インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆人工物であるインプラントが虫歯になるこ

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。


使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。


メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。


特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。


歯科治療の現場は日々進化を続けています。


最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。


義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。


そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。


なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。


歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。


しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。


インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


ただし、問題なく医療費控除を受けられます。


医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。


確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

◆インプラント治療も万能ではなく、基本的にはイ

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。


クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。


長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。


人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。


普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。


麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。


このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。


ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。


近年、インプラントの治療件数が増えてきました。


これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。


現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

◆長い期間と費用をかけたインプラント治療は

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。


毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。


インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。


インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという方に適用されます。


クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を生じるのが当たり前の反応です。


腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。


十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。


指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。


インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。


保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。


治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。


歯磨きにも正しい仕方があります。


歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

◆人工歯としてのインプラントは虫歯になる

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。


感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。


たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。


インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。


全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。


最大のデメリットは費用が高額になることです。


ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。


それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。


まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。


最近話題になることも多い治療法であるインプラント。


ですが、気に留めておくべきポイントがあります。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。


注意してください。

◆全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯

全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。


手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。


数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。


指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。


最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。


これはなぜでしょうか。


一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。


そのようなケースでは、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。


抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。


これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。


実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで大きく異なります。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。


ただし、おおよそ相場は決まっています。


歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。