育毛情報[JIS]



◆栄養素が豊富な卵には、体だけでなく髪

栄養素が豊富な卵には、体だけでなく髪の毛にとって良い成分も入っています。


主として黄身が持っているビオチンには髪の毛が出来る時に使われるアミノ酸の働きを促進する効果があるため、育毛にはもってこいの食品でしょう。


ところが、生のまま食べると白身が持つアビシンとビオチンが結び付いて、体内でビオチンを取り込めなくなってしまうため、心に留めておきましょう。


頭皮に直に塗る育毛剤よりも、内服薬は効き目を実感できる人が多いとされているものの、一方で、副作用が起こる可能性も高まってしまいます。


内服タイプの育毛剤を使用する際、その副作用として、吐き気や胃の不快感、頭痛、めまい等のつらい症状があると言われています。


加えて、内服する育毛剤でも頭皮のかゆみ、炎症等が生じてしまうこともあるんだそうです。


このような副作用が起きた時は、すぐに使用を中止したほうがよいでしょう。


海外のサイトなどで探せば、通販で簡単に海外ならではの強力な育毛剤やAGA専用の薬を比較的安い値段で手にすることができます。


しかし、安易に考えてはいけないのは、海外通販には確かな安全が保障されません。


業者の中には、偽物や粗悪品を取り扱っているところもあり、最悪、健康を害するといった可能性も否定できません。


しかし、根本的に、欧米人と日本人では体質や体格など差が大きいので、人気の商品や、話題の商品であっても安心してもいいということはありません。


育毛効果があるとされる成分には多くのものがあります。


例えば、白薬子というエキスは毛母細胞を活性化しますし、血行を良くして健康的な髪の成長に寄与するニンジンエキス、菌の繁殖を抑え、頭皮環境を良くするヒノキチオールなどを挙げることができます。


育毛治療薬に限らず、医薬品や医薬部外品に指定された薬はその中に含まれる成分を全て記載する義務があるので、使用する前に把握することができます。


ですが、医薬品としてではなく、化粧品に分類される商品には成分を記載する必要はないという事になっています。


近年、薄毛を医療機関で治療する人が、珍しくなくなってきましたが、治療のための薬・育毛剤の代金、診察および治療のための費用は、申請すれば医療費控除の対象となり、お金が戻ってくるでしょうか。


それに関しては、税務署担当者によって判断が異なることもあるようですが、基本的には対象外と見做されてしまうようです。


とはいえ一応は、領収書・レシートは捨てずに保管し、医療費控除の申請が可能か問い合わせてみると良いでしょう。

◆乳製品にはタンパク質がたくさん含まれているの

乳製品にはタンパク質がたくさん含まれているので、育毛にはおあつらえ向きの食べ物です。


特にチーズはL−リジンという必須アミノ酸を摂取することができ、これは育毛治療で頻繁に登場する成分であるミノキシジルの働きを向上させる特徴を持っています。


つまり、どんどん摂るべきとも言えます。


けれども、むやみに摂取してしまうと乳製品全般に入っているカゼインが他の栄養素の吸収の邪魔になるため、適度な量を守ってください。


男性が発症すると思われているAGAですが、実は女性にも症状が表れることがあるのです。


性ホルモン由来である点は男性のAGAと変わりませんので、女性のケースではFemale Androgenetic Alopecia(女性男性型脱毛症)、その頭文字をとってFAGAと呼ばれています。


男性との発症の違いは、同じ薄毛でもM字状にはならないこと、毛が細って全体的に薄くなるということのほか、脱毛抑制作用が女性ホルモンにはあるので男性型脱毛症のような進行性のものではないということです。


大豆をそのまま炒って粉状にしたものがきな粉です。


大豆の成分である大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることから、男性ホルモンの働きを抑制し、育毛効果があるという説があります。


きな粉以外の大豆製品にもイソフラボンは含有しているものの、粉末状のきな粉は消化吸収能力に優れ、育毛のために大豆製品を食べるならば、きな粉が最適だと言えます。


食事の時に、牛乳や豆乳に混ぜると、手軽に摂取できます。


本気で育毛治療をするのであれば医師の診断を受けるのが最適です。


しかし、病院に行くまでもない時や、予防を考えている場合は自宅で簡単に頭皮や頭髪のケアをしましょう。


育毛剤などを使わなくても、アルコールやタバコは控えめにしたり、食事では髪に良い食品を積極的に摂ったり、ストレッチで体を動かしたり毎日湯船につかって血行改善を心掛けるなど、生活習慣を改善するだけでも、十分な育毛ケアになります。


