育毛情報[JIS]



◆若いうちに治療を開始したほうが早く良い治療

若いうちに治療を開始したほうが早く良い治療結果が出てくるというデータがあります。


とはいえ、薄毛や生え際の後退がかなり進んでいる場合でも、頭皮の毛母細胞そのものが生きているのなら諦めることはありません。


頭皮を見て自己判断で無理だろうとは思わないことです。


目視できる細胞ではないですから、目視で毛根らしき黒い粒が見えていなくても検査すれば毛母細胞が確認できることがあります。


自己判断せずにAGA専門の医師に見てもらい治療対策を立てるほうが現実的です。


多数の栄養素を卵は持っていますが、髪の毛にメリットとなる成分もあります。


主として黄身が持っているビオチンには正常な髪の毛の生成に欠かせないアミノ酸の活動を活発にさせる効果があるので、育毛にはうってつけの食品と言うことができます。


けれども、熱を通さずに食べた場合は白身に含まれているアビシンとビオチンが複合体を形成し、ビオチンが体内に取り込まれなくなるので、留意する必要があるでしょう。


育毛剤の効果はすぐにでるものではありません。


90日ほどはじっくりと使っていけばよいと思います。


尚、かゆみ・炎症などの副作用が起こった場合、利用はやめてくさだい。


もっと抜け毛が起きてしまうことが考えられます。


値段にかかわらず育毛剤の効果は、個人によって差が現れたりしますから、必ず効果があるとはいえません。


簡単に頭皮を柔らかくする方法に、「耳たぶ回し」と呼ばれる方法があるのをご存知ですか。


これは言葉の通りに耳たぶを回すだけのものなのですが、回すことによって顎付近の血液循環やリンパの流れを良好に改善する効能があるのです。


よく頭皮がほぐれていることは健康な髪を育毛するにあたってとてもよいことですし、髪の毛にとってだけではなくて人の体にとってみてももし、リンパ液の循環が滞ると、様々な体の不調を招きます。


この先もずっととは言えませんが、今はまだ厚生労働省の規定によって、薄毛の治療を行うには健康保険の適用を受けることができません。


育毛治療ではかなりの期間を費やす必要性がある為、クリニックで治療を受けるには相応の出費が伴います。


ただし、支払いを済ませた後の話ですが、医療費控除申請を年に一度の確定申告時に行えば一部が還付されるかもしれません。

◆髪を育てたい人のためのシャンプーは頭皮の

髪を育てたい人のためのシャンプーは頭皮の脂や汚れを取り除き、髪が元気に育つように手助けをしてくれます。


私たちの周りにあるシャンプーに洗浄効果のある成分が入っていますが、刺激に弱い頭皮に負荷を加えやすく髪が抜けるということになる場合もあるのです。


ですが、髪の成長を促すシャンプーの使用により、頭皮や髪の毛にダメージを与えない成分で優しく洗浄することが可能なので、髪の成長につながっていくのです。


ある一定の年齢を過ぎる頃から、身体の悩み事も増えていくことが多いのですが、代表的なものとして、薄毛が進行している、抜け毛がひどい、など髪の毛のことがあります。


原因として考えられるのは、加齢、遺伝、不規則な生活や偏った食事などで、たくさんあります。


薄毛や脱毛量の増加で悩み過ぎて、精神的に大きなストレスを解消できず、さらに薄毛が進行、という人もいるそうです。


ところで近頃、素晴らしい効きの良さで注目されているのがプロペシアです。


プロペシアは、男性型脱毛症の治療に用いられる医薬品です。


とても良く効く薬なのですが、一方で副作用の報告もあり、注意が必要です。


皆が使っているシャンプーやリンスなどの製品は全然使わず、髪をお湯のみで洗ってきれいにする「湯シャン」と呼称される方法があるのです。


はじめの慣れない頃は髪や頭皮がベタついて皮膚の脂がしっかり取れていないように思い、育毛には逆効果のように思うかもしれないです。


ただ、これを続けていくと皮膚の脂の量は正常になるので、何も恐れる必要はないのです。


もし、我慢できないほど不快だというときにはそのときに限り少なめにシャンプーを使うと長く続けられます。


育毛に良いとされる食べ物はたくさんあります。


たとえば、海藻は代表的ですね。


大豆をはじめとした豆類、緑黄色野菜を中心とした野菜類、毛のつやを増すという青魚、血行を良くし、細胞分裂を盛んにする唐辛子も、毛を育てるためにはどれも大切な食べ物といわれています。


