インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かと

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。


利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。


それは、治療を行う歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。


鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。


1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。


一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。


ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。


歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。


顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。


そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。


二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

◆骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるイン

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。


ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。


インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。


言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは誰も言っていません。


傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。


それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。


歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。


ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。


他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。

◆現状では、インプラント治療のほとんど

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。


しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。


治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。


安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。


歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。


インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。


人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。


指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。


インプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。


しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。

◆どうしても避けられない問題です

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。


健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。


ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。


誰でもインプラント治療ができるわけではありません。


その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。


保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。


加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。


インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは誰も言っていません。


インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


歯科治療の現場は日々進化を続けています。


最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。


義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。


そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。


高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。


また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。


本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

◆顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラント

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。


アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。


それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。


2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。


インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。


美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。


こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。


歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。


歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。


しかし、留意すべき点もあるのです。


それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。


いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。


注意してください。


インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。


特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。


この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。


従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。


差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。


根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。