インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆長い期間と費用をかけたインプラント治療

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。


インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。


完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。


しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。


そのような場合は別の方法に頼るしかありません。


インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。


インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。


長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。


両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。


費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。


手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。


インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。


第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。


人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

◆インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。


費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。


実際のところ現状では確実な説はありません。


日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。


喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。


周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。


快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。


人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。


手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。


メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。


標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。

◆新たな歯科医療の形として注目されて

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。


その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。


加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。


全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。


かなり専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。


インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。


普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。


傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。


運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。


せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。


インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。


こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。


どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

◆外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。


傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。


運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。


治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。


場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。


インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。


インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。


この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。


新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。


その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

◆手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。


我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。


歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。


土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。


差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。


まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。


歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。


歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。


それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。


自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。


最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。


高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。