引っ越しの情報



◆先日引っ越しをしましたが、家財道具の

先日引っ越しをしましたが、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、運べるものはできるだけ自分たちでやりました。


荷物の移動が一段落したところで、住民票の移動も済ませました。


どうしてもばたばたするものですが、力を貸してくださる方もたくさんいて、感謝の一言です。


挨拶まわりもしてきました。


荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。


これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?荷造りでは手が汚れるだけでなく、カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、ケガの危険性はかなり高いのです。


荷物移動の際には、言うまでもなく荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。


安い軍手を選べば良いのではなく、自分の手にジャストフィットする、きちんとした滑り止めがついた軍手を買わなくてはなりません。


手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。


コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷造りをする時に大抵の引っ越し業者からレンタルすることができる運搬専用の衣装ケースがありますから、これによって荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。


普通のダンボールを使うと衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこうした運送専用の衣装ケースを使うことができればハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。


転居先に着いたら、ケースから取り出してハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。


転居時にエアコンをどうしたら良いか、悩む人は多いようです。


けれど、賃貸住宅から退去するのなら、管理をしている大家さんか管理会社の担当者にエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか聞いてみるべきです。


管理する人の立場からすると、次の住人がすぐに使えるのであまりに古い型だったりしなければ、要望が通ることも有り得るのです。


こんな風にエアコンを置いていけるとその分、工事費用がかからなくなり、それなりの節約につながります。


うちは大家族で、荷物もかなり量が多いです。


なので、梱包などの作業も、多くをお任せしていますが、いつも迷うのが、心付けをどんなタイミングで渡すべきか、です。


正規の料金はもちろん、しっかり支払いますが、朝から夕方までかけて、大きな仕事をこなしてくれた、素晴らしいスタッフの方々に、個人的なお礼の気持ちを伝えたいのです。


いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて千円ほどをお渡ししております。


しかし、こういった際の心付けの金額は、皆さんはいくら包んでいるのだろうか、と気になっています。

◆引っ越しは一つの転機であり、日

引っ越しは一つの転機であり、日常生活の細々したことを見直すことが必然ですが、日頃見落とされがちなNHK受信料についても検討しなければならないでしょう。


最近では、引っ越し先にテレビがないケースもあるでしょう。


継続して受信料を払う必要もなくなるので、まず、引き落としされていれば中断して、NHKとの契約を終わらせる手続きを、やってみる価値はあります。


どんな引っ越しでも同じなのできっとおわかりだと思いますが、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。


私も、世帯での引っ越し経験があります。


解約自体が大変ということはありません。


きちんと解約手続きを終わらせないと転居後のガス代も請求される羽目になりますので確実に終わらせてください。


しかも、引っ越した月の末日まで自分が支払うルールになっています。


出来るだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方の頼りになる引っ越し業者といえば、赤帽以外ありません。


特に単身での引っ越しといった小規模な引っ越しにおいては実力を発揮します。


時間制の運賃料金もありますから、荷物の運搬を手伝う事で作業の時間を短くすることが可能ですので、自主的に作業の手伝いをするのがおススメです。


軽自動車をつかう赤帽ですが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。


いよいよ年金生活というと、今までの生活が大きく変わることは確かです。


これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。


今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、年金生活に突入することで、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。


まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたら今のお住まいでは家賃を払いきれないかもしれません。


ここで思い切って、住環境を変えてみるのも今はごく当たり前の話です。


勤めが決まったことで、10年くらい前にこのアパートに引っ越したのです。


初めは3年くらいのつもりで後は実家に帰りたかったので今の住まいへ住所を変更することはしませんでした。


けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で辞められる区切りがつかず、結婚の話も進んできました。


実家よりもこちらの方が税金も安いようで、今から住民票を移しても遅くはないと思うようになりました。

◆賃貸契約で住んでいたところか

賃貸契約で住んでいたところから引っ越しする際、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。


具体的に何か、良い効果があるなどと到底、言えないのですが、少なくとも、悪い印象を持たれたりすることはないはずで、このことが敷金返還のことなどに良い影響があるかもしれません。


さてお掃除に関してですが、何をしても落とせない汚れがあったり自分で直せないような破損のことは、変に隠したりせず、あまり触らないでおきます。


無理矢理汚れを落とそうとしたり、破損部分を修理しようとしても、なかなか上手くはいきません。


軍手を用意してから、引っ越しの作業を始めてほしいのです。


ちょっとした荷造りでも、普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、ケガの可能性が高くなります。


