育毛情報[JIS]



24時間限定リアルタイム

◆髪が薄くなってきたり、抜け毛が増えたりするのは

髪が薄くなってきたり、抜け毛が増えたりするのは、これからどうなるかをつい予想してしまったりして、とても不安です。育毛について色々と情報を集めたり、何かいい方法がないか知りたい、と考えるようになるでしょう。

方法は、探せば色々あります。育毛シャンプーの使用を始めてみたり、育毛剤を試してみる人もいます。



それから、手軽に始める育毛として、ブラシで頭皮をぽんぽん、と叩くマッサージを始める人もいるようなのですが、少々気を付けた方が良い点があります。

強く叩いてはいけない、ということが、大変重要になります。

強くするとデリケートな頭皮は酷く傷ついてしまう可能性が高いのです。力づくで頭皮を攻撃するのではなく、やさしく適度な刺激を与えるようにして、傷つけ、炎症を起こしたりしないような、頭皮のケアをしてあげてください。
育毛とか発毛が専門のクリニックだけではなく、一般的な病院の皮膚科でも育毛治療を受けることは可能なのです。

皮膚科の中にも通常の皮膚科と美容皮膚科が存在し、受診はどちらにかかってもOKですが、AGAの治療に特化しているのは美容皮膚科の方ですね。さらには、どっちの皮膚科に通うことにしたとしても保険適応にはならないのです。

薄毛の治療を終了するには長期間かかりますから、自分が通いやすい立地条件であるというのも通院先の皮膚科を選択する上で重要な点になります。
育毛には頭皮ケアが必須です。頭皮ケアを正しく行えば、健やかな頭皮からは抜け毛が減りますし、更に健康な髪の毛が芽を出すようになります。しかし、抜け毛の原因によって、頭皮ケアのみでは効果が見られないこともあるので、原因をはっきりさせることが大切です。早ければ早いほど薄毛対策は良いので、頭皮ケアだけを行うのではなく色々な対策を同時に行ってください。日本人の多くは温泉好きですが、泉質によっては育毛にも効果が期待できるようです。

育毛に適した泉質とは、酸性の温泉です。酸性の泉質の特徴として、毛細血管を拡張させる働きがあるため、滞っていた頭皮の血行が促進されます。一口に酸性の温泉といっても、その種類は炭酸泉と硫黄泉の2種類で、日本では硫黄泉の方が一般的なようです。ですが、こうした泉質の温泉は刺激が強く、皮膚炎を起こすリスクがあるため、乾燥肌や敏感肌の人は注意してください。

髪の健やかな成長を維持するためには、様々な栄養素をバランスよく摂取することが不可欠ですが、鉄分もまた必須栄養素であることを忘れてはいけないでしょう。
実は鉄分不足はあまり自覚することがありません。
めまいや息切れを感じる人もいますが、実際の鉄欠乏状態を考えれば症状が出ている人の割合は少ないと言えるでしょう。

しかし影響はかならず出るもので、酸素が運ばれる量も減るので、髪や地肌に必要なミネラルや栄養が届かなくなり、老廃物が残りがちになって痒みを生じたり、表皮常在菌に対して過剰に反応するようになってしまいます。育毛していくのなら、血液の健康も考えなくてはいけません。普段の食事で気をつけていきたいものです。


鉄分が含まれている食材は、貝類、納豆、青魚など、和食に多いようですが、赤身の肉類やレバーにも含まれています。

野菜ではホウレンソウに多いですが、ホウレンソウにはシュウ酸が多く、大量摂取で尿路結石の原因になると言われているので、少量に留めるのが良いでしょう。グレープフルーツやビタミンCサプリなどと一緒にとることで吸収が促進され、摂取過剰になることもありますので、複数のサプリを飲んでいる場合は、鉄分が重複していないかどうか確認してください。

