切手の買取の情報



24時間限定リアルタイム

◆手元にある未使用切手を現金化したいときは切

手元にある未使用切手を現金化したいときは切手を専門に取り扱う業者を訪ねるのが賢明だといえます。
額面だけでなく、切手の価値を見てくれますしレアな切手もその価値を評価してくれます。切手は案外多くの買取業者で扱っていますが切手の価値をよく知る業者は少なく、切手の額面と保管状態だけを見て価格を決定するしかないので結局損をするケースが多いのではないでしょうか。大体の切手買取業者は、プレミア切手として扱われる切手の買取も受け付けています。



念のため、プレミア切手について説明すると、明治と大正、昭和戦前戦後の時代の切手のことを指しており、「見返り美人」と「月に雁」が名高いです。



めったにないものなので、シートとしてでなくバラであっても高く買い取られる事も十分あり得ます。

何かしら物を買取に出す場合に気を付けることは、どうやって保存してあったかが重要ということです。
このことは切手の買取の場合にも言えることで色が褪せているものや破れているものは評価が下がります。入手が困難な切手であればコレクターの需要もあるかもしれません。関心がなければ雑な扱いをしてしまいやすいですが、気を付けて取り扱いましょう。お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、気がつくと意外に貯まっていました。私は、はがきを使うことはあっても封書は出さないので、年賀切手は日常の文書に使えず、年賀切手を持っていても使わないことに気がつきました。いつも通るところに金券ショップがあったので、仕事がない日に、不要な切手を買取コーナーに持ちこみました。身分証明書の提示の他、書類を読んで署名させられましたが、思っていたよりもいい値段で売れたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。


長い月日に渡って、切手収集を続けている人にとって、買取に出してしまうということは我が子と離れ離れになるような気持ちになってしまうのかもしれません。同じように我が子を手離してしまうのなら少しでも高価で買い取ってもらえる業者を見つけるのがいいと思います。


 買取される切手にとってもそうされた方が喜んでくれるのではないかと思います。

◆使ってないし、今後も使う予定のないような切手が手元

使ってないし、今後も使う予定のないような切手が手元にあるならば買取してもらうために専門業者に依頼するのが賢いやり方です。


依頼する業者により買い取り金額はまちまちですから「高く売りたい」というのなら第一に、査定額をよく見比べてみるのがよいでしょう。

それだけではなく、その時々で相場も変化していくのでネット上を探すと買取表が載せてあることもあるので目を通してみましょう。
レアものなど、ちょっと高く売れそうな切手なら、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、現状が良いか悪いかで買取価格が大きく変わるのはいうまでもありません。
そこで、今の状態を維持しながら売れる限りの高値で手持ちの切手を売ることに挑戦するならば、切手がいい状態で保管されているか、十分工夫して、いい状態を維持しましょう。切手というものはコレクションとしてほしがる人が多いということを発行者側は重々承知しており、切手というものにはそんなに作るのが難しくもないので何かにつけて記念切手が発行されることは多いです。
そういった形で発行された記念切手は高く買い取られるケースもありますが「記念切手」であっても希少価値の低いものは買取価格が高くなることはあまりないでしょう。期待はせずに査定してもらってください。


今後、使わないであろう切手を多数の人が売ってしまいたいと思います。そんな時どうしますか?買取のお店に送って査定をしてもらうという手段もあるのです。


もう使わないのなら、買取を依頼しましょう。思いがけず高い価値のものがある可能性もあります。


一度トライしてみてください。

皆さんグリーティング切手を知っていますか?これは、人気のキャラクターが印刷してあるものや装飾が施されているような切手です。

形も普通の切手とは違ってとてもバラエティーに富んでいます。通常の郵便物もこれがあれば華やかになるという演出を施してくれる効果もあってコレクターの人にとっても価値を感じるものですから人気があり、高額での買取の可能性もあるでしょう。

◆大体の切手買取業者は、「プレミア切手」という名

大体の切手買取業者は、「プレミア切手」という名前の切手の買取の受け入れも行っています。念のため、プレミア切手について説明すると、切手の中でも、明治・大正・昭和戦前戦後の頃のものをそう呼び、よく知られているのは「見返り美人」「月に雁」というものです。



とてもレアなものなのでもしもシートではなくてバラの状態であったとしても買取価格が高くなる見込みがあります。古くても状態よく保存されていたような記念切手等では考えられない値段が買取の際につくことがあるようです。



