切手の買取の情報



24時間限定リアルタイム

◆切手のような多数収集することが多いものは、そう

切手のような多数収集することが多いものは、そうして集めたものをまとめて一度に実際に店舗に行って買取業者に出したとすると、それだけの量を査定するとなると長時間かかり大分待たされるかもしれません。


それを考慮すると、インターネットを利用して切手査定を受けるという方法は、店に出向くことなく、好きな時に手続きしてもらえるので、とても重宝するやり方でしょう。


大体の切手の買取においては、一般によく知られているのは店頭に直に持ち込む買取方法が主流でしたが、最近のトレンドでは、ニーズに応えて買取の際の出張や、宅配も行う業者もよくあります。


もしも売ろうと思っている切手の量が多い場合、業者まで持ち込むというのは楽なことではありません。


その他にも、ご自宅から業者まで距離がある場合は、要する時間であったり交通費であったりを省くためにも出張や宅配での買取を頼んだ方がいいでしょう。


実際に切手を買取に出したい場合、店頭に持っていくやり方と、インターネットを利用して行う場合があります。


店に直接出向く場合、移動の手間や待ち時間がかかりますがその日のうちに売買成立というメリットがあります。


ただ、業者ごとに買取額が違っていますから、「高く売りたい」というのならインターネットを使いましょう。


切手を集めている人は案外年代を越えて存在し、レアものであれば、買取の時、驚くほど高価なプレミアがつくということもあります。


同じ切手に高値をつける業者も、そうでない業者もいます。


ということは合法的に高い値段で切手を売る方法としてはできる限りたくさんの買取業者に持ち込んで一番高値をつけるところを探してください。


今、中国の切手の買取の需要が高いって知っていましたか?何故かというと、切手の人気が中国の中で高まっているということが背景にあるようです。


ですが、高く買い取られる可能性があるのは切手のうちでも文化大革命時代のものなどごく一部だけです。


それに、切手買取業者のうちでも外国切手の買取は行っていないという場合もあるので事前に確認しておきましょう。

◆もしも、切手を買い取ってもらおうと思う場合、特に記

もしも、切手を買い取ってもらおうと思う場合、特に記念切手や外国切手のような希少価値の高いものでなくたって大丈夫です。


普通切手であってももちろん買い取ってもらえますし、それどころか、他の種類の切手と比べて、レートが高いぐらいです。


特に、切手の元々の値段が1000円、または、ごく普通に取り扱われている82円切手シートならば、ビジネスの世界においてはよく売れます。


消費税率が上がると、必要となる切手料金も上がるので、普通切手は新しいものの方が高価で買取されます。


もしもあなたが切手を買い取ったもらおうとする際には、より買取のレートが高くなるのは、1枚ずつよりもシートの場合です。


そうはいっても、もしも「バラしか持ってないよ」という場合でも、高く買い取ってもらえる方法があります。


その方法は簡単で、ただ台紙に貼ってしまうだけでいいのです。


どういう風に貼ればよいかというと、まず、同じ額面の切手を50枚とA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)を用意します。


それを縦5行、横10列になるように貼り付けるのです。


これだけのことでレートが変わり、時には10%も上がることもあるため頭の片隅に残しておいてください。


もし旧価格の切手を新料金の切手に交換しようとするとき、それら二者の差額はもちろんですが、それに加え、別に手数料を支払う必要があります。


10円以上の切手であれば5円が、1枚当たりの手数料となり、10円未満の切手では、二つを足した額の半分が手数料となります。


もう新しく買ってしまった方が、お得なこともありますし、ケースによっては、切手買取の業者に売った方がいい結果になることもあるといえます。


従来の切手の買取というものは買取してもらう予定の切手を持って業者に赴くという方法が主でしたが、ここ数年では増えつつあるのが、出張や宅配を通して買取を行うお店です。


買い取ってもらいたいような切手が多数あるとき、業者まで持ち込むというのは楽なことではありません。


その他にも、ご自宅と店が離れているという方の場合も、要する時間であったり交通費であったりを省くためにも買取の際、出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者を使わない手はないと思います。


郵便物が届いたらよく見てみましょう。


あっと驚くような貴重な切手が使ってあることがあるのです。


そうした切手は是非業者に売りに出しましょう。


万が一消印が押印されていたとしても支障はありませんが全く使っていない切手と比べると低い金額で買い取られることになります。


希少価値の高い切手を持っているのなら、試しに買取してもらってみては?高価な切手が隠れているかもしれません。

◆何かしら物を買取に出す場合に

何かしら物を買取に出す場合に気を付けることは、どのような状態で保管してあったのかが大事になってくるということです。


同じように、切手の買取の際も色褪せや破れによって値段が下がってしまうでしょう。


市場にあまり出回っていない切手なら欲しがる収集家も多数いるでしょう。


「興味ないわ」という場合には、丁寧に扱わなくなることが多いですが、大事に扱ってくださいね。


何か記念日があると記念切手が出回るなど、切手は発売時期によって出回っている切手の量も大きく上下することがあります。


そうなることによって買取の金額もかなり上下しますので、少しでも高い値段で買い取ってもらうにはその切手を買い取ってもらうのをいつにするかによっても重要なファクターです。


