育毛情報[JIS]



24時間限定リアルタイム

◆近頃、特にネット上で、ブブカという育毛剤が何かと話題に

近頃、特にネット上で、ブブカという育毛剤が何かと話題になっていますが、ご存知でしょうか。


よく効くということで人気が出始めているのですが、処方箋が必要な医療用医薬品ではなく、どなたでも購入可能な医薬部外品です。


このブブカに「褐藻エキスM−034」というエキスが配合されています。


海藻を原料としていますが、天然成分なのに、あの薄毛治療薬ミノキシジルと同じくらいの効果が期待でき、その上副作用もあまり心配しなくて良いため、話題になっているのです。


それに加えて、オウゴンという植物から抽出された「オウゴンエキス」が、男性型脱毛症を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)ができるのを7〜8割程阻んでくれるそうで、これは、強力な男性ホルモンである、DHT生成に関与する5αリダクターゼを「オウゴンエキス」が阻害することによります。


褐藻エキス、オウゴンエキスは医薬品並みに効果のある天然成分ですが、他にも数々の成分が働いて、育毛の大きな助けとなってくれるはずです。


「○○が△△に効く」は、あまりにもメディアでありふれた言い方ですよね。


ただ、元をただしていくと、置換食でカロリー減とか、整腸作用があるとか、それなりにきちんと根拠のある理論にたどり着きます。


では、『コーヒーが育毛に効く』というのはどうでしょう。


育毛に有効という意見もあれば、抜け毛を促進するとも言われていて、調べてみると両説ともそれなりの根拠があるようです。


NG説が気になって紅茶しか飲めないのはつらいですし、有効ならコーヒーほど手軽なものはありません。


どちらの説が正しいのでしょう。


まず、コーヒーは頭をすっきりさせるといいますが、血行を促進させ老廃物の代謝を良くし、毛細血管を拡張させる効果などは髪と地肌の健康維持には直接的に有利に働くはずです。


しかしコーヒーの有効成分であるカフェインは、毛髪の生育に必要なアデノシンという物質の生成を阻害する作用があります。


アデノシンは食事から摂るのではなく、体内で生成されるので、寝るときにアデノシンがたっぷりあって、自然に眠いと感じる状態が望ましいので、夕方から夜は避けて飲むようにしたほうが良いでしょう。


効果が、「ある」「ない」の違いは、ここにあったのですね。


芸能界の人々は、一般人よりもなお一層、髪には気を使います。


まさか芸能人がまったく育毛しないなんて思うような人は、そういないでしょう。


世間の目を一斉に浴びることも多い芸能界の人々は、もちろん、自らの容姿に手間と費用を惜しみませんし、それも仕事のうちと割り切っていることでしょう。


人と対峙してすぐ目に入るのが頭髪で、ここが変わると見た目の印象が大きく変わりますから、日々のケアはとても大事です。


ケアの内容自体は人によるでしょうけれど、頭皮を清潔に保つのはもちろん、育毛剤や育毛シャンプーを使ったり、頭皮マッサージをする人が多いでしょう。


美容室でヘッドスパをしてもらう、マッサージを受ける、専門家のアドバイスを受けてそれを守る等々努力を重ねて、頭髪を守っていることが多いです。


そこまでしていても、育毛だけでは見た目を保つことができなくなったら植毛などを行なう人も、少なくないようです。


薄毛治療が可能なクリニックの中には、育毛はもちろん、発毛にもメリットのある成分を経口ではなく点滴によって体内にダイレクトに取り込むという治療法を採用している所もあります。


発毛成分と一緒にビタミンなども届ける事により、頭皮の働きを盛んにしたりストレスを解消したりといった体質改善効果も見込まれます。


ただ点滴を受けるだけにせず、並行して他の治療も行うと効き目をアップできるでしょう。


発症の時期も進行具合も違うAGAですが、発症要因についてはまだまだ分からない点が多いです。


ただ、薄毛の人が血縁にいると本人も薄くなる可能性が高いと言うように、AGAの要因としては遺伝的なものも強いというのが定説です。


抜け毛や薄毛といった症状を進行させるホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが及ぼす影響が遺伝子次第で違ってくることが分かったからです。

