引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆どこからどこに転居するとしても引

どこからどこに転居するとしても引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、有料のところもあるので、必ず確認してください。


そんなときにも、スーパーなどに行くと業務用ダンボールはほとんど無料です。


そうなるとサイズが揃わなくなります。


荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、同じサイズでなければ搬出で積み重ねるとき注意してください。


もう今時は、知る人も少なくなってきたようなのですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といったことを昔からしてきました。


由来ですが、どうやらソバの形に掛けまして、どうか細く長くお付き合いできますようにと縁起をかついだのと、お側(ソバ)に越してきましたのでよろしくなどとダシャレも込めつつ引っ越してきてご近所となった人々に、振る舞ったり、配ったりしたものだと言われています。


引越しで居住地が変われば、様々な形で届を出して、使い続けるために、変更することになるものもあります。


固定電話の番号は、その最たるものです。


まずはNTTに連絡しましょう。


引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどをきちんと理解しておきましょう。


ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。


同一市内局番の地域内で引っ越すなら、引っ越ししても電話番号は変わらないことになります。


あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、食器は数も多く、とても面倒です。


お皿やグラスといった割れ物は特に、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと運搬中に破損する危険性が高まります。





最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。


繊細なガラス製品は、内側に新聞紙を詰めてから外側を包み、また、専用の箱があるのでそれに入れるなど、どこまでも慎重に包んで、運べるようにすると破損の心配はぐっと軽減されます。


冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越し作業の人が運搬するのを見ている時には、ふと、落下させたり、こすって傷つけたりしないか、心配して見ています。


段差に引っかけて落下させてしまい、壊れてしまったといった風になってしまうとガッカリしますから、なるべく、荷物の安全に気を遣うスタッフがいる会社を利用したいと考えています。


引っ越し作業は、私は大体いつもスタッフと共に作業することにしています。


でも、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。


でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、素人の自分がやるよりは作業はお任せしてしまった方が、得になる気もします。

◆近年においては、一般的な話ではなく

近年においては、一般的な話ではなくなってきてしまいましたが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、という古くからおこなわれてきた習慣があります。


どういった由来があるのかというと、ソバの形からどうか細く長くお付き合いできますようにという願いを込めたのと、この度お「ソバ」に引っ越してきたので、以後お見知りおきを等という洒落っ気も込めて新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。


引っ越しにかかる時間、例えば積み込みにかかる時間などはいつも同じではありません。


何階の部屋か、荷物はどれくらいか、更に、作業をする人員の数などによって全く変わってくるものです。


そこをかなり無理矢理、計算してみますと、単身の、最もコンパクトな引っ越しの場合で約30分、他と比べて相当荷物が多いご家庭の引っ越しなら約2時間くらい、一般的な家庭の引っ越しなら、大体この範囲内で積み込みは終わるでしょう。


日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、とりあえずダンボールを外すことはできません。


引っ越しの荷造りを行なうのに、ダンボールは不可欠です。


用途に合わせて使い分けられるように、大小いくつか種類があると作業しやすいはずです。


かなり大量に使用することになりますから、心もち多めに用意しておくと、安心かもしれません。


入手先としては、スーパーなどのお店で使用済みをもらったり、ホームセンターで購入したりできるものの、何と言っても、引っ越し業者の用意するダンボールを使うのが強度や扱いやすさを考えると、おすすめです。


何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。


ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、梱包作業を順次行ってください。


日常的に使うものをのぞき、大体の用途で分けた上で詰めるようにしましょう。


ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷物を開ける際、役立つでしょう。


電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも日程を考え、計画的に取りかかりましょう。


今どきのマンションやアパートでは隣に住む人の顔さえ知らなくても生活が成り立つことがおかしいと思わなくなっています。


それでも、日常の挨拶や何かあったときにはお互いに助け合えるという関係は保っていた方が良いでしょう。


良好な関係を作り出す手始めとしては、転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶をすることがポイントになります。

◆引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越す

引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによってずいぶん変わってくるようです。


一番わかりやすい例では、移動が多い春は引っ越しも増えるので、割引サービスはほとんど適用されません。


同じく、土日、祝日なども割引はきかないことがほとんどです。


いくら割高でも、引っ越しする日は変えられないことが多いものです。


手間を惜しまなければ、引っ越しの総合案内サイトや業者のサイトで、業者からの見積もりを無料で出してもらうことができます。


多くの業者から見積もりを集めて、費用を少しでも抑えていくべきです。


結婚に伴って転居したときに、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。


全面的に専門の業者に任せた引っ越しを初めてすることになり、コールセンターへの電話も緊張していました。


しかし、どのスタッフの方もてきぱきした対応、丁寧な作業で、荷物を任せるのに全く心配はありませんでした。


次回引っ越しするときはまた状況が変わりますが、そこでもぜひお願いしたいと思います。


春や秋は、一年のうちで一番引っ越しが行われるシーズンです。


これは、大学入学や就職・転職といった出来事が多いことが要因だと言えます。


引っ越しは面倒でウンザリするという話を耳にしますが、詳細を聞いてみると、煩わしい手続きが重なるということが原因だそうです。


引っ越しにおいて必要不可欠なガス、水道、市役所への提出書類など、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、きちんとした計画を練って、手続きを終わらせなければいけません。


