切手の買取の情報



24時間限定リアルタイム

◆普通は、切手は郵便物を送る際に

普通は、切手は郵便物を送る際に消印を押されて自身の役目を果たすと不要になるものです。


普通はそうですが、そんな古い切手も、デザインの良さや、レア度によっては、買取の際に高くなることもあります。


万が一、あなたの手元にある古い切手の価値がどうなのかは不明ならば、査定を古切手の買取を行っている業者に頼んでみましょう。


要らなくなった切手で、使っていないものがあれば専門の業者で買い取ってもらうといいと思います。


業者が違うと買取の価格も違ってきますので、「高く売りたい」というのなら最初に、査定をしてもらった結果を比較するべきです。


それだけではなく、時期によって相場が一定でないので、ネット上を探すと買取表が載せてあることもあるので見てみるといいと思います。


切手は紙製なので思ったよりも扱いに注意が必要なものです。


中でも特に、高温、湿気によるダメージを受けやすく、高価買取を目指すという意味でも注意して保管する必要があります。


ストックリーフとかストックブックをうまく使って直接日の当たらないところで保存してください。


湿気も避けて保管しましょう。


記念日の折に触れて記念切手が出回るなど、切手はそれが扱われる時期によって流通する量も、それぞれ大きく上下することがあります。


それと同時に、買い取ってもらう時につく値段も大きく変わってくるため少しでも高い値段で買い取ってもらうにはいつ切手を買取に出すかも重要なファクターです。


切手コレクションの形見が見つかったり、使いようがない切手をどうにかしたいという時、買取業者に切手を買い取ってもらいたいという時もあるでしょう。


その様な場合に、買い取ってもらう業者をどのようにして選択したら正解なのかです。


コレクターなら話は別ですが、大体の方にとって分からない世界だと思いますから、どのような切手買取の実績があるのかについて、そして、評判はいかがなものかを考慮しながら、どの業者にするかを絞っていくのがいいでしょう。

◆切手集めを趣味とする人は多いので集めている

切手集めを趣味とする人は多いので集めている人にとっては非常に価値があります。


大都会でなくても、切手買取専門店があり、その競争は激しく、その将来性も含め、思っているよりも市場のスケールが大きいことを見当がつくと思います。


インターネットは切手収集にも大きな変化を及ぼし、ネットを介して売買することも増え、切手売買はもっと盛んになるでしょう。


「物を買い取ってもらおう」という時に注意すべき事柄は、保存状態を良くしておくということが大事なポイントです。


このことは切手の買取の場合にも言えることで色が褪せているものや破れているものは値段が下がってしまうでしょう。


手に入りにくい切手だった場合には多くのコレクターが欲しがるかもしれませんよ。


仮に興味がなかった場合だと丁寧に扱わなくなることが多いですが、大事に扱ってくださいね。


「切手を買取に出そう」という時、より買取のレートが高くなるのは、1枚ずつよりもシートの場合です。


ただし、万が一、「バラしか持ってないよ」という場合でも、買取の際、工夫すればレートを高くできます。


台紙に貼付する、というシンプルな方法です。


貼り付け方としては、同じ料金の切手を50枚集め、A3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)に縦5行、横10列で貼り付けます。


これだけのことでレートが変わり、時には10%も上がることもあるためインプットしておいてくださいね。


切手の付加価値はどのくらいか知りたいところですが、出回っている量と売買価格との兼ね合いで結構変化するので他の市場と同じく、一定していません。


とはいえ、売りたい切手があるときに高い買取価格をつけてほしいと思わないわけにはいきません。


それなら現在の切手の買取価格はどうか、相場を調べ続けるか買取業者のところに出向き、査定依頼を何度も出してみるなどと粘ってみるしかありません。


一般的には買い取る切手がどういう状態であるかをよく見て、額面よりも安くなった金額が切手の買取の時の価格になるでしょう。


しかし例外もあり、コレクター界隈で人気で付加価値のついた切手の場合は金額が跳ね上がることもあります。


切手を売るつもりだが価値が判断できないという時にはネットでリサーチするか、切手買取業者にみてもらうといいですね。

◆未使用の切手でなければ買取されないと想

未使用の切手でなければ買取されないと想像している人もいるでしょうが、実際試してみると予想外の結果になるかもしれません。


特に年代の古いもので綺麗なまま保管されていてコレクター界隈では人気の高いものの場合は既に使用してしまった切手であろうとも業者に買い取ってもらえることもあります。


もしも、「そういう切手、うちにある!」と心当たりがあるのであれば一か八か、切手を買取ってくれるような業者に問い合わせをしてみることをすすめます。


一般的に、切手というと郵便に利用するもので、消印が押印され、役目を終えると必要がなくなります。


ですが、そういった古い切手でも、デザインや希少性から価値のあるものとして認められたときには買取の際に高くなることもあります。


万が一、あなたの手元にある古い切手の価値が自分では分からないというのなら、古切手買取業者に査定を申し込んでみるといいと思います。


梅雨時になると心配なのがカビです。


幸いなことに今年は被害も少なく掃除は終わり、と思っていたら、父が生きていたころにまめに整理をしていたバラの切手やシート、記念切手等、いろいろな種類の切手のアルバム数冊が出てきました。


