育毛情報[JIS]



24時間限定リアルタイム

◆頭皮のマッサージを続けると次第に頭皮が良好な状態になっ

頭皮のマッサージを続けると次第に頭皮が良好な状態になって髪が生えやすい環境になっているはずです。


爪をたててマッサージすると頭皮が傷つくので、指の腹を使い優しく揉むようにしましょう。


頭皮マッサージをシャンプーする時に行うと頭も同時に洗えるので一石二鳥です。


とりあえず育毛効果を感じるまで粘り強く続けるようにしてください。


育毛剤を利用すると、副作用が発生するのかというと調合されている成分が強いものだったり、濃いものであったりすると体質次第では副作用が出てくる可能性があります。


使用法が間違っている際にも、副作用が発生することがあるでしょう。


使用上の注意をよく理解してから使い、何らかの異変に気付いたら継続して使用しないでください。


髪の毛の抜ける量が増えてきたら、すぐに育毛について考えるべきではないでしょうか。


なにも育毛の手を打たないでいると、いつか薄毛で悩むはめになるでしょう。


まずは、どうして毛が抜けるようになったのか、その原因から、改善をはかってください。


一日三食の食事、不足がちな睡眠時間、自己流のヘアケア、ストレスの蓄積、煙草やアルコールなど、様々な原因で抜け毛が進行し、健康な髪が生えにくくなります。


加えて、AGAの可能性も考えられます。


ドラッグストアや近所の薬局などでも薬剤師さえいればAGAの薬は購入できます。


しかし市販薬などよりは病院で処方される医薬品のほうが、効き目のある成分が多く配合されていますし、診察して処方箋を貰わないと買えない治療薬などもあります。


最近は各地にAGA専門のクリニックは増えていますし、AGAの治療は普通の病院でも受けられる場合がありますから、もしかしたらと思ったら診察だけでも受けるようにしましょう。


体全体の血行を改善して代謝を促すことは、男性型脱毛症の症状の緩和に大きく影響してきます。


体の冷えをとると自然と血流が良くなるのですが、運動以外では、最も循環が悪化しやすい部分である足から体を温めていくフットバスがおすすめです。


家電量販店やホームセンターでも足湯桶や専用マシンがいくつも販売されていますが、家にあるバケツや大きめのたらいでも構いません。


その時間に音楽を聴いたりアロマバスにして愉しむのも良いでしょう。

◆髪が抜けない対策と健やかな育毛を心がけ

髪が抜けない対策と健やかな育毛を心がけたいならば、頭皮の血行改善がマストと言えます。


健康な髪の毛が育つために必須の栄養素を頭皮の隅々まで行き渡らせるためには、血液循環が円滑でなくてはなりません。


頭皮の血液循環がうまくいっていない状態では、薄毛を予防しようとしても望ましい結果が得られないことが殆どでしょう。


手始めに血流を改善する事を注意しておいてください。


質の高い睡眠をとるようにする事は育毛のためになる行為で、育毛治療の効果が出やすくなります。


と言うのは、一日の中で睡眠時に最も分泌される成長ホルモンが髪の毛はもちろん、全身の組織の修復をするためです。


よく言われるように、22時から2時の4時間は最も多くの成長ホルモンが分泌される時間なので、この時間に眠る事が睡眠の質をさらに高めることができるでしょう。


薄毛の要因になる抜け毛。


これは地肌の健康が損なわれたり、栄養が偏っているときに起こることです。


健康な状態を回復できるように育毛剤を使用していてもなかなか思うような効果が得られないうちに中断してしまう方もいるようです。


でも、それで良いのでしょうか。


もったいないなと思うこともあります。


市販のシャンプーはツヤや保湿の効果がすぐ出ますが、それと育毛剤の効果を同じように考えるのは失敗のもとです。


皮膚科で処方される薄毛治療薬ですら効果が出るまでに時間がかかるのですから、育毛剤の効果も短期間で現れるというものではありません。


1、2週間の使用ではなく、少なくとも3か月以上の使用を経て、自分が望んだ効果が得られるのか、判断するべきでしょう。


短期間の使用でも地肌には効果があるかもしれませんが、せっかくですから、本来の効果が得られるまで続けてみてください。


同時に、睡眠や食生活など基本的な生活習慣を改善していくことも大いに助けになると思います。


何かというと発毛や育毛に効果的だという話が出ますが、この俗説の中には、実際の根拠は何もないといったものもあります。


もしかすると、ワカメが髪に良いといって積極的に摂取している方がいるかもしれません。


でも、実際のところ、ワカメにそのような効果はありません。


成分表をみれば分かりますが、ワカメなどの海藻に多く含まれているミネラルはヨウ素です。


これは甲状腺機能を活発に働かせ、血行を促進する作用が確認されているため、健康に良いことは間違いありません。


でも、ワカメそれ自体が発毛や育毛に関わる食品ということではないのです。


薄毛の改善には生活の見直しも大切であるとされおり、しっかりとした睡眠をとることが重要です。


日頃からよく寝れない人や、質の良い睡眠が取れていないと、良い状態の髪が育たず、育毛のためには睡眠にも気を配る必要があります。


まず、今日からでもできることとして、寝る前の飲食を控えること、お風呂、液晶画面を見ないようにするなど、入眠の準備をすることが睡眠の質の向上につながるでしょう。

◆育毛治療をお考えの方は、一度

育毛治療をお考えの方は、一度漢方を試してみてはいかがでしょうか。


東洋医学から生まれた漢方では、薄毛の問題は血虚と呼ばれる血液循環の不調や、「気」と呼ばれるエネルギーが減ってしまっている気虚や、加齢から身体機能が衰えた状態の腎虚などを疑います。


