引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆一人で移動するのではなく、一家が転居するとなると何と

一人で移動するのではなく、一家が転居するとなると何といっても、当日しかできないことがたくさんあるので、作業は一日かかってしまうのが普通ですから、当日でなくてもできることは片付けておくことをおすすめします。


まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは最優先事項ですが、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは他の荷物と一緒にならないようにし、取り出しやすく、片付けやすくしておかなければなりません。


転居先がごく近所であれば業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。


やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを転居先に運びこみましょう。


少量ずつ時間をかけて運んでいくことで自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。


大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、効率よく運び込んでしまいます。


このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出はだいぶ節約することができます。


引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。


私は引っ越し先が新築だったので備え付けの新しいガスコンロを使う流れになりましたが、家具が備え付けられた住宅の場合には、今のガスコンロが引き続き使えることもあり得ます。


ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。


ガスコンロを転居後も使おうとするか、新しいものを買おうと考えているなら使いたいコンロが使用可能か、注意してください。


いよいよ明日は引っ越し、という日には、引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。


いつ引っ越し業者が来て、何時までに作業を終えなければならないかという確認をします。


できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、業者さんをはじめ、手伝ってくれる人に冷たい飲み物が飲めるようにしておきましょう。


作業の終わりに飲み物を出すだけで、夏だと、とても感謝されます。


あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、特に食器を梱包するのは大変でしょう。


お皿やグラス類は割れ物なので、慎重に包んで詰めていかないと開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。


最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。


薄いガラスでできた食器類は、内側に新聞紙などを詰めてから、外からも包み、業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、どこまでも慎重に包んで、運べるようにすると相当気持ちは楽になります。

◆引っ越しの前に、業者の見積もりをとると思

引っ越しの前に、業者の見積もりをとると思いますが、えっと思うようなことがありました。


液晶テレビの運搬に限って特別な保険が必要だと言われたのです。


わが家には40型の液晶テレビがありましたが、購入したときの価格が30万円以上の品は、保険をかけないと運べない規定になっているそうなのです。


言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、これで良かったのかずっと疑問に感じています。


引っ越しの計画を立てるなら、まず業者選びもしてしまいましょう。


引っ越し業者の数はとても多く、「選ぶ基準がわからない」「どこがいいのか判断できない」ということでしたら名の知れた大手を使うのが安心できるのではないでしょうか。


あえて業者名を挙げてみますと、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。


全国展開しているような大手ですから、多くの利用客を相手に仕事をしてきています。


経験豊富なスタッフも大勢いるでしょうし安心して引っ越しを任せることができるでしょう。


私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。


進学、就職をきっかけに引っ越したのですが、何回やっても荷作りには手間取るものです。


単身者が引っ越す場合、私の経験では値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば荷物が丈夫になり、運びやすくなります。


スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、荷物の頑丈さが違ってきます。


問題なく荷物を移動させるために必要になるので、必ず使うようにしてください。


引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用は同じ内容の引っ越しを依頼したとしてもいつ引っ越すかによって大きく変わります。


人の移動が多い年度末や長めの休暇中だと引っ越しの依頼が多いので、基本料金そのものが高くなることが多いです。


このことから、できる限り繁忙期以外の閑散期に依頼できると費用面では断然お得です。


なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。


引っ越しを控えて新居へ運ぶ荷物の仕分けをしてみたら、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。


こういった粗大ゴミですが多くの場合、ゴミ収集日に普通に捨てることはできません。


実は、処分方法をまず、自治体に問い合わせて指示通りに処分することになります。


引っ越し日が近づいてきてからゴミの処理を始めると、かなり慌ただしいですから、段取りよく処分していきましょう。

◆引っ越しにより、いろいろな事務手続き

引っ越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきます。


それらのうち、特に重要視されるものは運転免許証と車庫証明ではないでしょうか。


運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、ただちに手続きをすませてしまう人は多いです。


しかし、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。


警察署で手続きができる書類ですから、免許証と一緒に手続きをしておけば何度も足を運ばずに済みますよ。


個人の引っ越しを扱う会社の大手で、全国どこでも高い評価を得ているのが印象的なCMで知られる引っ越しのサカイです。


支店は全国に170社以上あり、自社で保有する車は3500台を超え、その機動力を生かした引っ越しを行うことが可能です。


多様なサービスが提供できるように、スタッフ全員がきちんと仕事をするという評判を維持しており、期待通りの引っ越しを実現できるでしょう。


あらゆる引っ越しには大小さまざまな問題が伴ってきます。


IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。


自分の場合は新築に引っ越したのでガスコンロも新しくなったのですが、引っ越し先が新築でなければ今使っているガスコンロを引き続き使った方が良いかもしれません。


引っ越し先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新規購入を考えている場合は転居先のガスの種類を確かめてください。


