インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆様々な条件を考え合わせた上で、

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。


歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。


そのような場合は別の方法に頼るしかありません。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。


それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。


インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。


保険適用外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。


治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。


「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。


一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。


自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

◆費用がかかるだけに、インプラント

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。


実際のところ現状では確実な説はありません。


きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。


この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。


もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。


長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。


口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。


担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。


よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。


見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。


いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。


実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。


保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。

◆もし、インプラント治療前に歯

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。


それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。


全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。


どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。


場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。


どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。


インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。


上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。


たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。


長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。


デンタルケアを欠かさないことが重要です。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。


インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。

◆インプラントならば、他の人工歯と比べ

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。


この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。


自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。


前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。


現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。


インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。


より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。


1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優位に立ちます。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

◆インプラント治療が適用されるケー

インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。


例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。


これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。


他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。


最近よく聞くようになったインプラント。


差し歯とはどう違うのか見てみましょう。


決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。


差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。


ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。


では、インプラントの場合はどうでしょうか。


インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。


歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。


完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。


しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。


そのような場合は別の方法に頼るしかありません。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。