育毛情報[JIS]



24時間限定リアルタイム

◆普段から元気な髪を作る事に注意

普段から元気な髪を作る事に注意を払っておくのが最も手頃な育毛ケアではないでしょうか。元気な髪は元気な頭皮からしか生まれないので、頭皮のベストコンディションを確保するために血の巡りを良くすることがキーポイントになります。


シャワーだけの入浴ではなくお湯に入りながら頭皮マッサージをしたり、ストレスが溜まらないようにできるだけ励むというのも必要でしょう。


男性型脱毛症の治療の場合、治療効果が感じられるようになるのは、人によって違いはありますが、少なくとも半年くらいを見込んでおけば良いでしょう。そこから始めて、AGAの状態が見るからに変わったとはっきり言えるようになるまでには1年の人もいれば数年かかるケースもあります。


髪が生えて成長する速度を考慮に入れなければいけませんから、治療は長期的です。通院が長期化しても断念しないで、じっくり腰を据えて治療していくことが肝心です。



育毛に対する意識が変わり、早くからのケアが奨励されていることで、多くの育毛剤が販売されるようになり、内容だけでなく、利便性も工夫されるようになりました。CHUPUP(チャップアップ)は育毛剤のローションに、髪のために良いとされるサプリを配合した商品です。
育毛剤だけ使用して効果を待つのも良いですが、合わせワザ的な効果を求めるなら、すでに配合済みの本製品を使うほうが良い結果を得られやすいでしょう。



日本臨床医学発毛協会の医師が推奨しているくらい安心というのもチャップアップの特徴のひとつです。
青魚の一つであるイワシは抜け毛に悩んでいる人たちにとって強い味方になる食材と言えます。イワシは育毛に深く関係する栄養素が多く含まれていますから、進んで摂取したい食材の一つに入ります。

アルコール類が体に入る時は特にアルコール分解で消費される亜鉛を補給するためにも、おつまみとしてイワシを食べるのをお勧めします。お刺身や缶詰なら手間がかかりませんね。古くなった角質や皮脂が頭皮を覆っている状態では髪が抜けやすくなります。

髪を健やかに保つためには清潔な頭皮が不可欠ですので、クリニックでの治療を行いつつ頭皮クレンジングを定期的に行い、地肌の健やかさをキープするのが大事です。

最近は頭皮ケア用のシャンプーも市販されていますが、女性のメイク落としでオイルが使われるように、皮脂や古い角質に作用するクレンジングオイルを使った頭皮ケアをしてみるというのもありです。

◆炭酸水には育毛効果があるそうで

炭酸水には育毛効果があるそうです。



美容に良いということから女性向けのように思っている人がいるかもしれませんが、最近は男性も普通に取り入れています。
昔も炭酸鉱泉(天然の炭酸水)は健康に良いと言われて飲まれていましたが、シュワーッとするのであれば天然にこだわる必要はありません。


飲用はもちろん、シャンプーに使用するのも効果的です。


炭酸水には硬水と軟水があります。ミネラル分を多く含むものは便秘解消の効果がありますが、ふつうの人が摂取するとおなかを下すことがあるので、継続的に飲む場合はミネラル分を含まない炭酸水が良いでしょう。



炭酸水を飲むと、胃が活発に動くようになり、慢性疲労時の消化不良や血行の改善に効果があるそうです。



おまけに、炭酸シャンプーとしてちょっとしたブームにもなりましたが、炭酸水に触れた部分の血行を促進させ、頭皮の状態を改善するのにも役立ちます。
有効成分が含まれているのに低コストで済む点も良いです。



家電量販店やホームセンターなどでも、3000円前後という手頃な価格で、専用のシャワーヘッドが購入できますし、炭酸水を自作するマシンは以前からホームユーザー向けに販売されていますので、育毛には水分の摂取も欠かせませんから、プラスアルファのケアとして炭酸水を導入してみるのも良いかもしれません。毎日のシャンプー、リンスなどが原因で抜け毛が増えてしまっていることもありますから、シャンプーやリンスは使わないで、湯シャンで洗髪することによって、育毛の効果を上げてくれるかもしれません。湯シャンの手順ですが、ともかく最初はブラッシングです。