洗髪の際に石鹸シャンプーを使った場合の影響は、育毛に関してメリットとデメリットがどちらもあります。


自然界に由来するものから成るので、合成の界面活性剤を含まず、髪や頭皮に与える刺激が少ない事が始めに長所だと言えるでしょう。


さらに、汚れを落とす力が強いのも長所であるものの、頭皮の健康面を考えるとマイナスとも言えます。


過度に頭皮の油分が失われる可能性があるからです。

◆原因がAGAの薄毛の場合、平凡な育毛剤は

原因がAGAの薄毛の場合、平凡な育毛剤はあまり有効ではないでしょう。


配合成分にAGAに対して効果のあるものが含まれている育毛剤を使用するか、AGAを治療する機関を受診した方がいいでしょう。


男性型脱毛症は、早急に手を打たないと、薄毛は悪化する一方なので、くよくよ悩んでいないで何らかの手段をとりましょう。


イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと化学構造が似ていることから、摂取すると男性ホルモンの増加を抑制し、薄毛を改善する効果があるという話があります。


ですから、髪が生えると期待して摂取している人もいるのですが、今現在、科学的に立証されてはいません。


大豆イソフラボンの名前が認知されていることからも分かるように、イソフラボンを多く含んだ食品としては、納豆や豆乳などの大豆製品を挙げることができます。


抜け毛の増加や頭皮が目立ってくるなど薄毛の悩みが出てきます。


育毛を始めようと思ったらどういったことが必要なのかを挙げてみましょう。


髪の毛や頭皮ケアだけが育毛だと考えがちですが、生活習慣や食生活を見直すことも大切だということは意外と知られていません。


乳酸菌をとることにより腸内環境が改善、内臓の働きも良くなり、体内の毒素が排出されやすくなったり、血流も体全体にわたって改善されるというメリットもあるでしょう。


育毛を考えた時、毒素の排出や血行促進は欠かせない要素です。


薄毛が目立ってきたり、抜け毛が増えてしまったりすると、程度はどうあれ、心配になります。


育毛についての情報を集めてみたり、良さそうな方法を探すかもしれません。


方法は、探せば色々あります。


育毛シャンプーの使用を始めてみたり、育毛剤を試してみる人もいます。


ところで、頭皮に刺激を与えるために、ぽんぽん、とブラシで頭皮を叩くことを始める人もいるかもしれないのですが、これには、少し気を付けて欲しいことがあります。


頭皮を強く叩き過ぎない、ということなのですが、これは大変重要です。


強く叩いてしまうことによってデリケートな頭皮は酷く傷ついてしまう可能性が高いのです。


気持ちがいい程度の刺激を与えるようにし、頭皮の環境を破壊しないように、注意しましょう。


育毛を意識しながら入浴することで、毎日の入浴は病院でのAGA治療の効果を高める上で、頼もしい味方となってくれるでしょう。


血流を促進し新陳代謝を活発にすることは髪の健康維持に欠かせませんし、もしシャワーを利用するとしても、しっかり浴槽で温浴するほうが治療効果は高まります。


特に頭皮の血行を良くしたければ、入浴時に頸部や頭皮のマッサージを行うのも良いものです。

◆あまり意識せずさっさと済ませているけれど、

あまり意識せずさっさと済ませているけれど、髪は毎日ちゃんととかしている、という人は多いです。


けれど、忙しくて時間もないし、たまにしか髪はとかない、という人もそこそこいます。


ブラッシングをして手入れすることについて、あまり大事だと考えない人が多いのかもしれないですね。


しかし、薄くなってきた、抜け毛が増えた、と感じるようになったら、ブラッシングを丁寧に行ってみるのも、一つの手です。


正しく行なうことで、頭皮がマッサージされ、血行が改善しますし、なによりすっきりして気持ちがいいものです。


丁寧に行なうと髪にツヤも戻るでしょうし、頭皮の血行がよくなったおかげで、髪もいい影響を受けるでしょう。


しかし、ブラッシングで頭皮に傷ができたりしたら、炎症を起こしやすいので、育毛用のヘアブラシを使った方が良いようです。


大抵の製品は頭皮を保護する工夫がしてあります。


最近の日本国内におけるAGA発症者は約1260万人であると言われており、国民の全人口が一億二千万人であることから考えれば、約10パーセントもの人がAGAに起因する脱毛や薄毛の発症を経験しているといって間違いないでしょう。


けれども総人口の内容には乳幼児や学童、女性も含まれています。


たとえば成人男性の割合から考えていくと、約20%(後期高齢者を除けばそれ以上)の高確率で発症しているのです。


ここ数年で聞くようになった、グリーンスムージーなども巷をにぎわしていますが、果物の成分が、育毛に効果があるといわれてきています。


果物の中に含まれるビタミンやミネラルが、タンパク質の生成による髪の毛の成長をサポートしてくれます。


どんどん果物を食べると、髪の毛が育つでしょう。


ただし、消化されやすいという特徴を持つ果物なので、何も食べてない状態から摂取することが大切です。


普通、アロマオイルというとリラックス効果を目的としたものとしてのイメージが定着していますが、髪の悩みに効くオイルがたくさんあるのです。


具体例を挙げると、スウィートオレンジというアロマオイルは発汗作用があり、血行を促進すると同時に毛根に作用するため、育毛に適したオイルです。


いくつかのオイルを組み合わせてご自身の症状にフィットしたシャンプーやマッサージオイルを作ってみるのもおススメです。


なんだか近ごろ髪のボリュームがなくなって、地肌の白さが気になるようになり、男性型脱毛症を疑うようになってきたら、あくまでも簡易ですが自分で判断することも可能です。


