切手の買取の情報



24時間限定リアルタイム

◆切手を収集する人がいるという事を発行する立場に

切手を収集する人がいるという事を発行する立場にある人も理解していて切手自体はそこまで発行費用が高いわけではないこともあり、記念切手は何かと発行されやすいです。


その様な部類の記念切手は買取価格が高い値段になることもよくありますが記念切手ではあるけれどもさほど珍しいものではなかった場合、そこまで高く買い取られることはないでしょう。


それほど期待しない方が無難でしょう。


「使い終わった切手に値段なんてつかない」と諦めている人もいるかもしれないですが本当はそうではない可能性もあります。


特に年代の古いもので綺麗なまま保管されていてコレクターの中で需要の高いものであると未使用の切手でなくとも、業者に買い取ってもらえることもあります。


仮におうちにそんな切手が残っていたとしたら、是非切手の買取業者へ聞いてみましょう。


お札が破れたら銀行で交換してもらえるというのは知っている人も多いと思いますが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。


実は郵便局は破れた切手を交換してはくれません。


それならば、切手が破れたらどうしたらいいかというとあまりにひどい場合はだめですが、ほんの少しの破損ぐらいで、額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならそのまま使っても大丈夫でしょう。


ですが切手を業者に売ることは不可能に近いです。


切手の買取は業者に直に買い取ってもらう方法とパソコン上で可能な方法が存在します。


お店に持っていく場合、移動時間や待ち時間が発生しますが、いい点もあり、それはその日のうちに買い取ってもらえるということです。


けれども、業者によって買取額にバラつきがあるので、「高く売りたい」というのならインターネットをうまく活用した方がベターだと思います。


切手は紙製であるということから、案外、繊細なものです。


殊に高温、湿気によるダメージを受けやすく、高値での買取を実現するためにも、保存状態には十分配慮しましょう。


ストックリーフ、またはストックブックのようなものを使って、日の光を避けて保存するようにしてください。


また、湿気も避けてくださいね。

◆この切手はいくらで売れるか、

この切手はいくらで売れるか、額面以外の付加価値を考えたとき出回っている量と売買価格との兼ね合いでダイナミックに変わっていき他の市場と同じく、一定していません。


そうは言っても、いざ切手を売るときには高い買取価格をつけてほしいと言う方には、インターネットなどで、切手の買取相場をチェックしても良し、買取の査定を定期的に何度か受けるという手間を惜しまないでください。


梅雨時になると心配なのがカビです。


ラッキーなことに今年は被害も少なく掃除が終われるかと思っていたら、生前の父がこまめに集めていた様々なシートや記念切手、バラなど、多くの種類の切手のアルバムの束を見つけました。


見た目では傷みはありませんが、今後もうちで保管した場合、質が落ちてしまいそうな気がします。


もうそろそろ、買取業者に持って行ってもいい時期になったという事でしょうか。


紙から切手は出来ていますので実は取扱いの際に注意する必要があるものです。


なかでも、熱であったり湿気であったりの影響を受けやすく、高く買い取ってもらうためにも保管状態には気を配りましょう。


ストックリーフであったり、ストックブックであったりに入れて、直射日光を避けて保管してください。


湿気が多い場所もやめてくださいね。


外国切手は一般的には使い道がないですが、デザインが海外ならではの物であったりすることが多く一部では人気があったりすることも多く、思ったよりもコレクターが多く存在している切手だと言えます。


なので、数ある業者のうち買取を実施しているところも多く存在していますが、レアなものでない時や、バラバラに収集されたものは、買い取ってもらえないことはよくあります。


切手というものはコレクションとしてほしがる人が多いということを発行者も理解していて「切手」というもの自体には発行する時の費用がそうかかるわけではないので何らかの記念にかこつけて切手の発行が行われることは多々あります。


その様な部類の記念切手は高価買取される場合もありますが単に記念切手というだけで、簡単に手に入るものはそんなに高値になることはありません。


高く売れるだろうと思い込まずに査定してもらうことをオススメします。

◆不要な切手の現金化と言えば切手買取

不要な切手の現金化と言えば切手買取専門のお店も数多くありますが、金券ショップに持ち込みするのはいかがでしょうか。


多くの町に金券ショップはあり、いろいろなものを買い取ってくれるので利用したこともあるのではないでしょうか。


買取レートの動きはめまぐるしく、店舗、また査定する人によって買取価格に差もあるので手間を惜しまず、多くの店舗の査定額を比べて決定した方が絶対得です。


集めた切手を売ろうとするとき関心があることというと買取価格はいくらになるのかということでしょう。


とりわけ人気の高い切手に関しては高値で買い取られやすく出来る限り高い値段で、切手を買い取ってもらいたいのなら、どのくらいニーズがあるかをきちんと知っておき、提示の買い取り金額の妥当性を見極める必要があるのです。