◆頭髪の成長と歩行は無関係に思われるか

頭髪の成長と歩行は無関係に思われるかもしれませんが、歩く運動を行うと毛髪の成長が実現するでしょう。十分な運動を行っていないことも髪の毛が薄くなっていく理由の一つであると言われていて、徒歩運動などといった軽めの活動を日常的に実践することで、血の巡りがよくなり質の良い毛髪促進がおこりやすくなります。
準備もほとんどいらずに始めることができる活動ですから、できることなら、やってみてください。整体やカイロプラクティックのなかには、丈夫な髪の毛の土壌が整うように手技として「頭蓋骨矯正」を施術する場合があります。


なぜかというと、頭皮環境が良くなくて硬くなったりしているのは、頭の骨格が少々ズレたり歪んだりしているからだろうという考え方を参考にしています。
育毛治療やセルフケアなどと一緒にカイロプラクティックや整体などで頭蓋骨矯正の施術をすれば、相乗効果をかもし出して素晴らしい結果が期待できますね。
ゴマを食べることでビタミンや亜鉛はもちろん、たんぱく質を含めた育毛に必要不可欠な栄養素をすべてカバーできます。ゴマというと白ゴマや黒ゴマなどがありますが、リグナンというホルモンバランスを整える成分が含有している黒ゴマは、さらに育毛効果が期待できます。


ただ、非常に脂質も多いものなので、過剰に摂取すると身体に悪影響を及ぼす危険もあります。あくまで薄毛を予防する目的として適量の摂取を心掛けてください。長期にわたる薬剤治療よりもっと早く確実に薄毛を改善したいものの、植毛という行為には踏み切れずにいる場合、AGAの治療方法としてオススメできるのは、医師によるメソセラピーでしょう。
頭髪の成長と維持に不可欠な栄養素や発毛に有効な成分などを極細の針やレーザーなどを使って地肌に注入浸透させ、薄毛を早期解消するための施術です。



価格的には極細針を使う施術の方が安いのですが、そのほかにレーザー方式のように針を使わないやりかたもあり、針ありと針なしを併用することもありますし、もちろん投薬治療との同時進行も可能です。ヘモグロビン生成になくてはならないのが鉄分です。血液中で酸素の運搬を担っているのが赤血球ですから、もし、鉄分不足だと酸素が充分に行き渡らず、血の巡りが悪くなります。

よって頭皮の調子も低下し、結果的に薄毛や抜け毛を誘発するので、育毛と鉄分摂取は強固な相関関係にあります。
鉄分が含まれている食品には、レバーやアサリ、シジミなどがあります。

◆老若男女、髪で悩む人は多く、要望に応える

老若男女、髪で悩む人は多く、要望に応える為に日進月歩で進化し続ける育毛技術ではありますが、しかし、今でもまだ、どんなタイプの薄毛にも効く万能の育毛方法というのは実のところ皆無と言っても良い状況です。

将来を有望視されている研究はいくつも進行中であり、研究結果の発表などがあったりもしますが、実用できる段階まで進んでいるものはまだないのです。そういった点を踏まえつつ、なおかつ今ある最先端の育毛技術を利用しようとすると、大抵の場合、相当大きな額の費用がかかるのです。それに、副作用の有無や、それがどういったものであるかについても、わかっていないことが多く、利用については慎重に考えた方が良いです。光育毛をご存知でしょうか。光といえばレーザーと思いがちですが、ここで取り上げるのは純粋に可視光線である「光」です。



最近では皮膚科やサロンでも広く取り入れられるようになりました。植物の成長点に作用することは知られていたものの、人間の皮膚科治療や育毛にも利用できるなんて、ちょっと驚きですね。間違いがあるといけないので書いておきますが、育毛に効果があるのは、『赤色LED』のみです。

