育毛情報[JIS]



◆あまり意識せずさっさと済ませているけれど、

あまり意識せずさっさと済ませているけれど、髪は毎日ちゃんととかしている、という人は多いです。


けれど、忙しくて時間もないし、たまにしか髪はとかない、という人もそこそこいます。


ブラッシングをして手入れすることについて、あまり大事だと考えない人が多いのかもしれないですね。


しかし、薄くなってきた、抜け毛が増えた、と感じるようになったら、ブラッシングを丁寧に行ってみるのも、一つの手です。


正しく行なうことで、頭皮がマッサージされ、血行が改善しますし、なによりすっきりして気持ちがいいものです。


丁寧に行なうと髪にツヤも戻るでしょうし、頭皮の血行がよくなったおかげで、髪もいい影響を受けるでしょう。


しかし、ブラッシングで頭皮に傷ができたりしたら、炎症を起こしやすいので、育毛用のヘアブラシを使った方が良いようです。


大抵の製品は頭皮を保護する工夫がしてあります。


最近の日本国内におけるAGA発症者は約1260万人であると言われており、国民の全人口が一億二千万人であることから考えれば、約10パーセントもの人がAGAに起因する脱毛や薄毛の発症を経験しているといって間違いないでしょう。


けれども総人口の内容には乳幼児や学童、女性も含まれています。


たとえば成人男性の割合から考えていくと、約20%(後期高齢者を除けばそれ以上)の高確率で発症しているのです。


ここ数年で聞くようになった、グリーンスムージーなども巷をにぎわしていますが、果物の成分が、育毛に効果があるといわれてきています。


果物の中に含まれるビタミンやミネラルが、タンパク質の生成による髪の毛の成長をサポートしてくれます。


どんどん果物を食べると、髪の毛が育つでしょう。


ただし、消化されやすいという特徴を持つ果物なので、何も食べてない状態から摂取することが大切です。


普通、アロマオイルというとリラックス効果を目的としたものとしてのイメージが定着していますが、髪の悩みに効くオイルがたくさんあるのです。


具体例を挙げると、スウィートオレンジというアロマオイルは発汗作用があり、血行を促進すると同時に毛根に作用するため、育毛に適したオイルです。


いくつかのオイルを組み合わせてご自身の症状にフィットしたシャンプーやマッサージオイルを作ってみるのもおススメです。


なんだか近ごろ髪のボリュームがなくなって、地肌の白さが気になるようになり、男性型脱毛症を疑うようになってきたら、あくまでも簡易ですが自分で判断することも可能です。


ちょっと手間ですが抜けた髪を集めて、短めで比較的細い髪が多く含まれていないかをチェックします。


発毛から成長期に入って間もなく抜けたような毛髪の比率が高い場合は、発毛力や成長維持の力の弱体化の証拠ですから、AGAによる脱毛の疑いがより一層強くなるわけです。

◆育毛中の人が、コンディショナーを使う

育毛中の人が、コンディショナーを使うことについては良いという人もいれば避けるべきという人もいます。


本来は、シャンプー後にコンディショナーを使うことで、傷んだ毛髪をコーティングしてサラサラにするのですが、このコーティング成分は毛穴に詰まりやすいという特性があり、健康な髪の成長を阻害する為、コンディショナーは育毛中は使わない方が良いということになるようです。


ノンシリコンの育毛に適したコンディショナーを使って、毛穴詰まりを予防する為にきちんと洗髪することでコンディショナーも使うことができます。


ブブカという名前の育毛剤をご存知でしょうか。


これについての口コミ情報も増えてきています。


育毛効果の高さで人気が出てきているようですが、処方箋を持って薬局へ行かないと買えない医薬品ではなく、購入するのに何の制限もない市販品です。


ブブカに配合されている「褐藻エキスM−034」は海藻由来の天然成分ですが、この褐藻エキスが、薄毛治療薬として知名度の高いあのミノキシジルと、同じ程度の育毛効果がありそうだとして、期待されています。