通常だと切手を買い取ってもらう場合は、売る予定の切手を買取業者に持ち込む店頭での買い取りが一般的でしたがここ最近の傾向として買取の際に出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者も珍しくありません。


たくさんの切手を売りたいという時に、店先まで赴くのは面倒です。


それだけでなく、店から離れたところにお住まいの方は時間も交通費もバカになりませんので出張や宅配での買取を頼んだ方がいいでしょう。


手元にある未使用切手を現金化したいときは切手を専門に取り扱う業者を訪ねるのが比較的高く売れます。


額面だけでなく、切手の価値を見てくれますし希少価値のあるものを高く売ることも可能です。


金券ショップなども、切手を買取しますと掲げていますが、切手に関しては一般的な知識しかない業者が多く、額面はいくらか、保管状態はいいかだけを見て買取価格を出すしかないのでとてももったいないことになってしまいます。


使用する予定のない切手を買い取ってもらいたい場合もあると思います。


そんな時どうしますか?買取専門業者へ送付し査定を依頼する方法も使えます。


使わないで保管しておくより、是非売りましょう。


思っていたよりも高価格で買い取ってもらえる場合もあります。


試してみるといいと思います。

◆ほぼすべての切手を買い取る業者では「プレ

ほぼすべての切手を買い取る業者では「プレミア切手」という名前の切手の買取の受け入れも行っています。


念のため、プレミア切手について説明すると、明治・大正・昭和戦前戦後の頃に作られた切手のことで、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。


めったにないものなので、纏まった状態でなく一枚ずつになっていても高く買い取られる事も十分あり得ます。


切手のうち旧価格の物を持っていて、換えてもらって新価格の切手にしようという時には、その二つの差額に、さらに手数料として別にお金を払わなくてはなりません。


もしも10円以上の切手であったときには1枚につき5円、切手が10円未満だった場合は、二枚の合計の半分の値段が手数料となります。


もう新しく買ってしまった方が、得だということもあり、下手をすると買取業者に売る方がいいということも起こり得ます。


意外に、切手集めを趣味にしている人が裾野を広げており、買取市場では、意外なものが額面には関係なく高価な金額で買い取ってもらえることもあります。


切手買取も、業者によって価格はかなり違います。


ですから合法的に高い値段で切手を売ろうと考える方、多くの買取業者から査定してもらい比較検討することをおすすめします。


グリーティング切手というものがあります。


これは、キャラクターがプリントしてあったり、特別な装飾がされているような切手のことを言います。


従来の切手とは形も違い、多種多様です。


郵便物を華やかにする演出を施してくれる効果もあって切手収集家の人にとっては価値があるものでもあるので人気ですので、高価買取も夢ではありません。


例年、梅雨の時期になるとカビのことが気がかりです。


今年は運よくあまり被害を受けず、掃除が終われるかと思ったら父の生きていた時に集めていたバラの切手やシート切手、記念切手等、数冊のいろいろな種類の切手アルバムが出てきたんです。


ぱっと見た感じ傷んではいないようですが、今後もうちで保管した場合、劣化が心配です。


近いうちに買取に出しても許されるタイミングになったのでしょうか。

◆切手は一度使ってしまったら、もう買い取ってはもらえな

切手は一度使ってしまったら、もう買い取ってはもらえないだろうと想像している人もいるでしょうが、実際にはそれは間違いかもしれません。


中でも、古いもので大切に保管されていた良い状態のものでコレクターの中で需要の高いものであると未使用の切手でなくとも、買取に応じてもらえる場合があります。


もしも家の中に心当たりのある切手があるのであれば、試しに切手買取業者に相談してみてください。


長期間にわたって、切手のコレクションを続けている人にとって、買取に出すことは、自分の子との離別のような気分に陥ってしまうこともあるようです。


同じように我が子を手離してしまうのなら可能な限り高値で買い取ってもらえるところを見つけるのがいいと思います。


 手離してしまう切手からしてみても、その方が、喜ぶだろうと思います。


外国切手というと使い道のないイメージではありますが海外ならではの特徴的な絵柄から、一部では人気が高く、実は集めている人が多い切手だと言えます。


ですから、買取を受け付けているお店も、かなりありますが、多く出回っているものや、揃っていないコレクションであった時には買い取ってもらえないことはよくあります。


切手は紙製なので予想以上に扱いが難しいものです。


殊に熱であったり湿気であったりの影響を受けやすく、買取時に価値を落とさないようにするためにもどのように保管するかは大事です。


ストックリーフであったり、ストックブックであったりに入れて、日の光を避けて保存するようにしてください。


また、なるべく湿気の少ない部屋に保管しましょう。


出来るだけ高額での切手買取を希望されているのであれば、金券ショップのようなところではなくて、買取業者のうちでも専門のところを選ぶということが不可欠です。


選択時に大事なことは、評判をネットなどで調べてみて、評判のいいお店を何カ所かセレクトし、業者間で査定額を比べ、評価額が高かった業者へ決めるのがベターです。