育毛情報[JIS]



24時間限定リアルタイム

◆育毛剤を効果的に続けていくためには、頭皮の汚

育毛剤を効果的に続けていくためには、頭皮の汚れをきれいにしてから用いることが大切なのです。


頭皮が汚れたままの状態で使ったとしても、頭皮の奥まで有効成分が浸透しないので元来の効果は得られません。


そのため、入浴した後の就寝前に用いるのが最も効果的となるでしょう。


喫煙は肺など呼吸器系に害であるばかりか、育毛の観点からもデメリットがあります。


ニコチンというタバコが含んでいる物質によってアドレナリンが分泌されます。


アドレナリンによって精神が興奮状態になると、血管は収縮し始めます。


それによって血液がよく流れなくなり頭皮に向かう血液量が欠乏してしまい、抜け毛を誘発するためです。


現時点ではAGAの治療には保険が効きませんから、料金はどこの病院にかかるかで大きく違うようです。


AGAだけを専門に治療する病院の場合、AGA治療も行う内科や皮ふ科などよりは割高感はあるかもしれませんが、専門的でその人に合った治療を提案してくれるでしょう。


おおよその感じで言うと、塗布や内服の処方薬による治療は専門医でおおよそ2万円、一般医でその半分といったところでしょう。


首こりや肩こりの治療をイメージするという方が低周波にはたくさんいらっしゃいますが、実は育毛にも役立てられています。


低周波治療器のなかでも頭皮専用のものを使うことにより、血液の循環が促進されますし、毛穴もデトックスされやすくなります。


ただ、満足いく育毛効果が果たせない低周波治療器も多いので、購入の判断の際には慎重に選ぶことが大切です。


今現在ある髪の毛を健やかにしっかりと育てていくのを育毛といい、髪を作り出す毛母細胞の機能を活発にさせて今髪の毛がない毛穴からまた髪の毛が生えるようにさせるのが発毛です。


養毛というのは育毛に近い意味合いで使う言葉であり、今存在する髪をそのまま維持するためのケア全般を表す際に使います。


養毛や発毛、育毛は言葉自体はあまり変わらないものの、そうなった原因やこれらへの対処の仕方は異なりますから、それぞれの症状に合っている治療法を選んでいくことが重要になるでしょう。

◆自宅でもレーザー育毛ができたら嬉しい

自宅でもレーザー育毛ができたら嬉しいですよね。


クリニックで使うものほど高出力ではないのですが、自宅で使える育毛器具として低出力育毛レーザーが人気です。


全ての製品ではありませんが、一部のものはアメリカFDA認可の記のついた器具となっています。


このFDA認可についておおまかに説明すると、日本で言うと厚生労働省で認められたということに等しく、FDA認可の育毛器具は米国の政府機関が副作用の危険性が低く薄毛の悩みに効果的だと保証した製品と言えます。


育毛に効果的なのは頭皮を温めてあげることです。


もし頭皮が冷たい状態にあると血液の巡りが悪化して毛母細胞(髪の毛を作る細胞)に栄養や酸素が行き渡ることが難しくなりますし、アブラは冷えると固まるので、毛穴に皮脂が詰まってしまう原因になるでしょう。


育毛用のドライヤーも販売されているようですが、一番簡単だと思う方法はシャンプー前にお湯で頭を洗って頭皮を温めて、頭に付いた皮脂、または老廃物を除去しやすくすることといえます。


寝起きの枕に残る抜け毛が増えてきたなとなんとかしなくてはと不安になるものです。


そんな時、育毛を始めようとしたらどんな事を考えられるでしょうか。


髪の毛や頭皮のケアをすることだけが育毛だと考えてしまいがちですが、生活習慣や食生活を見直すことも大切だということは意外と知られていません。


一つ挙げるとしたら、乳酸菌をとることで腸内環境、内臓の働きが良くなって、最近よく言われるデトックスされやすくなったり、血流も体全体にわたって改善されるというメリットもあるでしょう。