食材ですから、薬のように集中的に摂取するのではなく、毎日の食事の中で、バランス良く栄養を摂取するよう注意を払っていきましょう。


偏った食生活は、抜け毛を増えてしまったら大変です。


ゴボウ茶が育毛に良い食品として挙げられることがあるのですが、その一番の理由は、ゴボウ茶摂取によって血行が改善されるためです。


成分そのものには、特に育毛のためになるタンパク質や、ビタミンといった栄養素が、多く含まれているという事実はありませんが、血行改善の結果、頭皮の毛細血管までしっかり栄養が届くようになり、抜け毛など、頭皮のトラブルを防いでくれるでしょう。


それに、食材としてのゴボウを見てみると、他の根菜と比較しても抜群に多くの食物繊維を含みますし、ゴボウの皮に多いポリフェノールは抗酸化作用を持っています。


血液中の悪玉コレステロールを分解してくれるため、血液がサラサラになると言われています。


こうやって血液が健康になることによって、血行が良くなりますが、それが頭皮の健康、すなわち育毛につながると考えられています。

◆タンパク質の一種であるグロー

タンパク質の一種であるグロースファクターは、細胞分裂に大きく関わる物質で、毛髪の再生もこれによって促されます。


そこで育毛剤に添加されたり、毛髪再生治療として、頭皮に注入されたりするようになりました。


この方法だと性別は関係なく、薄毛改善に高い効果を示すことがわかってきています。


薄毛は、発毛条件を満たしていない状態が続くことで起こりますが、総じて発毛に必要な細胞再生因子が不足しているという点を重視し、不足している分を足してあげるということで、グロースファクターを補い、発毛へつなげます。


この画期的な治療法は、発毛効果が高く、またほとんどの人に効くというメリットがある一方、ただし、薄毛が改善された状態を維持するために、治療の継続が必要となるため、どうしても治療にかかる費用が高くついてしまうというデメリットがあり、利用はよく考えた方が良いでしょう。


国内での認知度や浸透率はまだまだのようですが、低出力レーザーを利用した機器があります。


安全性の面ではFDA(米国食品医薬局)の認可を受けており、海外では盛んで、家庭で安全に使える機器が販売されています。


いまある毛根に作用するため、完全に毛根がなくなっているところでは、発毛させるのは難しいようです。


そのかわり、レーザー脱毛と違って白髪や薄い色の毛でも使用できる製品がありますし、毛根が残っている人であれば、効果が報告されているので、内服・塗布以外の選択肢として覚えておくのも良いかもしれません。


家庭で安心して使用できる低出力タイプのレーザー脱毛器は、大手通販サイトでもいくつかのタイプが出回っています。


専用クリニックでの施術料金を考えればはるかに手頃な価格ですが、製品価格自体は高めのような印象を受けます。


レーザーを使用できない光に過敏な人もいるので、不安な人は皮膚科で相談してみるのも良いでしょう。


育毛を頑張って続けているのにかかわらず、人によっては、その効果は産毛が生えただけだと悩んでしまうケースも大勢いるのです。


育毛に良いことを行うことも重要ですが、髪をその健康から遠ざける行為をしないことも大切です。


髪をダメにする生活習慣はなるべく早いうちに改めてください。


薄毛に、遺伝的なものが認められる家系なら、医者の力を借りるのも選択肢の一つです。


ある程度の期間、育毛治療を続けていると、成果を実感できる時がきます。


それが現れるのは、薄毛の部分に生え始める産毛です。


個人差はあるものの、一般的に薬を使った育毛方法ならば、3ヶ月から半年ほどの期間で、新しい産毛を確認できると思います。


この産毛を育て、丈夫な毛髪になれば、育毛治療の効果をはっきりと感じることができるでしょう。


テストステロンは、良く知られた男性ホルモンの名前ですが、これが働くと骨格や筋肉が発達したり、太いしっかりした髪や、濃い髭が生えてきたりもしますが、ある男性ホルモンが分泌されるようになってくると、薄毛が始まり、さらに進行すると、男性型脱毛症を起こしてしまうことになります。