◆ライフスタイルの改善が育毛に必須であ

ライフスタイルの改善が育毛に必須であるということはよく知られています。


暴飲暴食、栄養不足、睡眠の乱れなどはトータルで悪い影響をもたらします。


抜け毛の進行を早め、毛根が大きなダメージを受けてしまうと、それだけ育毛剤の効果も薄れます。


育毛を考えているのであれば、現在の生活習慣を振り返り、改善できるところは改善していきましょう。


なかでも大事なのは、食事と睡眠でしょう。


食生活の偏重や睡眠不足(入眠しにくい、朝起きてしまうなどの睡眠障害を含む)は、肌や髪の再生を阻害し、抜け毛・薄毛を進行させますから、育毛のためにはぜひとも改善していただきたいです。


生活習慣の改善はどのような薬の効果を得る上でも重要です。


乱れた生活習慣は育毛剤の効果を減殺しますから、それで育毛薬の効能を満足に得られるかというと、正直言って難しいことだと思います。


マイナスの上にプラスを重ねることで、いくらかの効果が得られるとしても、トータルでマイナスが多ければ、もったいないことだと思いませんか。


育毛を始めると、いろいろな説や宣伝に惑わされたりもしますが、血行促進を意識するようにしてください。


血管の中に脂肪が蓄積して通りにくくなっていたり、低栄養で酸素が不足した状態だと新陳代謝が落ちてますます血行が悪くなるだけでなく、髪の維持や発毛に必要とされる栄養が頭皮に行き渡らず、老廃物の代謝ができなくなり、抜け毛や皮膚炎などのトラブルの原因となります。