そのような珍しい切手の場合には、まず第一にきちんと鑑定をする「鑑定買取」だと安心できます。

店先は当然として、ウェブを利用することもできて、値段を分かってから、売るか否か決められます。

切手の買取を申し込んだ後、査定額が予想と異なっていたり、思い出のある切手だったりして、よく考えた結果、「自分で持っていたい」と思うことがあるかもしれません。

キャンセルを査定額を出した後にしたい時でもキャンセルの代金を請求しないような業者も存在します。



査定を申し込む前に、見てもらうだけでお金がかかるのかどうか、キャンセルを査定の後にしたい時に、代金を取られるかというようなことを聞いておくことが大事です。

あなたの持っている旧価格の切手を交換して新しい価格の切手にしてもらおうとする場合、その差額だけではなく、別に手数料を支払う必要があります。

10円以上の切手であれば5円が、1枚当たりの手数料となり、10円未満の切手では、二つを足した額の半分が手数料となります。



いっそ新しく買った方が、賢明な場合も多いですし、状況次第ですが、切手を買い取っている業者に売ってしまう方がいいという場合もあるようです。
レアな切手や、各種付加価値ありの切手は、できるだけ高く売りたいと思うでしょうが、見た目の状態をチェックされて切手の最終的な価値を決められます。それを念頭に置き、今の状態をキープしながら精一杯の値段でマニアの間で価値があると思われる切手を売ることをねらうのなら、いつも切手の保存状態には業者目線で気配りを欠かさないでください。

◆何か記念日があると「記念切手」として出されたり

何か記念日があると「記念切手」として出されたりと、切手の取り扱われる時期により、流通する量も、それぞれ大きく上下することがあります。そのことによって、かなり買取価格も変化しますので少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、いつ切手を買取に出すかもよく考える必要があります。

切手の額面以外の価値は出回っている量と売買価格との兼ね合いで少しのことで変わっていくのでいつも同じというものではありません。
そんな中で、自分が切手を買い取ってもらうとき、高い買取価格をつけてほしいと言う方には、買取の相場をまめにチェックするか、買取業者のところに出向き、査定依頼を何度も出してみるという手を使ってみましょう。

切手の買取は店に直接持ち込む方法と、インターネットを使った方法があります。
店頭に直接赴く場合、移動時間や待ち時間が発生しますが、すぐに買い取ってもらえるという点は良いです。
しかし、依頼する業者により買い取り金額はまちまちですから高い値段で売りたいのなら、インターネットを使いましょう。自分には不必要な切手を売る場合、別段、記念切手や外国切手のようなレアなものである必要はありません。
普通切手であってももちろん買い取ってもらえますし、むしろ、レートがそれ以外の切手より高くなります。特に、切手の元々の値段が1000円、または、82円の通常の切手シートであったりすると、ビジネスの場では重宝されます。
消費税が高くなった場合、普通に使う切手の額面の価格も変わってくるので、通常の切手は最新のものであった方が、高く売ることが出来るのです。


切手を売る場合、自分でお店に持って行けば即日買い取ってくれるようなお店が多数存在しています。送るよりも手軽で、しかも、現金化がすぐに可能なので、急ぐ場合は大変有用です。
査定を目の前でやってもらえることも安心できて、お勧めです。

当日、業者に買い取ってもらうという場合、本人確認が出来る書類の提示が必要ですので、運転免許証や健康保険証、あるいはパスポートなどを忘れずに持っていきましょう。

◆何年間も切手のコレクションを続けている

何年間も切手のコレクションを続けている人にとって、買取に出してしまうということは自分の子との離別のような気分に陥ってしまうこともあるようです。



どちらにしろ別れてしまうのなら、出来るだけ高額買取可能なところを探し出すのがいいと思います。


手離す切手にとってもその方が、喜ぶだろうと思います。手元の切手を買い取ってもらいたいとき専門の切手買取業者に売るのもありですが、金券ショップに持ち込みするのはいかがでしょうか。チェーン店からもと質屋まで、金券ショップは店舗数が多く買取も販売もしているので初めてでも入りやすいところが多いでしょう。
いつも同じ価格で買い取ってくれるものではなく、また業者によって買取価格は異なるので、どこのお店が高い値をつけてくれるか、比較検討してから決めた方が、一円でも高く売れるでしょう。


収集した切手を実際に売る場合に気になることといえば一体いくらになるのかということです。とりわけ、人気がある切手では高価格で買い取ってもらいやすいので出来る限り高い値段で、切手を買い取ってもらいたいのなら、市場ニーズをきちんと理解したうえで適切な価格で買取してもらえるか否か判断しなければなりません。切手を業者に買取して貰う時、通常、切手料金から数パーセント引いて買取してもらう必要があることが多くあります。しかし、さまざまな切手の中にはコレクションとして希少価値のあるものもあって、高い値段で売れることもあります。あなたが買取に出す切手の価値はそれなりに分かっておいた方がいいと思います。



額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、できるだけ高く売りたいと思うでしょうが、同じものでも、状態の良し悪しをみて買取価格に大きく差が出るのは確かです。



それならば、入手したときの状態を保って売れる限りの高値で手持ちの切手を売ることをねらうのなら、どのように保管していけば一番いいか、気を配ることを忘れないでください。