育毛情報[JIS]



◆疲労回復に効果があるものといえば「クエン酸」

疲労回復に効果があるものといえば「クエン酸」ですが、クエン酸がたっぷりといえばレモンや梅干ですが、それだけじゃなくて、育毛にも重要な働きをするんです。


何故かと言うと必要なミネラルを吸収するとき、クエン酸はそれを補助してくれるだけでなく、血液の状態をサラサラに変えてくれます。


血の巡りがよくなり、髪に欠かせない栄養が頭皮まで供給されやすくなるので、私も意識してクエン酸を摂取するようにしています。


同じ薄毛の場合でも男性型脱毛症の場合は、毛が薄くなっていく部分にある種の共通性があります。


こめかみの上から額の生え際にかけて毛が抜けていき、後頭部や両サイドの髪は割合くっきり残るというスタイルが最も多く、その形状から昔は帽子をかぶるとハゲになるなどと言われたものです。


それとは違い、髪が丸く部分的に抜けてハゲになる症状は円形脱毛症に分類され、ジヒドロテストステロン(AGAの原因)の分泌とは無関係に発症します。


そのほかAGAで特筆すべき点は症状が進行するということですので、検査でわかることもありますから、気になりだしたら放置せず、AGA専門を謳っているクリニックなどの診察を受けるようにしましょう。


寝るときには、ベッドでも布団でも、多くの人が枕を使っていると思います。


育毛、抜け毛に影響を与えていることをご存じでしょうか。


枕が頭の形や首の長さに合っていないと、首周辺の筋肉が伸びすぎたりねじれたりしてしまい、頭全体の血行不良を招くことから、脳にも頭皮にも栄養が届かなくなります。


また、脳の酸素不足から熟睡できなくなり、身体全体の調子も悪くなったり、ストレスが増え、抜け毛を増やしてしまうかもしれません。


育毛だけでなく、自分の身体と心のために、ぜひ自分に合う枕を見つけて使用し、毎日ぐっすり寝ることが大事です。


大手のドラッグストアなどで探してみると、名前に「スカルプ」が入っていたり「スカルプケア」を売りにしている育毛対策のシャンプーを見かけます。


このスカルプとは、日本語で言うと頭皮のことで、これらの商品は頭皮ケアを行い髪の成長を阻害するトラブルを回避するものになります。


ただ、たとえスカルプケア専用のシャンプーだとしても、洗髪が十分でなければ毛穴に老廃物が詰まってしまって、薄毛の要因になります。


髪のためには、何よりも洗髪が重要なことを理解しておきましょう。


何らかの原因で老廃物の排出がうまくいかなくなると、ますます代謝が悪くなってきます。


それは体にもAGAにも良いはずがありません。


折をみてデトックスをすることで本来あるべき状態へと新陳代謝を回復させることが可能です。


老廃物の排出を促す手頃な方法というと、とにかく汗を流すことです。


体を動かすのが理想的ですが、汗だけで考えれば、フットバス、サウナなどはストレス解消にも効果的です。


脱水状態にならないよう水分をとりながら汗を流してください。

◆植物育成用のピンク色のLEDライ

植物育成用のピンク色のLEDライトはニュースでも話題になり、記憶されている方も少なくないと思います。


こうしたLEDの有効利用のひとつとして、医療や育毛への応用を期待した研究が進んできて、育毛サロンのコースでも見かけるようになりました。


植物の成長点に作用することは知られていたものの、人間の皮膚科治療や育毛にも利用できるなんて、ちょっと驚きですね。


間違いがあるといけないので書いておきますが、育毛に効果があるのは、『赤色LED』のみです。


仕事場の照明がLEDでも、コンビニの雑誌コーナーがLEDでも育毛効果は得られません。


有効性が確認されている「波長」、「照射角」があるので、何でも良いというわけではないのです。


最近はサロンだけでなく、家庭でも気軽に使えるLED育毛器が販売されています。


女性用の美容機器に比べると製品数もユーザーも少なめですから、すぐに商品を決めるのではなく、買わないつもりの商品のレビューなども含めてなるべく情報を多く集めて、検討したほうが良いでしょう。