終わってからぬるめのお湯で頭全体を流し洗いし、その際に力をこめてこすってはいけません。



そして、お湯を当て、手穴を広げるようなイメージで流し、汚れを落とすのが湯シャンの時のコツかもしれません。
シャンプーやリンスを全く使用しないと、汚れが落ちるのが気になりますが、お湯の洗浄力は意外に強く、皮脂を洗い落としすぎないようにお湯の温度は「ぬるいかな?」と感じる程度でよいでしょう。湯シャンの後で、リンス代わりによく使われているのが、クエン酸やお酢です。これを薄めて利用することで、ごわごわしたり、キシキシになったりしないので、お試しください。一般的に育毛を促進してくれる食べ物といってまず思いつきそうなものは、海藻類、例えばワカメや昆布を思い浮かべる人も多いと思われますが、実際には育毛の効果はそれほどではないとされているのです。
決まった食物を摂取するだけではなく、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をまんべんなく食するということが育毛にはいいとされています。また、食べ過ぎたりしないで適当な量を摂るように注意しなければならないでしょう。三食とはいかなくても、お米は大体毎日食べる、と言う人がほとんどでしょう。

これ程なじみの深いお米ですが、ガンマオリザノールという、お米特有の成分の存在が知られてきて、これがすばらしい効能を持っています。抗ストレス作用、更年期障害の緩和、善玉コレステロールを増やし、血行を促進させ、その上、悪玉の男性ホルモンとして悪名高いDHTの発生を抑えてくれるそうです。
このため、男性型脱毛症に効果を発揮してくれるかもしれません。


DHTこそ男性型脱毛症の主な原因であり、このホルモンが分泌することにより症状が出る仕組みになっているからです。


お米を食べることが、男性型脱毛症を改善になるかもしれないとなると、ぜひ育毛のためにも、毎日食べたいですね。ヘアスプレー、ジェル、ワックスなどの整髪料には合成界面活性剤を配合したものが多いです。髪の7割以上はたんぱく質でできていますが、合成界面活性剤によって溶かされてしまうため、連続して多めに使用したり洗浄が不十分な時は脱毛を招くもとになります。健康な人にとっても負担なら、AGA治療を行う上では大きな障害となる可能性もあります。


整髪料を購入するときは配合成分に気をつけ、髪につける際は毛の根元や頭皮に付着して毛穴を塞ぐことがないよう注意してください。

◆抜け毛の悩みを解決するには、重要なのは寝不足

抜け毛の悩みを解決するには、重要なのは寝不足にならないことです。


満足のいく睡眠が取れていない時や、睡眠の質が低下していると、髪の育成を妨げるので、睡眠は育毛のためにも重要な要素と考えられます。
すぐにでも取り組めるのは、寝る前の飲食をしないようにする、体を温める入浴、テレビやスマホの液晶画面を見ないことが、質の良い睡眠をサポートしてくれます。


効果的に育毛剤を使用するためには、頭皮の汚れを先に落としてから使っていくことが大切なのです。


頭皮が汚い状態で使っても、有効成分が頭皮の奥の方まで浸透してくれないので本来ならば、あるはずの効き目を得ることはできません。
そのため、入浴した後の就寝前に用いるのがもっとも効果的です。髪の毛を育てる効果がノコギリヤシにあるのはなぜかというと、脱毛の背後にある物質である5αリダクターゼの作用を妨げて抜け毛が起きるのをストップできるからなのです。

5αリダクターゼと、別の物資であるジヒドロテストステロンとの結合によって、皮脂を大量に発生させます。

こうした脂によって毛穴のつまりが生じることなどにより、抜け毛が発生したり、毛髪の成長が悪影響を受けたりします。
ところで、ノコギリヤシは、加工せずに食べてしまうのではなく、絞り出したエキスが使われます。
育毛に関する俗説はたくさんあって、ワカメなどの海藻類を食べると髪に良いという話も聞いたことがあると思います。海藻類はヨウ素などの栄養素が含まれているので、健康には良いもののダイレクトに毛髪の成長を促すような効果は無いというのがこれまでの話でした。