ちょっと手間ですが抜けた髪を集めて、短めで比較的細い髪が多く含まれていないかをチェックします。


発毛から成長期に入って間もなく抜けたような毛髪の比率が高い場合は、発毛力や成長維持の力の弱体化の証拠ですから、AGAによる脱毛の疑いがより一層強くなるわけです。

◆育毛中の人が、コンディショナーを使う

育毛中の人が、コンディショナーを使うことについては良いという人もいれば避けるべきという人もいます。


本来は、シャンプー後にコンディショナーを使うことで、傷んだ毛髪をコーティングしてサラサラにするのですが、このコーティング成分は毛穴に詰まりやすいという特性があり、健康な髪の成長を阻害する為、コンディショナーは育毛中は使わない方が良いということになるようです。


ノンシリコンの育毛に適したコンディショナーを使って、毛穴詰まりを予防する為にきちんと洗髪することでコンディショナーも使うことができます。


ブブカという名前の育毛剤をご存知でしょうか。


これについての口コミ情報も増えてきています。


育毛効果の高さで人気が出てきているようですが、処方箋を持って薬局へ行かないと買えない医薬品ではなく、購入するのに何の制限もない市販品です。


ブブカに配合されている「褐藻エキスM−034」は海藻由来の天然成分ですが、この褐藻エキスが、薄毛治療薬として知名度の高いあのミノキシジルと、同じ程度の育毛効果がありそうだとして、期待されています。


それに、天然成分「オウゴンエキス」の働きにより、男性型脱毛症を起こす要因になるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を77%も抑えてくれるとされており、これは、テストステロンをDHTに変える酵素、5αリダクターゼの活動を「オウゴンエキス」が抑制することによるものです。


褐藻エキスとオウゴンエキスの働きを紹介してきましたが、この他にも数多くの選ばれた成分が育毛のために有効な働きをします。


薬局などで探してみると、名前に「スカルプ」が入っていたり「スカルプケア」を売りにしている育毛対策のシャンプーを見かけます。


スカルプ=頭皮を意味し、こうした商品は頭皮の環境を良くして、健康的な髪の成長を促すことを目的とした商品になります。


ただ、どれだけスカルプケアを謳ったシャンプーを使ってみても、それが頭皮に付着したまま乾かしてしまうと逆に毛髪の悩みがさらに根深い問題へ発展することもあります。


丁寧な洗髪が重要なのです。


育毛には抜け毛を減らしていくことも大事です。


そのためには頭皮の状態を整えることが先決ですので、育毛や発毛について考慮された専用のシャンプーを使ったほうが良い効果が得られます。


普通に店頭で購入できるシャンプーで刺激の少ないものもありますが、お肌の弱い人や体質や病気などで敏感な状態の頭皮では、洗浄成分が強すぎて、継続的な使用によって、思わぬダメージを受けることもあります。


育毛シャンプーは通常のシャンプー以上に地肌にやさしい洗浄成分を使用しているため、刺激の強い洗浄成分を使わずにアミノ酸や純せっけん分などで汚れや余分な皮脂を包み込んで洗浄し、健康的な素肌に導きます。


頭皮の代謝を改善する成分が配合されていることが多く、洗浄やツヤ等の仕上がりを優先にした市販のシャンプーと配合量も違うと考えたほうが良いでしょう。


男性の育毛に必要な栄養(成分)は、細胞の回復時に必要なビタミン群、タンパク質、ミネラル、亜鉛、酵素などです。


亜鉛は微少金属ですが、男性の場合は育毛以外に代謝されるため、とくに不足しがちです。


低栄養状態では体の恒常性や機能を維持することを優先し、育毛は後回しになります。


同じ頭なら、脳のほうに栄養を届けることのほうが重要ですからね。


育毛に良いという成分は体内で合成されるものもあります。


そのためにはさまざまな栄養をバランスよく摂り、髪・頭皮に豊富な栄養を届けられるよう、血行を良くすることも大事です。


血液がサラサラの状態でいられるよう、脂質を避け、水分補給を心がけてください。


食事だけでさまざまな栄養素を100%に近い状態で摂取するのは困難で、カロリー過多の状態を防ぐために、不足する栄養素だけをピンポイントでとれたり、手軽に髪に良いと言われる各種成分をブレンドしたサプリも出ていますので、これらで補っていくのも良いでしょう。


もともと皮膚に炎症があったり、自律神経が乱れている人はより多くのビタミンを必要としますが、水溶性ビタミンは過剰摂取しても尿から排出されてしまうので、比較的副作用なく量を加減しやすいです。