引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆引っ越しも、単身世帯だと引き続きベ

引っ越しも、単身世帯だと引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。


ワンルームに住むとすれば、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。


それに、業者がベッドを移動するとき、転居先のドアからベッドの搬入ができないという話も耳にします。


そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を思い切って試してみると部屋をより広く使えるようになりますよ。


コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は引っ越し業者からレンタル可能な運送用の衣装ケースがあり、これの使用によってハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。


通常のダンボールを利用すると一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですが引っ越し用の衣装ケースを利用できるとハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。


新居に到着したら、開梱してハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。


新しい家に引っ越しが済んで、新住所での生活をスタートさせるなら当然、運転免許証の住所変更手続きもしておかなくてはいけません。


ほとんど車に乗らないから、この次の更新時まで以前の住所のままでも困らない、と考える人もいるのですが、運転免許証というのは、運転時の携行以外にも使用することは多いです。


携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に使いやすい本人確認書類として重宝します。


銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。


そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。


地方出身の私は、引っ越しもこれまで3回経験しています。


進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、荷作りの大変さは毎回変わりません。


気づいたこととして、私のような単身世帯の場合は値が張るのは覚悟して、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと頑丈な荷物になります。


スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは運んだときに差が出ます。


問題なく荷物を移動させるために必要になるので、妥協せず手に入れましょう。


引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、とにかく最初に必要となるのがライフラインの準備でしょう。


中でも特に水道が通るようになると、水洗トイレも使用可能にできるとあって相当重要だと考えてください。


水はいつ頃使えるようになっていると便利かというと、事と次第によるものの、引っ越し日に近いと、あまりに多忙でしょうから避けて余裕をもって、転居当日の一週間程前の辺りに使えるようにしておくことができれば、安心です。

◆年金生活になれば、誰でも日常生活そのものが一変します

年金生活になれば、誰でも日常生活そのものが一変します。


ここで、住む環境を変えてみるのはいかがでしょうか。


いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、これまでの生活から年金生活に入ることによって、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。


今が借家や賃貸マンション、アパートのご家庭は特に今のお住まいでは家賃を払いきれないかもしれません。


よりよい環境を求めて引っ越すのも選択肢の一つでしょう。


基本的な引っ越しの流れですが、日程など、引っ越しの大まかな内容が決まったところで、まずは業者に見積もりを出してもらって、こちらの要望との折り合いがつけば、はじめて今後の作業を依頼することになります。


どこまで荷造りを依頼するかは主に費用面の問題になりますが荷造りを自前ですすめる場合は、段ボールなどの梱包材をもらっておき、引っ越し当日までに終えておきます。


引っ越し当日になれば、作業の流れは業者に任せておけばスムーズに進みます。


引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、元の家や引っ越し先の隣人に対してしっかりと挨拶をしておいた方が今後の生活にプラスに働くと思います。


挨拶をサボると隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。


生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣人たちには、出来れば挨拶をするのがおススメです。


いろいろな課題が引っ越しをきっかけに生まれるものですが、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。


自分の場合は新築に引っ越したので当然ながら新しいガスコンロがありましたが、家具付きアパートなどでは、引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。


引っ越し先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、買い換えを検討しているならば、新居のガスは何か、確認が必要です。


荷物の量や移動距離の違いで引っ越しにかかる費用の相場は変わります。


引っ越しにおける金銭的な負担を減らすためにも、先に情報を集め、目安を付けるための基本的な相場を理解することが必要になります。


その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、一般的な相場より安くてサービスもセットになっている業者を選ぶのがおススメだと言えます。

◆出来るだけ引っ越しの負担を少なくしたい方は、アー

出来るだけ引っ越しの負担を少なくしたい方は、アート引越センターならば、引っ越し作業も順調に完了できるでしょう。


必要な分の段ボールや引っ越し当日の家具の梱包や運送まで、引っ越しが完了するまでありとあらゆる作業を支援してくれるでしょう。


一人では難しい家具運びもきちんと対応してくれますから安心ですし、予定通りに転居先に移ることができます。


国民年金の加入者が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きをしないといけません。


それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にてすみやかに手続きを行います。


ちなみに、国民年金手帳と印鑑は必携です。


もし、本人が役場まで行けないのであれば、適正な委任状を作ればしかるべき代理人が手続きを行なえます。


安全で快適に暮らせる環境とは、家や部屋の中だけではありません。


近所との関係も住環境を構成しています。


住環境をよりよくするため、引っ越してきたら挨拶を欠かさず行ってください。


ちょっとした手土産を携えて挨拶回りをした方が良いです。


簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、好印象を与えるようにしてください。


第一印象を良くすることが肝心です。


転居に必要な手続きの一つは、インターネット回線のプロバイダーへの連絡です。


忘れている方も多いようで、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、インターネットが使えなくて青ざめる、ということになりかねません。


