インプラントの情報



24時間限定リアルタイム

◆顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するイ

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。


アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。


そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。


インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。


それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。


使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。


定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。


標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。


感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。


典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。


どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。


どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。


インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。

◆インプラントの定着には長い時

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。


正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。


歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。


治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。


一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。


使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。


腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。


しかし、留意すべき点もあるのです。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。


いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。


人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。


インプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。


他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。


人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。


外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


全額自費と考えてください。


もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。

◆年々進化を続けるインプラントの技術。近頃

年々進化を続けるインプラントの技術。


近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。


人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。


そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。


インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。


他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。


人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。


術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。


腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。


ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。


大至急歯科医にかかってください。


インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。


その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。


それは気にしないでください。


MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。


そのため、MRI検査は問題なくできます。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。


歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

◆一般的な規模の歯科医院で、外

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。


ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。


最大のデメリットは費用が高額になることです。


高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。


それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。


障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。


歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。


その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。


高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。


もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。


いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるというのもありえます。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。


美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。


こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

◆近年、インプラントの治療件数が増えてきま

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。


これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯づくりを指します。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。


歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。


ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。


これは重要な事実です。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。


この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。


インプラントはメリットの大きい治療法です。


けれども、当然ながらデメリットもあります。


最大のデメリットは費用が高額になることです。


高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。


それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。


ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。


欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。


インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。


さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。


インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。


これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。


インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。