育毛情報[JIS]



◆頭の皮膚もつるつるカチカチの人、柔らかい人がいま

頭の皮膚もつるつるカチカチの人、柔らかい人がいますね。


硬い頭皮には毛が生えてこないとされますが、頭皮の血液循環が滞ると、硬くなるのです。


育毛を考える上で、頭皮の問題は欠かすことができません。


柔らかい頭皮と頭部の血行を保つことで、健康な頭皮から健康な髪が生えるようになります。


頭部の血行を良くするためには、全身の血行が良くなることがポイントですから、疲れない程度の運動をしたり、DHAやEPA、ミネラルやビタミンが豊富な食材を食べるのがおすすめです。


最近では薬を使用した育毛方法もあり、利用する方も多くなってきました。


「育毛効果」があるとして発売されている薬には、口から摂取するものと、頭皮に直接塗るものがありますが、どちらにしろ副作用というリスクを抱えています。


安いという理由で、専門家である医者の処方をないがしろにすると、個人輸入という手を使い、入手すると、偽物が届いてしまうこともあなたの身に起きてしまう場合もあります。


AGAの人口というのは日本ではそんなに増減があるわけではありませんが、現在のところ約1250万人とも言われています。


日本の総人口が1.2億人であると計算したら、大雑把な言い方かもしれませんが十人にひとりはAGAが原因の薄毛を発症していると言えます。


しかしその1億超の総人口というものだと赤ちゃんから学童も含みますし、少なくとも半分は女性です。


さらに細かく二十歳以上の男性の割合から考えていくと、約4人ないし5人にひとりということになります。


育毛に効果のある食品として、ゴボウ茶を挙げる人がいますが、大きな理由としては、血行が改善されるためのようです。


ゴボウ茶の成分を調べてみても、育毛に有効とされる成分を多く含んでいる、いう訳ではなく、血行改善の結果、頭皮の毛細血管までしっかり栄養が届くようになり、抜け毛やフケ、かゆみといった頭皮のトラブルを防いでくれるようなのです。


そして、食材としてゴボウは、他と比べて大変多くの食物繊維を含み、皮に豊富に含まれるポリフェノールは抗酸化作用があります。


これが、悪玉コレステロールを分解し、血液の健康に役立つ働きをします。


こうして、血液の質を良くすることで、血流をスムーズにし、結果頭皮の毛細血管にも栄養が運ばれやすくなり、それが育毛になると考えられているようです。


AGAは進行性の脱毛症なので、何の手も打たずにいると髪の状況は悪くなる一方です。


仮に症状が進んだところで、状況に合った治療を見極めることができるため、諦める必要はありません。


もっとも年齢的にいうと治療年齢が若いほど効果が出やすいといったデータもあるそうですから、症状や体質に不安があるときは早めに適切な治療を始めるのがAGA対策のカギかもしれません。

◆プラセンタには、美白や保湿効果だけでな

プラセンタには、美白や保湿効果だけでなく、疲労回復、血行改善、代謝の促進、免疫力の向上など、数多くの健康によい効能を持ち、アンチエイジングの効果でもよく知られています。


ところが実は、優れた育毛効果も持っていることがわかってきて、大変期待されています。


高い育毛効果を得られるとして、処置を希望する人が増えている方法は、頭皮へ直接プラセンタを注入するというものですが、皮下や静脈内に注入したり、筋肉に針をさして薬液を入れることもあります。


薬の入れる先が変わると、身体に吸収されるスピードが変わりますが、どれにしても、プラセンタの優れた作用により、頭皮や毛根が活力を取り戻すことを期待するものです。


ただ、頭皮へ注射する方法だと、より一層の即効性があるそうです。


プラセンタはヒト臓器(※胎盤)由来ということで、この成分を身体に入れたことのある人は、献血できないことになってますので、気を付けておいてください。


髪の毛を構成しているのは大部分がタンパク質です。


人間の身体には、髪に限らず、タンパク質から成る部位がいくつも見られます。


タンパク質を得ると生命を維持するのに欠かせない場所からまず補給していくことになるので、もし無くてもどうということもない髪の毛まで行き渡るまでには潤沢に摂取する必要があります。


