切手の買取の情報



24時間限定リアルタイム

◆お札が破れたら銀行で交換しても

お札が破れたら銀行で交換してもらえるというのは知っている人も多いと思いますが、では切手が破れてしまったら?郵便局は破損切手の対応というものはしていないのです。


では、破れた切手は使えないのでしょうか。


あんまりひどい場合は無理でしょうが、ほんの少しだけ破れたくらいで額面が確認できる切手なら、そのまま使っても大丈夫でしょう。


でも、買い取ってはもらえないでしょう。


「さあ切手を買い取ってもらおう」という時、直接買取業者に切手を持っていくという方法以外にも「宅配買取」してもらう方法もあります。


その時、宅配料金を負担してくれたり、中には梱包材の準備まで行ってくれる買取業者も少なくないのです。


ですが、売る切手が一定量以上ないとサービスしてもらえないかもしれないので気を付けましょう。


亡くなった方の持っていた切手帳や使わない切手をお持ちなら、切手を買い取ってもらおうかなと思う人もいるでしょう。


もしもそうなった時、肝心なのはどこの買取業者にするかということです。


よほどの専門家でなければ、一般的に詳しい人は少ない分野だと思いますので、今までの切手の買取の実績についてと、評判はいかがなものかを考慮しながら、業者をどこにするか選んでいくといいと思います。


世の中には切手を集めたいがために買う人がいるということを発行者側は重々承知しており、さらに、切手そのものはそんなに作るのが難しくもないので何かにつけて記念切手が発行されることは多いです。


そういう風な経緯で発行された記念切手というものは高く買い取られるケースもありますが単に記念切手というだけで、簡単に手に入るものはそう高く売れることはないです。


高く売れるだろうと思い込まずに査定してもらうことをオススメします。


通常、一枚一枚の切手の値段というのはそんなに高いということはないので普通では考えにくい莫大な量の切手を買い取ってもらうという場合でなければ、税金のことを考慮する必要はありません。


けれども、一口に切手と言っても、額面の値段を超えるような貴重なものも存在し、もしそれらをまとめて売ると予想を上回る値段になって税金の申告をする必要が出てくる可能性があります。

◆より高値での切手買取を目指すなら当たり前ですが

より高値での切手買取を目指すなら当たり前ですが、汚れておらず、きれいなものであるほどそれだけ高い買取額が付きます。


なので、保管状態は良好に保ち、取扱いの際は切手をピンセットでつかむなど保管状態に気を付け、取り扱う際も注意してください。


常に保存状態に注意して、汚れてしまわないようにすることが肝要です。


切手というのはコレクターがいて、その人たちからの需要が大きいということを発行者側は重々承知しており、切手というものには発行の際のコストは高くはないので何らかの記念にかこつけて切手の発行が行われることは多々あります。


その様な部類の記念切手は高価買取される場合もありますが記念切手ではあるけれどもさほど珍しいものではなかった場合、買取価格が高くなることはあまりないでしょう。


それほど期待しない方が無難でしょう。


なるべく高値で切手を売るには、業者選びが重要で、金券ショップではなく切手専門の買取業者を選択することが大事になってきます。


選択時に大事なことは、インターネットで口コミを検索し、良い業者を数カ所選択して、各々の業者に値段をつけてもらい、高額となった業者に決めるのがベターです。


切手は一度使ってしまったら、もう買い取ってはもらえないだろうと想像している人もいるでしょうが、実際試してみるとそれは間違いかもしれません。


とりわけ、古くても保存の状態が良好で集めている人にとっては魅力的なものだった場合、未使用の切手でなくとも、買取してもらえる可能性もあります。


もしも、「そういう切手、うちにある!」と心当たりがあるのであれば切手を買取してくれるような業者に、一度話してみてください。


もしバラの切手であっても買い取ってもらえるようです。


私はあまり存じ上げなかったのですが、台紙に切手を貼って買い取ってもらう時のやり方についてみてみたら整然と並べる必要があり、そうしなければ認められないらしく骨の折れる作業になりそうです。


そうは言っても、買い取ってもらう時に貼りついている方が高いという事であれば、せっかくならやってみようかなという気になります。

◆ほぼすべての切手を買い取る業

ほぼすべての切手を買い取る業者ではプレミア切手という呼び名の切手の買取も承っています。


プレミア切手とはどのようなものかというと明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、よく知られているのは「見返り美人」「月に雁」というものです。


とても珍しいものなので、シートではなくバラになっていたとしても高価格での買取になる可能性もないとは言えません。


切手集めを趣味とする人は多いので収集家の間では高値で買われるものです。


買取専門店も各地でその競争は激しく、その将来性も含め、思っているよりも意外なほどの市場の広がりを推測できるでしょう。


インターネットは切手収集にも大きな変化を及ぼし、ネットを介して売買することも増え、今後、さらに市場が拡大すると思われます。


切手を売りたいのであれば、別段、記念切手や外国切手のようなレアなものである必要はありません。


通常の郵便物に使われる切手も買取が受け付けられており、逆に、他の切手よりレートが高い場合もあります。


そのなかでも、元々の切手料金が1000円だったり、もしくは、82円の普通の切手シートは、ビジネスの場では重宝されます。


消費税率が上がると、必要な切手の料金も高くなるので、普通切手は新しいものの方が高価で買取されます。


梅雨時になると心配なのがカビです。


今年はラッキーなことに目立った被害もなく掃除が終われそうだと思ったら、在りし日の父が整理していた切手シートやバラ切手、記念切手類も含めたくさんの種類の切手アルバムを何冊か見つけ出しました。