それから、大小さまざまな荷物を運ぶので指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。


安い軍手を選べば良いのではなく、手指のサイズに合っていることと、滑り止めがついていることを意識して軍手を買わなくてはなりません。


作業しやすくなるのはもちろん、より安全になります。


専門業者を使うことなく、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであればとにかく、効率よくコンパクトな梱包を目指します。


なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して梱包作業をする、われものなどは、シワになってもいいTシャツにどんどん包んでいく、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし割れ物と衣類を、同時に荷造りできてしまう、そんな技です。


このように、荷物をできる限り少なくする、というのは、とても大事な点です。


毎日快適に生活するために必要な環境は、住居の中だけだと思ったら大間違いです。


隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。


良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶をその日のうちに済ませるべきです。


無難なおみやげを用意して伺うのが良いでしょう。


長々と訪問する必要はありませんから良い印象が伝わるようにしましょう。


第一印象を良くすることが肝心です。


多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、どうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。


新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。


傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。


包むものより一回り以上大きい新聞紙で、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。


包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、クッションとしての役割がより高まります。


また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。

◆今まで、何度か引っ越しの経験があります。どこでガス

今まで、何度か引っ越しの経験があります。


どこでガスを止めるかはいろいろな意見があると思いますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。


引っ越し前はどんな時季でも気力も体力も消耗するので引っ越し前日の夜ともなれば最後のお風呂に入り、翌日に備えたいためです。


また、当日寒くても温かいものが飲めると、自分も周りの人もホッとできますよね。


私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。


引っ越しの理由は進学や就職ですが、荷作りにはいつも時間がかかります。


私の実感として、単身者の場合は、少しお高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを手に入れるのが頑丈な荷物になります。


スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは強度の差は明らかです。


壊れない頑丈な荷物にするために欠かせないものなので、あきらめないで入手しましょう。


引っ越しをして、住所が変更された場合、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。


ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。


国民健康保険証と、印鑑とさらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて手続きをします。


同市、同町内での引っ越しである場合でも、転居届は、提出することになっていますので、気を付けましょう。


アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、部屋のチェックを隅々まで行います。


立会いを終了させてめでたく退去が叶います。


ケースごとに多少違ってきますが、各種公共料金については、清算をちゃんと済ませておくことになっていますし、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。


返却漏れのないようにしましょう。


一般家庭の引っ越しを扱う会社として、日通はテレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらいかなり浸透してきました。


一般家庭向けの引っ越し業者を調べたとき引越社とか引越センターの会社名しかないのがどこの地域でもみられました。


しかし、最近は運送会社がどんどん一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。


おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。

◆引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)もテレビで

引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)もテレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらいよく知られた存在になりました。


一般家庭の引っ越しを扱う業者は、何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたというイメージを持っていたのではないでしょうか。


ですが、今は運送会社の多くが家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。


そのような運送会社はたくさんありますが、日通のような大手であればサービスもしっかりしています。


家移りを経験した方なら必ず行ってきたことですが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。


私も何度か引っ越しを経験してきましたが、さほど難しくない手続きで解約できます。


ところが、転居までに解約が終わっていないと、転居後のガス代も引き続き請求されることになるので決して忘れてはなりません。


その際、転居後も月末まで自分が支払うルールになっています。


何から手をつけて良いのかわからなくなってしまうのが、引っ越しのときの手続きです。


まず、役所への転出届と転入届があります。


転出する市区町村の役所で手続きすると、転出届を発行されるので、今度は転入する市区町村の役所に行って、転入届を出すのです。


言うまでもなく、転出届とセットでないと転入の手続きができないことは気をつけた方が良いです。


この届が他の手続きの元になるので引っ越ししたら、すぐに手続きを終わらせた方が良いです。


引っ越しは家財道具の整理の機会でもあるわけで、不要品は必ず出てきます。


様々なものを処分するのは大変です。


そこで、ちょっと確認してほしいのは引っ越し業者が行っている、不要品引き取りサービスです。


電化製品などは、業者によってはもともと有料で処分するべきものをリサイクルといった名目をつけて引き取り無料とする場合もあるため、利用できるかどうか、聞いてみて損はありません。


大きめの家電などを、引っ越し作業中に運んだりしているのを見かけると、ふと、落下させたり、こすって傷つけたりしないか、心配して見ています。


段差に引っかけて落下させてしまい、壊れてしまったという状況は最悪ですから、なるべく、荷物の安全に気を遣うスタッフがいる会社を利用したいと考えています。


転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、運がいいのか、荷物をぞんざいに運ぶような業者に遭遇したことはありません。


万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償を受けられるので、何もかも自分でやろうとがんばるのではなくプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。