ですから、育毛を考えるなら、タンパク質の含有量が多い大豆などを盛んに摂取する事が重要です。


髪を増やしたいのなら一刻も早く禁煙してください。


タバコには体に悪い成分が多く含まれていて、増毛の妨げとなってしまいます。


血の巡りも悪くなってしまいますから、健康な髪の育毛に必要な栄養素が頭皮まで届かないということになるでしょう。


髪の毛が薄いことに悩んでいる方はタバコを一刻も早く止めたほうが良いでしょう。


男性ホルモンの一つであるテストステロンが作用すると、骨が頑丈になったり、筋肉が発達し、濃い髭や体毛、太い髪を生やすようになります。


しかしながら、これと別の男性ホルモンが、過剰に分泌されてしまうことで、髪が抜けて薄毛に、また、さらに進行すると、男性型脱毛症を起こしてしまうことになります。


なので、病院から出る薬や、市販の育毛剤ほか育毛製品には、多くの場合、男性ホルモンを過剰に分泌しないようにさせる成分が、加えられています。


ただし、薄毛や脱毛症を起こす男性ホルモンはテストステロンではなく、そこから変化したDHT(ジヒドロテストステロン)です。


これの活性化が薄毛や脱毛はますます進行しますので、テストステロンからDHTを作り出してしまう酵素、5αリダクターゼの抑制が薄毛の根本的な対策としても、重要になるかもしれない部分です。


唐辛子に含まれている、カプサイシンという成分は知っていますか?カプサイシンは育毛効果が期待できるとされています。


血の巡りを良くすることで頭皮の状態が良くなることが考えられます。


また、イソフラボンという女性ホルモンのような性質をもつ成分と一緒に摂取することで、毛母細胞のはたらきを活発にするための成分をどんどん増やすそうです。


ただし、バランスを欠いた食生活になってしまうのはよくないです。

◆男性型脱毛症(AGA)の治療を病院に通うことなくセルフ

男性型脱毛症(AGA)の治療を病院に通うことなくセルフでするのは、一部に限定すれば可能と言えます。


地肌に髪を植毛する施術や、薬を毛根に直接注入するメソセラピーは医療機関でなければできません。


しかし、内服薬やローションなどは海外製を個人輸入することにより自分だけで治療を完結することができます。


同時に薬を先発品でなく後発品にすることで、病院を介するよりずっと少ない費用で治療が可能です。


人間の髪の毛の主成分はタンパク質です。


髪の他にも、人間の身体ではタンパク質を成分とする部位が多数あります。


タンパク質を得ると生命を維持するのに欠かせない場所からまず補給していくことになるので、たとえ無くとも生死に関わらない髪の毛に届くまでには潤沢に摂取する必要があります。


