引っ越しの情報



◆たとえ高価なものでなくても、引っ越しの

たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。


新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。


ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。


新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、普通は一個ずつ底から包みますが、包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方が衝撃を和らげてくれます。


細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。


先日、土日を使って引っ越しました。


荷物を搬入して新居に入り、部屋の電気をつけて明るくなったとき「ここが新しい家なんだ」と実感がわきました。


その日の夜は、思い切っていつもならとても手が出ない宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。


期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。


やるべき事が、次から次と出てくるのが引っ越しです。


必要な手続きもいろいろとありますが、まず必要性が高いのがライフラインを整えることで、中でも水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから相当重要だと考えてください。


水道を使えるようにするのは、いつぐらいがいいかというのは人によりますが、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。


そして少し余裕を見つつ、だいたい、転居してくる約一週間前には水が出るようになっているなら、一番良いです。


少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。


ですから、特にどこか、是非利用したいという業者がないのであれば誰もが聞けば知っているような大手業者にしておくのがやはり間違いがなさそうです。


企業名で言うなら例えば、アリさんマーク引っ越し社といったような、知名度の高いところです。


存在感のある有名企業ですので信頼もあり、会社が大規模である分、利用客もやはり大勢いるわけです。


ノウハウもあり、手順もしっかりしていることが殆どですから質の高い、スムーズな引っ越し作業が期待できます。


引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのはエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。


エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。


なので、取り付け費用も、一台について一万円と少し、といったところだそうです。


ただ、引っ越しと同時にエアコンの取り付けまでしてくれる契約をしているのであれば安くなるはずですが、引っ越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、新しいエアコンを買って設置してもらい、古い製品の引き取りもしてもらうように相談するなどいろいろと、考え合わせてみると良いですね。

◆業者に依頼した場合の引っ越し費用は、全く同じ

業者に依頼した場合の引っ越し費用は、全く同じ引っ越しの依頼だとしても、いつ引っ越すかによって大きく変わります。


年度末や夏、冬の休みはどうしても引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、全国どこでも相場が高くなります。


もしできるなら、繁忙期を外して引っ越しできればいろいろな意味でお得になってきます。


業者によっては、時期によって倍近く費用が違うところもあります。


現在の家に一家で引っ越したとき、1歳児を抱えていました。


こんな幼い子供でも新しい環境に慣れるまでの間、ちょっと戸惑っているのがわかりました。


引っ越したときに、子供のものについてもおもちゃや衣類など仕分けることにしました。


そんな作業の合間に母子手帳を見つけて読み返してみました。


一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。


いろんな引っ越しのやり方がありますが、梱包から何から作業を全て任せるタイプの引っ越しを選ぶと一番楽で苦労せずに済みますが、高額になることもあります。


運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、単身パックというような、そういった方向きのサービスがありますから、それを利用しましょう。


こうしたコースを選択するだけでも、引っ越しコストは相当減らすことができ、それなら、その分は、何かと物入りな新生活のために使えるというものです。


数多くの引っ越し体験がありますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。


「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。


忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの食器が割れてしまっていました。


それらが、自分で作った陶器だったため、衝撃は大きかったです。


とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。


そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。


引っ越しの時、エアコンに関しては手間とお金が掛かり勝ちです。


しかし、退去するのが賃貸住宅の場合なら、管理をしている大家さんか管理会社の担当者にエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか一応問い合わせてみるのがおすすめです。


次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、あまりに古い型だったりしなければ、要望が通ることも有り得るのです。


こういった場合ですとその分、工事費用がかからなくなり、その分、少し節約できるかもしれません。

◆荷物の数や移動距離の違いで引っ越し料金も変わりま

荷物の数や移動距離の違いで引っ越し料金も変わります。


引っ越しの費用を抑えるためにも、何より先に、必要経費の目安をつけるためにも、相場を分かっておく必要があるのです。


これを分かった上で、見積もりをとって業者を比較し、相場の価格より安くかったり、サービスが充実した業者に頼むのがおススメです。


引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、傷つきやすい木製家具や衝撃で壊れやすい家電には傷がつかないような工夫をしたいところです。


新居にマッチするよう買った新品家具などは、市販の緩衝材などもふんだんに使って運搬するべきなのです。


新居にピカピカの家具、となるとワクワクしますが、運搬時に傷だらけにしてしまったら、とても損した気分になりそうです。


転居すると、いろいろな方面に届け出ますが今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。


引っ越し後も固定電話を使う場合、番号が変わることがよくあるものです。


NTTに住所変更の申し込みをしてこの回線を引っ越し後も使うために、どんな手続きが必要か把握しなくてはなりません。


NTTの電話番号は、市外・市内局番と個別番号で構成されており、同じ市内局番エリア内の引っ越しなら電話番号の変更はありません。


引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。


ですがもしも、引っ越し前の家が賃貸であるなら、物件を管理する人を探して引っ越しの時、エアコンは取り付けたまま置いて行ってもいいかどうかを一応問い合わせてみるのがおすすめです。


