引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆さていよいよ引っ越しの段取りを

さていよいよ引っ越しの段取りを立てないと、という時には業者選びも大事です。


数が多いので困ってしまいますが、特にどこか、是非利用したいという業者がないのであればよく知られた大手業者を選んだ方が安心できるのではないでしょうか。


実際の会社名を挙げるとするなら、テレビコマーシャルで見かけることも多い、アリさんマーク引越社のような会社でしょうか。


存在感のある有名企業ですので信頼もあり、利用する人も大変多く、仕事をそれだけやってきたということです。


ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし良い引っ越しにしてくれることでしょう。





数多くのものに囲まれた生活を日常としている方には、引っ越しの最大の障壁はものを整理して荷造りすることに尽きます。


量の多さが途方もなく、当日までに荷造りが終わらないかもしれないと思うと引っ越し自体を投げ出したい気分になりがちですが、これを一つの契機としてどんどん捨ててしまうようにすればきっと楽になるでしょう。


引っ越しのやり方は色々ではあるものの、梱包や運搬、引っ越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです。


でも、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、作業を近くで見ておくべきです。


作業しているスタッフがもし、大きな荷物を運んでいる間に傷を作ったり壊したり、といったことになると、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、傷が確実に引っ越しによってついたものだと自分でわかっておく必要があります。


厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと梱包作業が大変スムーズになるでしょう。


衣装ケースではなくダンボールを使用した場合は箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。


でも引っ越し用の衣装ケースを利用できると様々な種類の衣服を、ハンガーにかけられている状態のままでケースに収めていくことができるのです。


運搬先でも、今度は衣装ケースから直接クローゼットに収納していくような形になります。


引っ越しに共通して使われるものがありますね。


いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。


どこにいても買うことはできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、引っ越しに使ってくださいということで、このようなグッズをもらえるケースが増えています。


契約すればただで手に入るものが、先に買ったものが無駄になったと泣かないように見積もり依頼の際にはどうなっているのか知っておきましょう。

◆一回引っ越ししてみれば絶対必要になることとして、

一回引っ越ししてみれば絶対必要になることとして、ガスの解約は転居前に終わらせなければなりません。


私も何度か引っ越しを経験してきましたが、解約自体が大変ということはありません。


きちんと解約手続きを終わらせないと転居後のガス代も請求される羽目になりますのでもれがないようにしましょう。


しかも、引っ越した月の末日まで支払いが自分になってしまいますので、要注意です。


引っ越しに共通して使われるものがありますね。


そう、新聞紙、ダンボール、テープ類、ひもなどです。


誰でも簡単に手に入りますが、見積もりを業者に依頼した場合、見積もりから契約のどこかで契約のお礼として引っ越しグッズを提供するサービスもあります。


契約が成立すれば無料なのに結局ダブってしまったと後悔しないよう、業者に見積もりを頼む時には念を入れて確かめてください。


転居先に出かけたり家電を処分したりすることも含め、引っ越しにまつわる出費は最初の想定が甘かったり、目論見が外れたりなどして、実は高額になりがちです。


できるだけ費用を抑えたいなら、業者選びもなるべくしっかり考えた方が良いようです。


引っ越し料金については、距離や荷物の量が変わらない時も会社により、料金が変わってくることがあります。


引っ越し料金一括見積サイトの存在が、業者ごとの料金を知りたい時には役に立ちそうです。


一括見積サイトに移動したら、出発地から到着地、家族の人数などを入力して一括見積もりを申し込みすると各社がそれぞれの見積もりを提示してくれますので、金額を簡単に比較検討できて多忙な人にもおすすめできます。


春や秋は、一年のうちで一番引っ越しが行われるシーズンです。


この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが要因でしょう。


一般的に、引っ越しは時間と手間がかかるとよく聞くのですが、どうやら煩わしい手続きが重なるということが主な要因となっているようです。


例えば、電気や水道、市役所など、元の住まいからこれからの住まいの両方の地域で必要な手続きが多いので、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。


転職や転勤で職場が変わり、近くに住んだ方が良いとか、家族が増えたり減ったりして、今の住まいでは合わないといったことがあって今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。


この際だからと、不要なものや着なくなった服など思い切って処分して、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。


しかし、布団は買い換えや処分を行うことなく引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。


一日のうち何時間かは必ず使うものですから服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。

◆先日、無事引っ越しを終えました。準備で本当に疲れてしま

先日、無事引っ越しを終えました。


準備で本当に疲れてしまいました。


マンションから転居したので、引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。


引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、大きな荷物以外は自分で計画を立て何回にも分けて台車に載せ新居へと持っていったのです。