育毛には、大豆といったタンパク質が豊富な食品を盛んに摂取する事が欠かせません。


未だに育毛というとまだまだブラシで頭皮をトントン叩くといったイメージを持っている人が少なくないでしょう。


そういう製品のCMを知らない世代にも意外に浸透しているのは驚きです。


最近のスカルプケア商品のほとんどは、余分な力が頭皮にかからないよう工夫されていると思いますが、なんのためでしょう。


頭皮の刺激にはその程度の力で充分だからです。


ブラシで頭皮を叩くのははっきりいって育毛のために「NG」行為です。


根拠がないばかりか、薄毛を促進しないという保証はありません。


頭皮は爪などに負けて荒れるほどデリケートです。


叩くような刺激を与えると頭皮にとっては大ダメージにほかならず、丈夫になるどころか、発毛を阻害することになってしまうのです。


そんなことより効果的なのは頭皮マッサージですが、ひっかいてしまわないように気をつけましょう。


美容院での洗髪を想像して、指の腹だけでゆっくり行うようにしましょう。


抜ける事無く健やかに育つ髪を手に入れたいなら、頭皮を流れる血液の巡りを良くする事が必須です。


丈夫で太い毛髪のために必要な栄養素を頭皮全体に届く様にするには血液がよく循環している事が必要です。


頭皮を流れる血液がうまく循環していない状態だと、抜け毛を減らす対策をしても効きめが現れない事が多いです。


何はともあれ血行促進を忘れずに注意しましょう。


現存している髪の毛を育んでいくというのが育毛の目的なのです。


そして、育毛剤は頭皮環境の改善や髪へ栄養を送ったり、フケや痒みを抑制するなど、丈夫な髪の育成や抜け毛の防止効果があります。


発毛とは多様な要因により少なくなってしまった髪の毛を増やすことを目的としています。


ですから、発毛剤には弱くなった毛母細胞を活性化させ、休眠期にある毛根から再び髪の毛を発生させるための成分が配合されています。


発毛と育毛では類似しているようでも髪や頭皮への効果が違いますから、それぞれ上手に使い分けてください。

◆育毛には適切な栄養の摂取も必要です。中でもたんぱく

育毛には適切な栄養の摂取も必要です。


中でもたんぱく質、亜鉛、ビタミンB群の3種類が、髪の悩みの解決に欠かせない栄養素だと言えます。


たんぱく質の場合、これはアミノ酸で構成されているのですが、このアミノ酸が髪の毛の大部分を占めるケラチンの素になります。


亜鉛はケラチンを生成するために必要不可欠な栄養素です。


ビタミンB群の役割は、発毛や成長のキーとなる毛母細胞の働きを活発化させます。


食品の例を挙げると、たんぱく質は大豆製品に、亜鉛は牡蠣に、ビタミンB群はレバーあるいは緑黄色野菜といった食品に含まれているので、積極的に摂取しましょう。


もし、パーマをかけるのなら、頭皮にダメージを与えることを覚悟した方がいいかもしれません。


そのため、パーマ後はすぐにでも、育毛剤を使いたい気分になりますが、損傷を受けた頭皮に、育毛剤を使うのは感心しません。


少し回復するまで育毛剤は使用しなくてもよいでしょう。


洗髪の仕方ですが、ごしごし強くこすってはいけません。


やさしく、軽いマッサージのようなつもりで行いましょう。


それから、その後は濡れっぱなしにしておかず、髪はしっかり乾かしましょう。


育毛という点を重視するのなら、パーマを利用するのは、やめた方が無難なのですが、それでもパーマをかけたい場合は、育毛パーマにすると頭皮が傷むことはないでしょう。


なんだか近ごろ髪のボリュームがなくなって、地肌の白さが気になるようになり、自分でもAGAの可能性があるのではと疑い始めたら、セルフチェックレベルですが、診断する方法があります。


自然に抜け落ちた毛を集めてみて、その中にある短くて細い髪の比率が高くないかどうかを見るのです。


本来の髪寿命より前に抜けたと思われる短寿命の毛の占める割合が多いと、発毛力や成長維持の力に異変が出てきているということで、結果的にAGAである可能性が高くなります。


ネットでもリアル店舗でも薬剤師がいるところなら、AGAの薬は買えると思ってはいないでしょうか。


しかしながらそういった薬よりは病院で処方される医療用医薬品の方が効き目のある成分が多く配合されていますし、病院で処方箋を出して貰わないと購入できないフィナステリド含有薬などもあります。