見た目は特に傷みは感じませんが、このままうちで保管をつづけたとしても劣化が心配です。


近いうちに買取業者に持って行ってもいい時期になったという事でしょうか。


あなたが切手を業者に売ろうとするとき、高く売れるのはバラではなくシートとして買い取ってもらった場合です。


けれども、例えば、手元にたくさんのバラの切手があるならば、買取の際、工夫すればレートを高くできます。


一体どういう方法でしょう?正解は、なんと、台紙に貼りつけるだけでいいのです。


どういう風に貼ればよいかというと、まず、同じ額面の切手を50枚とA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)を用意します。


それを縦5行、横10列になるように貼り付けるのです。


これだけのことでレートが変わり、時には10%も上がることもあるためインプットしておいてくださいね。

◆「一度使った切手に価値なんかない」と想

「一度使った切手に価値なんかない」と想像している人もいるでしょうが、意外と、そうではないかもしれなせん。


特に年代の古いもので綺麗なまま保管されていてコレクターの中で需要の高いものであると「もうこの切手使ってあるけれど」という場合でも買取に応じてもらえる場合があります。


もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、是非切手の買取業者へ聞いてみましょう。


切手を買い取ってもらう場合には、シートとして組になった状態で売ることをお勧めします。


なぜならその方がレートが高くなるからです。


けれども、例えば、手元にたくさんのバラの切手があるならば、高値で売る技があるのです。


台紙に貼付する、というシンプルな方法です。


貼り付け方としては、同じ料金の切手を50枚集め、A3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)に縦5行、横10列で貼り付けます。


レートを上げるにはこういったことが必要で、この場合は10%ほど高くなることもあるくらいですので、インプットしておいてくださいね。


切手コレクションが趣味の人は世界中に年代を越えて存在し、買取市場では、意外なものが額面の合計を上回る買取金額もしばしば見られます。


同じ切手に高値をつける業者も、そうでない業者もいます。


ということは時間と手間をかけてでも、高値で自分が持っている切手を買ってほしければ多くの買取業者から査定してもらいその切手の買取相場を調べましょう。


従来の場合、切手の状態を鑑みて、額面よりも安くなった金額が切手の買取価格となります。


ですが、収集家に人気の切手は、付加的価値がついており切手料金を超える価格となることもあります。


「この切手売りたいけど、どのくらいの価値があるのか?」という人はネットで探してみるか、切手を買い取ってくれる業者に査定を依頼しましょう。


切手とは、郵便料金の支払いを示すもので、郵便物として送りたいものに、貼って使うものです。


この世にはたくさんの切手があり、多彩な絵柄の物が世に出ており、一般的に、一つずつであれば高い値段ではないので集めて楽しむことが出来ます。


切手集めをしている時に、「この切手もういらないな」というものが出てきた場合には、買取業者に持っていくということも一つの手です。

◆旧価格である切手を交換して新しい価格の切手にしてもらお

旧価格である切手を交換して新しい価格の切手にしてもらおうとする場合、その二つの差額に、さらに別途で手数料を払わなければなりません。


もしも10円以上の切手であったときには1枚につき5円、10円未満の切手ならば、両者の合計を半分にした料金を手数料として支払うことになります。


この場合には新しく買ってしまう方が結果的に得をすることもあるでしょうし、状況により、切手を買い取っている業者に売ってしまう方がいいという場合もあるようです。


意外に、切手集めを趣味にしている人が年齢性別を問わず多く、昔から家にあった切手が、買い取りしてもらうと額面には関係なく高価な買取金額もしばしば見られます。


買取価格が業者によって変わることは常識で、がんばって最高の値段で自分が持っている切手を買ってほしければ査定は無料なので、何軒かの業者に見てもらい一番高値をつけるところを探してください。


往々にして、切手は郵便に使うもので、消印が押されて使用後は特に要らなくなるものです。


けれども、その様な使用済み切手であっても、デザイン性や希少価値の高さによっては、高額買取が実現することもあります。


例えば古い切手は持っているけどどのくらいの価値なのかよく分からないという場合、古切手買取業者に査定を申し込んでみるといいと思います。


買取業者に切手を買取ってもらう時、切手シートとしてでなければ駄目なのではという風に思っている人も多いかもしれませんが、一枚ずつの切手でも買取可能です。


ですが、どうしても切手シートよりは低価格の買取になりやすいです。


それに加えて、もし汚れのある時、または糊が落ちている時にはなおさら低価格での買取になってしまいがちです。


大量の切手コレクションがあるのなら、ご自身で業者に行かれるのではなく、出張買取のシステムを使うのが、賢く買い取ってもらうポイントです。


昨今では、専門として切手買取を行う業者も出てきて、さかんに出張買取を行っている業者も増えています。


出張買取のいい点は、時間をかけて店まで行く必要がなくなり、時間を気にせずに査定してもらえるという点です。