育毛情報[JIS]



24時間限定リアルタイム

◆牛乳は育毛によくないということ

牛乳は育毛によくないということが、明らかになってきています。


なぜならば、牛乳に含まれるタンパク質が、植物性ではないからです。


植物性のタンパク質のヘルシーさは周知の事実なのですが、動物性のタンパク質はいわゆるドロドロ血の素になるといわれるため、髪が元気でいるための栄養も流れにくくなり、結果として毛が抜けてしまいます。


タンパク質は、人間が生きるうえで大切な栄養素であることはよく知られていますが、上記のことから、動物性よりも植物性の摂取が推奨されます。


さらに、カルシウムの働きで、亜鉛の吸収が妨げられて、せっかくの亜鉛が吸収されず、育毛のために活躍できなくなってしまうので、牛乳はあまり飲むべきではありません。


「これを食べると毛が生えてくる」といわれる食べ物には、海藻は良いといわれています。


大豆をはじめとした豆類、緑黄色野菜を中心とした野菜類、あの色艶からか、青魚も育毛に良いとされてきました。


血のめぐりを良くするためには、唐辛子も育毛に効果ありと、民間療法として伝わってきました。


どれも古くから食べられてきたものです。


たくさん食べたから毛が生えるというものではなく、育毛に良いとされる食べ物を中心に、多彩なメニューの献立で食べるよう意識した生活を送りましょう。


偏った食生活は、抜け毛を増えていくこともあり得ます。


どうにか薄毛を改善したいと思う時に気になるのが、頭皮の環境を整えておくことだったり、食事とか健康維持などの生活習慣のことが大半ではないでしょうか。


もちろん、それらも重要なことなのですが、しかしながら、寝方もまた育毛に影響するのです。


仰向けになるなら、左右の重みが枕に対して均等になるように意識したら、頭への血の流れが偏らないのです。


加えて、横向きで寝る時には、重量のある肝臓が内臓全般を押さえつけることのないよう右向きで、睡眠中でも寝返りを打ちやすい低めの枕を使って寝るのがいいです。


ご存知のように、たんぱく質、亜鉛、ビタミンB群の3種の栄養素が、育毛治療に最も適した栄養素だと言えるでしょう。


たんぱく質の場合、これはアミノ酸で構成されているのですが、このアミノ酸が髪の毛の大部分を占めるケラチンの素になります。


亜鉛はこのケラチンを合成する役割を担っています。


ビタミンB群は髪の毛を作る毛母細胞の働きを強くします。


たんぱく質は豆腐などの大豆製品に、亜鉛の場合は牡蠣、ビタミンB群はレバーあるいは緑黄色野菜といった食品の含有率が高くなっています。


いつかは変わるかもしれませんが、差し当たりは厚生労働省が定めているとおり、発毛や育毛の治療を行うにあたって健康保険の適用はありません。


ある程度まとまった期間がなければ育毛治療はできませんし、クリニックでの治療にはそれなりのコストを覚悟しなければなりません。


ただ、ひとまず支払いをしてからということにはなりますが、確定申告を年に一度行う時に医療費控除を申請したら一部を取り戻せる場合があります。

◆今現在生えている髪を丈夫に育てるのが育

今現在生えている髪を丈夫に育てるのが育毛、髪の毛の元になる毛母細胞の機能を活性化させ、今髪の毛がない毛穴からまた髪の毛が生えるようにさせるのが発毛です。


育毛と似通った言葉に養毛という言葉があって、今存在する髪をそのまま維持するためのケア全般を表現するのに使用しています。


育毛、養毛、発毛と言葉自体は似ていますけど、それらの原因やアプローチ方法は違ってきますので、それぞれの症状に合っている治療法を選んでいくことが重要になるでしょう。


抜け毛が多いからといって、それがAGAによるものなのかどうかは判りません。


たとえば髪の長い人に多いのですが、季節と季節の合間に髪が抜けやすいというのは普遍的なことであってAGAではありません。


特に夏の暑さが落ち着いてくる9月頃になると、抜け毛が増えたと言う相談が増えます。


それ以外にも大人であれば気候の変化とは関係なしに毎日100本程度は抜けているので、私達が目にする抜け毛はほんの一部なのです。


生き生きとした髪を作るにあたって食事の中で亜鉛を取るようにしてください。


体内のタンパク質を髪の毛に構成する作用があります。


加えて、薄毛の原因となる男性ホルモンのDHTの働きを弱くする働きもあるため、育毛と薄毛の両方に大切な成分だということが分かると思います。


亜鉛を効果的に摂取できる食品といえば、牡蠣や牛肉、豚レバーなどですから、積極的に食べるようにしましょう。


頭皮に栄養を浸透させ発毛を促す育毛剤は、効果が出るまでに時間がかかります。


効き始めるまで3、4ヶ月は見た方が良いですし、時間のかかる人の場合、1年以上というケースも珍しくありません。


どうしてこのように時間がかかるのでしょうか?これは髪が生えて抜けるまでのヘアサイクルと密接に関わっています。


ヘアサイクルには退行期という髪の毛の成長が止まる期間が1ヶ月程度、休止期という成長が止まった毛髪が抜けるまでの期間がおよそ3ヶ月あると言われており、育毛剤を使って毛根を刺激しても次のヘアサイクルの成長期が訪れなければ発毛の可能性がないため、育毛剤での育毛には時間がかかるのです。


