引っ越しの情報



24時間限定リアルタイム

◆引っ越しにおける挨拶をした方が良いのかしない方

引っ越しにおける挨拶をした方が良いのかしない方が良いのか悩んでいるという話も耳にしますが、やはり転居元や転居先の隣人へ忘れずに挨拶するのが良いでしょう。


実際問題、挨拶を欠かしたために隣近所から浮いてしまったりギクシャクすることが多いのが、その理由です。


今後のコミュニケーションを円滑にするためにも、隣人たちには、可能な限り挨拶をしておいた方が良いと言えます。


特に大きめ荷物を運ぶ時に注意しておきたいことですが、壊れやすい電化製品や、大きな家具には傷をつけたり、壊したりしないようにすることでしょう。


せっかくの新居ということで買った新品家具などは、市販の緩衝材などもふんだんに使って注意深く運びたいところです。


新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。


しかし、それが細かい傷だらけだったりしたら、誰だってガッカリしてしまうでしょう。


様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。


中でも大事なものは免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。


運転免許証の住所の変更ですが、これは本人確認書類としてよく使われているということもあって、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。


しかし、重要度が同じくらい高い、車庫証明については、登録のし直しを忘れているケースが多いようです。


車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。


そうすると何度も足を運ばずに済みますよ。


早いうちから、始めておいた方がいい引っ越し準備として持って行く物と持って行かない物の仕分け作業を始めてみるとそのうちに、どうしても不要物、しかも粗大ゴミが出てしまいます。


家具など、引っ越しで出る粗大ゴミについては普通にゴミ収集日に出すことはできませんので、自治体に処分方法を聞いて指示通りに処分することになります。


粗大ごみを「そのうち捨てよう」と溜めておくと邪魔だし、一気に運ぶのは大変ですから、余裕を持って処分しておきます。


何回引っ越しを経験しても、いつだって、その準備は大変なものです。


初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。


このような苦労をどのように減らせばいいのかですが、なによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。


この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。


もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば問題ありませんが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。


計画にゆとりがあれば計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備を続けることが出来るでしょう。

◆多くの方は、引っ越しを契機としてライフスタイルに関わる

多くの方は、引っ越しを契機としてライフスタイルに関わる様々なことを見直すことが必然ですが、NHK受信料を支払うかどうかも今後の対策を考える時です。


引っ越しをきっかけにテレビのない生活を送るならば、受信料という無駄なお金を払う必要もないので、受信料を引き落としにしている場合は中止の手続きをして、解約する方向に持って行く手続きを、やってみる価値はあります。


予約を入れて、引っ越し作業を依頼しておいた場合、当日や前日に、いわゆるドタキャンをしてしまうことにより、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。


業者は見積もり作成時、業者はキャンセル料のことについても説明しなければなりません。


しかし、その説明が書面でなされた場合には書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、予約を入れる前にキャンセル料に関しても質問しておく方が良いかもしれません。


長い時間、犬と一緒に暮らしてきています。


ですから、住まいを変えることになった時には必ずペット飼育可能なマンションのことをがんばって見つけるようにしています。


さて、ペット可のマンションにもいろいろありまして、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといったプラスアルファの設備があるマンションが望ましいと考えています。


普通のマンションより家賃は高めでも犬との生活は譲れません。


早いうちから、始めておいた方がいい引っ越し準備として持って行く物と持って行かない物のより分けをしていくことで、要らなくなった家具や家電といった、粗大ゴミがうまれます。


こういった粗大ゴミですが通常はゴミ収集日に持って行ってもらうことはできず、自治体のHPをみるか電話にて、処分方法を確認して決まり通りに処分しましょう。


粗大ゴミを残しておくと、引っ越し日に作業が増えて厄介ですから、段取りよく処分していきましょう。


いざ引っ越そうという時に、家のエアコンはどうしたらいいのか決まっていない、といった問題にお困りではないでしょうか。


エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。


取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、そうであるなら、電気屋さんに依頼するのか、引っ越しの日に業者に頼めばいいのか、また、転居先での取り付けはどうするのか等々、わからないことが多くて困ってしまいます。


扱いの難しさもあり、エアコンのは通常専門業者に任せるのが安心ですから、最寄りのエアコンサポートセンターまで疑問点を尋ねてみるのがおすすめです。

◆この間、引っ越しまして、準備で疲れてしまったのは確かで

この間、引っ越しまして、準備で疲れてしまったのは確かです。


それまで住んでいたのはマンションだったので、大きい荷物の移動は、業者にお願いするしかありません。


引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、小さめの荷物で、自分で運べるものは何日もかけて台車を借りて運び出し、なんとか移動できました。