それに、天然成分「オウゴンエキス」の働きにより、男性型脱毛症を起こす要因になるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を77%も抑えてくれるとされており、これは、テストステロンをDHTに変える酵素、5αリダクターゼの活動を「オウゴンエキス」が抑制することによるものです。


褐藻エキスとオウゴンエキスの働きを紹介してきましたが、この他にも数多くの選ばれた成分が育毛のために有効な働きをします。


薬局などで探してみると、名前に「スカルプ」が入っていたり「スカルプケア」を売りにしている育毛対策のシャンプーを見かけます。


スカルプ=頭皮を意味し、こうした商品は頭皮の環境を良くして、健康的な髪の成長を促すことを目的とした商品になります。


ただ、どれだけスカルプケアを謳ったシャンプーを使ってみても、それが頭皮に付着したまま乾かしてしまうと逆に毛髪の悩みがさらに根深い問題へ発展することもあります。


丁寧な洗髪が重要なのです。


育毛には抜け毛を減らしていくことも大事です。


そのためには頭皮の状態を整えることが先決ですので、育毛や発毛について考慮された専用のシャンプーを使ったほうが良い効果が得られます。


普通に店頭で購入できるシャンプーで刺激の少ないものもありますが、お肌の弱い人や体質や病気などで敏感な状態の頭皮では、洗浄成分が強すぎて、継続的な使用によって、思わぬダメージを受けることもあります。


育毛シャンプーは通常のシャンプー以上に地肌にやさしい洗浄成分を使用しているため、刺激の強い洗浄成分を使わずにアミノ酸や純せっけん分などで汚れや余分な皮脂を包み込んで洗浄し、健康的な素肌に導きます。


頭皮の代謝を改善する成分が配合されていることが多く、洗浄やツヤ等の仕上がりを優先にした市販のシャンプーと配合量も違うと考えたほうが良いでしょう。


男性の育毛に必要な栄養(成分)は、細胞の回復時に必要なビタミン群、タンパク質、ミネラル、亜鉛、酵素などです。


亜鉛は微少金属ですが、男性の場合は育毛以外に代謝されるため、とくに不足しがちです。


低栄養状態では体の恒常性や機能を維持することを優先し、育毛は後回しになります。


同じ頭なら、脳のほうに栄養を届けることのほうが重要ですからね。


育毛に良いという成分は体内で合成されるものもあります。


そのためにはさまざまな栄養をバランスよく摂り、髪・頭皮に豊富な栄養を届けられるよう、血行を良くすることも大事です。


血液がサラサラの状態でいられるよう、脂質を避け、水分補給を心がけてください。


食事だけでさまざまな栄養素を100%に近い状態で摂取するのは困難で、カロリー過多の状態を防ぐために、不足する栄養素だけをピンポイントでとれたり、手軽に髪に良いと言われる各種成分をブレンドしたサプリも出ていますので、これらで補っていくのも良いでしょう。


もともと皮膚に炎症があったり、自律神経が乱れている人はより多くのビタミンを必要としますが、水溶性ビタミンは過剰摂取しても尿から排出されてしまうので、比較的副作用なく量を加減しやすいです。

◆医療的なケアや植毛などの技術的なケアが

医療的なケアや植毛などの技術的なケアが大事なのは言うまでもありませんが、身体をより健康にしていくために生活全般を改善することも長期間にわたるAGA治療では重要なファクターになると言われています。


どのような病気にも言えることですが、体の代謝が弱い場合は同じ治療をしていても本来の治療効果を得るのは難しいです。


規則的な食事を心がけ、入浴や睡眠時間の確保をおろそかにすることなく、少しずつ体に良い習慣を身につけていくと良いでしょう。


就寝時には枕を使っている人が多いですね。


毛を増やし、抜け毛を減らすためには少し考えてほしいものなのです。


自分に合った枕は人それぞれですが、合わない枕だと、首周辺の筋肉が伸びすぎたりねじれたりしてしまい、頭に回る血液が十分ではなくなり、脳にも頭皮にも栄養が届かなくなります。