毒素の排出や血行促進は育毛につながる大切な事です。


習慣になっている人には耳の痛い話でしょうが、タバコというのはAGAの症状を悪化させるリスクが高いです。


実際に日常的に喫煙している人の場合、薄毛生成因子であるジヒドロテストステロンという体内物質が増えるのです。


これはテストステロンより強い男性ホルモンです。


それにニコチンの摂取は血行不順を招くので体にも髪にも二重に悪影響をもたらすことになります。


治療効果をふいにしてしまいかねない習慣ですから、もしかしてこれはAGAではと思ったら早いうちに禁煙するほうが、症状が進む速度も遅くなります。


パーマというのは、髪にも頭皮にも負担をかけがちです。


ですから、パーマをかけた後は「育毛をしなければ」という気持ちから、育毛剤をどんどん使いたくなるものなのです。


しかし、頭皮は損傷を受けた直後ですから、ここに育毛剤を使うのは考えものです。


状態が回復するまで育毛剤を使うのはやめておいた方が良いようです。


パーマ後の洗髪のコツとしては、とにかく力をこめてこすってはいけません。


なるべくやさしく、軽いマッサージのようなつもりで行いましょう。


それから、その後は濡れっぱなしにしておかず、髪はしっかり乾かしましょう。


育毛を重視するなら、パーマはおすすめできないのですが、ぜひにということなら、育毛パーマを利用すると頭皮が傷むことはないでしょう。

◆ゴマは健康食品として有名ですが、近年特に

ゴマは健康食品として有名ですが、近年特に、アンチエイジングや生活習慣病の予防など、多くの効能を持つことが、周知されるようになってきました。


更にその上、育毛効果もあるといいますから、驚きです。


なぜかと言うと、育毛にとって大事なタンパク質、各種ビタミン、ミネラル群がたっぷり含まれているからなのです。


これらタンパク質とビタミン、それからミネラル群は、毛髪が正常なサイクルを繰りかえす為に、どうしても必要なものです。


こうしてみると、育毛にとても適した食材といっても良いでしょう。


ゴマを多くとることを、心がけるようにしてみると、育毛、そして、健康にも、とてもよい効果が期待できそうです。


「抜け毛を防ぎ、地肌の調子を整える」というのが育毛剤のセオリーです。


発毛のための環境を整え、抜け毛抑制をするので、薄毛対して効果的に作用します。


しかし育毛効果のあるシャンプーや育毛剤を使っていても、使用前との違いを実感できないと言って、使用をやめてしまう人もいるようです。


アンケートを見てみると、使用者が「効果を感じなかった」という育毛剤は、特定の製品に集中しているわけではありません。


気になるのは使用をやめた時期が、使用開始から1ヶ月以内に集中していることでしょうか。


お気づきかもしれませんが、育毛剤の効果は半月、一週間といった短期間で得られるものではありません。


リピーターのレビューを見てもワンシーズンないし、3ヶ月程度は使用を続けてみて効果があるかどうか判断するべきでしょう。


同時に、睡眠や食生活など基本的な生活習慣を改善していくことも大事だと思います。


最近では、ネット上で育毛商品の利用者や育毛クリニックの体験者の話を掲載したサイトが複数見付かると思います。


こうした口コミサイトは、参考程度に使うのなら役に立ちますが、それぞれの症状の進行具合や体質で治療方法も必要な時間も全く異なるのが育毛治療です。


むやみやたらに口コミを信じ込まず、自身の体でグッズの効果を試したり、無料カウンセリングでクリニックに行く機会を作るのが確実な方法だと言えるでしょう。


京都大学山中教授が作製に成功した万能細胞であるiPS細胞ですが、この細胞から髪の毛を生やす細胞を作れることが発表されました。


毛穴の底にある組織で健康的な髪の成長に必要な毛包が再生されたことがiPS細胞の再生実験で明らかになりました。


とはいえ、研究段階なので今すぐ使える技術ではありませんが、育毛技術の研究は日進月歩で発展しています。


意外と軽視されがちですが、タバコというのはAGAの症状を悪化させるリスクが高いです。


吸わない人に比べ喫煙者はより多く抜け毛の原因となるDHTという体内物質が増えるのです。


これはテストステロンより強い男性ホルモンです。


おまけにタバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があり、気晴らしの代償は高いものにつくでしょう。


AGAの治療効果を台無しにしてしまうので、自分なりにAGAかと疑う症状があるのでしたら自ら悪化させるようなことはやめて、減煙、禁煙していきましょう。

◆今では簡単に海外のものも手に入る時代ですので、

今では簡単に海外のものも手に入る時代ですので、インターネット通販などで、海外ならではの強力な育毛剤やAGA専用の薬を比較的安い値段で手にすることができます。


でも、気を付けなければならないのは、海外通販には保証がないということが当たり前です。


偽物が混じっていたり、質の悪いものが出回っていることも多々あります。


中には、それを使うことによって、健康を脅かしてしまうものもあるのです。


そもそも、日本人は体質も体格も欧米人とは全く異なるので、人気の商品や、話題の商品であっても安心してもいいということはありません。


長期間にわたる治療の間、ライフスタイルの乱れの正常化に努めることは薄毛の進行を食い止める上できっと役に立ってくれるでしょう。


育毛に良いとされている栄養素にはたんぱく質はもちろんですが、ミネラル、ビタミン、微量元素である亜鉛も重要です。


無理をする必要はありませんが、日々の食事でこれらの栄養を摂ることができると、育毛の助けになるばかりでなく、体全体の健康にも良い影響を与えます。


そうは言ってもむやみに多量にとれば劇的な効果が得られるということではありませんから、ほどほどに長期にわたって続けるのがコツです。


男性ホルモンの一種、テストステロンが活発になると、筋骨が頑丈になり、よく発達します。


また、濃い体毛や髭、また太い髪が生えます。


でも、ある男性ホルモンが過剰に分泌されるようになると、男性がよくなってしまうタイプの薄毛になり、さらに、成人男性の脱毛症としてはとても一般的な、男性型脱毛症を起こすことになるのです。