オフィスや自宅の照明がLEDだからといって、育毛効果はないのでご注意ください。まして普通のLEDに赤いフィルムをかぶせても効果はありません。家庭用のLED育毛機器も、頭にかぶるタイプのものや、ハンディタイプのものなど種類も出始めています。購入するのなら、価格に見合った商品なのか、自分の髪の量に適した使いやすい製品か、できるだけたくさんの商品のクチコミを集めて検討したほうが良いでしょう。
薬剤やレーザーを利用するのと違い、副作用がないので、単独でも使えて、従来の方法と併用することもできます。
ひとつの育毛方法に行き着いてしまうと、しばらく情報収集がおろそかになってしまいがちですから、こうした新しい情報にも注目していきたいですね。何らかの原因で老廃物の排出がうまくいかなくなると、新陳代謝の低下を招きます。

当然ながら健康にもAGAにとっても良い影響は与えません。そういった状態を解消するにはデトックス(毒出し)を行い、体全体の代謝を回復させるという手があります。
効率的に体内の老廃物の排出を促進する方法は、水分補給しつつ汗を流すのが効果的です。

スポーツ全般と有酸素運動、岩盤浴、サウナ、半身浴など方法は様々です。
脱水状態にならないよう水分をとりながら汗を流してください。
日本における成人男子の薄毛の9割はAGAですが、残りは非AGAということになります。比較的よく見られるのは、生え際でなく頭の一部だけが小さく円形に脱毛する円形脱毛症です。
この場合は精神的な負荷がかかっている場合や免疫上の疾患から起こりやすいようです。また、今まで「癖」だと思われてきて実はストレス性のものに、髪や皮膚には異常が見られないのに半ば無意識に自分でぽつりぽつりと毛を抜いてしまう抜毛症(ばつもうしょう)が最たるものでしょう。


爪を噛む癖と同様、精神的なものです。
気がつくと強い紫外線の中に長時間いたなんて日は、髪の傷みがひどいと感じませんか。

紫外線のダメージが一番大きいのは髪ですから、日中はUVプロテクトスプレーや帽子、日傘といったもので髪を紫外線から守ってください。

髪に当たる紫外線を防止しないと、強い紫外線の時期が過ぎた頃に抜け毛が増え、薄毛へと進んでいきかねません。


日差しの強い日の外出時は、髪のために紫外線からガードする事を心がけてください。

◆医療的なケアや植毛などの技術的なケアはたし

医療的なケアや植毛などの技術的なケアはたしかに有効な手段ではあるものの、同時進行で生活スタイルを見直すことも広義でいうAGA対策としては非常に大切なものです。

どのような病気にも言えることですが、体の代謝が弱い場合はいくら医学的に有効な治療を施そうと治療効果が減殺されてしまってなかなか症状の改善が見られません。
アルコールの摂りすぎや食事の量を見直し、良質な睡眠をとり、洗髪タイミングを逸しないなど、一つずつでも構いませんから、体質改善につながる生活スタイルに切り替えていくようにしましょう。

生え際やおでこといった部分に産毛が生えてきたのを確認できると、治療の成果が現れてきたと言えます。髪の毛の元となる毛母細胞がしっかり働いている場合は、産毛は抜けることなく強く豊かな髪の毛へと変化していくでしょう。

しかし、産毛が生えても、毛母細胞自体の力が弱い時があります。このような場合は、生えた産毛は、残念ながら抜けてしまいます。
ですので、産毛が生えても手放しで喜ぶのではなく、抜け落ちることもあると理解しておきましょう。



頭髪が徐々に薄くなるAGAの発症と進行には個人差はあるものの男性ホルモンの影響が強いと考えられています。
テストステロンというごく一般的な男性ホルモンが特定の酵素による還元作用でDHTというホルモンに変わることで発毛が抑制され脱毛の症状が出ることが判明しています。
どれくらいその酵素が分泌されるかは遺伝子によって親から受け継がれるというところまでは解っていますから、「親がそうだから自分も」という考えは間違いではないということになります。