ですが、フコイダンという、ワカメや昆布のヌメリ成分に多く含まれる天然成分が毛母細胞から髪を作るために必要なIGF−1の物質を生み出すために必要なことが分かったのです。


IGF−1は、ソマトメジンCという名前が付いており、海藻類以外にも、大豆製品や唐辛子などの食品を摂取することでも作られることが分かっています。男性は苦手かもしれませんが、ココアには、育毛効果があるのをご存知ですか。
食物繊維が多く含まれるほか、亜鉛や銅などの体の維持に貢献する微量元素を含んでいるため、血液をサラサラにし、炎症やストレスに対して強い体を作る効果があることから、頭皮の血流改善や毛根の老廃物の代謝などに、とても効果的です。

積極的に利用したいものです。


ちなみに亜鉛を多く含む食品には牡蠣があります。


毎日牡蠣を食べるのに比べたら、ずっと経済的ですよね。

しかし糖分の過剰な摂取は体にも髪にも良くないので蜂蜜はニオイやアレルギーもありますので、比較的入手しやすいオリゴ糖で甘味をつけると安心です。とくに冷たくして飲む場合は、温かい飲み物より多くの甘味料を必要とするため、かならず砂糖ではなく代替甘味料を使うようにしてください。

◆牛乳は育毛によくないということが

牛乳は育毛によくないということが、明らかになってきています。

それは、牛乳が含有するタンパク質が動物性である為です。植物性のタンパク質のヘルシーさは周知の事実なのですが、反対に、動物性タンパク質は、血の流れを悪くする作用があるため、髪が元気でいるための栄養も流れにくくなり、結果として毛が抜けてしまいます。


タンパク質の摂取は、健康のためにはとても大切ではありますが、上記のようなことがありますので、動物性より植物性がおすすめです。それに加え、亜鉛の吸収を、カルシウムが阻害し、育毛に役立つ亜鉛が欠乏してしまうので、牛乳の摂取量には注意が必要です。


育毛に関する俗説はたくさんあって、ワカメなどの海藻類を食べると髪に良いという話も聞いたことがあると思います。海藻類に含まれている栄養素には毛髪に直接作用する訳ではない、というのがこれまでの常識でした。

けれど、海藻のネバネバした成分に含まれるフコイダンが髪を作る毛母細胞の活性化に必要なIGF−1の増加を助ける効果がある事が分かりました。


IGF−1はソマトメジンCとも呼ばれ、海藻以外にも、大豆や唐辛子を食べることによって作られることが分かっています。
自分でも気がつくほど抜け毛が多くなったといっても、それがAGAによるものなのかどうかは判りません。よく質問にあがる例でいうと、一時的に、だいたい季節が変わる頃に毛髪が通常よりたくさん抜けるというのは人間であれば普通のことです。一般に暑さが一段落する9月から10月頃にいわゆる「秋の抜け毛」が増えるようです。



そうでなくても人間の場合、一年を通じてだいたい数十から100本もの毛が一日のうちに抜けます。
育毛剤を利用すると、多少なりとも副作用が出てくるのかというと配合されているものが強い成分であったり、濃度が高レベルであったりすると人によっては副作用が起きることもあります。
使用方法を守っていない場合にも、副作用が発生することがあるでしょう。

まずは使用方法をよく読んでから使用し、何かしらの異常が現れたら使うのを止めてください。いつも行うブラッシングをないがしろにせずに、正しい方法で髪の毛をとかすようにすることは、イキイキとした髪の毛を生やすために大切な頭皮の状態をアップさせることになります。ブラッシングに使うブラシは先が尖っていないもので、髪の毛が摩擦を起こしにくく静電気が発生しにくいものを慎重に選ぶようにしましょう。

