インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆皆さんが気にしているインプラ

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。


すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。


インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。


それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。


ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。


ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。


感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。


インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。


この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。


痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。


インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。


義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

◆人工歯根を骨に埋め込むといっても、

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。


ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。


ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。


インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。


よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。


義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。


歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。


手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。


頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。


インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。


これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。


インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

◆インプラントとクラウンがどう違うかというと、義

インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。


虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。


ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。


確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。


インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。


治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。


感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。


本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。


インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。


できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。


インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。


一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。

◆長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、や

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。


歯磨きにも正しい仕方があります。


歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。


担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。


インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。


その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。


院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。


どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。


独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。


とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。


どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。


気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。


インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

◆顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するイ

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。


アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。


そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。


インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。


それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。


使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。


定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。


標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。


感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。


典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。


どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。


どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。


インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。