インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆様々な条件によって、インプラント適用になる

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。


しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。


よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。


今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。


実際のところまだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。


とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。


本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。


できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。


これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。

◆全てのインプラント患者にとって、治療費が気にな

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。


実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに相当な開きがあります。


この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。


インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。


いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。


感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。


どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。


入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。


このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。


歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。


どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

◆外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。


日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。


ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。


歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。


現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。


せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。


食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。


インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。


インプラントはメリットの大きい治療法です。


けれども、当然ながらデメリットもあります。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。


あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。


まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。


入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。

◆人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりま

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいということにはなりません。


インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。


インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。


そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。


インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。


顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。


アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。


他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。


この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。


この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。


失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

◆一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。


治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。


この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。


ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。


もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。


人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。


今後もおそらく保険はきかないでしょう。


なぜならインプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。


土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。


治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。


インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。


しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。


手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。