インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。


人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。


別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。


インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。


地域によってかなり料金は異なります。


また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。


できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。


チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。


高い費用も、一括払いには限りません。


分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。


それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。


特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。


メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。


残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。


医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。


インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

◆インプラントについて、簡単に説明すれば

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。


ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。


歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。


虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。


どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。


寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。


現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。


治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。


インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするということにはなりません。


傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

◆人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。


腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。


大至急歯科医にかかってください。


入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、それと裏腹のデメリットもあります。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。


あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。


障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。


全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。


忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。


一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。


費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。

◆ほとんどのインプラント治療は

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。


クレジットカード利用ができる歯科医院や、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。


手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。


人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。


しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。


人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。


人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。


チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


全額自費と考えてください。


ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。


インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。


特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。


美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。


ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

◆インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久

インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。


安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。


ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。


クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。


その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。


でも、気にしなくて良いです。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。


ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。


検査には問題ないのです。


様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。


インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。


一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。


あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。


障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。