インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆外科手術を受けたわけですから、イ

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って生活を送ってください。


日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。


血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。


運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。


よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。


前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。


インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、複数のタイプに分類することができます。


アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。


そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。


2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。


インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。


入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。


あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。


ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。


義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

◆どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、イン

どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。


最大のデメリットは費用が高額になることです。


ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。


あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。


ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。


全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。


実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。


なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。


それでも、相場はあると言えます。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。


虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。


ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。


現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。


インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。


まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。


あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。


それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。


どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。


インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

◆治療を始める前に必ず知るべきこと

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。


この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。


インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。


保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。


治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。


今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。


骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。


それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。


この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。


麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。


このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

◆インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込む

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。


数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。


急患でも診療を受けることが必要です。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。


治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。


いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくという手段もあります。


インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。


困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。


可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。


近年市民権を得てきたインプラント。


人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。


陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。


綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。


もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。


保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。


ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


高い費用も、一括払いには限りません。


クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

◆入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプ

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。


この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。


差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。


差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。


つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。


歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。


さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。


自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。


しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。


全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


かなり専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。


どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。


他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。


クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。


インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。