管理する人の立場からすると、次の住人がすぐに使えるのでそのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。


エアコンをこうして残していける場合はエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、引っ越しにかかる費用を少し削減できます。


引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、食器は数も多く、とても面倒です。


必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、細心の注意を払って梱包しなければ開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。


どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。


そういう食器の場合、内側に丸めた新聞紙を入れてから外側から包み、業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように何重にも注意をして荷造りしておくと破損の心配はぐっと軽減されます。

◆私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前にこのア

私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前にこのアパートに引っ越したのです。


初めは3年くらいのつもりでここを離れて実家に帰る予定で、住民票の移動をしないでおきました。


しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、辞める気がどんどんなくなっていき、結婚の話も進んできました。


地方税はこの町の方が安かったりするので、今さらですが、住民票を動かしたいのです。


とんでもない数のものが身の周りにある生活を送っているとすれば、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは荷造りが終えられるかどうかです。


ものが多すぎて整理しきれず、当日までに荷造りが終わらないかもしれないと思うと引っ越し自体を投げ出したい気分になりがちですが、良い機会ができたと思って断捨離に徹すればぐっと整理が進むはずです。


家族が多く、荷物も大変な量になりますから、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。


しかし、毎回の事ながら、心付けをいつ渡すべきか、困ることが多いです。


引っ越し作業についての料金は、それはそれで払うわけですが、大変なお仕事を終わらせてくれた、そんな皆さんに、自腹でお礼の気持ちを伝えたくなります。


飲み物をペットボトル一本ずつ、プラス作業してくれた各々に千円を包むようにしているわけですが、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。


衣類、特に厚手のコート類などを引っ越しの荷物として運ぶ時に引っ越し会社から借りることができる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。


通常のダンボールを利用すると箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。


でもこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用すると衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。


転居先に着いたら、ケースから取り出して衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。


無事転居を済ませても、電気や水道が使えなければ困りますので、色々と事前の手続きが必要です。


そしてこれらのライフラインと共にインターネット環境をちゃんとしておく、ということも大事なことです。


料金の件などで、現行の契約に納得がいっていないならこれを機に解約してしまうと良いのでしょうが、今のままで問題がない、満足している、という時は、今までの契約は維持し転居先で引き続き使えるように、住所変更の手続きなどをするようにします。


例えば、新居にネット環境がまったくない、回線が引かれていないような状況ですと設備を新設する工事もしなければいけなくなります。


ネット環境が整うまで、しばらく時間がかかることもあるということです。

◆あこがれの年金生活ではありますが、日常生活そのものが一

あこがれの年金生活ではありますが、日常生活そのものが一変します。


思い切って、環境も変えてみませんか?現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、これまでの生活から年金生活に入ることによって、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。


とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃負担が大きくなることが予想されます。


よりよい環境を求めて引っ越すのも十分検討の余地があります。


引っ越し作業を業者に任せないで、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合はできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。


普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで荷物を作るようにする、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせて割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。


こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。


引っ越す時期によって、業者に支払うお金もずいぶん変わってくるようです。


学校や職場が変わり、引っ越す人も増える春先は業者が見積もる値段も高めになります。


週末および休日の引っ越しも当然割高になります。


そうは言っても、引っ越しする時期や曜日を変えることは難しいものです。


情報はいくらでも手に入ります。


引っ越しの総合案内サイトもありますので複数の業者から無料で見積もりをとることができます。


業者のサービスを十分比較して、費用を少しでも抑えていくべきです。


引っ越し会社の用意するプランは色々あります。


梱包から運搬、開梱まで全てを引っ越し業者に任せることにしてしまうと、もちろん、サービス分お金がかかることになります。


単身での引っ越しなら、そうした状況に適した引っ越しパックやコースを利用すると良いようです。


適正なコースの選択だけで、引っ越し費用は大幅に削れることになりますので、浮いた分を新生活のために使うようにしましょう。


新しい住まいに引っ越すにあたり、ライフラインなどの手続きとともに、もう一つ初日からぜひ、インターネットも問題なく使えるようにしておきたいところです。


料金の件などで、現行の契約に納得がいっていないならこれを機に解約してしまうと良いのでしょうが、特に不満もなく、このままでいい場合は、プロバイダとの契約は続けて単に住所変更手続きだけで良いのですが、以前のプロバイダが新居では使えない場合もありますので要確認です。


ただし、引越し先のネット環境によってはそのための工事も必要になってきます。


ネット環境が整うまで、しばらく時間がかかることもあるということです。