三月から四月の引っ越しが多い時期には工事が数週間待ちという話もよく聞きます。


引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは一日でも早く行うべきです。


今どきのマンションやアパートでは隣に住む人の顔さえはっきりしなくても何とかなるというのがごく普通になっています。


だからといっても、日頃から挨拶する、切羽詰まったときには気軽に助けを求められるくらいのつながりがあった方が良いでしょう。


良好な関係を作り出す手始めとしては、引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、お隣に顔見せの挨拶をしましょう。

◆転居をきっかけとして、電話回線をどうす

転居をきっかけとして、電話回線をどうするかもよく考えてみましょう。


固定電話をほとんど使わないため、契約を止めるという結論になるかもしれませんが、電話だけでなく、ファックスなどのために電話回線が必要ならばいずれかの電話会社と契約するなど、やりとりを進めなければなりません。


取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、特に年度末などは早急に必要な作業を進めていきましょう。


一回引っ越ししてみれば絶対必要になることとして、旧居のガスを解約しなくてはなりません。


引っ越しは私も何度か行いました。


解約自体が大変ということはありません。


ところが、転居までに解約が終わっていないと、転居後のガス代も請求される羽目になりますので決して忘れてはなりません。


こうしたケースでは、引っ越した後もその月の使用料は全て自分が支払うルールになっています。


今の住まいをどうやって決めたかというと、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。


その不動産屋さんの人が本当に親切で、対応が丁寧だったので、すっかり信用しまして、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。


そこから少し離れた別の不動産屋にも行こうかなと考えてましたけど、別のお店の物件情報も、こちらで紹介可能と担当の方が仰るので、複数の不動産屋さんを巡ったりはせずにすんだのです。


私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前にこのアパートへの引っ越しを決めました。


引っ越してきたときは、3年くらいで後は実家に帰りたかったので住民票は動かしませんでした。


ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、辞める気がどんどんなくなっていき、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。


田舎から出て一人暮らしをはじめようという時に、荷物と言えるような荷物もあまりなく、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。


ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、引っ越し業者の利用よりもずっとずっと安かったです。


布団とか、ちょっとした家具とかはもう向こうで新品を買うつもりでしたのでそんな引っ越しもできたのだと考えています。

◆引っ越しの荷造りは大変なものです

引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。


その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。


安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。


包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、底面から一個ずつ包むようにしましょう。


包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、緩衝効果があります。


持ち手や取っ手がある器の場合は、飛び出たところを先に包むのがコツです。


新居に引っ越し荷物を運んでくる時に置く場所をあまり自由にできない家電と言えばなによりも、洗濯機ではないでしょうか。


水を毎日大量に使う家電ですからほどんどの場合は、水道のある場所に設置されることになります。


そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気がたちこめ、それに、一度水漏れが起こると、排水溝から水が溢れやすいので、換気や、水漏れの対策はなるべくちゃんと行っておいた方が良いです。


一世帯がまるまる引っ越すとなると、何といっても、当日しかできないことがたくさんあるので、作業だけで一日終わってしまうでしょうから、引っ越し当日の前にできそうなことは済ませておけば安心できます。


まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは絶対条件としても、引っ越す日まで使いそうなものは、他のものに紛れないように、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。


同じ町内など、引っ越し先が近い場合は家族や親せきなど、自分たちだけで引っ越しをすることも難しくはありません。


その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物を転居先に運びこみましょう。


何回も、時間を使って少量ずつ運べば自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。


問題は大型家具ですが、これらは一日だけトラックをレンタルし、効率よく運び込んでしまいます。


なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出をかなりコストカットできるでしょう。


引っ越し業者の選択は難しいものです。


引っ越しの経験が無いならば、不安も大きいと思います。


私の場合ですが、引っ越しのサカイでした。


色々と比較してみたのですが、サカイさんが最も料金が安かったです。


対応してくれた従業員さんが優しく対応してくれたことを強く覚えています。


これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。


違う業者も考えないわけではないですが、やはり慣れている所だと安心感と信頼感があります。


今後も引っ越しのサカイを使うことは変わらないと思います。