家庭用の照明に使われていることからもわかるように、安全で、副作用がないため、ほかの育毛方法と併用する問題点もありませんし、導入する価値は充分あるでしょう。


近年、薄毛の治療を専門にしたクリニックを利用して育毛に取り組む方も増えてきています。


薄毛の理由としてAGAが強く考えられるときには、育毛のためにAGA治療をしなければいけないので、早い段階で手を打つことが大切です。


でも、AGAをクリニックで改善しようとすると、保険が効かないので治療費が割引きになりませんし、それぞれ病院によって価格は違いますから、前以て用意すべき費用がどれくらいなのか調べてから治療を開始した方が良いです。


健康な髪の育毛に必要な栄養素の一つに亜鉛があります。


育毛に必要だからと言って亜鉛の摂取を食事で行おうとしても、体内吸収の割合が低いため、意外に難しいことです。


亜鉛を含むものを食べることはもちろんですが、亜鉛の吸収率を下げる食品などを食べないようにしましょう。


髪のことを考えるのであれば、亜鉛を確実に吸収するにはサプリなどが便利です。


なかなか改善されない薄毛や抜け毛。


実は栄養不足が原因になっていることも多いため、心当たりがある方は、一度見なおしてみると良いかもしれません。


栄養素が不足していると本来備わっている肌や体毛のターンオーバー機能が働きにくい状態となり、毛が細くなったり、抜け毛が目立つようになってきます。


外食や、栄養にこだわらない中食(買ってきて食べること)が多かったり、パンだけで済ませる方、レトルト食品やスナック菓子が好きな方など、おつきあいの外食は仕方ないですが、それ以外の食生活を改善するべきでしょう。


地肌と髪の健康のために、栄養バランスの良い食事を摂取するようにしましょう。


だんだんと発毛サイクルの改善が見られていくと思いますよ。


男性型脱毛症、略してAGAの医療的な対処法は現在のところ二つに分けられます。


よく知られているところでは薬の内服、外用薬の塗布といったお薬が中心の治療で、もうひとつは髪の根元にじかに有効成分を注射する外科領域の治療法です。


どちらが良いと一概には言えません。


各々の症状や経過年数などによっても治療法は変わってきます。


従って最適な処置は何なのかを病院で判定してもらい、アドバイスを受けたうえで選択し、治療する方が時間も無駄にしなくて済みます。

◆以前は育毛方法は限られていて、育毛製品の数も少

以前は育毛方法は限られていて、育毛製品の数も少なかったものです。


近年は医療面でも研究が進んできており、ミノキシジルやプラセンタの注射は医療行為ですので、施術は病院で行われます。


通院のために時間を割かなければなりませんが、あえてその選択肢を選んでいる人たちもいます。


クリニックで行うため効果が客観的に判断できますし、錠剤などで摂取するのに比べると注射というのは格段に高い吸収率でムダがなく頭皮に届くので、それだけ育毛効果が得られやすいのでしょう。


医療行為ですが、健康保険は適用されないため、処置費用のほか診察費用も自己負担となり、美容外科のような自由診療扱いなので、同じ治療でもクリニックごとに費用が異なります。