普通のブラシよりもちょっと値が張りますが、ブラシは自然素材から作られたものを購入すると良いです。さらにブラシの先端が丸くなっているものを使用するときにも、出来るだけ直接頭皮にブラシを当てないようにしてブラッシングすれば毛根や頭皮の状態に負担をかけないようにすることが可能です。

◆髪の毛の質を高めるためには亜鉛を摂るこ

髪の毛の質を高めるためには亜鉛を摂ることをおススメします。

亜鉛は摂取したタンパク質を髪の毛と結びつける作用があります。



加えて、薄毛の原因となる男性ホルモンのDHTの働きを弱くする効果があることが分かっていますから、全般的な髪の問題に大切な成分だということが分かると思います。

ちなみに、亜鉛が含まれる代表的な食品といえば、牛肉全般や牡蠣、豚のレバーなどがありますから、毎日の食事に取り入れると良いでしょう。頭皮を健康にし、毛髪の成長を維持するためには必要不可欠な成分があります。育毛の情報サイトでも紹介されていますし、サプリなどで上手に摂取している人もいるようです。鉄分も欠かせない要素です。過剰摂取の弊害があるので育毛用に配合したサプリには含まれていません。

鉄分不足は鉄欠乏性貧血を招きますが、不足している人は慢性のため慣れてしまって無自覚でいることがほとんどです。だからといって放置していると、体全体(血液全体)の酸素量が減るのですから、全体の代謝が落ち、髪や地肌に必要なミネラルや栄養が届かなくなり、老廃物の代謝がうまくいかなくなるので、表皮トラブルが生じやすくなるでしょう。良い血液の状態を維持して、育毛に適した体を作るため、鉄分が不足しないように気をつけましょう。

鉄分は吸収されにくいですが、納豆やあさりなど、身近な食品にも多く含まれています。ほとんどの場合は食事から摂取できるはずですが、パンや麺類などが多かったり、ゼリーやレトルトなどの頻度が高いと全体的に低栄養になって、鉄分の摂取量も減ってしまうようです。
食べ物の場合は毎食に分散させるのがコツです。カロリー制限しているときはサプリも良いかもしれませんが、ビタミンCと一緒にとると吸収がよくなり、過剰摂取で体調を悪くすることがあるので、注意が必要です。「薄毛かな?」「抜け毛が増えた?」など頭髪のことについては、程度はどうあれ、心配になります。

育毛についての情報を集めてみたり、良さそうな方法を探すかもしれません。方法は、探せば色々あります。



育毛シャンプーの使用を始めてみたり、育毛剤を試してみる人もいます。ところで、頭皮に刺激を与えるために、ぽんぽん、とブラシで頭皮を叩くことを始める人もいるかもしれないのですが、少し気を付けておきたい点があります。



決して強く叩いてはいけない、ということで、絶対に守ってほしい点です。
強く叩くことで肝心の頭皮が傷ついてしまうかもしれないからです。力を使わずに、軽く、気持ちいいくらいの刺激を与えるだけにして、傷つけたり、炎症を広げたりすることのないよう、注意した方がいいですね。
最近では、ドライヤーやヘッドスパ、家庭用のレーザー育毛機器などの毛髪や頭皮をケアするための家電が誰でも手に入るようになっています。

ドライヤー、ヘッドスパはそれ自体で髪の毛を生やすというよりも、今ある髪の毛や頭皮の環境を良くして、育毛剤の効果が発揮されやすい頭皮を作るといった、育毛治療の手助けとして効果を期待できるでしょう。

体内に残存している老廃物が増えると、だんだん代謝機能が弱まってきます。
身体的にはもちろん毛周期にも影響が及び、AGAの悪化を招きます。意識的にデトックスを試みて、新陳代謝を高めるようにすると良いでしょう。
効率的に体内の老廃物の排出を促進する方法は、水を媒介にして、汗として排出するのが最も良い方法です。
有酸素運動なら20分以上、足湯、半身浴、サウナなどはリラクゼーションも兼ねられるのでおすすめです。

代謝を上げるために汗で出た分の水分補給は怠らないようにしましょう。