インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆一度埋め込んだインプラントの使用可能

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。


口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。


インプラントはメリットの大きい治療法です。


けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。


全ての患者に関わるのは、高額な費用です。


高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。


そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。


本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。


入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。


外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。


どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。


歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。


その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。


プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。


患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。


手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。


腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。


十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。


急患でも診療を受けることが必要です。

◆よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。


それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。


インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。


一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。


歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。


インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。


麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。


まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。


高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。


また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。


ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。


安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。


様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

◆外科手術を受けたわけですから、イ

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って生活を送ってください。


日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。


血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。


運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。


よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。


前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。


インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、複数のタイプに分類することができます。


アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。


そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。


2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。


インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。


入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。


あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。


ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。


義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

◆どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、イン

どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。


最大のデメリットは費用が高額になることです。


ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。


あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。


ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。


全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。


実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。


なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。


それでも、相場はあると言えます。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。


虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。


ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。


現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。


インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。


まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。


あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。


それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。


どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。


インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

◆治療を始める前に必ず知るべきこと

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。


この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。


インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。


保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。


治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。


今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。


骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。


それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。


この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。


麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。


このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。