レーザー治療のために毎回育毛クリニックに行くのは大変ですよね。
最近では、クリニック程の効果はないものの、個人が使える低出力のレーザー育毛器具があります。

いくつかのレーザー育毛器具は米国でFDA認可を受けた育毛効果が実証されている製品です。このFDA認可についておおまかに説明すると、日本で言うと厚生労働省認可と同等の意味で、FDA認可のものはアメリカの政府機関が安全で育毛に効果があると保証した製品と言えます。増毛をご希望の方はいますぐにでも禁煙をおすすめします。

身体にとって有害な成分が多く含まれていて、髪に栄養がいかなくなってしまいます。血行不良が起こりますから、丈夫な髪が育つのに必要不可欠な栄養素が残念ながら頭皮までいき届かないことになるでしょう。



薄毛が気になる人は喫煙を少しでも早めに止めなければなりません。

◆体全体の血行を改善して代謝を促すことは、頭皮の健全化

体全体の血行を改善して代謝を促すことは、頭皮の健全化を促し、AGAの進行防止に重要な役割を果たします。血液の循環を良くするために体を温めることが推奨されますが、血行が悪くなりやすい「足」を温める足湯は効果的です。足湯はダイエットにも有効なので家電専門店などに行けば足湯マシンが色々あって迷うかもしれませんが、そこそこ深さがあれば大きめのポリバケツ等でも大丈夫です。
また、お湯に香りの良いバスソルトやハーブオイルなどを入れると癒し効果もあります。亜鉛は健康な髪にとって必要な栄養です。
元気な髪のために食事で亜鉛を摂取しようとしても、体への吸収が低いため、それほど容易ではありません。
亜鉛が含まれる食べ物を食事に取り入れるだけでなく、体への亜鉛の吸収を妨害する食べ物などは食べないようにしましょう。髪のことを考えるのであれば、サプリで亜鉛を摂ることが必要です。

おでこの生え際が広がってきたり、頭の天辺が寂しくなってきたりで、自分でもAGAの可能性があるのではと疑い始めたら、セルフチェックレベルですが、診断する方法があります。ある程度たくさんの抜け毛をサンプルとして集め、その中にある短くて細い髪の比率が高くないかどうかを見るのです。本来の髪寿命より前に抜けたと思われる毛髪の比率が高い場合は、発毛力や成長維持の力に異変が出てきているということで、AGAによる脱毛の疑いがより一層強くなるわけです。
性ホルモン由来で進行性の男性型脱毛症のことを略して、AGAと言います。



テストステロンによる体の変化と連動するものの、自覚は30歳前後が最も多く、前髪の分け目から始まって生え際をなぞるように抜けたり、毛が細って薄くなったりするのです。それとともに頭頂部を中心に薄毛が広がるので、症状としては判りやすいです。
どういった条件でAGAが発症するのかは、部分的に解明されているものの、部分的に解ってきたことを組み合せてもなお、不明なところが多いのです。しかしながら男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンがAGAに多大な影響を与えるものということがわかってきました。コーヒーが育毛にどう影響するかは、諸説あります。有効に働くという人もいれば、刺激物なので抜け毛につながるのではとも言われています。どちらが本当だと思いますか。
コーヒーは優れた血行促進効果があり、とくに毛細血管を広げ、末梢にまで血液を行き渡らせる効果があり、髪と地肌の健康維持には直接的に有利に働くはずです。


そうした有用性の一方で、コーヒーに含まれるカフェインは、毛母細胞や毛乳頭の働きを促進するアデノシンの体内合成を阻害するというのです。
たしかにそれは事実です。



アデノシンは体の中で分泌され、毛母細胞に直接作用して発毛を促進し、成長期間を伸ばすので育毛剤にも利用されています。実はこの物質、睡眠にも関与しており、朝からコツコツ生産され、就寝前にピークになります。


ですから、髪は夜作られるという名言が過去にありましたが、就寝時間頃にアデノシンが不足しないようにするには、コーヒーは夕方以前に飲むべきでしょう。


そうすれば、マイナス要因を作らず、プラスの効果だけを期待できます。