育毛情報[JIS]



◆髪の分け目やつむじが目立ってきたり、生え際

髪の分け目やつむじが目立ってきたり、生え際の後退を感じたら、なにはともあれ、一刻も早く育毛対策をとるべきです。


気になるほど毛が減るのを待ってしまうと、すでに頭皮や毛根はかなりのダメージを受けているでしょう。


放置して復活するパターンは残念ながら少ないです。


早めに対応しないと、育毛剤の効果が得にくくなるだけでなく、発毛ができない(毛根がない)状態になってしまうかもしれません。


そうした手遅れの状態にならないためにも、早めをお薦めしているのです。


薄毛の原因に合った育毛方法を見つけるためには、最初はAGA検査を受けることをお薦めします。


皮膚科疾患や他の病気の影響で薄毛になっているならその治療が必要になりますし、一般的にAGA(男性型脱毛症)であればそれに合った対策を施すことになりますから、ためらわずに早めに確認しておくことが、先々に良い結果をもたらすでしょう。


検査は、皮膚科医院、育毛専門クリニックへの来院のほか、検査キットを購入して自分で判断することもできます。


機能を限った限定版のようなものなので、よくよく考えて購入すべきですが、本当に忙しい人にはそれなりの評価を得ているようです。


現在生えている毛髪を育てるのが、いわゆる育毛になります。


育毛剤は頭皮環境の正常化や髪の毛が育つのに必要な成分を届けたり、フケ、かゆみを抑えたりといった毛が抜けるのを防ぐ効果とか丈夫な髪を育てる効果が期待できるわけです。


一方で、発毛というと、さまざま原因により減ってしまった髪の毛を増やすということを目的とした行為を呼びます。


毛を生えさせる能力が低下した毛母細胞の活性化を促すのが発毛剤で、休眠期の毛根から髪の毛を発生させるのをサポートするような成分が入れられているのです。


この二つは似ていても全く違うので、その時々で使い分けるといいでしょう。


髪の発育に一役買うものというと、意外とたくさんのものが挙げられます。


そのうちの一つが、蜂蜜です。


ミツバチが丹精こめてつくる蜂蜜には、葉酸、ビタミンB1、B2といったビタミン類や、ミネラル、つまり、鉄・カルシウムなどの含有量も多いのです。


一緒に摂るおススメの食材として、ゴマがあります。


ゴマと一緒に摂取することで、シナジー効果が得られますので、朝食はハチミツゴマペーストをパンに塗ったものを食べる、と決めるなどして、毎日、献立のどこかに活用するよう意識してみてください。


それに、蜂蜜を、シャンプーやリンスに入れることによって、頭髪への刺激を穏やかにすることが可能です。


大豆をそのまま炒って粉状にしたものがきな粉です。


大豆に含まれているイソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと似た化学構造を持っているため、男性ホルモンの働きを抑制し、育毛効果が期待できるそうです。


大豆製品には様々なものがありますが、そのままの大豆が粉状になっているきな粉の場合、消化吸収能力に優れ、イソフラボン摂取という目的ならば、最もふさわしい食品だと言えます。


食事の時に、牛乳や豆乳に混ぜると、すぐにできて味も美味しくなります。


アロマといえば女性に人気ですが、ハーブの中には育毛効果があるといわれるものも数多くあるので、育毛を目的に利用してみると良いと思います。


育毛剤、育毛シャンプーはハーブが配合してあることも実はよくあるのです。


自分で作ってみることも可能ですし、上質なエッセンシャルオイルを買って使ってみるのも良いでしょう。

◆タンパク質が豊富な乳製品は、

タンパク質が豊富な乳製品は、現在育毛中の人にはぴったりの食品です。


チーズは中でもL−リジンと呼ばれる必須アミノ酸を含んでいて、これは育毛治療にしばしば用いられる成分であるミノキシジルがよく働くよう作用します。


ですから、積極的に取り入れることが推奨されます。


ただし、過度な摂取はカゼインという乳製品全般が含んでいる成分が他の栄養素の吸収を妨げることにつながりますから、分量に気を付けるようにしてください。


健康のために飲む方も多い青汁ですが、なんと育毛効果があるということもある模様です。


栄養不足が薄毛の大きな原因だった場合には、青汁を摂取することでビタミン、ミネラルなどの栄養素のほか、食物繊維なども補給できて、育毛という夢の可能性も!青汁自体には、育毛に必要な栄養素が、多く含んだ商品があることもあり、利用者数が増加しています。


本来は処方薬であるAGAの薬を、病院に行かずにそれより安い値段で購入するには、個人輸入で海外から買うという手段もあります。


通院すれば診察代や検査料などもばかになりませんが、病院に行かないので割安に買うことができます。


しかし語学的障壁があってなかなかハードルが高いと躊躇するのでしたら手続きを代行してくれる業者が少なくありませんし、それらを使うのもありでしょう。


薬による治療はあまりにも時間がかかりすぎると思いつつも、何らかの理由で植毛はしたくないAGAの患者さんにしばしばお薦めする治療方法は、外科的なメソセラピーが挙げられます。


聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単に言うと発毛や育毛に効く成分を毛根に注入して薄毛を解消するというやりかたです。


頭皮を冷やしながら針を使って注入する方法と、レーザー方式のように針を使わないやりかたもあり、希望によってこの2方式を組み合わせて施術することもあれば、内服薬などの薬と合わせて治療することも可能です。


AGAの人口というのは日本ではそんなに増減があるわけではありませんが、現在のところ約1250万人であると言われており、国民の全人口が一億二千万人であることから考えれば、10人に一人が男性型脱毛症(AGA)による薄毛に悩まされていることになります。


けれども総人口の内容には思春期前の学生や子供のほか女性も含まれているわけです。


従ってこれを男性(20歳以上)の比率で計算した場合、だいたい4人に一人が発症しています。

◆飲み物というのも薄毛に無関係

飲み物というのも薄毛に無関係ではありませんし、ぜひ見直してみてください。


水分補給にはミネラルウォーターがおすすめです。


塩素が含まれている水道水だと育毛を妨げてしまいます。


もちろん、浄水器などで浄水した水なら問題はありませんが、できることなら、ミネラル豊富なミネラルウォーターを飲んだ方がいいです。


それと、育毛のためには糖分の過剰摂取は避けた方がいいですから、砂糖入りの清涼飲料水は我慢できるようなら止めておいた方がいいです。


帽子をかぶることでできる、育毛もあります。


着用すると髪と頭皮は有害な紫外線の照射から守られます。


春、夏の紫外線の強い時期、なんの対策もとらずにいると、秋の抜け毛の時期になると、大量の抜け毛が発生することになりそうです。


冬は、紫外線については、あまり心配しなくても良いのですが、寒さで血管が縮小し、頭皮の血行が滞ってしまいますので、寒い間も、帽子をかぶった方が、育毛には良いでしょう。


ですが、汗で蒸れてしまっては良くありません。


通気性の良い素材やデザインの帽子を選び、屋内では、帽子はしまっておきましょう。


髪の分け目やつむじが目立ってきたり、生え際の後退を感じたら、様子を見るより、早いうちに育毛のために対策をたてるべきです。


早めに対応すれば効果的なのが現在の薄毛治療です。


逆に、対策を怠れば育毛剤の効果が得にくくなるだけでなく、発毛ができない(毛根がない)状態になってしまうかもしれません。


そうした手遅れの状態にならないためにも、早めをお薦めしているのです。


薄毛の原因に合った育毛方法を見つけるためには、AGA(薄毛)検査を受けるのが良いでしょう。


皮膚科疾患や他の病気の影響で薄毛になっているならその治療が必要になりますし、一般的にAGA(男性型脱毛症)であればそれに合った対策を施すことになりますから、自分に合わない育毛対策をして時間と費用をムダにするより、効果的な育毛方法を探すべきです。


