インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆他の歯科治療同様、インプラント治療

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。


この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。


とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。


インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。


それは違います。


確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。


インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。


ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。


周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。


どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

◆今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。


骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。


一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。


近年市民権を得てきたインプラント。


人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。


高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。


顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。


人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。


それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。


インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。


数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。


急患でも診療を受けることが必要です。


インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。


地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。


また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。


事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。


忘れないで欲しいのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

◆インプラントの特徴として虫歯の危険

インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。


クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。


全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。


最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。


腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。


歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。


インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。


これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。


インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。


どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

◆「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。


抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。


どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。


インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。


基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。


全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることができるケースが増えました。


歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。


インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。


手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

◆インプラントの手術してからしば

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。


これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。


新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。


ですが、難点もあるということに気を付けてください。


まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。


金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。


ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。


経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。


インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。