グリーティング切手というものを知っていますか?この切手は人気のキャラクターが印刷してあるものや装飾が施されているような切手です。


従来の切手とは形も違い、様々なものがあります。


通常の郵便物もこれがあるだけで華やかになる効果もありコレクターズアイテムとしても価値があるものなので、人気ですので、高値で買い取られることも多いです。


業者に切手を買い取ってもらうには、シートとしてまとまっている切手でなければならないのではと予想している方も多いですがバラバラになっている切手でも買い取ってもらえます。


しかし、大体切手シートと比較して買取価格が安くなります。


その上、もしも汚れた状態や糊の落ちた状態であった場合には余計に買取の価格から引かれてしまうことがあります。


紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、では切手が破れてしまったら?郵便局は破損切手の対応というものはしていないのです。


ならば、破れている切手は果たして使えるのでしょうか。


破れ方が極端な場合は使えませんが、ちょっと破れたぐらいで、額面がしっかりと確認できる程度の破損の切手であれば、ちゃんと使えることが多いです。


ただ、その切手を買い取ってもらうということは出来ないかもしれません。

◆切手コレクションがかなりの量である時には自分

切手コレクションがかなりの量である時には自分で店頭に持っていく方法よりも、出張買取を使うという方法が、効率的な方法です。


ここ最近では切手の買取だけを専門的に行っているという業者も出てきており、出張買取という方法も珍しくなくなり、行っている業者も多いです。


出張買取のいいところは、店まで行かなくて済むことと、たっぷり時間をかけた査定が受けられるということです。


大体のケースでは切手の状態から判断して、元々の切手の値段よりいくらか安くした値段が切手買取の値段として支払われます。


ただし、収集家にとって価値のある切手なら、元々の値段より高値となることがあるのです。


切手を売るつもりだが価値が判断できないという時にはパソコンを使って調べたり、価値判断を切手買取業者に委ねましょう。


何かを買い取ってもらう時に注意することは、保存の状態というものが問われます。


切手を買い取ってもらう場合にもあてはまることで色褪せや破れによって評価が下がります。


入手が困難な切手であれば「欲しい」というマニアも多く存在するかもしれないですよ。


もし自分は無関心だった場合、ぞんざいに扱ってしまいやすいですが、取り扱う場合には注意をしましょう。


切手のような多数収集することが多いものは、そうやって収集したものをいっぺんに実際に店舗に行って買取業者に出したとすると、それだけの量を査定するとなると長時間かかりかなりの時間待たなくてはならなくなることもあり得ます。


その点からいうと、ネット上で出来る切手査定は、店に出向くことなく、好きな時に出来る方法なので、大変効率的な方法です。


切手買取において気を付ける必要があることは、悪徳業者を上手に避けるということですね。


悪徳業者はこちらの知識不足を上手く利用して通常よりもかなり安く買い取ろうとしてきます。


完全に見分けるということは困難ですが、前もっての準備として口コミなどもチェックしておくと悪徳業者から身を守ることが出来るのではないかと思います。

◆お札が破れたら銀行で交換して

お札が破れたら銀行で交換してもらえるというのは知っている人も多いと思いますが、それならば切手が破れたらどうすればいいのでしょう。


郵便局では、破れてしまった切手を交換するということはしていません。


そうであれば、切手が破れたらどうしたらいいかというと破れ具合がひどすぎるものはだめですが、わずかな破損で額面が確認できる切手なら、その状態で使えることが多いと思います。


でも、買い取ってはもらえないでしょう。


業者に切手を買い取ってもらうには、切手シートとしてでなければ駄目なのではと予想している方も多いですがバラバラになっている切手でも買い取ってもらえます。


しかし、どうしても切手シートよりは低価格の買取になりやすいです。


その上、もしも汚れた状態や糊の落ちた状態であった場合にはより低価格での買取になってしまいがちです。


もし旧価格の切手を交換して新しい価格の切手にしてもらおうとする場合、その差額だけではなく、別途で手数料を払わなければなりません。


10円以上の切手であれば5円が、1枚当たりの手数料となり、切手が10円未満だった場合は、二枚の合計の半分の値段が手数料となります。


新規に購入してしまった方が、結果的に得をすることもあるでしょうし、ケースによっては、買取業者に売る方がいいということも起こり得ます。


外国切手は一般的には使い道がないですが、外国特有の珍しいデザインで一部では人気が高く、案外集められている切手でもあります。


そういう訳で、買い取ってくれるようなお店もたくさんあるのですが、そう珍しいものではない場合や、コレクションしていてもバラバラだった場合などでは受け入れられないことも多いです。


「切手を買取に出そう」という時、バラバラに分かれているものよりも、シートとしてひとまとまりになっている方が高値で買い取ってもらえます。


ですが、一つ例を挙げると、数があるにはあるけどバラの切手ばかり、というあなた、高値で売る技があるのです。


どうしたらいいのか?簡単です。


台紙に貼ればいいのです。


同じ切手50枚、そしてA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)さえあれば出来る方法です。


切手をそれに縦5行、横10列で貼りさえすればいいのです。


たったこれだけのことで、レートが10%アップすることもありますのでいつかのために忘れないようにしてくださいね。