なので、病院から出る薬や、市販の育毛剤ほか育毛製品には、男性ホルモンの分泌を抑える成分が入っていることが、多いそうです。


ところで、薄毛や脱毛症を起こす男性ホルモンの正体は、テストステロンから変化したDHT(ジヒドロテストステロン)です。


これの働きにより、薄毛へと向かうことがわかってきておりますので、DHTを生成する働きを行なう酵素、5αリダクターゼを邪魔することが大切なようです。


血行を促進することは、頭皮の健全化を促し、AGAの進行防止にかなり深い影響力を持ちます。


スポーツ以外で誰でも手軽に体を温める方法として、足湯というのもなかなか効果があります。


足湯はダイエットにも有効なので家電専門店などに行けば足湯マシンがたくさん販売されていて値段もピンキリですが、家にあるバケツや大きめのたらいでも効果が得られます。


アロマオイルを使ったりバスソルトを使うのも楽しいものです。


シャンプーには、汚れを落とす力が求められます。


洗浄力の高さは嬉しいことなのですが、そういうシャンプーを使うことで、頭皮を傷め、炎症が広がったせいで、なかなか育毛が進まない、という人もいます。


そんな事情から、低刺激のシャンプーの要望は意外と多いのですが、今評判になっているのは、ベビーシャンプーを利用することです。


その名の通り、新生児にも使用可能な、弱酸性シャンプーであり、普通のものと比較すると、ずっと低刺激で、肌にやさしいシャンプーです。


赤ちゃんは皮脂を落としすぎてはいけませから、ベビーシャンプーもそういった仕様になっており、普通のシャンプーを使うと、少ない皮脂がさらに減って、乾燥肌が酷くなるといった人でも安心して使うことのできるシャンプーです。

◆コラーゲンというと、肌のハリをアップさせる成分

コラーゲンというと、肌のハリをアップさせる成分のように思われがちですが、育毛にも役に立つのです。


皮膚の真皮層はほとんどがコラーゲンで、これが不足すると皮膚が硬くなりハリがなくなります。


これは頭皮も同じです。


頭皮にコラーゲンが十分に満たされていると、新陳代謝が活性化して、育毛に適した頭皮になります。


薬局などで探してみると、名前に「スカルプ」が入っていたり「スカルプケア」を売りにしている育毛対策のシャンプーが売られているようです。


このスカルプとは、日本語で言うと頭皮のことで、これらの商品は頭皮ケアを行い健やかに髪の毛が成長するための地肌づくりを進めるものです。


ですが、たとえスカルプケア専用のシャンプーだとしても、洗髪が十分でなければ毛穴に老廃物が詰まってしまって、毛髪の悩みがさらに根深い問題へ発展することもあります。


ですから、きちんと洗い流すことを心掛けてください。


FDAによって認可しているアメリカに代表され、各国で低出力レーザーの育毛効果が評価されています。


人間の体の細胞を活発に活動させたり血行を促進すると考えられており、育毛だけでなく他の治療においても実績があります。


国内でも取り入れ始めたクリニックが多数見られてきましたし、業務用に比べパワーが落とされている家庭用低出力レーザー育毛器も商品化されているのです。


育毛ならば海藻、そう連想されますが、海藻だけを山のように食べても育毛成功、とはならないのです。


コンブ、ワカメに含まれるミネラルや食物繊維によって、育毛に良い効果を与えますが、それのみで髪が成長したり、生えるほど簡単ではないのです。


育毛しようとするならば、亜鉛に鉄分、そしてタンパク質といった、多くの種類の栄養素が必要とされるのです。


数年前のことですが、毛髪クリニックとして有名なリーブ21がウーロン茶に育毛を促進する作用があるというレポートを日本薬学会に提出しました。


ウーロン茶に含まれる成分が、薄毛の原因とされる男性ホルモンを活性化する酵素を抑制するということで、AGA(男性型脱毛症)対策に効果的だと発表したのです。


ですが、ウーロン茶を飲めば、すぐに発毛に繋がるという訳ではないことを断っておきます。