病院に行くと詳しく検査してもらえますが検査内容は医院の設備によって異なります。


また、来院の手間をかけずに自宅で検査可能なキットが通信販売でも入手可能です。


忙しさを言い訳にするのは時代遅れと言えるかもしれませんね。


地肌は髪を育てる土壌ともいえますが、比較的多くの皮脂腺があり、汚れやすい部分でもあります。


洗髪が不十分だったり皮脂が多い人の場合、これが汗などの汚れと結びつき、フケやにおい、抜け毛の原因になります。


ただ爽快感を得るのではなく、清潔を念頭において丁寧に洗うことは、育毛の第一歩だと考えていただくと良いでしょう。


シャンプーの洗い方はもちろんですが、使っているシャンプーを変えてみるなど、毎日の生活の中で地肌と髪をケアしていくことによりAGAの治療を助けることができます。


最近、グリーンスムージーなども巷をにぎわしていますが、薄毛対策には、果物がいいといわれています。


果物の中に含まれるビタミンやミネラルが、育毛に重要なタンパク質を作るのを手助けしてくれます。


どんどん果物を食べると、髪の毛が育つでしょう。


しかし、その反面、果物は消化がよいため、お腹を空かして食べることが大事なことです。

◆年齢とともに、すこしずつ身体も変化

年齢とともに、すこしずつ身体も変化していきます。


それに伴って抱えることになる悩みもあり、そういうものの一つに、薄毛や抜け毛といった、頭髪に関するものが挙げられます。


原因として考えられるのは、加齢、遺伝、不規則な生活や偏った食事などで、いろいろありそうです。


薄毛の進行に悩むあまりに、多大な精神的ストレスを抱え込み、薄毛がさらに進んでいく、という人もいます。


ところで最近、育毛効果が高いということでとても注目されているのが、プロベシアです。


プロペシアは服用して使います。


男性型脱毛症、いわゆるAGAのための薬です。


さすがに良く効く薬のようです。


ただ強い作用があるため、副作用の心配があります。


近頃、育毛を目的としてエステに足しげく通う男の人が多いです。


頭皮の状態をエステで変えることによって、髪の毛が健康的に育つようになるはずです。


しかし、施術してもらうからには、それなりのお金がかかりますし、多忙で、続けられる自信が無い方もいるのではないでしょうか。


育毛クリニックと比較してみたとすると、 人によっては、効いているかどうかわかりにくいかもしれませんね。


薄毛の要因次第では、育毛効果を、エステで100パーセント引き出せるとは言えません。


長期間にわたる治療の間、ライフスタイルの乱れの正常化に努めることは男性型脱毛症の症状の悪化を防ぐ役に立ちます。


育毛に良いとされている栄養素にはビタミン、ミネラル、亜鉛、たんぱく質などをバランスよく摂取することが求められます。


あまり神経質にならなくても構いませんが、これらを食生活の中で意識的にとるようにすると、地肌の代謝促進や健康的に髪を育てていく心強い味方になってくれるはずです。


けれどもその量を増やすほど劇的な効果が得られるということではありませんから、「継続は力なり」を念頭に置いてバランスの良い食事を心がけましょう。


人によって説が違うのが、育毛の難しいところです。


例えばシャンプー後のコンディショナーの使用も人によって見解が違うようです。


そもそも、コンディショナーは髪の表面のダメージを補修して保護膜を作ります。


このコーティング成分は毛穴に詰まりやすいという特性があり、髪の成長に悪影響が出ますから、コンディショナーは育毛中は使わない方が良いということになるようです。


ノンシリコンの育毛に適したコンディショナーを使って、できるだけ頭皮の毛穴にストレスを与えないようにきちんと洗髪することでデメリットを無くすことができるでしょう。


シャンプー後の髪の毛の乾かし方は、健康な髪や頭皮の状態でいるために必要なことです。


第一に、自然乾燥はやめてドライヤーを使って根元からしっかりと乾かしてあげる方が良いです。


自然に乾燥するのを待っていると、長い時間キューティクルが開いた状態になったままなので、開いたキューティクルの間から水分が蒸発してしまいます。


それから、育毛剤などを使うときには洗髪後すぐではなくてドライヤーを使った後に使わないと、ドライヤーの熱風でわざわざ塗った成分が蒸発してしまうかも知れませんので注意してください。

◆育毛に関しては多くの俗説が出回

育毛に関しては多くの俗説が出回っていますが、筋トレが原因の薄毛があるというのもこの一つです。


筋トレを行うことで男性ホルモンが大量に分泌され、それが抜け毛を進行させる、というのが噂の元になっているそうです。


しかし、結果的に言えば筋トレをした全ての人が薄毛になる、なんて事はありません。


けれど、AGAの場合は薄毛の状態が酷くなる可能性が高いです。


AGAは体内の男性ホルモンが脱毛物質へと変化しやすい病気だからです。


ハーグ治療や育毛メソセラピーを始めとする頭皮に育毛成分を直接注射するという方法で行う育毛治療があります。


口を通して薬を服用する時より頭皮がダイレクトに有効成分を受け取るので、非常に効果が期待できる治療法と見られています。


医療行為に数えられる注射の手順があるため、育毛サロンでは施術が受けられず、この治療を受けるにはクリニックに行かなければなりません。


加齢に伴う悩みの代表的なものの一つに、薄毛や抜け毛、生え際の後退といった、頭髪に関連するものがあります。


加齢や遺伝、また不規則な生活や偏った食事など、原因として考えられることは、色々と考えられます。


薄毛の進行に悩むあまりに、精神的なストレスを感じて、さらに薄毛が悪化、というような人もいるそうです。


ところで最近、育毛効果が高いということで知られ、熱い視線を浴びているのがプロペシアです。


プロペシアは服用して使います。


男性型脱毛症、いわゆるAGAのための薬です。


さすがに良く効く薬のようです。


ただ強い作用があるため、副作用の心配があります。


ご存知の方も多いでしょうが、ドライヤーの風を頭髪に長い時間当てるのは、髪を痛める恐れがあるので、大変よくありません。


100%乾燥し切ってしまわない方が、髪を健康にしておくためには良いそうです。


それからまた、ドライヤーを使う前に、育毛剤を使った頭皮マッサージを行なうことを、習慣にしましょう。


マッサージ後にドライヤーを使用すると、その熱のおかげで育毛剤が頭皮にじんわり浸透していき、効きが良くなるでしょう。


ドライヤーを髪に使っていてると、そのうち頭皮まで熱は伝わりますから、頭皮に直に、ドライヤーの温風を当てないようにしましょう。


ドライヤーを活用することができるようになると、育毛スキルがアップしますので、これからも有効に使っていくことにしましょう。


薄毛って、悩みますよね。


本気で毛を増やしたいと思っているなら、自分の食生活、見直してみませんか?皆がこぞって買うような育毛商品やサプリメントを使っていても、体に優しくない食生活をしていれば髪は育つことができないのです。


髪にいい食材ということで選んだものを食べるだけではなくて、日々栄養満点で、不規則にならない食生活を心がけてみるといいでしょう。