引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆引っ越しの際には何かとお金が要るもの

引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、どの引っ越し業者に頼むかによって、必要な出費が左右されます。


後から後悔しないためにも、安くて安心な業者を選べたら良いですよね。


他より多少費用が高い業者でも、荷造りの際のゴミを引き受けてくれるようなサービスを行っている所もあるようです。


ですから、引っ越しを考えた時には、いくつかの引っ越し業者の見積もりとセットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。


就職したのを機に、10年ほど前にこのアパートへの引っ越しを決めました。


最初の考えでは、3年くらいいたら後は実家に帰りたかったので住民票は動かしませんでした。


ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、ずるずると居続けてしまい、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、地方税はこの町の方が安かったりするので、これからの住所変更もありかな、と思っています。


一人の引っ越しでは、ベッドを置くべきかどうか考えることがあります。


ロフトなしワンルームであれば、かなりの面積を占めるのがベッドです。


さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、ドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまうハプニングも起こるようです。


引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活をスタートしてみるのも部屋をより広く使えるようになりますよ。


引っ越し業者も星の数ほどありますが、実績を知られているのは印象的なCMで知られる引っ越しのサカイです。


170社以上の支店を全国展開しており、自社で保有する車は3500台を超え、一般家庭の引っ越しでも、大手の強みを生かしたサービスを望むことができます。


サービスを細分化しているだけでなくスタッフの仕事も一定の水準を保っているので安心して引越しを任せることができます。


物件探しについてなのですが、近くにある不動産屋さんの店舗に問い合わせに行き、そこで探してもらいました。


そこのお店で、私を担当してくれた方がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。


他のところも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれると、店の人に教えてもらったため、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。

◆どれだけ経験があっても、引っ越しの

どれだけ経験があっても、引っ越しの際の準備には苦労します。


初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。


この苦労を減らすためには、はじめに、時間に余裕を持たせた計画を作りましょう。


そのうえで、計画を大まかに進めるということです。


もちろん計画に則ってテキパキ作業をすすめられるのであれば特に問題はありませんが、手続きなどの雑務が多いために、家の中の作業が予定通り進まないことが多くあるのです。


計画にゆとりがあれば多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。


日通が引っ越しも扱っていることは、多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、おなじみの業者の一つでしょう。


昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、会社名は引越社、引越センターに決まっていた先入観がありました。


ですが、今は運送会社の多くが引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。


そのような運送会社はたくさんありますが、日通のような有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。


先日引っ越しをしましたが、大きい家具だけ業者に運んでもらい、運べるものはできるだけ自分たちでやりました。


先に荷物を全部移動させ、住民票の移動も済ませました。


予想外のこともいろいろ起こりましたが、誰かがどこかで助けてくれて人のありがたみを知りました。


その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。


国民年金の加入者が転居しますと、年金手帳の住所変更の事務手続きを行なうことになるでしょう。


期限は14日以内となっており、転居先の役場を訪れて手続きを済ませましょう。


必要になる、国民年金手帳と印鑑は、忘れないようにします。


本人が行けないということであれば、適正な委任状を作れば親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。


引っ越しも、単身世帯だとベッドか布団かは悩むところです。


特にワンルームに引っ越す場合は広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。


それに、業者がベッドを移動するとき、ドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう困った事態になることもあります。


そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを割り切って始めてみてもいいかもしれません。

◆引っ越しのため、自分のものを全部整理しました

引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。


クローゼットの中を全部開けてみたのですが、新居に持っていく気にならないものばかりで自分に腹が立ちました。


服をみるとずっと着ていなかったものが大半でした。


思いがけず、引っ越しのおかげで仕分けして処分することになり、クローゼットの中だけでなく、私の気持ちもきれいに片付いて良かったです。


引っ越しで、一人暮らしの場合、ベッドを置くべきかどうか考えることがあります。


特にワンルームに引っ越す場合は広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。


それに、業者がベッドを移動するとき、ドアからベッドを入れることができないなどの問題も起こるものです。


引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活をスタートしてみるのもいいかもしれません。


引っ越しの計画を立てるなら、まず業者選びもしてしまいましょう。


引っ越し業者の数はとても多く、「選ぶ基準がわからない」「どこがいいのか判断できない」ということでしたら世間によく知られている大手業者を選ぶのが少なくとも、失敗はしないでしょう。


あえて業者名を挙げてみますと、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。


こういった大手は、多くの利用客を相手に仕事をしてきています。


社員教育もしっかりしている場合が多いですし、質の高い、スムーズな引っ越し作業が期待できます。


引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、引っ越し前と後の近所の人にちゃんと挨拶に行くのが気持ちよく生活できるポイントです。


