引っ越しの情報



◆賃貸の部屋から転居していく時には、クリアし

賃貸の部屋から転居していく時には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


管理会社から物件の担当者が部屋に来て、部屋の隅から隅までチェックしてきます。


これを終わらせたら、めでたく退去が叶います。


ケースごとに多少違ってきますが、電気ガス、水道代など公共料金の清算はきちんと済ませておかないといけませんし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。


賃貸の部屋から引っ越しをする場合、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。


具体的に何か、良い効果があるなどと断言することができないのですが、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について良い影響があるかもしれません。


最後のお掃除をする時、どうしようもない汚れとか修理が難しいほどの破損などは、放置した方が良いでしょう。


無理矢理汚れを落とそうとしたり、破損部分を修理しようとしても、なかなか上手くはいきません。


引っ越しの前日までに、短時間で良いので引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。


何時に業者が来る予定か、作業終了の目標は何時かなどを確認しておきましょう。


荷物は運びやすいように移動しておきましょう。


引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として飲み物を用意しておくことを忘れないでください。


搬入が終わったら、飲み物を出すことで暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。


実際に引っ越しするとなると、業者選びには悩んでしまいます。


これまで引っ越ししたことが無いならば、色々な不安もついてまわるでしょう。


個人的な話ですが、初めての引っ越しでは引っ越しのサカイさんに依頼しました。


見積もりを依頼しましたが、どこよりも安かったからです。


従業員さんもとっても親切で優しかったので、その時の安心した気持ちがずっと残っています。


これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。


やはり信頼できると思います。


これからも、引っ越しの時にはサカイさんにお願いしたいと思っています。


どのような場合でも引っ越しでダンボールを使うことになり、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。


そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、無料でダンボールを分けてもらえます。


ただし、サイズはばらばらです。


車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同じダンボールを積むのでなければ搬出で積み重ねるとき注意してください。

◆数多くのものに囲まれた生活を送っていると

数多くのものに囲まれた生活を送っているとすれば、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのはものを整理して荷造りすることに尽きます。


ものが多すぎて整理しきれず、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすればもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、これもチャンスだと思いきって処分に専念すればきっと楽になるでしょう。


引っ越し作業を業者に任せないで、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであればとにかく、効率よくコンパクトな梱包を目指します。


そんなに荷物を載せられない、一般乗用車で荷物を運ぶのですから、狭い車内になるべく詰め込むため、適度な大きさのダンボールを使って荷造りをしたり、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますしついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。


万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。


転居の際、必要な作業は様々です。


そんな中で運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、多くの業者においては荷運びだけではなく、その梱包もサービスの一つとして提示されています。


であるならば自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。


やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、もし何か問題が起こった時には作業を行った業者がその責任を負って被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。


荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器は数も多く、とても面倒です。


お皿やグラス類は割れ物なので、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。


ここのところ、薄いガラスで作られたグラスも増えています。


そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば破損の可能性はかなり低くなります。


いろいろな引っ越しの進め方がありますが、中には梱包、運搬全てを業者に任せる向きも多いです。


ですがそうして任せてしまうにせよ、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。


作業しているスタッフがもし、大きな荷物を運んでいる間に傷をつけるなどの損害が発生した場合、引っ越し業者は、その補償をしないといけないのですが、確かに引っ越しによってついた傷なのかを主張しないといけないからです。


何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。

◆我が家の洗濯機はドラム式なんです。以前、転勤

我が家の洗濯機はドラム式なんです。


以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。


引っ越しの日、荷物を開梱していくと、濡れたダンボールを見つけたので引っ越し業者に連絡を入れてみました。


その原因は、洗濯機のホースに残っていた水で、何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。


その状態のままで運んできたようです。


ダンボールが破れたりしたわけではなく、害は無かったようなものでしたけど、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと次は失敗の無いようにしたいものです。


早いうちから、始めておいた方がいい引っ越し準備として新居へ運ぶ荷物の選り分けを進めていくと、どうしても不要物、しかも粗大ゴミが出てしまいます。


引っ越し時に出る粗大ゴミなのですが普段のように、ゴミ収集日に出すことはできなくて、自治体のHPをみるか電話にて、処分方法を確認して指示通りに処分することになります。


粗大ゴミが、引っ越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、少量ずつまとめてなど、工夫しつつ処分を進めましょう。


この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、まずクローゼットを空にしてみると使わないものをためこんでいたことがわかってため息が出ました。


