育毛情報[JIS]



◆抜け毛の悩みを解決するには、質の良い睡眠

抜け毛の悩みを解決するには、質の良い睡眠をとることをオススメします。


日頃からよく寝れない人や、睡眠の質が低下していると、髪の育成に与える影響は大きいとされ、育毛のためには睡眠にも気を配る必要があります。


寝る前の飲食をやめることや、入浴、テレビやスマホの液晶画面を見ないことが、睡眠の質の向上につながるでしょう。


ダイエットと同じで、育毛でも停滞期に入る瞬間は必ずやってきます。


髪の生涯とも言えるヘアサイクルは順に成長期、停滞期、退行期となっており、半年程も停滞期が続くこともありえます。


変化が感じられない停滞期には不安を感じることも多いでしょう。


でも、その後に来る退行期を乗り越えて次に作られる髪が生えてくるのは治療成分が行き届いた毛根からです。


効き目が目に見えてくるのはそこからなので、粘り強く待つということが肝心です。


発症要因を考慮すると、AGAの症状は思春期を過ぎた人なら発症してもおかしくありません。


どれくらいの年代で発症する薄毛をAGAというのかは、特定の判断基準はないのですが、思春期以降なら10代であろうと、他のどの原因よりAGAの疑いが強いケースもあります。


ただ、ストレスや免疫異常による薄毛の可能性もありますから、確定するには専門の病院で診てもらうことが大事です。


治療薬という点ではAGAの場合、プロペシアが有名ですが男性ホルモンの働きを弱める薬ですし、未成年の使用の安全性が確認されていないので、10代では処方してもらえません。


普通の病院の皮膚科でもAGA専門の病院でもAGAの検査を実施しているので、都合にあわせて選ぶと良いでしょう。


通販などで売られている検査キットを使うと医療費はかからないわけですから割安に検査をすることができますが、あくまでも簡易チェックなので大まかな情報しか得られません。


ですから納得の上で検査しないとむしろ損です。


フィナステリドが効く体質かどうかはわかるものの、実際に現在AGAを発症しているのか、それとも自然な抜け毛の範疇なのかはわからないです。


より正確な検査でAGAに対する不安を一掃したいと思うのなら、病院に行って検査を受ける方が良いということになります。


育毛に効果のある食品として、ゴボウ茶を挙げる人がいますが、大きな理由としては、血行が改善されるためのようです。


ゴボウ茶の成分そのものには、育毛に適した栄養素はあまり含まれていないようなのですが、血行がよくなりますので、頭皮の毛細血管にも無事に栄養が届けられ、抜け毛やフケ、かゆみといった頭皮のトラブルを防いでくれるようなのです。


そしてまた、ゴボウに含まれる栄養素には、他の野菜より大変多くの食物繊維を含み、皮に豊富に含まれるポリフェノールは抗酸化作用があります。


これが、悪玉コレステロールを分解し、血液の健康に役立つ働きをします。


このように、血液の質が高まり、血流が改善されて、頭皮の毛細血管まで栄養が届きやすくなり、育毛効果となることが期待されています。

◆育毛剤をより効果的に使用してい

育毛剤をより効果的に使用していくためには、頭皮にある汚れをきちんと落としてから使うことが重要です。


頭皮が汚い状態で使っても、頭皮の奥まで有効成分が行き渡ってくれないので本来ならば、あるはずの効き目を得ることはできません。


そのため、お風呂に入った後の就寝前に使うのが一番効果的なのです。


薬や外科的な治療と比べてはいけませんが、頭皮のマッサージはAGAの治療にはとても良い影響を与えます。


的確なマッサージによる刺激で育毛環境のベースとなる頭皮の状況が良好になり、医学的な治療をサポートしてくれるのです。


人にやってもらうのも可能ですが毎日自分で続ければ頭部の代謝機能のアップにつながりますし、髪の根元の皮脂や古い角質等がきれいにとれるようになり、毛髪サイクルの健全化にも結びつきます。


セルフでAGAの治療をしていくのは、可能ではあるものの、出来ることは限定的です。


医療行為である植毛やメソセラピー(薬剤注入)は医療従事者でなければできませんが、薬を中心とした治療であれば自分で海外の業者から個人輸入で手に入れることでクリニックなどに頼ることなく治療ができるのです。


