インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆インプラントは人工歯なので虫歯の危

インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、デメリットも知った上で選択してください。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。


それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。


障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。


治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。


自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。


全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。


それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。


それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。


差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

◆インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。


ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。


感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。


歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。


その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。


綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を必要とする、高レベルな作業なのです。


これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。


虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。


インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。


確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。


医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。


重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。


ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。


費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。


インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

◆典型的なインプラント治療は、大

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。


一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。


というのがだいたいの流れです。


人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。


インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。


よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。


費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。


骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。


口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。


がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。


人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。


インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。


保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。


それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。


手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

◆一本のインプラント治療にかかる費用は普通

一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。


地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。


ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


高い費用も、一括払いには限りません。


クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。


インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。


この治療は高額になることを知っておいてください。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。


インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。


どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい方に適用されます。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。


ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。


後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。


どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

◆インプラントは歯根部がチタン製であることが多

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。


インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。


治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。


インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。


他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。


この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。


つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。


一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。


原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。


インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。


全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。


確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。


義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。


多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。


定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。


普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。