インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えて

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。


自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。


義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。


普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。


定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。


放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。


インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。


手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。


とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。


美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。


もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

◆手術によってインプラントを埋め込んだ後はし

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。


放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。


また、できればどの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。


インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。


別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。


様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。


しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療可能になっています。


よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

◆今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果

今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。


口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。


また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。


耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。


すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。


歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。


今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。


麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。


一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。


いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。


インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。


組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。


インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。

◆一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。


使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。


麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。


自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。


もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。


入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって選択肢としてインプラント治療があります。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。


義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。


ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。


治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。


院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。


忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。


既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。


今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。


インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、複数のタイプに分類することができます。


アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

◆インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。


リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。


しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。


最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。


現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。


インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。


既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。


さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。


もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。


まずは歯科医に全て話しておきましょう。


インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。