引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートで

一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートでは隣に住む人の顔さえわからないということがごく普通になっています。


そうは言っても、日頃から挨拶を交わし、大変なことがあったときに助けを求められるような関係は保っていた方が良いでしょう。


そのようなご近所づきあいのきっかけとして、引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に顔見せの挨拶をしましょう。


先週の土日を使って、引っ越しを終えました。


荷物の移動が終わって、部屋の電気をつけて明るくなったとき「これからはここが自分の家だ」とジーンときました。


そんなこともあって、その日の夕食はいつもならとても手が出ないピザとお寿司をとって、好きなワインも買って引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。


まだ残っている片付けもがんばります。


うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、ほとんどの引っ越し作業について、お任せするプランを利用しています。


ところで、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。


引っ越し作業についての料金は、それはそれで払うわけですが、長時間の大仕事をこなしてくれましたから、働き者の皆さんに、自然に感謝の気持ちが湧きあがってきます。


いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて千円ほどをお配りしているのですが、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。


天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。


荷造りから何から一切を業者に任せている場合は、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、雨で渋滞などが起こりやすくなり引っ越し先にトラックの到着が遅れることはよくあります。


業者任せでなく、自分で荷造りをする場合は、濡らしてはいけないものはビニールで包む、などの対策はしておきます。


雨が急に降り出すことも多いですし念のための備えはしておいた方が良いですね。


新居を建てて、数年前にそこへ引っ越したのですが、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう全力を尽くしました。


引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので搬出や搬入の時に衝撃が加わらないようにクッション材はたっぷり使いました。


業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、中身に全く問題なく運ばれました。


外側も傷一つありませんでした。

◆学校を卒業した直後、友達と二人で部屋を借りて一時住

学校を卒業した直後、友達と二人で部屋を借りて一時住んでいました。


ほとんどはペットを飼えないアパートで、友達は猫と一緒に暮らしていたため猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。


何軒かの不動産屋にあたって、ようやっとペット可の物件を見つけました。


早速入居できたので私も、友達も、猫も満足できました。


今から数年前に、自宅を新築して引越しした際、何といっても、デスクトップパソコンの移動にいろいろな手立てを考えました。


実は、引っ越しの時、3歳だった娘と1歳だった息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。


業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。


パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、傷もつかず、データも全て無事でした。


引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、業者の選び方で必要経費が変わります。


出来るだけコストを抑えることの出来る引っ越し業者を選べたら良いですよね。


たとえ費用が最安値でなくても、ゴミや不用品を回収してくれるサービスを提供している業者もあるようですから、引っ越しを考えた時には、いくつかの引っ越し業者の見積もりとサービスオプションの内容を確かめてから判断するのが合理的でしょう。


コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷造りをする時に引っ越し会社から借りることができる引っ越し専用の衣装ケースを利用することによりハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。


普通のダンボールを使うと衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこういった衣装ケースの場合はハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。


新居に到着したら、開梱してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。


新居への引っ越しを済ませ、住所が変更になったのなら免許証の住所変更は、なるべく早めに手続きしておく方が良いです。


車を所持していないからと、この次の更新時まで以前の住所のままでも困らない、と考える人もいるのですが、普通の人が運転免許証を使用する機会は、割と多いのです。


例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。


銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。


ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。

◆煩雑な書類手続きも、引っ越し

煩雑な書類手続きも、引っ越しの時には増えてきます。


それらのうち、特に重要視されるものはやはり、自動車関連でしょう。


普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は免許証がよく本人確認書類として機能しているため、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。


これについても警察署で手続きができますので、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。


そうすると一石二鳥です。


人それぞれ引っ越しの仕方は異なります。


荷造りから荷解きまで全部を業者に頼むことにすると、一番楽で苦労せずに済みますが、高額になることもあります。


なので、単身での引っ越しを予定しているのなら、ちゃんと単身用のサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。


こうするだけでも、引っ越しのコストをだいぶ減らせるはずですので、その分は、何かと物入りな新生活のために使えるというものです。


引っ越し先がごく近距離であれば引っ越し業者を利用しなくても、なんとかなります。


やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを転居先に運びこみましょう。


時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことで自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。


そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。


このレンタルトラックで運んでしまいましょう。


この方法を実行できれば、費用はかなり安くできます。


まだ社会に出たばかりの頃に二部屋の賃貸を友達と一緒に借り、住んでいた時期がありました。


当時のアパートは、どこでもペット不可で猫を飼っている友達は条件に合う物件を探すのに苦労しました。


いくつもの不動産屋を回り、猫が飼える物件に出会いました。


即入居できたので、引っ越しして私たちも猫も満足できるところに住めました。


どれ程の金額が、引っ越しの際にかかることになるのか、という点は金額の目途がつかないと、かなり気になってしまうものです。


とはいえ、インターネットを利用することでたやすく調べられます。


また、複数業者から大体の見積額を教えてもらえるシステムもあるので、正直、どこを選べば費用が抑えられるか等を目星をつけることもできない、という場合は一括で見積もりのとれる便利な比較サイトを利用してみるのも良いかもしれません。

◆エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問

エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問題になるようです。


ただし、引っ越しで退去する家が賃貸住宅でしたら、管理をしている大家さんか管理会社の担当者に取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを一度尋ねてみましょう。


次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、そのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。


エアコンを元の家に残していけるということは取り外しの工事費がかからなくなり、それなりの節約につながります。


住環境を快適に保つということは、家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。


近所との関係も住環境を構成しています。


住環境をよりよくするため、引っ越してきたら挨拶をその日のうちに済ませるべきです。


おみやげを用意した上で訪ねることが大事です。


長々と訪問する必要はありませんから好印象を与えるようにしてください。


第一印象を良くすることが肝心です。


どれだけ経験があっても、引っ越しの際の準備には苦労します。


初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。


引っ越しの負担を軽減するためには、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。


当然、計画通りに進められるのなら問題ありませんが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。


計画にゆとりがあれば多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。


どんな世帯の引っ越しにも、欠かせないものがあります。


そう、新聞紙、ダンボール、テープ類、ひもなどです。


どこにいても買うことはできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、こうした梱包材を無料でもらえるという話もよく聞きます。


契約すればただで手に入るものが、早まって買ってしまったということにならないよう、見積もり依頼の際には念を入れて確かめてください。


引っ越しをするにあたっては、スムーズに準備を進めることも重要ですが、何と言っても気になるのは出費をどうやって抑えるかということでしょう。


引っ越しの準備には何かと物入りになって、予想の金額を大幅に超えてしまうことも珍しくないのです。


いかに安い業者に頼むのかが要点になりますから、引っ越し業者の一括見積サイトを利用するのが良いでしょう。

◆人により引っ越しのやり方は様々ですが

人により引っ越しのやり方は様々ですが、中には梱包、運搬全てを業者に任せる向きも多いです。


ですがそうして任せてしまうにせよ、少し大きめの家具や、重量のある家電が運搬される時には、業者の作業を見ておいた方が良いです。


作業しているスタッフがもし、そういう荷物を運んでいる最中に破損させたり、傷をつけたりしてしまったら、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、確かに引っ越しによってついた傷なのかを自分でわかっておく必要があります。


引っ越しが完了して、無事に新しい住所での生活を始めるにあたって運転免許証に記載されている古い住所も、変更の手続きをしましょう。


ペーパードライバーの方などは、数年先の免許更新時までは別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、普通の人が運転免許証を使用する機会は、割と多いのです。


一つの例としては、何かを申し込む際(例えば携帯電話の新規申し込みや機種変更)に常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。


銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。


住所変更はなるべく早めに済ませておいた方が良いでしょう。


地方出身の私は、引っ越しもこれまで3回経験しています。


進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、荷作りにはいつも時間がかかります。


私の実感として、単身者の場合は、割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが頑丈な荷物になります。


無料で手に入るスーパーのダンボールや、クラフトテープと比べれば強度の差は歴然としています。


途中で荷物が壊れないようにするためにも、必ず使うようにしてください。


自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら見積もりをとった後で、引っ越しの業者を決定することを忘れないでください。


業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、来てもらう時間を取れない場合はおよその荷物の量を電話で具体的に伝えるだけでもいくらくらいかを教えてもらえます。


いくつかの業者の見積もり価格を出すと相場より若干値引きしてくれることもあるので忙しくてもひと手間かけて、複数の引っ越し業者から見積もりをとることをおすすめします。


夫婦二人で暮らしていた頃にマンションを購入することができ、引っ越すことにしたのでした。


引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、ずっしり大きいテーブルがあって、分解可能な筈でしたが、思ったようにいかないので、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、不当な値段などではなかったと思いますが、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。


できれば事前にどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。