インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆インプラントについて、ほとんどの歯科

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。


インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。


間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。


正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。


日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。


加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。


また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。


まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。


インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごすのが無難です。


日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。


日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。


インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。


歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

◆インプラントとクラウンがどう違うかというと

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。


手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。


普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は当分控えてください。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。


1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。


さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。


人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。


インプラントは、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。


インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。


治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。


健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。

◆大きな効果を得られるインプラント

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。


全ての患者に関わるのは、高額な費用です。


治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。


あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。


まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。


どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。


この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。


安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。


全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。


かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。


希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。


歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。


通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。


年々進化を続けるインプラントの技術。


近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。


義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。


これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。


インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

◆どんな治療法にもリスクや問題はありますが、イン

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。


入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。


インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。


その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。


鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。


年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。


その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。


この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術が必須といえるでしょう。


高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。


インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。


この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。


差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。


その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

◆一度埋め込んだインプラントの使用可能年

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。


ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。


現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。


どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。


保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。


インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。


新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。


注意してください。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。


インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。


失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。