血液がサラサラになるような食生活をするのが良いですが、四季の変化のある日本では意識的に水分をとることも忘れてはいけません。


血行を妨げない生活習慣で代謝を良くしていきましょう。


適度な飲酒は血行を良くしますが、おつまみなどで塩分過多になったり食べ過ぎたりもします。


暴飲・暴食や、喫煙のように血管を収縮させる習慣を控え、ストレッチなど、適度な運動を取り入れるのも良いでしょう。


筋肉を増強する目的ではなく、あくまでも緊張緩和や血流を促進することに重点を起き、継続することが大切です。


卵には栄養素がたっぷり含まれていますが、髪の毛にプラスの成分もあります。


主に黄身から取ることのできるビオチンには髪の毛が生まれる際に消費されるアミノ酸の働きを促進する効果があるため、とても育毛にぴったりの食品です。


ですが、熱を通さずに食べた場合は白身に含まれているアビシンとビオチンが複合体を形成し、ビオチンが体内に取り込まれなくなるので、気をつけなければいけません。


このところ、インターネットにおいてはいわゆる口コミサイトで育毛クリニックの体験談や商品のレビューを載せたところが利用されているようです。


こうした口コミは利用を検討する際の参考になりますが、それぞれの症状の進行具合や体質で治療方法も必要な時間も全く異なるのが育毛治療です。


なので、口コミを信じ込むのではなくグッズが自分に合うかを試すことや、クリニックの無料カウンセリングを使うようにした方が、納得できると思います。


毎日髪をとかしている、という人は大勢いるでしょう。


忙しくて朝とかすだけ、という人も中にはいるようです。


髪をとかしたり、ブラッシングについて、大事だと考えない人が増えているのでしょうか。


でも、もし「抜け毛がひどいかも?」と気になるようになってきたら、真剣にブラッシングをしてみることを、考えてみてください。


正しい方法で行えば、頭皮はそのマッサージ効果によって、血の巡りを良くしますし、ブラッシング後もすっきりと、気持ちのいいものです。


髪にツヤもでますし、頭皮が元気になることで髪に良い影響があるでしょう。


少なくとも、やって損はありません。


しかし、ブラッシングで頭皮に傷ができたりしたら、炎症を起こしやすいので、ちゃんと育毛用と銘打ってあるヘアブラシを使う方がよいでしょう。

◆唐突に、音楽が育毛にいいと言われても、

唐突に、音楽が育毛にいいと言われても、にわかには信じられないのではないでしょうか。


しかし、実際に心地よい音楽を聴いていいガス抜きとなり、ひいてはストレスが解消され、免疫力が高まると考えられているのです。


良い精神状態を保つことで、抜け毛が防止できたり、元気な髪を増やすことに繋がるとされています。


気軽に始めることができるので、音楽療法を試してみてください。


お米を毎日毎食、食べているという人も、それ程少なくないでしょう。


大変なじみ深い食材ですが、ガンマオリザノールという、お米特有の成分の存在が知られてきて、これが数々の健康に良い効能を持っていようです。


抗ストレス作用があり、更年期障害を和らげ、善玉コレステロールを増やし、その上、悪玉の男性ホルモンとして悪名高いDHTの発生を抑えてくれるそうです。


そういう訳で、男性型脱毛症にも大きな効果がありそうなのです。


DHTは男性型脱毛症の大きな原因として知られ、これが過剰分泌されることによって症状が出て、進行していくからです。


お米を食べることが、男性型脱毛症を改善になるかもしれないとなると、嬉しいことですし、育毛に活かしていきたいものです。


もし、育毛したいと感じるならば、アミノ酸が非常に大切な役割を担います。


アミノ酸は髪にとって必要不可欠な重要な成分のうちの一つです。


アミノ酸には数多くの種類がありますので、穀物、豆類、卵、大豆製品、魚類など均等に食事に取り入れるようにしてください。


それに、アミノ酸はアルコール分解のために消費されてしまうので飲酒は節度を守るようにしましょう。


身近な所で言えばドライヤーからヘッドスパ、あるいは家庭用のレーザー育毛機器など、頭皮や毛髪の悩みに適した美容家電が続々と発売されています。


ちなみに、ドライヤーやヘッドスパの効果は使用して発毛を促すというわけではなく、頭皮の状態を改善し、髪が生えやすい頭皮環境をつくるなどの、サポート役で効果を期待できるでしょう。


たくさんあるハーブの中には、髪の健康・育毛によいとされるものがあって、その効果を期待して、育毛剤や洗髪料に配合されることもままあります。


ハーブの効能としては、まずは、頭の皮膚の環境を整え、頭髪を異常のない普通の状態に戻すことに加え、発毛しやすいようなベースを作り上げたりします。


さらにまた、過剰分泌が薄毛につながるといわれる男性ホルモンの分泌を抑制することが可能です。


それに、ハーブの良い香りによって多くの人は心地の良い気分になることができ、抜け毛のモトとなるストレスにさらされた状態からの脱却にも役に立つということも、挙げられます。

◆専門医にかかることや植毛といったAGA対策も重要では

専門医にかかることや植毛といったAGA対策も重要ではあるものの、いままでの生活で養われた身体の負の部分を正すことも、AGAの治療を進めていく中では重要な要素だと思います。


誰でもそうですが、新陳代謝が悪い状態では頑張って通院治療を続けていても高い治療効果は期待できません。


規則的な食事を心がけ、睡眠や入浴などの時間を大事にし、一つずつでも構いませんから、体質改善につながる生活スタイルに切り替えていくようにしましょう。


ライフスタイルの改善が育毛に必須であるということはよく知られています。


暴飲暴食、栄養不足、睡眠の乱れなどはトータルで悪い影響をもたらします。


健康的な発毛サイクルに悪影響を与えて抜け毛を増やすばかりか、回復の阻害因子となってしまいます。


育毛用のケア製品を使うことを検討されているようでしたら、従来の生活習慣をできるところから改善していくよう努めてください。


とりわけ大事にしていきたいのは食生活と睡眠です。


仕事で家にいる時間が限られていて睡眠時間を増やせないという人は、朝起きるまで良質な睡眠を維持できる環境を整えることから始めてみませんか。


3食を他人任せにしている人は、寝起きや入浴後にコップ一杯の水を飲む習慣を追加するなど、はじめの一歩を踏み出してみることが大事です。


食生活の偏重や睡眠不足(入眠しにくい、朝起きてしまうなどの睡眠障害を含む)は、短期的であれば回復できますが、長期的に続けていると、頭皮や抜け毛に対して深刻な影響力を持ちますので、育毛のためにはぜひとも改善していただきたいです。


なかなか自分でコントロールすることは難しいかもしれませんが、健康に気をつけたいからと周囲に説明し、理解と協力を得ていくことも、助けになるでしょう。


生活習慣が悪いままの状態で育毛薬の効能を満足に得られるかというと、正直言って難しいことだと思います。


マイナスの上にプラスを重ねることで、いくらかの効果が得られるとしても、トータルでマイナスが多ければ、もったいないことだと思いませんか。


育毛にとって、大切な栄養素の一つに亜鉛がありますが、必要な摂取量は、毎日15ミリグラムが一日の量となります。


亜鉛は体内での吸収が芳しくない栄養素であるので、50ミリグラムの摂取を毎日行っている方もいるそうです。


そうはいっても、一回あたりにたくさんの摂取が亜鉛によって行われると副作用として、頭痛の症状が現れる場合もございますので、お腹が空っぽの状態で摂り入れることは止めいっぺんにまとめてではなく、細かく時間を分けて摂取ください。


