インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。


このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。


感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。


徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。


インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。


そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。


ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。


基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。


全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。


入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。


インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。


それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。


いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

◆歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあ

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。


麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。


局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。


麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。


頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。


歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。


でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。


現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。


インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。


高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。


患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。


歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。


こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。


少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。


また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

◆骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるイン

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。


他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。


どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。


このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。


希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。


ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。


現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。


インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。


忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。


一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。


費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。

◆歯科治療は全て同じですが、インプラ

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。


インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。


インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと考えてはいけません。


傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。


残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。


でも、気にしなくて良いです。


確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。


差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。


読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。


残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。


インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。


このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。


近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。

◆数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツ

数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。


でも、気にしなくて良いです。


MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。


身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。


加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。


障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。


インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。


現実には、治療費といっても歯科医院ごとに差があると考えるべきです。


インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。


インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。


保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。


また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。


インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。


インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。


失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。