インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆他の歯科治療同様、インプラント治療で大事な

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。


手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。


インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。


その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。


感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。


入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。


あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。


どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。


インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。


インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。


そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。


この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。


インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。


義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。


そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。


なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

◆よくいわれるインプラントのメリットですが、治

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。


費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。


インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。


保険がきかない理由ははっきりしています。


インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。


手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。


基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。


そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。


全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。


インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。


でも、気にしなくて良いです。


MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。


金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。


典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。


という段階を踏みます。


この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。


ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

◆自費診療なので、インプラント治療に

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。


治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。


いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。


費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。


インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。


問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。


それは本当のことではありません。


MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。


金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。


どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも十分あり得ます。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。


しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

◆どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を

どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。


どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。


インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。


他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。


二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。


インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。


この治療は高額になることを知っておいてください。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。


最近よく聞くようになったインプラント。


差し歯とはどう違うのか見てみましょう。


決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。


差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。


差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。


インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。


ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。


なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。

◆インプラント治療による危険性を

インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。


それは違います。


MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。


金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。


義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。


普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。


定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。


ですが、留意すべき点もあるのです。


まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。


これは重要な事実です。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。


注意してください。


一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。


使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。


もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。


インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。


ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。