ越し日に作業が増えて厄介ですから、段取りよく処分していきましょう。