少し調べてみるとわかるのですが、引っ越しにかかるお金というのは思わぬ出費もあったりして、意外とかかることが多いようです。


そういうことですから、出費を抑えるためにも業者の選択はなるべくしっかり考えた方が良いようです。


引っ越し業者の料金は、移動距離や荷物の総重量が同じ場合であってさえ各業者ごとに金額の違いが出てきます。


そういった、料金の差を知りたいという人にとって役立つのが、引っ越し料金の一括見積もりサイトです。


利用方法は簡単です。


サイトから引っ越し先など、見積もりに必要な情報を書き込んで一括見積もりを申し込みますと業者から見積もりを知らせてきますので、それらを比べることができ、重宝します。


引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。


引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。


このような苦労をどのように減らせばいいのかですが、まずゆとりのある引っ越し計画を立て、そのうえで、計画を大まかに進めるということです。


もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば理想的ではありますが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。


立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。

◆引っ越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきま

引っ越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきます。


それらの中でも、特に大事なものと言えば免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。


車に普段乗らない人でも、運転免許証の住所の変更は本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。


しかし、なぜか車庫証明の登録し直しのことは、忘れられがちです。


車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。


そうすると何度も足を運ばずに済みますよ。


日々心配なく、安全に暮らせる環境とは住居の中だけだと思ったら大間違いです。


ご近所との関係があればこそ、住環境が成り立つのです。


円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶を欠かさず行ってください。


ちょっとした手土産を携えて挨拶回りをした方が良いです。


長々と訪問する必要はありませんから好印象を与えるようにしてください。


はじめの印象は、後々までの人間関係を決めるものです。


引っ越しをして住所が変わりますと当然、運転免許証の住所変更手続きもしておかなくてはいけません。


車を所持していないからと、次回の免許更新の日を迎える時まで免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、自動車運転時の携行義務としてだけはなく、使用する機会が割と多いのが運転免許証です。


一つの例としては、何かを申し込む際(例えば携帯電話の新規申し込みや機種変更)に携行率の高さもあって、本人確認書類としてよく活躍しています。


他に、スポーツジムの会員になったり、銀行口座の開設時などでも使われます。


ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。


子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが新しく購入したマンションに、転居を決定しました。


引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、ずっしり大きいテーブルがあって、分解可能な筈でしたが、思ったようにいかないので、結局、そのまま運んでもらいましたら、不当な値段などではなかったと思いますが、追加料金が発生してしまいました。


見積もりを出してもらった段階でどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。


いよいよ年金生活というと、今までの生活が大きく変わることは確かです。


この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。


退職前のお住まいがどんなところであっても、年金生活に突入することで、合わない点が徐々に現れるかもしれません。


今が借家や賃貸マンション、アパートのご家庭は特におそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。


退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも賢明な選択だと言えます。

◆引っ越しにお金はあまりかけた

引っ越しにお金はあまりかけたくないという場合、おススメの引っ越し業者は赤帽です。


中でも単身引っ越しでは評判の良い業者です。


時間制の運賃料金もありますから、ご自身もドライバーと一緒に荷物を運べば作業にかかる時間を抑えることが可能です。


軽自動車をつかう赤帽ですが、一般的な引っ越しの荷物の量であれば、何の問題も無いでしょう。


もうそろそろ、犬を飼い始めて十年ほど経ちます。


ずっと一緒に暮らしてますので、引っ越しをするとなるとペットが飼えるマンションでないといけませんからがんばって見つけるようにしています。


単にペットが飼えるマンションというだけでなく、ドッグランや犬用の水飲み場といったようなペット用の設備が整っている物件であれば、嬉しいことです。


少々家賃が高めでも、犬との生活は譲れません。


軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。


荷造りでは手が汚れるだけでなく、使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。


荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めの危険性を考えないといけません。


軍手なら何でも良いわけでなく、自分の手にジャストフィットする、きちんとした滑り止めがついた軍手を準備することが大事です。


それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。


引っ越しは居住地の移動であり、転出・転入の手続きをしますが、引き続き使うためには、内容を更新しなければならないこともあるでしょう。


例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。


まずはNTTに連絡しましょう。


同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か把握しなくてはなりません。


固定電話の番号は、市外・市内局番とその後の個別番号から成り立っています。


もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら電話番号を変える必要はありません。


引っ越しのやり方は色々ではあるものの、梱包や運搬、引っ越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです。


でも、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、作業を、なるべく近くで見守りましょう。


もしも、業者の人が大型の荷物を運んでいる時に誤って破損させたり、傷をつけたりしてしまったら、引っ越し業者は、その補償をしないといけないのですが、傷が確実に引っ越しによってついたものだとわかっておく必要があるからです。


写メなど残しておくと良いかもしれません。