皆が使っているシャンプーやリンスなどの製品は全然使わず、頭をお湯だけで洗う湯シャンと呼称される方法があるのです。


はじめのうちこそ頭皮がベタついた感じがして皮膚の脂がしっかり取れていないように思い、育毛のために却って良くないのではないかという思いが生じることもあるでしょう。


ですが、これを続けていくと皮膚の脂の量は正常になるので、恐れるに足りません。


でも、やっぱりベタつきが気になって仕方ない場合には限定的にシャンプーの使用をOKにするという選択もできます。

◆自宅でもレーザー育毛ができたら嬉しいですよ

自宅でもレーザー育毛ができたら嬉しいですよね。


クリニックで使うものほど高出力ではないのですが、自宅で使える育毛器具としてレーザー育毛の美容器具が次々と発売されています。


全ての製品ではありませんが、一部のものは米国でFDA認可を受けた育毛に一定の効果があると保証されている製品です。


FDA認可が何かというと、分かりやすく言えば厚生労働省で認められたということに等しく、FDA認可の育毛器具は副作用のリスクが低く育毛効果もあるとアメリカ政府が保証しているのです。


髪を洗った後に育毛剤をつけてみると、副作用が発症するのかというと配合されている内容が強いものだったり、濃度が低くなかったりすれば人によっては副作用が起きることもあります。


間違った方法で使ったときにも、副作用が発生することがあるでしょう。


使用上の注意を熟読してから使い、何らかの異常を感じたら使用を中断してください。


近ごろは、育毛薬や発毛薬を使う人も増えつつあるようです。


悩みの薄毛を改善する方法になることもあるでしょう。


薬としてのこれら育毛薬には専門医の処方が不可欠ですが、個人輸入代行などを使って、安く買う人もいます。


ただ、安全面に問題があるので、お薦めしません。


老廃物が体内に蓄積してくると、だんだん代謝機能が弱まってきます。


身体的にはもちろん毛周期にも影響が及び、AGAの悪化を招きます。


意識的にデトックスを試みて、本来あるべき状態へと新陳代謝を回復させることが可能です。


体外へ老廃物を効率良く出すとしたら、水分補給しつつ汗を流すのが効果的です。


自転車や有酸素運動も良いですし、サウナ、足湯、半身浴などを健康状態に合わせて行えば良いのです。


脱水状態にならないよう水分をとりながら汗を流してください。


育毛するにあたって、自分に合った方法を見つけるのは大事なことですが、基本を抑えておくことも大事です。


それにはまず、血液の流れを妨げないことが大事でしょう。


基本的なことかもしれませんが、育毛には欠かせないことです。


血液がドロドロだったり、流れが良くない状態が慢性的に続いていると、発毛や生育に必要な栄養素が毛根に運ばれず、老廃物の蓄積による弊害が表れるようになってきます。


そうなるといくら育毛にプラスのことを行っても、効果が減殺されてしまいます。


水分補給を怠らず、血液をサラサラにして血行が良い状態を長く保つことが、育毛への近道です。


ただ、栄養バランスに気をとられすぎてカロリー過多になるのはいけません。


長時間同じ姿勢でいることを避けたり、仕事中に疲れたらツボ押しをしてみるなど工夫をするのも必要です。


ストレッチなど軽い運動を毎日続けると良いでしょう。

◆ドラッグストアなどで買える育毛剤の中にもAGAに効く

ドラッグストアなどで買える育毛剤の中にもAGAに効く成分であるミノキシジルを配合したものがあります。


フィナステリドが配合されている薬は今のところ病院に行かなければ買えない薬ですが、昔から知名度の高いミノキシジル配合製品は一般の薬局薬店などで購入できます。


日本で現在売られているのは大正製薬のリアップはミノキシジル1%を含みますが、ガスター10やロキソプロフェンのような第一類医薬品の扱いですから、市販薬といえども薬剤師のいる店舗でないと買えないのが難点です。


細胞再生因子などとも呼ばれるグロースファクターは、育毛に大きな効果があるとされて、育毛剤に使われたり、頭皮へ直接注入する、毛髪再生治療に利用されるようになりました。


老若男女関係なく、薄毛に対する高い効果を得られると わかってきています。


その仕組みとしては、薄毛の直接的な原因となる、再生因子の不足という点にスポットを当て、その不足した分を直接補おうというのが、この治療法の骨子となります。


大変画期的な治療法であり、また効果も高く、薄毛に悩む人にとっては期待したいところなのですが、ただし、薄毛が改善された状態を維持するために、治療の継続が必要となるため、治療費は自然と高額になってしまい、これが大きな欠点となっています。


