切手の買取の情報



24時間限定リアルタイム

◆切手を買い取ってもらおうと査定に出した後

切手を買い取ってもらおうと査定に出した後に、買い取ってもらう切手の値段が期待通りでない時や、思いのこもった切手だった時、思い直して、自分で所有していたいと考え直すこともあるでしょう。


査定額が出た後に買い取ってもらうのを辞退したいという場合であってもキャンセル料は必要ないという業者もあります。


買取の手続きをする場合はあらかじめ、査定するだけで料金が発生するのか否か査定後にキャンセルした場合、料金はとられるのかなどをしっかり確認しておきましょう。


切手を買い取ってもらう場合には、より買取のレートが高くなるのは、1枚ずつよりもシートの場合です。


ただし、万が一、「バラの切手ならたくさんあるんだけど」という時に、少しでもレートを上げるためにできることがあります。


その方法は簡単で、ただ台紙に貼ってしまうだけでいいのです。


具体的な貼り方は、同じ切手料金の切手50枚を、A3サイズの紙(A4を二枚貼り合わせたものでもOK)に縦5行、横10列に並べて貼ります。


これをすることにより1割もレートが上がることさえありますから覚えていればいつか役立つでしょう。


多くの切手買取業者ではプレミア切手として扱われる切手の買取の受け入れも行っています。


プレミア切手とはどのようなものかというと明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、「見返り美人」と「月に雁」が名高いです。


なかなかないものなので、たとえシートでなくバラだったとしても高く買い取られる見込みがあります。


大量に集めることが多い切手のようなものの場合、それらすべてを一回で業者にお店で買取査定してもらうとすると、それを査定する時間に長々と待つことになる可能性が高いです。


そんなことを視野に入れると、切手をネットで査定してもらう方法は家に居ながらにして、何をしていても手続きが可能で、大変効率的な方法です。


出来るだけ高額での切手買取を希望されているのであれば、金券ショップのようなところに買い取ってもらうのではなく、切手専門の買取業者を選択することが極めて重要なポイントです。


選ぶコツは口コミサイトなどを参考に、よさそうな業者をいくつか選び各々の業者に値段をつけてもらい、最も高値を付けたお店に、決定する方法がお勧めです。

◆切手を収集する人がいるという事を発行する立場に

切手を収集する人がいるという事を発行する立場にある人も理解していて「切手」というもの自体には発行の際のコストは高くはないので何かにつけて記念切手が発行されることは多いです。


そういう風な経緯で発行された記念切手というものは高価買取される場合もありますが単に記念切手というだけで、簡単に手に入るものはそんなに高値になることはありません。


あまり期待しない方がいいですね。


きれいに保管されていた古い記念切手などでは、買取価格が思いがけない価格になることもあるのです。


そのような珍しい切手の場合には、初めにしっかり鑑定を行う鑑定買取がベターです。


店先は当然として、インターネットでもできて、価格を出してもらってから、売るか否か決定することが可能です。


切手は紙製なので思ったよりも扱いに注意が必要なものです。


殊に熱であったり湿気であったりの影響を受けやすく、高価買取を目指すという意味でも保管状態には気を配りましょう。


ストックリーフ、あるいはストックブックのようなものを使い、日光の当たらないところで保管しましょう。


ジメジメした部屋も避けましょう。


ほぼすべての切手を買い取る業者ではプレミア切手として扱われる切手も買い取っています。


プレミア切手というのは、明治・大正・昭和戦前戦後の頃に作られた切手のことで、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。


なかなかないものなので、たとえシートでなくバラだったとしても高価格での買取になる事も十分あり得ます。


中国の切手というものが、買取需要が高くなっているという事実があるようです。


知っていましたか?どうしてかというと、中国の人々の間で、切手人気が高くなりつつあるからと言えます。


とはいえ、査定額が高くなるかもしれないのは、一部だけで、文化大革命の頃の切手などに限られますそして、業者の中には切手は買い取るけれども外国切手は受け付けていないというところもあるので、事前に確認しておいてください。

◆もし切手を売ろうとする場合、自分でお店に

もし切手を売ろうとする場合、自分でお店に持って行けば即日買い取ってくれるようなお店が多数存在しています。


郵送と比較すると手っ取り早く、その上、すぐに現金化できるため、お急ぎの際にはとても役立ちます。


目の届くところで査定してもらえることも安心できます。


当日、業者に買い取ってもらうという場合、本人確認が出来る書類の提示が必要ですので、免許証、保険証、パスポート等、必ず持って行ってください。


お宅に届いた郵便に偶然、貴重な切手が使ってあることがあるのです。


そうした切手は是非業者に売りに出しましょう。


もし消印が押されていても心配はありませんが汚れていない未使用の切手に比べ売れる値段は安くなります。


切手があって、それがもしも価値の高いものであったら、業者に買い取ってもらってみてください。


驚くほど高値で売れる切手がある可能性もあります。


大体の切手買取業者は、プレミア切手という呼び名の切手の買取の受け入れも行っています。


プレミア切手というのは、明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。


なかなかないものなので、シートではなくバラになっていたとしても高く買い取られるかもしれません。


大量に集めることが多い切手のようなものの場合、それらをひとまとめにして、お店で買い取ってもらおうとする時は査定のため時間がかかるので待ち時間が長くなることがあります。


