インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆がんばって終わらせたインプラン

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。


インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。


数々のインプラント治療の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。


その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。


それは違います。


確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。


検査には問題ないのです。


厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


しかし、医療費控除の対象ではあります。


手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。


確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。


それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。


全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。


新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。


腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。


歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

◆虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなって

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。


ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。


保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。


ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。


確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。


医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。


インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。


保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。


また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。


それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。


まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。


インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。


なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。


手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

◆例外はありますが、インプラント治

例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。


医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。


確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。


重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。


特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。


こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。


歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。


それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。


障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。


埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。


けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。


特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。


メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。


特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。


現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。


治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。


治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。

◆入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるイン

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。


使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。


インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。


日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。


傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。


運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。


入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。


あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。


見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。


様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。


インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。


歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。


プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。


熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。


患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

◆現在ではインプラント治療も一般化し

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。


これはなぜでしょうか。


一つには、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。


ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。


インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。


普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。


定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。


特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。


インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。


最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。


その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。


歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。


完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。