インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆インプラント治療は多くのケースで

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。


それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。


まれな症例として、手術後の死亡例もあります。


インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。


その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。


感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。


様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。


しかし、それは正しくありません。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。


そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。


歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。

◆歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活するよう気をつけてください。


日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。


日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。


1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。


せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。


間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。


正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。


治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。


今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。


骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。


そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。


どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。


場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。


ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。


安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。


インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。


また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

◆欠損した歯の数が少ない場合、インプ

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。


ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。


インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。


この治療は他の歯科治療と比べても高額です。


健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。


安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。


虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。


義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目指してください。


そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。


歯科治療の現場は日々進化を続けています。


最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。


人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。


これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。


インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。


インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。


血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。


日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。

◆この治療のメインとなるインプラント埋入手

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。


これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


全ての患者に関わるのは、高額な費用です。


治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。


あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。


ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。


インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。


様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。


よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。


ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。


腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

◆どうしても避けられない問題で

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。


健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。


自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。


インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。


だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。


たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。


インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。


特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。


食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。


異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。


ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。


治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。


インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。


そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。


高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。