それぞれの不調を漢方で治しつつ、身体に備わっている自然治癒力を高くして育毛を進めていく方法が漢方独特の育毛方法になります。


いま現在で男性型脱毛症の症状改善に効果を発揮するとわかっている物質は、最近使用度が増えてきたフィナステリドと以前からあるミノキシジルです。


フィナステリドを含む薬は複数出ていますが、日本では商品名プロペシアとして出まわっています。


それから、ミノキシジル1%を含有する外用薬は第一類医薬品ですので薬剤師がいればドラッグストアなどで購入可能ですが、抗男性ホルモン剤の一種であるプロペシアは処方箋なしでは売ってもらえません。


髪の毛が少し薄くなってきたような気がする、という人は大抵いろいろ育毛対策を始めるものですが、食事でもできる育毛があります。


その一つが、玄米食です。


慣れないと毎食玄米は手間なので、できるだけ摂るようにする、というスタンスでも大丈夫でしょう。


美味しく炊き上げるには、少しコツと手間が要りますが、そうまでしても是非食べておきたい理由は、健康にいいものですし、何より育毛にとって大事な栄養素が豊富に含まれているのです。


では「育毛のためになる栄養素は?」となると、各種ビタミンや、鉄、カルシウムといったミネラル群、食物繊維などですが、白米の代わりに玄米を食べると、これらをちゃんと摂ることが可能だということです。


白米を比べてみるとわかりやすいのですが、約2倍のビタミンB2、鉄は2倍以上です。


また、抗酸化作用で名高いビタミンEは5倍ほど、疲労回復にも効くビタミンB1は約8倍も含まれます。


大豆をそのまま炒って粉状にしたものがきな粉です。


イソフラボンという成分が大豆の中に多く含まれていて、これが女性ホルモンに似た働きをするため、摂取することで男性ホルモンの活性化を抑え、髪が生えやすくなると言われています。


もちろん、豆腐や納豆でもイソフラボンは摂取できますが、そのままの大豆が粉状になっているきな粉の場合、消化吸収能力に優れ、より効率よくイソフラボンを摂ることができるのです。


おススメな食べ方は飲み物に混ぜることです。


豆乳や牛乳を使ったものは手軽に摂取できます。


丈夫な髪を手に入れるためには、頭の皮膚を、柔らかくするためのマッサージが有効です。


指で血行が良くなるように、マッサージしてみれば、髪が育つために必要な栄養が満ち渡るようになります。


頭皮を傷つけないために、爪の先が当たらないようにして指の腹を頭皮に当てて、優しく動かしてみましょう。


ガシガシと乱雑に行ってしまうと、逆に良くないので、あらかじめ、注意しておくことが大切です。

◆筋トレ=薄毛進行説をご存知でしょう

筋トレ=薄毛進行説をご存知でしょうか。


ボディビルコンテストに出場する男性が体毛を処理していることから広まっているのかもしれませんが、育毛相談を受け付けていると、「長らく筋トレをしているので、どうなんでしょう」と言われることがあり、ひそかに悩んでいる人も少なくないようです。


筋肉やそれを支える骨の成長を促すトレーニングを続けていると、テストステロン(男性ホルモン)の分泌が増加して抜け毛を進行させるとも言われています。


いわゆるAGA(男性型脱毛症)というものです。


しかしすべての人に影響があるわけではありません。


まったく影響が出ない人もいれば、トレーニングメニューを変更するだけで薄毛への影響を抑えられる人もいます。


自分の抜け毛が男性ホルモンの影響なのかどうか知るために、AGA検査を受けてからどうするか決めるほうが、心残りがなくて良いのではないでしょうか。


人間の皮膚を保護するのが皮脂ですが、過剰な状態になってしまうと毛穴が詰まり、自然な毛髪サイクルを縮めてしまいます。


頭皮の清潔を保持することは育毛の基礎ですし、もしAGA治療を行うのであればそれを補うように生活の中に頭皮クレンジングのような良い習慣を取り入れ、頭皮の状態を良くしていくことが症状改善への近道です。


最近は頭皮ケア用のシャンプーも市販されていますが、女性のメイク落としでオイルが使われるように、余分な脂を落とせるオイルクレンジングなどを試してみると良いでしょう。


ただ、皮脂を取り過ぎないように注意してください。


一般に平均体温が低い人は、代謝が弱まっていることを念頭に置いて治療した方が良いでしょう。


男性型脱毛症(AGA)の治療には血行を良くすることが有効ですので、意識的に新陳代謝を上げることはいまある薄毛の状態を緩和するだけでなく、発毛と成長の維持にも影響してきます。