薄毛を改善したいと思った時に意識することは、毛髪や頭皮を綺麗に保つことだったり、栄養バランスの良い食事をとることなど、生活習慣に関してがほとんどであると言えます。


無論、それらも大変重要なことだと言えますが、しかしながら、寝方もまた育毛に影響するのです。


仰向けに寝るのなら左右のバランスを整えるように意識すると、頭への血の流れが偏らないのです。


または、横に向いて寝る時に関しては、肝臓が内臓を圧迫しないように右を向くような形で、寝返りしやすい低めの枕を使ってください。


一般的に男性は、あまり気にしない傾向にありますが、理想的な育毛の際には、櫛が重要なポイントです。


どのくしを選ぶかによって逆効果になってしまうこともあるため、育毛の邪魔をしない櫛をぜひ、見つけてください。


ブラッシングは頭皮を整調し、育毛の環境条件を強化しますから、くしは何より大切なのです。


人によっては、育毛の際、複数のクシを使い分けています。

◆女性ホルモン「エストロゲン」と似

女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きがあるとされるイソフラボンは、男性ホルモンの過剰な働きを抑え、薄毛の予防になると聞いたことがある方もいると思います。


なので、育毛にも効果があると言われますが、特に科学的な証拠がある訳ではありません。


大豆イソフラボンの名前が浸透しているように、大豆製品に豊富に含まれている成分です。


乱れた生活習慣を改善し、規則正しく健康的な生活を送ることは、結果的には、発毛を促す効果があると言えるでしょう。


一例を挙げると、新陳代謝は睡眠時に最も活発になるため、寝不足になると毛母細胞が老化し、健康的な髪の毛を作りだせなくなります。


または、軽い運動やストレッチを怠ると、新陳代謝も低下し血行不良を引き起こすため、髪の毛には大ダメージです。


血行不良が進むと血流にのって髪に届くはずの栄養素が届かなくなってしまう為です。


育毛といえば、ブラシで頭をトントンするという方法を思い起こす人も意外と多いのには驚きます。


叩くのですから、たしかに血行が良くなる(赤くなる)でしょう。


まさか自己流で行っている人はいませんよね。


育毛って根拠があってはじめて効果のあるものです。


ブラシの材質や重さや力加減を考えずに叩いたら、育毛するつもりが薄毛を助長してしまいます。


頭皮は髪に守られていて、衣類でこすれることもないため、たいへんデリケートです。


どのようなブラシであれ、頭皮を傷つけ、丈夫になるどころか、発毛を阻害することになってしまうのです。


血行促進には頭皮マッサージが良いのですが、気持ち良いからといって爪をたてないようにしてください。


爪をたてることでとれるフケや汚れだと思う白いものは、刺激によって剥がれた本来ならまだ肌に残っているべき角質です。


過度な負担をかけないようソフトに行うのがコツです。


年齢を重ねるにしたがって、身体の悩み事も出てきます。


例えば、薄毛の進行や抜け毛の増加など、毛髪に関係するものがあります。


これの原因は、加齢そのものだったり、遺伝、不規則な生活、偏った食事など、いろいろありそうです。


ちなみに、薄毛を気にしすぎて、そんな精神的なストレスに耐えきれず、さらに薄毛が悪化した、という場合もあります。


それはさておき、最近、育毛効果がとても高いと言うこともあって注目され、大変期待されているのがプロペシアです。


これは男性型脱毛症の治療薬であり、服用するものですが、効果は高いようですが、ただその分、副作用の恐れも考えないといけません。


薄毛対策ため医療機関での治療を選択する人が、近年増加傾向にあるようですが、処方される飲薬や育毛剤、薄毛治療の施術費用は、医療費控除の対象と認められる可能性があるのでしょうか。


それに関しては、税務署担当者によって判断が異なることもあるようですが、控除の対象として認められる可能性は非常に低いようです。


しかし、運よく認められた場合に備え、治療費の明細は手元に保管しておき、医療費控除が受けられるかどうか確認してみるといいでしょう。