また、脳の酸素不足から熟睡できなくなり、身体全体の調子も悪くなったり、ストレスが増え、抜け毛を増やしてしまうかもしれません。


良い睡眠と育毛のために、枕選びに気をつけて使っていきましょう。


タバコは肺といった呼吸器官にダメージとなりますが、さらに育毛についてもマイナスに作用します。


タバコが持つニコチンという物質によってアドレナリンが分泌されます。


アドレナリンの分泌で興奮状態が引き起こされると、血管が収縮し始めることから、血液循環が悪くなり必要なだけの血液が頭皮に行き届かず、抜け毛につながるからです。


育毛にとって、大切な栄養素の一つに亜鉛がありますが、必要な摂取量は、日々15ミリグラムとなります。


亜鉛は、吸収率が低いため、人によっては、一日あたりに50ミリグラム摂取することもいるそうです。


しかしながら、いっぺんに多くの摂取が亜鉛によって行われると頭痛といった副作用が出るおそれもありますので、空腹状態での摂取はやめ摂取は、何回かに分けてください。


頭皮マッサージが育毛を促進すると言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか?これは事実なので実践するのが望ましいです。


マッサージで凝り固まった頭皮を柔らかくして、血のめぐりを良くすることが可能です。


血行がスムーズになれば充分な栄養を頭皮に送れ、髪が生えやすい環境を作りだせます。

◆疲労回復に効果があるものといえば「クエン酸」

疲労回復に効果があるものといえば「クエン酸」ですが、クエン酸がたっぷりといえばレモンや梅干ですが、それだけじゃなくて、育毛にも重要な働きをするんです。


何故かと言うと必要なミネラルを吸収するとき、クエン酸はそれを補助してくれるだけでなく、血液の状態をサラサラに変えてくれます。


血の巡りがよくなり、髪に欠かせない栄養が頭皮まで供給されやすくなるので、私も意識してクエン酸を摂取するようにしています。


同じ薄毛の場合でも男性型脱毛症の場合は、毛が薄くなっていく部分にある種の共通性があります。


こめかみの上から額の生え際にかけて毛が抜けていき、後頭部や両サイドの髪は割合くっきり残るというスタイルが最も多く、その形状から昔は帽子をかぶるとハゲになるなどと言われたものです。


それとは違い、髪が丸く部分的に抜けてハゲになる症状は円形脱毛症に分類され、ジヒドロテストステロン(AGAの原因)の分泌とは無関係に発症します。


そのほかAGAで特筆すべき点は症状が進行するということですので、検査でわかることもありますから、気になりだしたら放置せず、AGA専門を謳っているクリニックなどの診察を受けるようにしましょう。


