インプラントの情報



◆ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。


どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。


現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。


これでは折角のインプラントが台無しです。


理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。


自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、当然ながらデメリットもあります。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。


あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。


障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。


どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。


どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。


皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。


現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで相当な開きがあります。


インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。

◆歯科治療で手術を受けたことがない方には、

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。


麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。


化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。


おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。


加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。


インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。


インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。


インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。


前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。


自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。


できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。


チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。


何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

◆新たな歯科医療の形として注目されて

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。


その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。


口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。


加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。


一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。


使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。


糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。


また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。


このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。


しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。


歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。


ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。

◆1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリ

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。


さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。


歯科治療の現場は日々進化を続けています。


最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。


そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。


インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科を選ぶといいでしょう。


ネットのレビューなども参考になります。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


最大のデメリットは費用が高額になることです。


治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。


加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。


本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。


しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。


放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。


インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。

◆インプラント治療の成否を決めると言って

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、当然ながらデメリットもあります。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。


また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。


本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。


インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。


人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。


快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。


ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。


最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。


よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。


インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。