引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆今日においても、引っ越し時の挨拶は今後の近所づきあいが

今日においても、引っ越し時の挨拶は今後の近所づきあいがギクシャクしないようにするためにも大切ですよね。


さて、挨拶には何か贈答品を用意する必要がありますが、のし付けをどうするのが良いのかで戸惑う方もいると思います。


ですが、そこまで肩肘を張ってかしこまる必要もありませんから、外のしで表書きには御挨拶を、のし下にはご自身の苗字を記名すれば引っ越しの挨拶として相応しいものになるでしょう。


あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、食器は数も多く、とても面倒です。


食器は割れ物が多く、慎重に包んで詰めていかないと運搬中に破損する危険性が高まります。





ここのところ、薄いガラスで作られたグラスも増えています。


そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば破損の心配はぐっと軽減されます。


この間の引っ越しでは、自分たちで運べないものだけ業者にお願いし、あとのものは自分たちで運びました。


荷物を全部移動させたところで、市役所に転入届を出しに行きました。


何かと見落としていたこともあったけれど、思いがけない人が協力してくれるもので、ずいぶん助けてもらいました。


その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、一つ一つ荷物を開けはじめ、後片付けに取りかかりました。


引っ越しを契機として今後NHKは見ないという見通しがあり、もう受信料を支払わないと申し出ても、NHKの受信機がないことを証明させられるなど、面倒な手順を踏まなければなりません。


受信料を口座引き落としかクレジットカード払いにしている場合、NHKとの間に解約が成立するまでたとえ受信機がなくても受信料は取られます。


決めたら少しでも早く、解約へと進んでいきましょう。


引っ越しを一度でも経験すればきっとおわかりだと思いますが、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。


引っ越し経験は私にもありますが、さほど難しくない手続きで解約できます。


旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後に使われた分も請求されてしまいます。


確実に終わらせてください。


その場合は、転居していても月末まで料金を請求されるのが普通です。

◆自営業をはじめとする、国民年金加入者が引っ越し

自営業をはじめとする、国民年金加入者が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する事務手続きを行なうことになるでしょう。


それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にて年金手帳の住所変更を済ませてしまいます。


必要になる、国民年金手帳と印鑑は、忘れないようにします。


何かの事情で、本人が出向けない場合、形式に則った委任状が提出できるならしかるべき代理人が手続きを行なえます。


転居するのが好き、という方でなければ、人生の中でも、引っ越しというのは生活が大きく変わるきっかけでしょうが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることもあるかもしれないと考えておきましょう。


どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、仕事が重なってしまったときにどこかに番狂わせが起きると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。


当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。


誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。


いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。


簡単に入手できるものばかりですが、見積もりを業者に依頼した場合、見積もりから契約のどこかでこうした梱包材を無料でもらえるという話もよく聞きます。


契約の時にたくさんもらえたのに単なるお金の無駄にならないように業者に見積もりを頼む時にはどうなっているのか知っておきましょう。


全ての人にとってダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、有料のところもあるので、必ず確認してください。


上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、不要になったダンボールをもらえるはずです。


そうなるとサイズが揃わなくなります。


荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、サイズが一定していない場合は搬出で積み重ねるとき注意してください。


結婚に伴って転居したときに、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。


ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しを初めてすることになり、最初の電話から、緊張の連続でした。


それでも、スタッフはどの方もてきぱきした対応、丁寧な作業で、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。


また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときもお願いしたいというのが率直な気持ちです。

◆引っ越しの前日までに、短時間で良いので

引っ越しの前日までに、短時間で良いので翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。


何時の約束で引っ越し業者が来るか、予定の作業終了時刻はいつかなどを確認しておきましょう。


荷物は運びやすいように移動しておきましょう。


業者さんと手伝ってくれる人のために飲み物を用意しておくことを忘れないでください。


搬入が終わったら、飲み物を出すことで特に暑いときなら、みんなが嬉しくなるでしょう。


引っ越し会社の用意するプランは色々あります。


梱包から運搬、開梱まで全てを引っ越し業者に任せることにしてしまうと、一番楽で苦労せずに済みますが、高額になることもあります。


ですから、独り身の人や単身赴任の引っ越しであれば、単身パックというような、そういった方向きのサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。


それだけでもう、引っ越しに必要な支出を大きく減らすことができますから、得した分は、新居で始める生活に使うことができます。


距離が近い引っ越しの場合でしたら専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。


その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物を新居に運ぶようにします。


少量ずつであっても、何日もかけますから自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。


自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。


これで何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。


なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出を大きく削減できます。


引っ越しの前に、業者の見積もりをとると思いますが、そのときの対応が今でも気になっています。


荷物の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に個別の保険をかけないと運べないそうです。


引っ越しの荷物として40型の液晶テレビがあったため、明らかに購入価格が30万円以上のため、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。