事前にいくらくらいかかるか確認しておく必要があるでしょう。


効果を得るには繰り返し注射しなければならないため、経済的な負担や、通院にかかる手間も考慮しなければいけません。


ただ、複数回でセット料金を設定しているクリニックもあります。


自分にとって必要なのかどうか考え、よく調べてから利用するべきでしょう。


髪の毛が少ないことが悩みの人というのは食事内容が偏っていたり、不規則な食事習慣が定着してしまっていたりする例が多く見られます。


育毛に役立てるために栄養豊富な魚を食べることを心がけましょう。


ことに青魚に特徴的な成分のDHA、それに、EPAなどは血管の詰まりやすい状態を改善し、血行がよくなる効果があります。


体のすみずみまで新鮮な血液がスムースに巡り、心臓よりも高い位置にある頭皮まで栄養がしっかり届くようになることで髪が育ちやすくなるという理由です。


日常の食事で魚を食べる割合を徐々に多くしていくことで、体だけでなく頭皮まで元気いっぱいになっていきますので、肉料理より魚料理を選ぶように気をつけてみてください。


頭皮の毛穴を開かせるためには温めてあげることが有効ですが、蒸しタオルを使うのが良い方法ではないでしょうか。


熱湯を用意して蒸しタオルを作らなくても、濡らしたタオルを数十秒間レンジでチンすればとても簡単に作れてしまうのです。


こうしてチンして作った蒸しタオルを入浴前に頭部に巻き付けておくと毛穴が充分に開いた状態になり、皮脂や汚れがシャンプーで落としやすくなるのです。


すると健康な毛穴が出来上がるので、育毛に大変効果があるといって良いでしょう。


育毛の悩みというと体質や遺伝がまっさきに浮かぶかもしれませんが、実は、栄養不足や偏りが薄毛を招いているという後天的なケースもあるようです。


習慣的なものなので気づきにくいので、改善しにくい原因となっているようです。


栄養が不十分な食事も一時的なら構わないでしょう。


しかし継続的に栄養や微量元素が足りない状態を続けると日光やシャンプーなど、普段からある刺激に頭皮が過敏に反応するようになり、健康的な髪が育つ土壌が損なわれ、抜け毛が増え、髪全体のボリュームが失われてきます。


昼食が外食中心であったり、外での飲食のおつきあいが多い方、スナック菓子ばかり食べたり、バランスの良い副菜をとらずにレトルト食品だけしかとらない方も要注意。


おつきあいの外食は仕方ないですが、それ以外の食生活を改善するべきでしょう。


地肌と髪の健康のために、栄養バランスの良い食事をとって、体本来のリズムを取り戻していきましょう。


昔から毛を増やす、太くするといわれている食べ物はいろいろありますが、その一つとして、納豆がいいと広くいわれてきました。


なぜでしょうか。


男性ホルモンは男性には必要不可欠ですが、過剰な分泌は抜け毛の原因となります。


納豆はそれを抑える大豆イソフラボンが豊富な食べ物ですし、代謝を活発にする酵素、特にナットウキナーゼの作用で血液をサラサラにし、頭皮の血行も良くしてくれます。


納豆と相性がいいのはカプサイシンが豊富な食材、例えば、キムチです。


組み合わせて献立に幅を持たせるようにすれば、毎日の献立にもメリハリがついて毎日食べることが苦にならないでしょう。

◆シャンプー後の髪の毛の乾かし方は、育毛

シャンプー後の髪の毛の乾かし方は、育毛や養毛にとっては重要になってきます。


自然乾燥していた人はそれを止めて、ドライヤーを使うようにしてください。


ドライヤーできちんと乾かすようにしましょう。


洗った後の髪の毛はキューティクルが開いていて、自然乾燥では長時間そのままになってしまうので、開いたキューティクルの間から水分が蒸発してしまいます。


さらに、育毛剤を使うときの注意点としてはドライヤーを使った後から育毛剤を使わないと、熱によって有効成分が揮発してしまう可能性があるため、髪の毛を乾燥させた後に塗布しましょう。


育毛では土壌にも喩えられる頭皮には毛髪を守るために皮脂腺の数も多いので、この皮脂が過剰になると汗と混じって膜を作り、抜け毛やフケが発生する元になります。


従って普段から頭皮の衛生状態を良くすることは地肌と毛髪の元気を取り戻すことに繋がります。


すすぎ残りのない洗髪方法は地肌への負担が減ります。


また、育毛に良いシャンプーを使ってみるのも良いですし、いつもの習慣の中に地肌ケアをプラスすることによりAGAの治療を助けることができます。


男性型脱毛症という名前を聞けば、発症するのは男性のみと思いがちですが、頻度こそ少ないものの、女性でも発症するケースがあります。


男性のAGAと区別するためにFemale AGA(女性男性型脱毛症)、短縮してFAGAという呼称が使われています。


男性との発症の違いは、M字状の生え際の後退などは見られず、毛が細って全体的に薄くなるということのほか、更年期以降でも脱毛抑制作用のある女性ホルモンは分泌されているので薄くはなってもAGAのように進行しないことでしょう。