案外、台車は便利ですよ。


自家用車も一緒に引っ越しする場合、車も住所変更届が必要になりますが、そこでナンバープレートも変わるのかどうか心配になるかもしれません。


これは単純な話で、ナンバープレートの変更は引っ越し先を管轄する陸運局によって決まります。


引っ越す前も後も、同じ陸運局の管轄であれば同じナンバープレートを使えますが、陸運局の管轄地域が異なる場合、変更は強制的に行われます。


引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、オール電化の家に引っ越すのでない限り、ガスコンロを引き続き使えるかチェックしなければなりません。


私が引っ越したときは、新築だったため当然ながら新しいガスコンロがありましたが、引っ越し先が新築でなければ引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。


注意しなければならないのは、ガスの種類です。


転居前のガスコンロが使えないこともあるのでガスコンロを転居後も使おうとするか、新しいものを買おうと考えているなら使いたいコンロが使用可能か、注意してください。


厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は引っ越し会社から借りることができる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって衣類の梱包がだいぶ楽になりそうです。


衣装ケースではなくダンボールを使用した場合は衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用するとハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。


転居先に着いたら、ケースから取り出して衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。


たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。


その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。


まずは上手な包み方を心がけてください。


新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、底面から一個ずつ包むようにしましょう。


包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、ぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。


持ち手がついているものは特に注意が必要で、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。

◆引っ越しを控えて必要な物と不要な物の仕分けをし

引っ越しを控えて必要な物と不要な物の仕分けをしてみたら、不要になった家具など、粗大ゴミが出てきます。


転居に伴う粗大ゴミはいつものようにゴミの日に出しても、収集してもらえないでしょう。


粗大ゴミは、処分方法をまず、自治体に問い合わせてその通りに処分します。


引っ越し日が近いのにゴミがまだまだある、という事態を避けるためにも、段取りよく処分していきましょう。


引っ越すのは来月なのですが、引っ越し先までピアノを持っていくか手放すかが大きな問題になっているのです。


もうピアノを弾くつもりはありません。


ただの飾りにしかなりません。


一方、捨てるというのも無料では済まないだろうし、一体どうしたら良いのでしょうか。


無料で譲ることも考えましたが、探すのもけっこう大変です。


この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、ぎっしり詰まっていたクローゼットの中身を全部出してみると、使わないものをためこんでいたことがわかって呆れかえりました。


とりわけ服はずっと着ていなかったものが大半でした。


結果として、引っ越しをきっかけに今までためこんでいたものを捨てられて、クローゼットの中だけでなく、私の気持ちもスッキリしました。


多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。


新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。


包み方にもコツがあります。


包むものより一回り以上大きい新聞紙で、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。


新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくと緩衝材として役に立ちます。


細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、飛び出たところを先に包むのがコツです。


引っ越しで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きの筆頭といえば、自動車などの運転免許証を住所変更することです。


運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住所変更の申請も、早めに済ませましょう。


引っ越した先の管轄警察署に、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を提出して、届を書いて出すだけで手続きは比較的早く終わります。

◆うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量

うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、引っ越し作業はもう、ほとんど業者にお願いしております。


ですが、いつも迷うのが、心付けをどんなタイミングで渡すべきか、です。


お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、朝から夕方までかけて、大きな仕事をこなしてくれた、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。


いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて千円ほどを手渡しておりますが、こういった際の心付けの金額は、皆さんはいくら包んでいるのだろうか、と気になっています。


引っ越しの時、エアコンに関しては手間とお金が掛かり勝ちです。


ただ賃貸住宅の場合、退去時に、管理をしている大家さんか管理会社の担当者にエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか聞いてみるのが良いです。


管理側から見ると、エアコンを残して行ってもらうと、次の入居者がすぐそれを使うことができますから、あまりに古い型だったりしなければ、要望が通ることも有り得るのです。


そうやってエアコンを置いていくことができれば取り外しの工事費がかからなくなり、幾分か費用の節約ができるでしょう。


ローンの申請も通り、やっと住宅を買えることになりました。


ところが、契約を問題なく完了させるために印鑑証明書(及び実印)がいるのをまったく知らずにおりました。


以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、この状態、つまり別の市から転居してくる場合ですと、転居先の市で役所に赴き登録をやり直しておく必要があるわけです。


仕方がないのでバタバタと登録しに行って大変慌ただしい思いをしました。


上京してきたときも含め、今まで3回の引っ越しをしてきました。


理由は進学や就職と様々ですが、荷作りにはいつも時間がかかります。


私の実感として、単身者の場合は、値が張るのは覚悟して、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと頑丈で運びやすい荷物が作れるということです。


スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、丈夫さが全く違います。


荷物を無事に運ぶためには欠かせないものなので、必ず使うようにしてください。


引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。


例えば、大学入学や就職、転勤といった環境の変化が主な理由として挙げられます。


一般的に、引っ越しは時間と手間がかかると聞きますが、手続きがややこしいという点が大きな理由のようですね。


具体的には、水道・電気・ガス・市役所での諸々の書類など、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、後で手続き洩れが出ないように、きちんとした計画を立てて作業をこなしていく必要があります。