インプラントの情報



◆どこの歯科医院でも、インプラ

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。


けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。


特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。


定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。


インプラント治療には隠れたメリットがあります。


仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。


見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。


保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。


地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。


治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。


チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。


高い費用も、一括払いには限りません。


分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。


インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。


傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。


日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。

◆欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。


口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。


さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。


一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。


一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。


特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。


定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。


標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。


人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。


なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。


手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

◆入れ歯で噛むと食べた気がしない、もしくは入

入れ歯で噛むと食べた気がしない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。


あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。


しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。


厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。


確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。


確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。


歯科治療の現場は日々進化を続けています。


最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。


これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。


インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。


インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。


運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。

◆高額な治療費を気にされる方も

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。


今後もおそらく保険はきかないでしょう。


なぜならこの人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。


あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。


インプラントはメリットの大きい治療法です。


けれども、当然ながらデメリットもあります。


全ての患者に関わるのは、高額な費用です。


治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。


それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。


障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。


インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。


考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。


歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。


それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。


現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって相当な開きがあります。


なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。


それでも、相場はあると言えます。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。

◆インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。


インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。


インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。


現実には、治療費といっても歯科医院ごとに幅があるのが普通です。


保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。


最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。


これはなぜでしょうか。


一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。


こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。


化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


保険がきかない理由ははっきりしています。


インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。