特に服は長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。


思いがけず、引っ越しのおかげで今までためこんでいたものを捨てられて、引っ越しの荷物も、自分自身も整理することができました。


引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、転居元と転居先の隣近所に向けてしっかりと挨拶をしておいた方が良いでしょう。


実際に挨拶に行かなかったせいで関係が拗れてしまうことも珍しくないからです。


生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣近所の住人には、可能であればきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。


新しい住まいを決める事ができましたら、簡単なもので充分ですから、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。


一般に、準備のスタートが早すぎると片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、あまりスローペースだと、予定に間に合わなくなることも考えられます。


順番としては、今現在の生活で特に必要としないものから始めて少しずつ荷造りしていくと無駄なく進めていけるはずです。

◆固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際に考えて

固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際に考えていくべきでしょう。


もう固定電話を使わないという話になれば別ですが、転居後も固定電話が必要となれば、電話会社との間で、転居しても使い続けるための手続きを忘れてはなりません。


手続きがもたもたしていると固定電話もファックスも使えない生活になりますので引っ越しの多い時季には先手を打って移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。


収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活をしている方がいるとすれば、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは所有するものの整理と荷造りでしょう。


量の多さが途方もなく、当日までに荷造りが終わらないかもしれないと思うと引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、これもチャンスだと思いきってどんどん捨ててしまうようにすればその後の生活が変わっていくでしょう。


借りていた部屋から引っ越す時は、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。


掃除をしたからと言って、何か良いことがあるとは到底、言えないのですが、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について良い風に、影響が出ることも考えられます。


お掃除については、もし落としきれない特殊な汚れや大きめの破損については、あきらめて、それ以上触らないようにしましょう。


張り切って修理しようとすると、たいてい悪化するのが常です。


引っ越しをする時に大量に出る不用品、これらをいくつかの引っ越し業者が買い取るサービスをしており、ずいぶん好評のようです。


家電や収納家具、ブランド物のバッグだったりゴルフの道具、あるいは大きなテーブルや応接セットといったものまで、転居によって出る不用品と言えば、多種多様です。


買い取ってほしい品物がたくさんある時は、買取サービスを重点的に行っている業者を選ぶのが賢明です。


なぜならそういうところは、確実な査定をしてくれることが多く、品物の種類ごとに買い取り先を探さなくて済みますね。


多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。


一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。


包み方にもコツがあります。


包むものより一回り以上大きい新聞紙で、底面から一個ずつ包むようにしましょう。


包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方がクッションとしての役割がより高まります。


持ち手がついているものは特に注意が必要で、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。

◆住環境を快適に保つということは、住居内で終わる

住環境を快適に保つということは、住居内で終わるわけではありません。


隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。


その第一歩として、引っ越しの時の挨拶は早急に済ませましょう。


挨拶の品を準備してから伺うのが良いでしょう。


挨拶は要点だけ伝われば良いので、良い印象が伝わるようにしましょう。


第一印象を良くすることが肝心です。


一番最近の引っ越しは結婚したときですが、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。


自分にとって、業者に依頼した引っ越しを初めて行ったのではじめの電話だけでも緊張し通しでした。


ですが、スタッフ全員が丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。


次の引っ越しでは人数も荷物も変わるでしょうが、ぜひお願いしたいと思います。


引っ越しは何度も経験してきました。


そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。


どうしても、引っ越しの準備をしていると何のかのと体力を使っているので引っ越し前日には、夜遅くなっても温かいお風呂にじっくり入って疲労を回復させたいのです。


引っ越し当日も、作業の合間に温かいものが飲めると一息つけるからです。


「荷物の量」「移動距離」「時期」などの違いでおおよその引っ越しの相場が決まっているのです。


引っ越しにおける金銭的な負担を減らすためにも、何より先に、必要経費の目安を付けるための相場を理解する必要があるのです。


大体の相場が分かったら、複数の業者に見積もりをお願いして、相場より安くて金銭的な負担が少なく、サービスに力を入れているような業者を選択するのが充実した引っ越しになるポイントです。


引っ越しの最盛期と言えば、一般的に春や秋になると思います。


例えば、大学入学や就職、転勤といった環境の変化がその理由です。


多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだとよく耳にします。


詳しく聞いてみると、どうやら手続きがややこしいという点が大きな理由のようですね。


引っ越しにおいて必要不可欠なガス、水道、市役所への提出書類など、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、後で手続き洩れが出ないように、きちんとした計画を立てて作業をこなしていく必要があります。