AGAに特化した専門のクリニックも最近ではかなり増えてきました。


個人病院や一般的な総合病院などでもAGAの診察や治療を行っている場合がありますので、もしかしたらと思ったら医師に診てもらうことが大事です。


育毛効果を高めるために無視してはならないのは、食習慣だと言われています。


外食は和食でも濃い目の味付けなので糖分が多くなりがちなので、量やメニューを選んで食べるようにしましょう。


脂質の取り過ぎも過剰な皮脂の分泌と老廃物の停滞を招き、抜け毛の原因となります。


添加物が多い加工食品は、栄養をとらないよりはマシかもしれませんが、細胞の再生時に使われる微量元素や栄養素の取り込みを邪魔する成分もあるため、毛髪や頭皮にダメージを与えてしまうことがあるようです。


髪に良い影響を与えるといわれる食材を片端から食べれば効果が得られるというものではないので、バランスのとれた栄養がとれるようなメニューをとるよう気をつけましょう。


一日のうちすべてを変えるのは無理でも、普段から留意して、できるところから改善していくことです。


蛇足ですが、総カロリーの計算も大切です。


摂取しすぎは肥満や病気につながる以前に、育毛にとって大きな阻害要因となりますので、メニューを選ぶ際は気をつけてください。


幸い、カロリーについては商品に記載されていることも多く、男性でも比較的取り組みやすい項目のようです。

◆例えば、毎日の食事や睡眠、運動などに

例えば、毎日の食事や睡眠、運動などに気を遣い、生活の質を上げていくのは、髪の悩みを解消する一助になります。


あくまで間接的な作用ですから、生活の質を上げても髪の悩みが即座に解消する訳ではありません。


とはいえ、頭皮環境が良くなることでダイレクトに毛根に働きかけるような育毛ケアの効き目が強くなります。


亜鉛は健康な髪にとって必要な栄養です。


健康な髪のために亜鉛の摂取を食事で行おうとしても、効率良く吸収できないため、比較的困難でしょう。


亜鉛を含むものを食べることはもちろんですが、加工食品の中には亜鉛の吸収を妨げるものもありますので、避けて食べなければなりません。


元気な髪を育てたいなら、亜鉛を確実に吸収するにはサプリなどが便利です。


サプリメントを育毛の為に利用する人も多くなっています。


健やかな髪が育つためには、栄養素を地肌まで浸透させることが必要ですが、意図して摂ろうとしても、日々継続するのは難しかったりします。


育毛サプリなら手軽に必要な栄養素を摂れるので、育ちやすい髪の毛になるはずです。


かといって、育毛サプリだけに頼りすぎてしまうのも、正しいとは言えません。


今現在も、育毛に効果があるとされる成分が続々と発見されています。


髪の毛を作る毛母細胞の働きを助ける白薬子エキスや頭皮を含めた体内の血行不良の改善に効果があるニンジンエキス、またはヒノキチオールという、殺菌作用があり頭皮ケアに最適な成分などです。


医薬品や医薬部外品に定められた育毛治療薬は含まれている全ての成分をパッケージに記載するよう定められているため、あらかじめ確認しておくことが可能です。


けれども、医薬品や医薬部外品でなく、化粧品として販売されているものについては成分を記載する必要はないという事になっています。


世の中には育毛や薄毛ケアに対する俗説やヤラセ記事が溢れていて、うんざりすることがあります。


育毛や薄毛(AGA)対策は、早めに始めたほうが良いのですが、せっかくその気になったのでしたら、まず、正しい知識を身につけることから始めても遅くはありません。


宣伝しているような育毛効果がなかったり、頭皮が荒れてケアができなくなってしまったり、抜け毛が増えてしまっては、元も子もありません。


ですから、どのような根拠に基づいているのか調べてみるべきです。


医学的、科学的、経験的のほぼ3つに分かれると思いますが、そのどれにも属さないものや論理が飛躍しすぎているものはアヤシイ度が高いでしょう。


また、実際に使った人のクチコミをなるべく多く読んで、納得できるものだけを取り入れたいですね。


そのようにして選んでも、自分に合わない場合があるので、刺激や痛みを感じたり、ほてりが長時間続く、毛が抜けるなどの症状が現れたら、無理に続けるべきではありません。