インプラントの情報



◆皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さ

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。


現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって大きく異なります。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。


よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。


それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。


これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。


歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。


義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。


誰でもインプラント治療ができるわけではありません。


その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。


おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。


そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。


虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。


歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

◆長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間

長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。


その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。


治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。


ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。


このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。


院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。


喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。


一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。


人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。


外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


全額自費を覚悟しましょう。


もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。


虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。


その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

◆歯科治療の中で、インプラントとクラウンの

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。


根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。


人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。


現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。


よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。


入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。


インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。


患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。


術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。


痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

◆長い期間と費用をかけたインプラン

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。


食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。


インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。


よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。


自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。


どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。


それは気にしないでください。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。


皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。


ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


最大のデメリットは費用が高額になることです。


高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。


それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。


障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

◆人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。


歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。


どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。


失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。


もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。


インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。