寝るときには、ベッドでも布団でも、多くの人が枕を使っていると思います。


育毛、抜け毛に影響を与えていることをご存じでしょうか。


枕が頭の形や首の長さに合っていないと、首周辺の筋肉が伸びすぎたりねじれたりしてしまい、頭全体の血行不良を招くことから、脳にも頭皮にも栄養が届かなくなります。


また、脳の酸素不足から熟睡できなくなり、身体全体の調子も悪くなったり、ストレスが増え、抜け毛を増やしてしまうかもしれません。


育毛だけでなく、自分の身体と心のために、ぜひ自分に合う枕を見つけて使用し、毎日ぐっすり寝ることが大事です。


大手のドラッグストアなどで探してみると、名前に「スカルプ」が入っていたり「スカルプケア」を売りにしている育毛対策のシャンプーを見かけます。


このスカルプとは、日本語で言うと頭皮のことで、これらの商品は頭皮ケアを行い髪の成長を阻害するトラブルを回避するものになります。


ただ、たとえスカルプケア専用のシャンプーだとしても、洗髪が十分でなければ毛穴に老廃物が詰まってしまって、薄毛の要因になります。


髪のためには、何よりも洗髪が重要なことを理解しておきましょう。


何らかの原因で老廃物の排出がうまくいかなくなると、ますます代謝が悪くなってきます。


それは体にもAGAにも良いはずがありません。


折をみてデトックスをすることで本来あるべき状態へと新陳代謝を回復させることが可能です。


老廃物の排出を促す手頃な方法というと、とにかく汗を流すことです。


体を動かすのが理想的ですが、汗だけで考えれば、フットバス、サウナなどはストレス解消にも効果的です。


脱水状態にならないよう水分をとりながら汗を流してください。

◆植物育成用のピンク色のLEDライ

植物育成用のピンク色のLEDライトはニュースでも話題になり、記憶されている方も少なくないと思います。


こうしたLEDの有効利用のひとつとして、医療や育毛への応用を期待した研究が進んできて、育毛サロンのコースでも見かけるようになりました。


植物の成長点に作用することは知られていたものの、人間の皮膚科治療や育毛にも利用できるなんて、ちょっと驚きですね。


間違いがあるといけないので書いておきますが、育毛に効果があるのは、『赤色LED』のみです。


仕事場の照明がLEDでも、コンビニの雑誌コーナーがLEDでも育毛効果は得られません。


有効性が確認されている「波長」、「照射角」があるので、何でも良いというわけではないのです。


最近はサロンだけでなく、家庭でも気軽に使えるLED育毛器が販売されています。


女性用の美容機器に比べると製品数もユーザーも少なめですから、すぐに商品を決めるのではなく、買わないつもりの商品のレビューなども含めてなるべく情報を多く集めて、検討したほうが良いでしょう。


家庭用の照明に使われていることからもわかるように、安全で、副作用がないため、ほかの育毛方法と併用する問題点もありませんし、導入する価値は充分あるでしょう。


近年、薄毛の治療を専門にしたクリニックを利用して育毛に取り組む方も増えてきています。


薄毛の理由としてAGAが強く考えられるときには、育毛のためにAGA治療をしなければいけないので、早い段階で手を打つことが大切です。


でも、AGAをクリニックで改善しようとすると、保険が効かないので治療費が割引きになりませんし、それぞれ病院によって価格は違いますから、前以て用意すべき費用がどれくらいなのか調べてから治療を開始した方が良いです。


健康な髪の育毛に必要な栄養素の一つに亜鉛があります。


育毛に必要だからと言って亜鉛の摂取を食事で行おうとしても、体内吸収の割合が低いため、意外に難しいことです。


亜鉛を含むものを食べることはもちろんですが、亜鉛の吸収率を下げる食品などを食べないようにしましょう。


髪のことを考えるのであれば、亜鉛を確実に吸収するにはサプリなどが便利です。


なかなか改善されない薄毛や抜け毛。


実は栄養不足が原因になっていることも多いため、心当たりがある方は、一度見なおしてみると良いかもしれません。


栄養素が不足していると本来備わっている肌や体毛のターンオーバー機能が働きにくい状態となり、毛が細くなったり、抜け毛が目立つようになってきます。


外食や、栄養にこだわらない中食(買ってきて食べること)が多かったり、パンだけで済ませる方、レトルト食品やスナック菓子が好きな方など、おつきあいの外食は仕方ないですが、それ以外の食生活を改善するべきでしょう。


地肌と髪の健康のために、栄養バランスの良い食事を摂取するようにしましょう。


だんだんと発毛サイクルの改善が見られていくと思いますよ。


男性型脱毛症、略してAGAの医療的な対処法は現在のところ二つに分けられます。


よく知られているところでは薬の内服、外用薬の塗布といったお薬が中心の治療で、もうひとつは髪の根元にじかに有効成分を注射する外科領域の治療法です。


どちらが良いと一概には言えません。


各々の症状や経過年数などによっても治療法は変わってきます。


従って最適な処置は何なのかを病院で判定してもらい、アドバイスを受けたうえで選択し、治療する方が時間も無駄にしなくて済みます。