切手の買取の情報



◆切手を業者に売るときにはバラの切

切手を業者に売るときにはバラの切手でなくシートじゃないと認められないと考えている方もいらっしゃいますがバラバラになっている切手でも買い取ってもらえます。


しかし、往々にして切手シートより買取価格は下がることが多いです。


万が一、汚れが見つかったり、糊がとれているのが分かればなおさら安く買取られることになることがあります。


うちに使わない切手がたまってきました。


買取に持ち込んだら、価格は相場があるのでしょうか。


シート単位でとってあるので、もしかしたら額面以上の価値もあるかなと、プレミアもつけて買ってもらえれば何か買おうと少し期待して最近の悩みの種です。


使わない額面の切手でも、必要とするところがあるかもしれないし、全然見当がつかないのです。


保管も面倒なので、早く売りたいです。


使い道のない切手を売ってしまいたい人も多いでしょう。


そんな時どうしますか?直接行くのでなく買取業者に郵送し査定を受ける、という方法があります。


使い道がなければ売ってしまうといいと思います。


予想外に高く売れるかもしれません。


やってみる価値はあると思います。


通例では切手の状態から判断して、本来の切手の額面からいくらか引かれた金額が切手買取の値段として支払われます。


けれども、切手の中には希少なものもあり、そういう場合はコレクターの中で高く評価されていて切手料金を超える価格となることもあります。


「切手の価値なんか分からない!けどこの切手売りたい!」という方は、ネットでリサーチするか、価値判断を切手買取業者に委ねましょう。


決して実用的とは言えない外国切手であっても、デザインが海外ならではの物であったりすることが多くある程度の人気を集めており、ことのほか収集している人の多い切手だったりします。


そういう訳で、買い取っている業者もかなりありますが、レアなものでない時や、コレクションしていてもバラバラだった場合などでは認められないこともよくあります。

◆一般的な切手買取業者においては、プ

一般的な切手買取業者においては、プレミア切手と呼称される切手も買い取っています。


それでは、プレミア切手とは何かというと、明治と大正、昭和戦前戦後の時代の切手のことを指しており、「見返り美人」と「月に雁」が名高いです。


とても珍しいものなので、纏まった状態でなく一枚ずつになっていても買取価格が高くなる確率が高いです。


バラの切手でも買取してもらうことは出来るみたいですね。


私は詳しくなかったのですが切手買取の際の台紙への貼り付け方を調べてみたところ、並べ方に気を付けて、きっちり並べないといけないようなのでちょっと躊躇してしまいます。


だけれども、貼り付けてあった方が高く買い取られるのなら、少しやってみるのもいいと思います。


切手を買い取ってもらおうと考えた際に、買取業者に切手を持っていくという方法だけではなく、宅配買取といった方法を依頼することが出来る場合もあります。


その際、宅配料金を負担してくれたり、梱包材まで買取業者が提供するという場合もよくあります。


けれども、買取してもらう切手が数枚しかないような場合、この限りではありませんので、事前の確認が必要です。


切手の額面以外の価値は売り手と買い手の駆け引きによって値動きが生じ、一定にはならないのが普通です。


とはいえ、売りたい切手があるときに高値での買い取りを望むと誰もが考えるわけでインターネットなどで、切手の買取相場をチェックしても良し、買取店に行き、何回でも査定をお願いするなどと粘ってみるしかありません。


切手は一度使ってしまったら、もう買い取ってはもらえないだろうと諦めている人もいるかもしれないですが案外、そうではない可能性もあります。


中でも、古いもので大切に保管されていた良い状態のものでコレクターの中で需要の高いものであると既に使用してしまった切手であろうとも買取に応じてもらえる場合があります。


もしも、「そういう切手、うちにある!」と心当たりがあるのであれば切手を買取してくれるような業者に、一度話してみてください。

◆いらない切手を処分したいのですが

いらない切手を処分したいのですが、買い取ってもらえるとしたらどのくらいで買い取ってもらえるかと気になっています。


シート単位でとってあるので、古いものも案外価値があるかもしれず、プレミアもつけて買ってもらえれば宝くじに当たった気になれるのでどうやって相場を調べたらいいかと思ってます。


使わない額面の切手でも、必要とするところがあるかもしれないし、業者がみないとわかりませんよね。


早く有利に売れる方法はないものでしょうか。


収集した切手を実際に売る場合に気になることといえばいくらで買い取ってもらえるかということです。


とりわけ人気の高い切手に関しては高い値段で買い取られることが多いので、ほんの少しでも高価格で切手を買い取ってほしいなら、市場ニーズをきちんと理解したうえで提示の買取価格が妥当かどうかを見極める必要があるのです。


