インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆よく耳にするようになったインプラント

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。


インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。


いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。


インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。


アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。


この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。


虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。


隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。


自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。


インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。


歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


保険がきかない理由ははっきりしています。


インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。


手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。


インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。

◆長く根気のいるインプラント治療。しかし、

長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。


歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。


結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。


また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。


インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。


最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。


ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。


その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。


でも、気にしなくて良いです。


MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。


身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。


ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。


全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。


手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。


医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

◆どんなケースであっても、インプラン

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。


インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。


失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。


上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。


どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。


せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。


インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。


インプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。


人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。

◆一度埋め込んだインプラントの使用可能

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。


口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。


インプラントはメリットの大きい治療法です。


けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。


全ての患者に関わるのは、高額な費用です。


高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。


そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。


本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。


入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。


外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。


どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。


歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。


その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。


プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。


患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。


手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。


腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。


十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。


急患でも診療を受けることが必要です。

◆よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。


それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。


インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。


一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。


歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。


インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。


麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。


まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。


高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。


また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。


ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。


安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。


様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。