強い緊張や身体的な負荷が原因で抜け毛が急に増えることがあります。


たとえば10円ハゲなどと言われていた円形脱毛症などは代表的な例です。


それにAGAの発症というのも心身のストレスが要因として挙げられます。


ひどくストレスを受けたりすると、生物学的には自然な反応ですが、それに対応するために体内でホルモンの調整が行われます。


男性ホルモンはAGA発症に強く関わっているため、ストレスと結びつけて考えることは間違いではないのです。


薬を使った育毛を実践する方も多くなってきました。


育毛の効果をアピールしている薬には、大きく二つに分類すると、飲むタイプと塗るタイプに分かれますが、副作用が報告されているものもあります。


コスト面を重視しすぎ、専門家である医者の処方をないがしろにすると、簡単だからと言って個人輸入をしてしまうと、届いたものが偽物だったということになる場合も、決して少なくはないのです。


育毛に青汁は効果的であるかどうかと言えば、髪が薄くなっているのが栄養不足のためであるとすれば有効かもしれません。


青汁には重要な栄養素がたくさん含まれていますから、育毛に有効な成分を補充してくれるでしょう。


しかし、青汁を飲むことだけで薄毛対策が万全であるということはないので三食きちんと食べて適度に運動し、ぐっすり眠ることなども大切です。

◆薄毛対策を始めなくては、と考え

薄毛対策を始めなくては、と考えてはいても、中には「頭皮に化学薬品を頭皮に使うのは心配」という人もいます。


そういう人は、自然素材のグレープシードオイルを、育毛に使ってみることをおすすめします。


文字通り、ブドウの種からとれる植物油で、食用としても、そしてマッサージオイルとしてもよく知られており、頭皮を良い状態に保つために是非補っておきたいオレイン酸、そしてビタミンEがとても多く、食用としても大変健康に良いオイルです。


これを使って、頭皮を優しくマッサージします。


植物油ですが、サラッとしているので抵抗なく使えるでしょう。


指先ですりこむようにすると、オレイン酸が多いため、すぐさま頭皮に浸透して肌トラブルを和らげ、フケ、かゆみを抑えてくれます。


こうして、髪の毛の土台としての頭皮を、健康な状態に整えて、育毛効果を生み出します。


加えて、このグレープシードオイルは、サラッとしていて香りもほとんどなく、髪につけるとツヤを出してくれるので、ヘアケアとして使用する人も多くいます。


使い続けることで、髪にコシも出てくるということです。


生え際が段々後ろに下がってきてしまったら、速やかに男性型脱毛症の検査を受けた方がいいです。


男性型脱毛症の特徴であるのが生え際や頭頂部付近の激しい抜け毛なのです。


とはいえ、それらの特徴が現れていたとしても、男性型脱毛症が原因ではない可能性があります。


ただし、脱毛原因がAGAならば、市販品の育毛剤では髪が増えることはまずないので、無駄なお金と時間を費やすことになるのです。


少しでも早く効果的な治療を行い、これ以上の抜け毛を起こさないためにも、抜け毛の原因がAGAなのか違う原因なのかを検査した方がいいでしょう。


育毛とか発毛が専門のクリニックだけではなく、普通の皮膚科でも育毛治療を実施しています。


一言で皮膚科と言っても、一般の皮膚科と美容皮膚科があって、そのうちどちらの皮膚科にかかっても良いのですが、薄毛治療を専門に扱っているのは美容皮膚科です。


それから特筆すべきは、どちらの皮膚科を選択しても保険適応外で全額自己負担です。


薄毛の治療は時間がかかるものですので、皮膚科が通いやすい場所にあることも通院先の皮膚科を選択する上で重要な点になります。


育毛はもちろん、発毛を促すのに有効だとも言われるたんぱく質の一種である成長因子は、別名グロースファクターとも言います。


毛母細胞が活発に活動するよう影響を与える、良好なヘアサイクルに整える、血の巡りを促進するなどといった効果が見込めます。


育毛クリニックの治療で毛穴への成長因子の注入が行われる場合もあります。


それから、成長因子がブレンドされている育毛剤商品もあります。


我が国の二十歳以上の男性の薄毛は9割がAGAだと言われていますが、逆に言えばそれ以外はAGAとは全く違う原因で発症しています。


例を挙げると頭の一部の毛が丸く抜ける円形脱毛症があります。


だいだいが免疫疾患や強度のストレスを要因とし、自然治癒する場合もあれば難治性のこともあります。


また、今まで「癖」だと思われてきて実はストレス性のものに、もともと頭皮にも髪にも異常はないのに自分の手で無意識にぽつりぽつりと毛を抜いてしまう抜毛症(ばつもうしょう)というのが知られています。