我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。


二年前、転勤で引っ越しをしました。


新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけてすぐに業者に電話をしました。


原因は、洗濯機でした。


ホースの中の水がそれが漏れて出てきて、箱を濡らし、そんな状態でずっとトラックで運んできてしまいました。


たいした被害にはなりませんでしたが、ホースの中から、しっかりと水を抜いておく必要があるとは思わかなかったです。


でももし次の機会があれば、その時は気を付けたいです。


以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に完成したばかりのマンションを購入できまして、転居を決定しました。


引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、元の形のままで運んでもらい、不当な値段などではなかったと思いますが、追加料金を請求されてしまいました。


こうしたお金のことは、見積もりの出た段階にでもどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。

◆引っ越しでは、ご自分が所有す

引っ越しでは、ご自分が所有する自動車についても住所変更手続きを求められますが、そこでナンバープレートも変わるのかどうか心配になるかもしれません。


引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、転入先を管轄する陸運局の問題です。


転出してきたところと、同じ陸運局の管轄ならそのまま同じプレートを使って良いのですが、陸運局の管轄地域が異なる場合、指示に従ってナンバープレートを変えてください。


作業を順調に終わらせる計画性も、引っ越しにおいては欠かせませんが、何と言っても気になるのは引っ越しにかかる費用を節約するということです。


なんだかんだとお金が必要になり、予定していた金額をあっという間にオーバーしてしまうこともあります。


いかに安い業者に頼むのかが重要ですので、一括見積もりサイトを活用し、一番自分に合った業者を選ぶようにしましょう。


とんでもない数のものが身の周りにある生活を日常としている方には、その方が引っ越すとき最も大変なのは所有するものの整理と荷造りでしょう。


ものが多すぎて整理しきれず、荷造りを終えられそうにないと思ってしまえば引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、引っ越しを一つのきっかけにして処分に専念すれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。


一般家庭の引っ越しを扱う会社としてはその仕事に定評があるのは引っ越しのサカイだといわれています。


支店は全国に170社以上あり、自社の保有車だけで3500台以上あるので、大手にふさわしいネットワークや機動力のある引っ越しを用意しているのです。


細やかなサービスができるよう、どのスタッフも一定水準のサービスを行うので安心して引越しを任せることができます。


同じ町内など、引っ越し先が近い場合は引っ越し業者を利用しなくても、なんとかなります。


その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物を新居に運ぶようにします。


少量ずつであっても、何日もかけますからあまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。


大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、運んでしまいましょう。


このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出はだいぶ節約することができます。

◆この間の引っ越しでは、業者さんに依頼したのは

この間の引っ越しでは、業者さんに依頼したのは大きいものだけであとのものは自分たちで運びました。


先に荷物を全部移動させ、転入届を市役所で出してきました。


いろいろなハプニングもありましたが、思いがけない人が協力してくれるもので、感謝の一言です。


両隣にも挨拶に伺いました。


まだ片付けはたくさん残っていますが、がんばるしかありません。


引っ越しの時には、何かとやることが多いのですが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、その中でも水道を開通させることは引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。


水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からがベストかというと、これは、目安としては、引っ越し日の前辺りはバタつきますので避けその上で、何かと困ることのないように、引っ越し当日の一週間程前に使えるようにしておくことができれば、安心です。


引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。


業者に来てもらい、実際に見てもらえば完璧ですが、直接見てもらうことが難しければ電話でおおよその荷物の量を説明するといくらくらいかを教えてもらえます。


他社との比較をすることで安くしてくれる業者もいるためどうにか時間を作っていくつかの業者の見積もりをとってください。


個人の引っ越しを扱う会社の大手で、その仕事に定評があるのは引っ越しのサカイだといわれています。


支店の数は全国170社以上に及び、自社の保有車は3500台超で、大手にふさわしいネットワークや機動力のある引っ越しを望むことができます。


サービスの向上にも努めており、スタッフ全員が水準以上の仕事をしているのでその意味でも、安心して依頼できます。


一世帯がまるまる引っ越すとなると、何といっても、当日しかできないことがたくさんあるので、朝から晩までの作業になることは必然ですから、事前準備ができそうなことはできるだけやっておいてください。


引っ越したらすぐに、水道や電気、ガスなどを使用可能にしておくことは確実に終わらせなければなりませんし、引っ越し当日に使うと考えられるものは他のものと一緒にせず、すぐ使えるようにしておくと楽です。