昔からずっと切手のコレクションを続けている人にとって、業者に売りに出すのは、我が子をどこかへやってしまうくらいの気分になってしまう可能性もあります。


どっちにしろ手離すつもりであれば出来るだけ高額買取可能なところを見つけ出すことをおすすめします。


買取される切手にとってもそうされた方が喜ぶだろうと思います。


記念日の際に記念品扱いで発売されることもあり切手はそれが扱われる時期によってそれ自体の流通する量もかなりの振れ幅で上下します。


そのことによって、買取の際の値段も大きく変化しますので少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、切手買取依頼の時期も重要なファクターです。


郵便物が届いたらよく見てみましょう。


あっと驚くような希少価値の高い切手が使われていることがあります。


もしそういう切手であれば、買い取ってもらいましょう。


「でもこれ消印押してあるから駄目なんじゃないの?」という方も大丈夫ですが、汚れていない未使用の切手に比べ安く売ることになります。


値打ちのありそうな切手が見つかったら、業者に買い取ってもらってみてください。


驚くほど高値で売れる切手がある可能性もあります。

◆買取業者に切手を見てもらった後で、買い

買取業者に切手を見てもらった後で、買い取ってもらう切手の値段が期待通りでない時や、思いのこもった切手だった時、やっぱり、「自分で持っていたい」と思うことがあるかもしれません。


見てもらって値段がついてから取り消すという際にもキャンセル料を取らないような業者も存在しています。


買取を申し込みたい時は、依頼前に、査定に料金は必要かどうか、買取をキャンセルすると取消料を取られるか、といったことを聞いておくことが大事です。


毎年お年玉つき年賀はがきで年賀切手が当たるので、使うことがなく、貯まっていくばかりでした。


はがきの他には電子メールで用件が済んでおり、年賀切手を貼るような文書はなく、このままでは使わない切手が増えるばかりだと気づきました。


身近に金券ショップがあり、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。


身分証明書の提示の他、書類を読んで署名させられましたが、貯まっていた切手でお小遣い稼ぎができたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。


切手の中に、グリーティング切手というものがあります。


この切手はキャラクターがプリントしてあったり、特別な装飾がされているような切手のことを言います。


従来の切手とは形も違い、様々なものがあります。


郵便物を華やかにする演出を施してくれる効果もあってコレクション的な需要が高いということも相まって人気も根強いため、高い値段での買取というものもあり得ます。


ご存知と思いますが、切手というのは元々は、普段郵便物に貼るような形に切り離されて一枚ずつではないわけです。


初めはその様な切手が数枚まとまった、いわゆる「切手シート」として印刷されます。


切手の買取の際は当然、切手シートになっている状態でも買取可能で、ひとまとまりになっていない切手の買取より高値での買取になりやすいです。


使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで切手に交換した方が、葉書に換えるより高く売れるのです。


切手買取専門業者で高く買い取ってもらうことをねらい、シートになる枚数をためてから葉書を持ち込んでください。


同じ切手の査定でも、買い取り店によっては査定額はかなり違います。


できる限り多くの業者の目を通し一番高い査定額のお店に売却すると良いでしょう。

◆グリーティング切手というものは、人気のキャラクターが

グリーティング切手というものは、人気のキャラクターが印刷してあるものや装飾が施されているような切手です。


一般に使われる切手とは形も違って多種多様です。


通常の郵便物もこれがあれば華やかになるという演出の役割を果たしてくれるという効果も期待でき、コレクターズアイテムとしても価値があるものなので、非常に人気があるため、高価買取も夢ではありません。


切手のうち旧価格の物を持っていて、新料金の切手に交換しようとするとき、その差額だけではなく、手数料として別にお金を払わなくてはなりません。


10円以上の切手では、手数料は1枚当たり5円かかり、10円未満の切手の場合には、合計の半分の値段が手数料として必要となります。


新しく買う方が得だということもあり、ケースによっては、切手買取業者へ売った方がいいという場合もあります。


意外に、切手集めを趣味にしている人が年齢性別を問わず多く、レアものであれば、買取の時、驚くほど高価な価格で売れることも夢ではありません。


どんな買取でもそうですが、価格は業者によって変わるので合法的に高い値段で手持ちの切手を売ろうとすれば、あちこちの業者の査定を受けられるようにして、その切手の買取相場を調べましょう。


亡くなった方の持っていた切手帳や不要な切手のやり場に困ったら、切手を買い取ってもらおうかなと思う人もいるでしょう。


その様な場合に、重要なこと、それは買取業者をいかにして選択するかです。


収集家でない限り、大多数の人がよくわからないと思いますので、過去の切手買取の実績がどうなのかや、評判の良し悪しも考慮しつつ、業者選択を進めていきましょう。


破れてしまったお札を銀行で換えてもらえるというのは有名ですが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。


郵便局の場合は切手が破れても交換などの対応は行っておりません。


そうであれば、破れている切手は果たして使えるのでしょうか。


あんまりひどい場合は無理でしょうが、ちょっと破れたぐらいで、額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならちゃんと使えることが多いです。


ですが、買い取ってもらうというのは不可能に近いと思われます。