食事や飲み物も冷たいものの摂り過ぎに注意し、冷えの原因になるような薄着はやめて、根菜類など体を温める食材を食事に取り入れ、入浴時はバスタブにお湯をためて浸かることで体が冷えるのを防止できます。


抜け毛が心配になってきた人が試すものといったらきっと育毛トニックではないでしょうか。


価格設定が低めなのもあり、若い男性もトライしやすく、効果を期待させてくれるCMもしています。


爽快な使用感も愛されている理由の一つでしょう。


それでも、よい効果を実感できた人とあいにく効果のなかった人に分かれますので、効果が見込めないとなれば、なるべく早く別の対策をしてみることをオススメします。


始めて3日後には効果の先触れがあるような効果てきめんの育毛治療というものは存在しません。


頭皮マッサージをする、生活改善をするなどの努力を育毛剤の使用と同時に行うと、ある程度は早まる可能性もあります。


とは言え、それでもかかる時間は何ヶ月単位です。


焦らず忍耐力を持って継続する事が不可欠です。


是が非でも早期に成果が欲しい時は、費用はかかりますが、植毛を考慮に入れるのがいいでしょう。

◆育毛から連想するものといえば、海藻ですが、

育毛から連想するものといえば、海藻ですが、海藻だけを山のように食べても育毛成功、とはならないのです。


ミネラルや食物繊維を、コンブやワカメは含んでいますから、プラスの効果を育毛に与えますが、それがあれば髪の育ちが促されたり、生えてきたりはしないのです。


育毛する、そのためには、亜鉛、鉄分、タンパク質等、栄養素のあれこれが必要とされるのです。


抜け毛や将来的な薄毛が気になるという人は、育毛のために自分でできることの手始めとして、血流の改善を心がけましょう。


血流は普段あまり意識しないかもしれません。


たとえばPCの前に30?40分座っていて足の甲の色が悪くなる人は、血流が悪いと考えるべきでしょう(子供は40分の授業中でも足の甲の色は変わりません)。


このように血液の流れが良くない状態が続くと、正しい発毛サイクルのために必要な栄養素が頭皮に届かず、血管を通して排出される老廃物が頭皮や毛乳頭周辺に留まるため、成長した髪が早いうちに抜けたり、発毛する力自体が弱まりします。


どちらも、脱毛サイクルが発毛サイクルを上回ることで薄毛の要因になります。


頭皮の血行を維持するというのは、とても大切なことです。


指先で頭皮を軽く押すマッサージで血行をよくすると、心地よさと共に髪の健康にも役立ちます。


四十肩やひどい肩凝りで腕が上がらない人は頭を前に倒して無理なく行なってください。


食生活でも動脈硬化を防ぐ食品を取り入れることは効果的です。


家で使っている食用油脂をトクホ製品に替えるのなら簡単ですね。


血液サラサラでウェブ検索すると色々出てきますので、外食なら肉より魚料理、串カツより焼鳥などと置き換えてみるのも楽しいでしょう。


お酒を飲んだときに1杯の烏龍茶も良いみたいですよ。


運動は心肺機能を強化して血流を改善するので、育毛には大いに役立ちますので、あわせて行っていきたいものです。


育毛方法はさまざまです。


育毛剤やシャンプーなど外用製品、サプリメントや経口薬などのほか、近年は医療機関でも対応するようになってきています。


皮膚科医院などでAGA(薄毛)のパンフレットをご覧になった方も多いのではないでしょうか。


AGAの特効薬であるミノキシジルや、高濃度のビタミンやプラセンタなどの有効成分を直接、注射してもらうという方法を選ぶ人も増えてきました。


内服薬に比べて注射のほうが吸収率が高く、ミノキシジルが効く体質のはずなのに内服でそれほど効果がなかった人はかなりの効果が期待できるでしょう。


注射は医療行為ですが、薄毛治療は美容整形のように審美治療となるため、健康保険が適用されませんから、診察も処置も全額自己負担となります。


自由診療なので料金にもバラつきがあると考えて良いでしょう。


効果を得るには繰り返し通わなければならないため、お財布にはきびしいかもしれません。


特殊な場合をのぞいては、原則として、医療費控除の対象にもならないようです。


抜け毛や薄毛の問題を専門的に診てくれる施設として、サロンとクリニックを挙げることができます。


サロンとクリニックの違いは、医師が治療を行うか否かということです。


サロンは育毛剤を使って毛根に栄養を与えたりプロによる頭皮マッサージなど、頭皮ケアに重きを置いたところです。


クリニックの場合、医師による薬の処方や医療器具で抜け毛や薄毛を改善するところとなっています。


育毛にとって、大切な栄養素の一つに亜鉛がありますが、必要な摂取量は、毎日15ミリグラムが一日の量となります。


吸収率が亜鉛は良くないほうなので、50ミリグラムの摂取を毎日行っている方も存在するようです。


しかしながら、いっぺんに多くの摂取された亜鉛によって副作用として、頭痛などを引き起こすことがありえますから、空腹状態での摂取はやめいっぺんにまとめてではなく、細かく時間を分けて摂取ください。