インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆インプラントならば、他の人工歯と比べて

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。


現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。


治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。


治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。


どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。


日々のケアが欠かせません。


食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。


人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。


喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。


インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。


組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。


インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。


抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。


噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。


入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

◆インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロです

インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。


インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。


麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。


術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。


頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。


忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。


既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。


それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。


今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。


金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。


インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。


経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。


一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。


いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。


近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

◆インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。


ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。


それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。


本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。


「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。


歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。


なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。


それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。


自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。


インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。


傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。


負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。


この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。


担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

◆様々な条件を考え合わせた上で、イ

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。


インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。


まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。


人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。


インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


入院する必要はまずありません。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。


そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。


自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。


現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。


これはなぜでしょうか。


一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。


ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

◆インプラントは人工歯なので虫歯の危

インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、デメリットも知った上で選択してください。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。


それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。


障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。


治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。


自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。


全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。


それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。


それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。


差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。