インプラントの情報



◆どうにかして、インプラントについての高い技術を

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けることも十分あり得ます。


北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。


差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。


対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。


原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。


骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。


口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。


他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。


チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。


一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

◆インプラント治療の成否を決めると言っても言

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。


1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。


インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。


どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。


ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。


年々進化を続けるインプラントの技術。


近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。


こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。


インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。


喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。


周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

◆現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプ

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。


義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。


これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。


ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。


上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。


そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。


インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。


インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。


手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。


抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。


入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。

◆インプラント治療は骨を削って人工歯根

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。


インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。


このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。


本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。


困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。


どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。


インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。


抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。


入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。


歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


今後もおそらく保険はきかないでしょう。


なぜならインプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。


手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。


治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。


歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。


歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

◆インプラントの技術が確立されてきた現在では、

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。


上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。


これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。


高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。


ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。


確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。


確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。


インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。


この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。


長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。


歯磨きにも正しい仕方があります。


歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。


治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。


様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。


その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。


それは違います。


確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。