一見、傷みなどはないように見えますが、このままうちで保管をつづけたとしても劣化してしまいそうに思えます。


やがて近いうちに買取業者に持って行ってもいい時期でしょうかね。


何かを買い取ってもらう時に注意することは、保存の状態というものが問われます。


切手の買取についても同様のことが言えて、色褪せや破れがあった場合には、買取価格が安くなってしまいますよね。


市場にあまり出回っていない切手ならコレクターの需要もあるかもしれません。


関心がなければ雑な扱いをしてしまいやすいですが、大事に扱ってくださいね。


切手は紙製なので実は破れたり劣化したりしやすいものです。


中でも特に、熱や湿気に影響されやすいので高い値段で買い取ってもらうためにも、注意して保管する必要があります。


ストックリーフ、またはストックブックのようなものを使って、直射日光を避けて保管してください。


また、湿気も避けてくださいね。

◆殆どの切手買取業者では、「プレ

殆どの切手買取業者では、「プレミア切手」という名前の切手の買取も受け付けています。


プレミア切手とはどのようなものかというと明治・大正・昭和戦前戦後の頃に作られた切手のことで、よく知られているのは「見返り美人」「月に雁」というものです。


めったにないものなので、纏まった状態でなく一枚ずつになっていても高値が付く可能性もないとは言えません。


レアな切手や、各種付加価値ありの切手は、できるだけ高く売りたいと思うでしょうが、同じものでも、状態の良し悪しをみて当然ながら、買取価格がかなり変わります。


このことを考えると、現状のまま有利に交渉して大事な自分のコレクションを売ろうと考えているなら切手の保管状況はどうなっているか、気を配ることを忘れないでください。


切手を売却する時、業者に直に買い取ってもらう方法とインターネットを使った方法があります。


業者に持っていく方法だと時間や手間がかかってしまいますがすぐに売れるという利点があります。


けれども、買取額には、業者間で差がありますのでできるだけ高価格で売りたければ、ネットを使った方が良いと思いますもう使わない様な切手を多数の人が売ってしまいたいと思います。


その様な時には買取専門業者へ送付し査定を依頼する方法も使えます。


使い道がなければ買取を依頼しましょう。


思っていたよりも高価格で買い取ってもらえる場合もあります。


やってみる価値はあると思います。


普通、切手の買取と言えば、買取してもらう予定の切手を持って業者に赴くという方法が主でしたが、ここ数年では買取の際に出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者も珍しくありません。


大量に買い取ってほしい切手があるのなら、店先まで赴くのは面倒です。


それ以外にも、ご自宅と店が離れているという方の場合も、時間と交通費を抑える意味でも買取のために出張や宅配を利用した方がいいと思います。

◆額面プラスアルファの価値がありそ

額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、同じものでも、状態の良し悪しをみて買取価格に大きく差が出るのは確かです。


それならば、入手したときの状態を保って売れる限りの高値で大事な自分のコレクションを買い取ってもらおうとすれば切手の保管状況はどうなっているか、気を配ることを忘れないでください。


切手を業者に買い取ってもらう場合に、バラの切手でなくシートじゃないと認められないと思い込んでいる人もいるでしょうが、切り離してある状態の切手でも買い取ってもらうことはできます。


ただ、シートになっている状態の切手と比較すると安値での買取になってしまいがちです。


その上、もしも汚れた状態や糊の落ちた状態であった場合にはなおさら買取の価格から引かれてしまうことがあります。


記念日の際に記念品扱いで発売されることもあり切手の取り扱われる時期により、一枚一枚の市場に出回る量もかなり変わってきます。


そうなることによってかなり買取価格も変化しますので少しでも高い値段で買い取ってもらうにはその切手を買取に出す時期というのも、関わってきます。


この切手はいくらで売れるか、額面以外の付加価値を考えたとき売り手と買い手の駆け引きによって結構変化するので価格は一定しないと考えてください。


この現状で、切手の売却を考えたとき一円でも高く売りたいと思わないわけにはいきません。


それならインターネットなどで、切手の買取相場をチェックしても良し、業者の査定を定期的に受けるなどを検討してください。


実際に切手を買い取ってもらうという場合、通常、切手の額面から何割か引いた額で買い取られることになります。


しかしながら、切手と言っても収集家にとって魅力的な切手は価値があり、高く買取してもらえる場合もあります。


あなたが買取してもらうつもりの切手の大体の値打ちは大体でいいので把握できていた方が安心です。