インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免

インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。


自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。


どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。


がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。


毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。


インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。


費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。


埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。


そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。


インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

◆人工歯根を骨に埋め込むといっても

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。


ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。


ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。


インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。


これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。


この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。


患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。


日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。


数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。


それは本当のことではありません。


MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。


インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。


全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

◆ほとんどのインプラント治療は保険適用

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。


クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。


いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。


現実には、治療費といっても歯科医院ごとに相当な開きがあります。


なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。


重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくのは必須です。


美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。


ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。


インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。


インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

◆皆さんがインプラント治療に取りかかる前、ど

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。


実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。


この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。


しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。


インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。


インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。


クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。


独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。


とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。


両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。


忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。


費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

◆年々進化を続けるインプラントの技術

年々進化を続けるインプラントの技術。


近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。


上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。


そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。


インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。


ネットのレビューなども参考になります。


「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。


しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。


インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。


寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。


できる限りの情報を手に入れるしかありません。


近年、インプラントの治療件数が増えてきました。


これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。


ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。


ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。


確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。


確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。