それにジェネリック医薬品の選択も自由ですから、AGA専門医などにかかるのと比較するとだいぶ安いコストで治療することができます。


医療保険の給付対象となる医薬品を見る限りでは、AGAの治療薬は現状では対象ではありません。


ですから、AGA専門クリニックであろうと一般の皮膚科医院であろうと治療は保険外診療となり、患者の負担率は10割です。


かかる費用は治療の内容次第で違うので比較しようがありませんが、比較的負担が楽なのは後発医薬品の内服薬を継続的に服用していくことです。


反対に費用がもっとも高いと思われるのは植毛ですが、状態次第で数十万から100万円以上もします。


育毛に関する噂話にはたくさんのものがあります。


けれども、とくに科学的な証拠がない説もいくつかあるため、安易に信じ込むのは危険です。


もしかすると、ワカメが髪に良いといって積極的に摂取している方がいるかもしれません。


でも、実際は特に根拠がない迷信なのです。


成分表をみれば分かりますが、ワカメなどの海藻に多く含まれているミネラルはヨウ素です。


甲状腺ホルモンを形成するために必要なヨウ素は、血行を改善する為、身体には必要不可欠な栄養素だと言えます。


けれども、とくに発毛や育毛を促進する作用はないのです。

◆抜け毛を見つけることが多くなってきた

抜け毛を見つけることが多くなってきたら、確実な方法でヘアケアを行い、毛髪を育てることが重要です。


自ら考案した方法では自らの髪と頭皮に、負担をかける要因になってしまうことがあります。


そして、生活サイクルの改善も育毛のために不可欠なことですから、毎日の小さな努力が大切と言えるでしょう。


その上で、育毛剤等を使用すると、より一層、良い結果がでることでしょう。


今の時点でAGA(男性型脱毛症)に対する薬効があると判明している成分というと、血管拡張効果のあるミノキシジルと、フィナステリドがあります。


フィナステリドと言われてもピンとこないかもしれませんが、病院で処方されるプロペシアに含まれています。


また、ロゲインで一斉を風靡したミノキシジルを含む製品は薬事法で第1類医薬品に分類されており、薬剤師のいる店であれば簡単に買えるものの、フィナステリド含有のプロペシアは処方箋がないと売ってもらえません。


細胞再生因子などとも呼ばれるグロースファクターは、育毛に大きな効果があるとされて、育毛剤に使われたり、直接頭皮に注入することで、毛髪再生の治療に使われたりするようになっています。


老若男女関係なく、薄毛治療への良い結果を得られることが広く知られてきたようです。


髪が少ないという状態は、再生因子の不足による、という点に注目して、それなら、不足分を頭皮に直接補うことで発毛を促そう、というのがこの治療法です。


このグロースファクターを使うと、ほとんどの場合において、薄毛改善の大きな効果が得られるのですが、少々残念なことに、治療をやめると効果がなくなってしまうので、継続しなければなりません。


ですから、どうしても治療にかかる費用が高くついてしまうというデメリットがあり、利用はよく考えた方が良いでしょう。


髪の薄さを気にしはじめた人がまず試してみるものは、育毛トニックでしょう。


お値段が手頃で若い男性でもハードルは低く、CMを見ると効果は確かなようです。


使用感が非常にスッキリとしていて多くの愛用者のいる理由の一つですね。


育毛効果を実感された人も居ますが効果を実感するに至らなかった人がいますから、自分には効かないのでは?と思った場合は早めに異なる対策をとってみたほうがいいかと思います。


髪の悩みが深刻ならば病院で治療を受けるのが良いでしょう。


けれど、それほどひどい状態でなかったり、薄毛予防したいという人はおうちで出来る、頭皮や頭髪のケアを試してみてください。


わざわざ専用の育毛グッズをそろえる必要もなく、タバコやアルコールの類は控え、バランスのとれた食事心掛けたり、ストレッチやウォーキングで身体を動かしたり、入浴して血行を良くしておくなど、普段の生活の中から髪に良い行動を増やしていくと良いでしょう。

◆花王サクセスは育毛以外にシェービング、ヘアケア

花王サクセスは育毛以外にシェービング、ヘアケア製品も出していましたが、近年、育毛製品としては若手の俳優を器用したCMを展開しているので、従来の中年・壮年といったイメージを覆し、早いうちからのケアを普及させた点で画期的だったと思われます。


もともとスタイリング剤やシェービング用品で使用してきた人はもちろん、それ以外の人にとってもサクセスの育毛・地肌ケア用のトニックやシャンプーは入手しやすく、リーズナブルな価格設定のため、地肌や髪が気になってきた男性なら使ってみたこともあるのではないでしょうか。


ただ、手軽に使用できる反面、効果の有無については意見が分かれるようです。


シャンプーのみの使用で髪のコシが強くなったと満足している人もいれば、ストックでシャンプーを2本購入したけれど残りはたぶん使わないというクチコミもあり、効果は、「正直微妙」から「期待しないほうが良い」と言う人もいるようです。


身近な所で言えばドライヤーからヘッドスパ、あるいは家庭用のレーザー育毛機器など、髪への効果を売りにした家電製品が多く使われるようになりました。


ちなみに、ドライヤーやヘッドスパの効果はこの家電そのもので髪が生えてくるようになるというよりも、今の頭皮にある問題を解決して、育毛に適した頭皮に変えるという、サポート役で使われています。