安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、本当に必要な保険だったのかいまだによくわかりません。


引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。


この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが主な理由です。


多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだとよく耳にします。


詳しく聞いてみると、どうやら煩わしい手続きが重なるということが大きな理由のようですね。


電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、引っ越し元から引っ越し先まで、複数の手続きをきちんと終わらせなければなりません。


ですから、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。

◆引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによ

引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによってかなり異なってきます。


一番わかりやすい例では、移動が多い春は引っ越しも増えるので、引っ越す日や曜日にかかわらず、費用は高くつきます。


週末や祝日も、同様に高くなります。


では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。


手間を惜しまなければ、引っ越しの総合案内サイトや業者のサイトで、様々な業者から見積もりを出してもらうことが可能です。


多くの業者から見積もりを集めて、余計な費用がかからないようにしたいものです。


「荷物の量」「移動距離」「時期」などの違いで引っ越しの相場も変わります。


引っ越しの費用を抑えるためにも、何より先に、必要経費の目安として基本的な相場を理解する必要があるのです。


大体の相場が分かったら、複数の業者に見積もりをお願いして、調べた相場より安価であったりサービスが良い業者にお願いするのがおススメだと言えます。


冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越し作業の人が運搬するのを見ている時には、落としたりぶつけたりしないか、ヒヤヒヤします。


階段から落下させて壊した、などといった風になってしまうとガッカリしますから、可能な限り、丁寧な仕事をしてくれそうな業者を選びたいと思っています。


引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、これまでのところ、荷物をぞんざいに扱われた経験はありません。


でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず丸々業者に作業してもらう方が、最終的には得かもしれないと思っています。


新築の家が完成したのが数年前です。


そこへ引っ越したのですが、デスクトップパソコンの移動には気を遣っていました。


実は、引っ越しの時、3歳だった娘と1歳だった息子の写真データが全部パソコンのドライブ内にあったのです。


衝撃でデータが壊れてしまわないよう幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。


業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、傷もつかず、データも全て無事でした。


引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのはエアコンの設置や取り外しの工事代だと言われています。


取り付けも取り外しも、素人には難しく、専門業者に工事してもらうのが普通ですから、工事費の例としては、取り付け一台で約一万円ほどかかるようです。


引っ越しのオプションとして、業者にエアコンのことも頼んでいる場合は値段はそう高くはならないようですが、新居にエアコンを運んだのはいいけれど、設置の段取りはしていなかった、という場合は取り付け工事をしてくれる業者を探して頼むか、あるいは、新品を購入して、古いものの引き取りと、取り付け工事もしてもらうかどちらが安く済むか、また手間がかからないか、十分検討するべきです。

◆引っ越しなどで住所が変わった時は、出来る限り早く国民健

引っ越しなどで住所が変わった時は、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。


資格喪失は、旧住所で手続きができて、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。


必要なものは、国民健康保険証、印鑑、それから本人確認書類を何か用意して手続きに行きましょう。


誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。


職場が変わったのでその近くに住みたい、世帯の人数に変化があったなどをきっかけにして住環境を変えることになるのでしょう。


引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものや古くなった服などはどんどん手放して、少しでも身軽になって新しい生活に入ることが多いと思います。


もっとも、布団類は引っ越しで処分することは少なく、引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。


自分になじんでいるものなので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。


具体的に引っ越しを考えた時に悩むのが、業者選びではないでしょうか。


引っ越しを初めてする場合は、もっと困ってしまうのではないでしょうか。


私の場合ですが、引っ越しのサカイにお願いしました。


他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。


不安もあったのですが、従業員さんがすごく親切だったことが印象的でした。


それ以来、引っ越しではサカイさんに依頼するようになりました。


良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。


今後もまた引っ越しの機会があっても、ずっとサカイさんにお願いするつもりです。


私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。


進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、どうしても荷作りに手間取ってしまいます。


そんな経験からわかったことは、単身世帯が引っ越すのなら多少割高でも、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープなら頑丈な荷物になります。


スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは運んだときに差が出ます。


問題なく荷物を移動させるために必要になるので、必ず使うようにしてください。


色々とやることの多く、時間と手間のかかるのが引っ越しです。


ところで様々な荷物を箱などに詰めていく梱包作業は、自分で行なうことにしている人が殆どのようです。


しかし、いくつかのの引っ越し会社では、荷物の梱包を引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。


でしたら自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。


養生用のテープや緩衝材などもふんだんに使ってもらえますし、作業も慣れてて早いです。


それに、荷物に何かがあったとしても梱包作業をした業者がその責任をとり被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。