挨拶をしておかないと隣近所から浮いてしまったりギクシャクすることが多いのが、その理由です。


普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。


円満に解決するためにも、隣人には、可能であればきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。


荷物の量や移動距離の違いでおおよその引っ越しの相場が決まっているのです。


お得に引っ越しをするためにも実際に行動するより先に、必要になるお金の目安として一般的な相場を知ると良いでしょう。


こうして、凡その相場が分かったら複数の引っ越し業者の見積もりを比較検討し、相場より安くて金銭的な負担が少なく、サービスに力を入れているような業者を選択するのが良い方法だと思います。

◆これから引っ越し、という人にとって必要なものと言えば、

これから引っ越し、という人にとって必要なものと言えば、当然、ダンボールでしょう。


荷物を運ぶには、梱包しなければなりませんが、この時にダンボールが必須です。


重量のあるものは小さい箱に入れるなど、使い分けられるように大小揃っていると使い勝手が良いでしょう。


荷物が多い場合はダンボールも大量に必要になりますし、念のため、数はあった方が安心です。


無料で入手したいなら、スーパーなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。


ですが、ダンボールは、できれば引っ越し業者の用意するものを使った方が作業効率の点から見ても良いようです。


引っ越しの前日までに、短時間で良いので何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。


引っ越し業者の人が何時に来て、何時までに作業を終えなければならないかといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。


できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、業者さんをはじめ、手伝ってくれる人に飲み物を用意しておくことを忘れないでください。


作業が終わったところで、飲み物を出せば暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。


住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家を買うことにしましたが、その契約のため印鑑証明書を用意しておく必要がある、ということはその時に初めて教わりました。


印鑑登録申請については、親が済ませていてくれていたのですが、今回は他の市から越してくる形ですから、新しい引っ越し先の役場で改めて登録しないといけません。


印鑑証明が必要、とわかってからすぐさま登録に出かけるはめになり当時は結構うろたえました。


この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、そのときの対応が今でも気になっています。


当然のように、液晶テレビの運搬では専用の保険があると言うのです。


荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、明らかに購入価格が30万円以上のため、運搬の際に保険をかける決まりになっていると言われました。


安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのかまだ引っかかっています。


これまで何度も引っ越しをしてきていますが、その私が、たった一つ皆さんに伝えたいことがあります。


「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。


忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの食器が割れてしまっていました。


割れたものが、自作のお皿だったりしたため、とてもショックを受けてしまいました。


ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、クレームをつけることはしなかったです。


ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。

◆今の住まいをどうやって決めたかとい

今の住まいをどうやって決めたかというと、近所にあった不動産屋さんのお店に直接行って、部屋探しをしました。


その不動産屋さんで、私の担当をしてくれた人が、とても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、担当の人がおすすめする物件の中から、選ぶことにしました。


そことは別の不動産屋さんも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれると担当者さんに教えてもらったので、複数の不動産屋さんを巡ったりはせずにすんだのです。


引っ越しプランは人それぞれながら、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。


しかしそうであっても、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。


引っ越し業者の人が、もしもそういう荷物を運んでいる最中に傷をつけるなどの損害が発生した場合、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、傷が確実に引っ越しによってついたものだとわかっておく必要があるからです。


写メなど残しておくと良いかもしれません。


日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、とりあえずダンボールを外すことはできません。


荷造りをするためには、ダンボールはどうしても必要となってきます。


大きくて軽い物、小さくて重い物、ワレ物等々、荷物によって箱の使い分けできるように、サイズは大小用意しておくと何かと困らないはずです。


かなり大量に使用することになりますから、なるべく、個数は多めに準備しておいた方が良いでしょう。


スーパーなどのお店からもらってくることもできますし、ホームセンターで販売もされていますが、引っ越し業者の方でも、荷物運搬用のダンボールは用意していますから、これを使用するのが丈夫で大きさも揃っていて、荷造りしやすいかもしれません。


全国共通の引っ越し必須グッズがあります。


ダンボールはもちろん、ガムテープ、ひもなどの梱包材は必ず使います。


買うことや譲ってもらうこともできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、引っ越しに使ってくださいということで、このようなグッズをもらえるという話もよく聞きます。


契約の時にたくさんもらえたのにダブって余ってしまったという事態にならないよう、業者に見積もりを頼む時にはどうなっているのか知っておきましょう。


一世帯がまるまる引っ越すとなると、結局は当日やらなければならないことが多く、一日作業に費やすでしょうから、前倒しにできることがあればできるだけやっておいてください。


引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことを忘れずにやっておいて、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、他のものと一緒にせず、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。