そういう理由で、病院の薬や市販の育毛剤には、多くの場合、男性ホルモンを過剰に分泌しないようにさせる成分が、加えられています。


ところで、薄毛や脱毛症を起こす男性ホルモンの正体は、テストステロンから変化したDHT(ジヒドロテストステロン)です。


これの働きにより、薄毛を進行させることが知られてきて、テストステロンからDHTを作り出してしまう酵素、5αリダクターゼの抑制が大事だと言われているようです。

◆大豆の成分として広く知られているイソフラボンは、育毛

大豆の成分として広く知られているイソフラボンは、育毛の手伝いをしてくれると期待できます。


イソフラボンは女性ホルモンと摂取するのと同じような状態になるので、必要以上に男性ホルモンが分泌されるのを防ぐことが期待されるのです。


毎日和食を多く食べるならば意識せずにイソフラボンを摂れるのですが、それが難しく、サプリで摂る人は、簡単に口にできるので必要以上に摂ることに気をつけてください。


薄毛に悩んでいることでも有名なお笑い芸人の岡村隆史さんも対策としてAGA治療に取り組んでいるそうです。


一般人とは違ってお笑い芸人ですから、おいしいネタにできそうなものですが、毎月約3万円ほどで育毛に通っているそうです。


病院から出る薬をただ飲んでいるだけでも、一目瞭然な程、効果が出ていると評判です。


洗髪が原因で抜け毛が起こっていることもあり、湯シャンを始めると、頭皮の調子が整い、育毛の効果を上げてくれるかもしれません。


湯シャンの前には、念入りにブラッシングをしておきます。


そしてぬるま湯を使って頭全体を濡らし、流しながら洗いますが、その時決してごしごし力一杯頭皮をこすらず、お湯を流しながら、毛穴を広げるようなイメージで、汚れをおとしていくようにするのが湯シャンの時のコツかもしれません。


お湯だけで汚れが落ちるか心配になりますが、お湯の洗浄力は意外と大きく、皮脂を落としすぎないようにお湯の温度はぬるめに設定しておいた方がよいでしょう。


湯シャンの後で、リンス代わりによく使われているのが、クエン酸やお酢です。


これを薄めて利用することで、髪のキシキシ感が改善されますので、おすすめです。


テストステロンなどのホルモンの影響で発症するAGAは、思春期以降の男性なら無縁とは言い切れません。


これはAGAだと言いうる年齢については具体的に決められてはいませんが、高校一年くらいから発生している薄毛の症状でもたしかにAGAであると認められる場合があります。


ただ、ストレスや免疫異常による薄毛の可能性もありますから、専門医の診察を受けることを推奨します。


それから、AGAに効果を発揮する治療薬のフィナステリド錠(商品名プロペシア)は、男性ホルモンの働きを弱める薬ですし、未成年の使用の安全性が確認されていないので、未成年のうちは処方もしてもらえませんし、個人輸入もおすすめしません。


病院などでも育毛治療ができます。


しかし、これらの治療は保険適用の対象外のため、実費で支払う必要があります。


保険が効かないため、一律料金ではなく、それぞれのクリニックで設定されています。


実際にかかる費用は直接、担当医にカウンセリングをしてもらってから算出されますが、薬だけで治療を進める場合に対して、植毛したり注射で発毛を促すような治療の場合は治療費が高くなります。

◆抜け毛を気にする人が手に取るものといえば育

抜け毛を気にする人が手に取るものといえば育毛トニックですよね。


価格設定が低めなのもあり、若い男性もトライしやすく、CMを見ても、効果は期待してよさそうです。


使用感がよいことも多くの人に愛されている理由なのではないかと思います。


それでも、よい効果を実感できた人と効果を確認できなかったという人が居ましたので、しっくり来ないなあと思った時は、早いうちに改めて別の対策をとるほうがいいですよ。


育毛から連想するものといえば、海藻ですが、海藻をとにかく食べてみても育毛できるかといえば、違うのです。


ワカメやコンブは、ミネラル、そして食物繊維を含んでいますので、育毛の助けとなりますが、簡単に髪が育ち、生えてきた、なんてことはないのです。


亜鉛、鉄分、タンパク質など、育毛を期待するには、いろいろな栄養素が必要なのです。


日本における成人男子の薄毛の9割はAGAですが、残りは非AGAということになります。


例を挙げると頭の一部の毛が丸く抜ける円形脱毛症があります。


この場合は精神的な負荷がかかっている場合や免疫上の疾患から起こりやすいようです。


同じストレスを起因とするものとしては、病気でもなければ痒くもないのにほとんど無意識か、あるいは習慣的に引き抜いたり、頭皮を掻きむしる抜毛症が最たるものでしょう。


爪を噛む癖と同様、精神的なものです。


CMなどでAGA専門を謳うクリニックなどに通い、薬をもらったり治療などを続けていても、日常的に乱れた生活習慣を続けていると治療の効果は思うように出ないでしょう。


規則正しい食生活を心がけたり、趣味などでストレスを発散するのも良いことですし、良い睡眠をとるということも重要です。


よく眠れない状態ではストレスも溜まりやすくなる上、血行不順にもなるためAGAの治療にとっては大敵です。


たんぱく質と亜鉛、それに、ビタミンB群を加えた栄養素が、健やかな髪の成長のために重要な栄養素です。


具体的に言えば、たんぱく質はアミノ酸の集合体で、アミノ酸はケラチン(毛髪の主成分)になります。


亜鉛はケラチンを生成するために必要不可欠な栄養素です。


また、ビタミンB群を摂取することで、髪の毛を作りだす細胞である毛母細胞の活性化を促します。


食品の例を挙げると、たんぱく質は大豆製品に、亜鉛は牡蠣に、ビタミンB群ならば、緑黄色野菜やレバーの含有率が高くなっています。