インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆今流行りのインプラント。一度埋め込め

今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。


インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。


歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。


インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。


特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。


食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。


また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。


歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。


骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。


一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。

◆歯科では、一連の治療の中に保険適用と

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。


全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。


インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。


あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。


障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。


皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。


ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。


人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。


人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


ほぼ全額自費とみるべきです。


もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

◆技術の進歩した今では、インプラント治療の失敗

技術の進歩した今では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。


埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。


これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。


技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。


ネットのレビューなども参考になります。


よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


ほぼ全額自費とみるべきです。


余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。


インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。


第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。


インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


全身麻酔になることはほとんどありません。


麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。


そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

◆徐々に市民権を得てきたインプラ

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。


これはなぜでしょうか。


一つには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。


ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。


他の治療が難しい方に適用されます。


クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。


インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。


インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。


このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。


感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。


インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


地域によってかなり料金は異なります。


また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。


歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。


普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。


定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。


従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

◆最近よく耳にするインプラントは

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。


現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。


インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


ただし、問題なく医療費控除を受けられます。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。


確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。


口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。


最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。


そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。


ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。