インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆インプラント治療には隠れたメリットがありま

インプラント治療には隠れたメリットがあります。


仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。


歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもほとんどありません。


自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。


虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。


このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。


保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。


インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。


インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。


この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。


保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。


どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。


歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。


しかし、制約もあるので覚えておきましょう。


それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。


これは重要な事実です。


インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。


腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。


一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。


使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。


このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

◆インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯には

インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。


腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。


十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。


急患でも診療を受けることが必要です。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。


組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。


インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。


虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。


両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。


ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。


インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。


考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。

◆インプラント治療を始める前にチェックすること

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。


とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。


ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。


とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。


高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。


今後もおそらく保険はきかないでしょう。


なぜならインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。


土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。


人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。


ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。


感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。

◆長い期間と費用をかけたインプラント治療

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。


インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。


完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。


しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。


そのような場合は別の方法に頼るしかありません。


インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。


インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。


長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。


両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。


費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。


手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。


インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。


第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。


人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

◆インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。


費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。


実際のところ現状では確実な説はありません。


日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。


喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。


周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。


快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。


人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。


手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。


メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。


標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。