インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されている

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。


高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。


一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。


どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。


インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。


がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。


どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。


インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。


患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。


最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯づくりを指します。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。


現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

◆一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。


当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。


他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。


入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。


インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。


という流れは皆さん変わりません。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。


インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。


歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。


今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。


局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。


人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。


両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。


ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。


たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

◆外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。


歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。


術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材から作られています。


インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。


経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。


手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。


定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。


歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。


どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。


失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。

◆インプラント治療にかかる費用を合計す

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。


地域によってかなり料金は異なります。


また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。


できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。


チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。


多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。


人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。


腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。


ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。


こうなれば我慢は必要ありません。


すぐに診療を受けましょう。


インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。


できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。


全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。


それはもちろんのこと、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。


いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。

◆これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。


見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。


費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。


インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。


それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。


このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。


人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。


人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。


ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。


ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。


今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。


口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。