それを考慮すると、インターネットを利用して切手査定を受けるという方法は、家に居ながらにして、何をしていても手軽に手続きが出来て、大変効率的な方法です。


銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来るというのはよく知られていますが、それでは破れてしまった切手の場合はどうなのでしょうか。


破れた切手の交換というものは行われていません。


ならば、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、すごくひどいものは使用不可ですが、ほんの少しの破損ぐらいで、額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならそのまま使用可能でしょう。


ですが、買い取ってもらうというのは不可能に近いと思われます。

◆亡くなった方の切手帳が遺されていた

亡くなった方の切手帳が遺されていたり、使わない切手をお持ちなら、切手の売却を計画する方もおられると思います。


その際、肝心なのはどこの買取業者にするかということです。


普段から集めていますという場合を除いては、分かるという人は少ないでしょうから、今までの切手の買取の実績についてと、評判はいかがなものかを考慮しながら、どこの業者にするかの選択を行うことをおすすめします。


切手のような多数収集することが多いものは、そうして集めたものをまとめて一度に実際に店舗に行って買取業者に出したとすると、査定にそれだけ時間がかかることになりかなりの時間待たなくてはならなくなることもあり得ます。


そう考えた場合、インターネットで切手の査定を受けることは自宅で何をしていようと、手続きすることが出来るため、とても重宝するやり方でしょう。


ご存知ですか?中国の切手が高価買取されているということを。


何故かというと、切手の人気が中国の人達の中で高いということが背景にあると考えられます。


ただし、査定額が高くなる可能性が高いものというと、切手の中でも一部に限られ、文化大革命時代の切手などはそれに当てはまります。


そして、切手の買い取りを行っている業者の中でも、外国切手の買取は行っていないという場合もあるので事前に確認しておきましょう。


梅雨というとカビが心配ですよね。


今年は運よくあまり被害を受けず、掃除が終われるかと思ったら在りし日の父が整理していた切手シートやバラ切手、記念切手類も含め多種の切手アルバムの束を発見しました。


見かけ上、傷みはないようですが、このまま継続してうちに置いていても質の低下が心配です。


近いうちに買取に出してしまってもいい時期が来たと言えるのでしょうか。


切手の買取は業者に赴くという方法と、インターネットを利用して行う場合があります。


業者に持っていく方法だと移動時間や待ち時間が発生しますが、その日のうちに売買成立というメリットがあります。


そうは言っても、依頼する業者により買い取り金額はまちまちですから高値で買い取ってもらいたければ、インターネットを使いましょう。

◆「切手を売りたいなあ」と思い立った時は、一番

「切手を売りたいなあ」と思い立った時は、一番最初にやるべきことは、買取業者についてリサーチして、高く買取してもらえそうな業者を探すのがうまいやり方です。


役に立つのはネット上に書かれている多くの口コミです。


記載してある意見は実際に使った人達のものなので、どの業者を選んでいいか分からない人にとっての助けになります。


なお、本当に信じていい業者なのかどうかについての参考として役立てることが出来るので、さまざまなサイトに目を通すことがベターです。


破れてしまったお札を銀行で換えてもらえるというのは有名ですが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。


郵便局の場合は切手が破れても交換などの対応は行っておりません。


そうなると、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、破れ具合がひどすぎるものはだめですが、ほんの少しの破損ぐらいで、額面がしっかりと確認できる程度の破損の切手であれば、そのまま使用可能でしょう。


でも、買い取ってはもらえないでしょう。


亡くなった方の持っていた切手帳や使わない切手をお持ちなら、いっそのこと切手を業者に買い取らせようと考える人もいるかもしれません。


その際、大事なことは、買取業者をどうやって選ぶか、です。


コレクターなら話は別ですが、殆どの方が詳細は分からないと思うので、過去の切手買取の実績がどうなのかや、口コミはどうなのかも鑑みて、どこの業者にするかの選択を行うことをおすすめします。


業者に切手を売るとき、気を付けるべきことは、悪徳業者の餌食にならないようにするということです。


悪徳な業者の場合、こちらがよく知らないということを利用し、普通よりとても低価格での買取を提案してきます。


完全に見分けるということは困難ですが、事前に、口コミも見ておいたら、取引を後悔するような悪徳業者に引っかかることを防ぐことが出来るでしょう。


あなたの持っている旧価格の切手を換えてもらって新価格の切手にしようという時には、その差額以外に、手数料として別にお金を払わなくてはなりません。


10円以上の切手では、手数料は1枚当たり5円かかり、10円未満の切手では、二つを足した額の半分が手数料となります。


もう新しく買ってしまった方が、結果的に得をすることもあるでしょうし、状況次第ですが、切手買取業者へ売った方がいいという場合もあります。