インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナ

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。


傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。


歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。


かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。


全ての患者に関わるのは、高額な費用です。


難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。


また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。


障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

◆虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナ

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。


特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。


自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。


最近話題になることも多いインプラント。


ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。


後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。


インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。


腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる可能性は高いといえます。


注意してください。


費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。


実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。


最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。


インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。


麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。


頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

◆費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。


実際のところまだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。


すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。


インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。


保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。


そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。


インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。


ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。


これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。


他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。


手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。


別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。


できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

◆治療を断念する方もいるくらい、イン

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。


健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。


現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。


せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。


食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。


インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。


インプラント治療には隠れたメリットがあります。


仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。


見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。


費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。


入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。


ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。


義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。


失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。


義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。


埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

◆インプラント治療はかなりの技

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。


治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。


このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。


天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。


それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。


見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。


インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。


前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。


とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。


さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。


こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。


不安がなくなるよう歯科医に相談してください。