育毛治療というと育毛剤や薬、植毛を思い浮かべる方も多いと思いますが、漢方にも育毛治療の方法があります。


東洋医学から生まれた漢方では、薄毛の問題は血の質が悪かったり、血自体の量が不足している血虚の状態や、気虚と呼ばれるストレスや疲れでエネルギーが慢性的に不足している状態、老化によって全身の機能が衰えていく腎虚を考えます。


これらの問題を漢方を使って解決し、自然治癒力、免疫力をアップして発毛に適した身体を作っていくのが漢方による育毛治療の効果です。


頭皮ケアが育毛には必要不可欠です。


頭皮ケアを正しく行えば、多かった抜け毛が減少し、生き生きとした髪が生えてくるでしょう。


ただ、薄毛の原因が他にある場合、単純に頭皮をケアするだけでは効果が見られないこともあるので、その原因をしっかり知ることが重要です。


早ければ早いほど薄毛対策は良いので、頭皮のケアだけに絞るのではなく色々な対策を同時に行ってください。

◆このごろは、育毛薬や発毛薬に頼る人

このごろは、育毛薬や発毛薬に頼る人も増えつつあるようです。


プロペジアやミノキシジルのような育毛を早めてくれる薬は、気になる薄毛の解消に役立つこともあるでしょう。


薬としてのこれら育毛薬には品物次第で個人輸入代行を利用するなどして、価格を抑えて購入する人もいるようです。


しかし、安全面に不安も残るので、止めるべきでしょう。


界面活性剤は髪のクセをとるのに便利なので、使用されているヘアワックスやムースは多いので注意が必要です。


これは髪や地肌の主要な成分であるコラーゲンを損なうため、日常的に使う量が多かったり洗い残しがあったりすれば脱毛を招くもとになります。


もしAGAの治療を行うのであれば、このようなマイナス要因はなるべく排除したいものです。


使用するとしても低刺激性の整髪料を使い、ヘアスタイリングをする時にも毛の根元や頭皮に付着して毛穴を塞ぐことがないよう注意してください。


ご存知のように、たんぱく質、亜鉛、ビタミンB群の3種の栄養素が、育毛には欠かせません。


簡単に説明すると、たんぱく質はアミノ酸が集合して出来ているのですが、このアミノ酸が、ケラチンという毛髪の主成分を構成するために必要になるのです。


そして、アミノ酸からこのケラチンを生成するためには亜鉛が必要になります。


さらに、発毛を促し髪の毛を成長させる毛母細胞は、ビタミンB群によって活性化します。


たんぱく質は豆腐などの大豆製品に、亜鉛ならば牡蠣、また、ビタミンB群の場合はレバーまたは緑黄色野菜などが含有率の高い食品になっています。


近年はインターネットショッピングが普及していて、荷物の発送状況なども随時確認できるようになったため、育毛サプリや育毛剤を個人輸入したり(関税をとられることもあります)、輸入代行業者を利用している人たちはどんどん増えています。


代行業者の場合は決済方法も多様で、伝票番号を教えてくれるなど、利用者の利便性を図っているのも特徴です。


国内の正規代理店の商品に比べて驚くほど安く購入でき、またそうした商品を並行輸入品として店頭販売しているお店もあるようです。


たしかに安いというのは無視できないメリットですが、正規代理店のようなホットラインもありませんし、トラブルがあって相談したら偽物だったなんてこともあるので注意しなければなりません。


効果のない偽物にお金と時間を投じるのはむなしいものですが、正規品にはない副作用が報告されているケースもありますし、当然ながら返品もきかず、保証もありません。


現在、数多くのものが、育毛に有用であることがわかってきていますが、ハチミツもそのうちの一つとして挙げられます。


ハチミツは、葉酸、ビタミンB1、B2といったビタミン類を栄養成分として含み、さらに、ミネラル(カルシウム、鉄など)の含有率も高いことで知られます。


ごまとはちみつをセットで食べると、お互いが働く上でいい影響を与えますから、混ぜ合わせてバターのかわりにパンにぬるなどして、毎日、献立のどこかに活用するよう意識してみてください。


さらに、はちみつを、シャンプーやリンスに混ぜて使用することで、マイルドに頭髪をケアするといった使い方もあります。