インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆インプラントが虫歯になることは絶対あ

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないということにはなりません。


インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。


このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。


院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。


入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。


患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。


毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。


インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。


いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けることも考えるべきです。


インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。


可能な限りの情報を集めることに努めましょう。

◆歯科治療の中で、インプラントとクラウンの

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。


しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。


ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。


例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。


医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。


確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。


それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。


これは重要な事実です。


インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。


なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。


皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。


現実には、治療費といっても地域や、歯科医によってずいぶん違っています。


なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


それでも、相場はあると言えます。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。

◆治療を断念する方もいるくらい、イン

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。


この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。


自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。


どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。


インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。


しかし、医療費控除の対象ではあります。


確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。


様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、どこの国までも治療を受けに行くことも考えるべきです。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。


可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。


インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。


インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。


それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

◆インプラント治療を始める前には、

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。


これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。


美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。


歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。


歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。


通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。


一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。


また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。


チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。


近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。


顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。


他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。


よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。


入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。


おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。


義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

◆歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。


あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。


新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。


ですが、難点もあるということに気を付けてください。


まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。


そのような場合は別の方法に頼るしかありません。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。


特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。


美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。


ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。


まずは歯科医に全て話しておきましょう。


インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。


それは違います。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。


検査には問題ないのです。


これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。


ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。


他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。