インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めると

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。


人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。


インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。


ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。


「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。


根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。


無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。


これでは折角のインプラントが台無しです。


理由としては、インプラントと隣の歯の間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。


より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。


ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。


腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


保険がきかない理由ははっきりしています。


インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。


もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

◆インプラントはメリットの大き

インプラントはメリットの大きい治療法です。


けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。


そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。


まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。


インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。


麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。


術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。


インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。


自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。


もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。


インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


入院して手術することはまれです。


ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

◆重要な確認事項として、インプ

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。


これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。


さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。


こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。


インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。


おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。


治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。


歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。


他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。


それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。


顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。


他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。


普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。


このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

◆「インプラントって差し歯とは何が違う

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。


差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。


さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。


差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。


治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。


ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。


インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。


インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。


別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。


本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。


インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。


インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。


この治療の費用は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。


この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。


ただし、おおよそ相場は決まっています。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

◆インプラント治療には隠れたメ

インプラント治療には隠れたメリットがあります。


仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもほとんどありません。


義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。


歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。


日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。


運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。


今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。


特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。


治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。


治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。


最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。


歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。


ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。


両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。