台車がこんなに使えるとは思いませんでした。


引っ越しは先週末に終わりました。


荷物の移動が終わって、夕方になって部屋の明かりをつけて「もう自分の家になったんだ」とジーンときました。


その後、思い切って奮発し、ちょっとぜいたくをして宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて祝杯を挙げました。


期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。


業者に依頼した場合の引っ越し費用は、同じ内容の引っ越しを依頼したとしても引っ越す時期によって決まります。


年度末や夏、冬の休みはどうしても引っ越しが多く、繁忙期になるため基本料金そのものが高くなることが多いです。


時期が選べれば閑散期に引っ越すようにすると相対的にお得な引っ越しができることになります。


閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。


新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、簡単なもので充分ですから、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。


新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタートさせると普通の生活を送る上で、困ることになるかもしれませんし、ゆっくりのんびりし過ぎると間に合わなくなって忙しい思いをするでしょう。


ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などから梱包していけばスムーズに進めていけそうです。


引っ越しの準備には、経験があったとしても多くの方が頭を悩ませているでしょう。


初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。


このような苦労をどのように減らせばいいのかですが、まずは、引っ越しの計画が余裕のあるものなのか確認し、その計画を、気負わず大らかな気持ちで実行することがコツだと言えます。


計画に沿ってきちんと実行できるのであれば理想的ではありますが、雑務に追われてしばしば家の中の作業は後回しにされがちです。


ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、少し遅れたくらいでも、問題なく引っ越しの準備を続けることが出来ると思います。

◆世帯の大小に関わりなく引っ越しの際にはダンボー

世帯の大小に関わりなく引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。


上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、無料でダンボールを分けてもらえます。


当然ですが、サイズはいろいろあります。


ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、サイズが一定していない場合は積み重ねるとき配慮が必要です。


業者に依頼した場合の引っ越し費用は、同一内容の引っ越しで比べても時期によって変わることは確かです。


年度末や夏、冬の休みはどうしても引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、基本料金からして高くなるようです。


もしできるなら、繁忙期を避けた引っ越しができるならいろいろな意味でお得になってきます。


業者によっては、時期によって倍近く費用が違うところもあります。


引っ越しも、単身世帯だとベッドか布団かは悩むところです。


ロフトなしワンルームであれば、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。


また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも新居の玄関からベッドを入れられないといった困った事態になることもあります。


そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを思い切って試してみると家の中がすっきりしていいかもしれません。


引っ越しをして、住所が変更された場合、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。


資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。


手続きに必要なものは、印鑑とそれに、運転免許証やパスポートといった本人確認書類になるものを持って行って手続きをします。


面倒ではありますが、同じ市区町村内での引っ越しであった場合でも、転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。


収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を過ごしている方にとっては、引っ越しの最大の障壁は全て荷造りできるのかということです。


ものの多さの余り、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすれば引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、これもチャンスだと思いきって捨てることを楽しめれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。

◆先日、土日を使って引っ越しました。荷物の移動が終わって

先日、土日を使って引っ越しました。


荷物の移動が終わって、部屋の電気をつけて明るくなったとき「これからはここが自分の家だ」と実感がわきました。


こんなこともめったにないのでいつもならとても手が出ないピザとお寿司をとって、好きなワインも買って引っ越しのお祝いをしました。


まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。


新たな住居と、引っ越しの日取りが決まったところで、簡単なもので充分ですから、自分の引っ越しの日までの、作業プランを作っておくと役に立ちます。


新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタートさせると今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。


ですが、あまりスローペースだと、間に合わなくなって忙しい思いをするでしょう。


やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまず梱包していけばうまくいくでしょう。


引っ越しの荷造りで大変なものといえば、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。


必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと運んでいる途中で壊れることも考えられます。


最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。


そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすればどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。


就職したのを機に、10年ほど前に今のアパートに引っ越すことになりました。


初めは3年くらいのつもりで実家に戻るつもりだったので、住民票は動かしませんでした。


けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で辞める気がどんどんなくなっていき、結婚の話まで出てきて、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、今さらですが、住民票を動かしたいのです。


世間的にも、引っ越し先の挨拶回りはご近所トラブルを未然に防ぐという意味でも大切ですよね。


さて、挨拶には何か贈答品を用意する必要がありますが、のし付けをどうするのが良いのかで戸惑う方もいると思います。


ですが、そこまで肩肘を張ってかしこまる必要もありませんから、外のしで表書きには御挨拶を、のし下にはご自身の苗字を記名すれば問題ないでしょう。