よく健康番組で取り上げられる青汁ですが、なんと育毛効果があるということもあると思われます。


薄毛の原因の中でも栄養不足と思われる場合には、青汁という健康飲料を定期的に飲むことによりビタミンやミネラルといった栄養のほかにも、腸の働きをよくする食物繊維なども補給でき、育毛という点につながるかもしれません。


青汁を飲むことによって、育毛に必要不可欠な栄養素をより多く含んでいる商品もあって、利用者数が増加しています。


毛髪の成長に運動が重要だと聞いても、不思議に思うかもしれません。


しかし、体をあまり動かさない状態では血の循環が悪くなりがちで、太りやすくなります。


血行が滞ると髪に必要な成分が頭皮まで行き渡らなくなりますし、肥満は髪を薄くさせる一因です。


運動不足を解消して髪を豊かにしましょう。


極度の肩こりは、薄毛と関連しているというケースが多いそうです。


育毛をきっかけにして、肩こりの解決をお勧めします。


ここで、なぜ肩こりと薄毛が関連しているのかと不思議に思う人もいるでしょうが、血行が悪いことが原因で肩こりが引き起こされるからです。


血液の流れが悪いと、頭皮にも栄養が行きわたらず、どんどん溜まっていってしまう老廃物が、結果的に薄毛になってしまうこともあるのです。

◆お風呂をシャワーだけで適当に終わらせるよりも、じっくり

お風呂をシャワーだけで適当に終わらせるよりも、じっくり湯船で温まる方が育毛には効果があるのです。


長めにお風呂に時間を割ける日には、熱くないぬるま湯で半身浴を約30分程度すると血液循環が良くなり、頭皮に効果的です。


そして出来るなら半身浴をしている間に頭皮のマッサージを行えばより頭皮環境に効果的で、育毛効果が上がるでしょう。


それから、頭を洗うときには、お湯で充分にシャンプー前に頭皮の皮脂を落とすことも育毛にとっての重要項目です。


一般的に、シャンプーには汚れを落とす力が求められます。


その力が強いのは良いことなのですが、そんな普通のシャンプーを使い、その洗浄力のために頭皮を傷め、まったく育毛にならない、という例もあります。


そういったこともあって、今少し注目を集め始めているのが、ベビーシャンプーを育毛に利用する、という方法です。


ベビーシャンプーは、新生児や低月齢の赤ちゃんに使える、弱酸性のシャンプーで、普通のものと比べて、ずっと低刺激のシャンプーとなっています。


赤ちゃん用なので、皮脂を落としすぎないようにできており、乾燥肌が原因の、フケやかゆみに悩んでいるという人でも使えるシャンプーとして、評判のようです。


育毛のためには、身体の健康がとても大切です。


バランスの良い食事をし、各種栄養素をしっかりと摂るべきです。


髪の毛に必要な栄養素というのは色々ありますが、中でも特に大事なものの一つはビタミンCでしょう。


育毛に関係する栄養素としては、タンパク質や亜鉛といったミネラルが有名ですが、ビタミンCもそれらと同じ位、重要なものです。


ビタミンCは多くの役割をこなします。


他の多く栄養素の吸収や代謝、生成に関わり、例えば、髪のコシを作るコラーゲンが生成されるためには、ビタミンCの働きは必須ですし、強い抗酸化作用を持つため、アンチエイジングを助けます。


こういうビタミンCの作用はすべて、育毛に欠かせないものと言われていますし、カルシウムや鉄などミネラル類の吸収を補助し、身体の免疫機能を高める働きも持ちます。


ビタミンCは野菜や果物から摂取できますが、加熱などで壊れやすい点もありますから、サプリメントも使って意識的に摂ると、不足の心配をしなくて済みますね。


ノンシリコンシャンプーは髪の毛に優しい印象がありますが、髪や頭皮に作用しているのは実際にはシリコンそのものではありません。


シャンプーに洗浄成分として強力なものを配合していると、強い洗浄作用によって髪の毛がゴワゴワしてしまうので、髪の毛を滑らかにしたいがためにシリコンを使用しているというのが事実です。


育毛のためにはシリコン入りかノンシリコンかの相違ではなしに、シャンプーに配合されている洗浄剤はどんなものかに着目することが大切ですね。


シャンプー後の髪の毛の乾かし方は、育毛や養毛にとっては重要になってきます。


自然乾燥していた人はそれを止めて、ドライヤーを使うようにしてください。


ドライヤーでしっかりと乾かすことが大事です。


洗った後の髪の毛はキューティクルが開いていて、自然乾燥では長時間そのままになってしまうので、開いたキューティクルの間から水分が蒸発してしまいます。


それから、育毛剤などを使うときには洗髪してドライヤーで乾燥させた後から使用しなければ、わざわざ塗った有効成分をドライヤーの熱によって蒸発してなくなってしまう場合が考えられるので、ドライヤー後に育毛剤を付けましょう。