切手の買取の情報



24時間限定リアルタイム

◆未使用の切手でなければ買取されないと想

未使用の切手でなければ買取されないと想像している人もいるでしょうが、実際試してみると予想外の結果になるかもしれません。


特に年代の古いもので綺麗なまま保管されていてコレクター界隈では人気の高いものの場合は既に使用してしまった切手であろうとも業者に買い取ってもらえることもあります。


もしも、「そういう切手、うちにある!」と心当たりがあるのであれば一か八か、切手を買取ってくれるような業者に問い合わせをしてみることをすすめます。


一般的に、切手というと郵便に利用するもので、消印が押印され、役目を終えると必要がなくなります。


ですが、そういった古い切手でも、デザインや希少性から価値のあるものとして認められたときには買取の際に高くなることもあります。


万が一、あなたの手元にある古い切手の価値が自分では分からないというのなら、古切手買取業者に査定を申し込んでみるといいと思います。


梅雨時になると心配なのがカビです。


幸いなことに今年は被害も少なく掃除は終わり、と思っていたら、父が生きていたころにまめに整理をしていたバラの切手やシート、記念切手等、いろいろな種類の切手のアルバム数冊が出てきました。


一見、傷みなどはないように見えますが、このままうちで保管をつづけたとしても劣化してしまいそうに思えます。


やがて近いうちに買取業者に持って行ってもいい時期でしょうかね。


何かを買い取ってもらう時に注意することは、保存の状態というものが問われます。


切手の買取についても同様のことが言えて、色褪せや破れがあった場合には、買取価格が安くなってしまいますよね。


市場にあまり出回っていない切手ならコレクターの需要もあるかもしれません。


関心がなければ雑な扱いをしてしまいやすいですが、大事に扱ってくださいね。


切手は紙製なので実は破れたり劣化したりしやすいものです。


中でも特に、熱や湿気に影響されやすいので高い値段で買い取ってもらうためにも、注意して保管する必要があります。


ストックリーフ、またはストックブックのようなものを使って、直射日光を避けて保管してください。


また、湿気も避けてくださいね。

◆殆どの切手買取業者では、「プレ

殆どの切手買取業者では、「プレミア切手」という名前の切手の買取も受け付けています。


プレミア切手とはどのようなものかというと明治・大正・昭和戦前戦後の頃に作られた切手のことで、よく知られているのは「見返り美人」「月に雁」というものです。


めったにないものなので、纏まった状態でなく一枚ずつになっていても高値が付く可能性もないとは言えません。


レアな切手や、各種付加価値ありの切手は、できるだけ高く売りたいと思うでしょうが、同じものでも、状態の良し悪しをみて当然ながら、買取価格がかなり変わります。


このことを考えると、現状のまま有利に交渉して大事な自分のコレクションを売ろうと考えているなら切手の保管状況はどうなっているか、気を配ることを忘れないでください。


切手を売却する時、業者に直に買い取ってもらう方法とインターネットを使った方法があります。


業者に持っていく方法だと時間や手間がかかってしまいますがすぐに売れるという利点があります。


けれども、買取額には、業者間で差がありますのでできるだけ高価格で売りたければ、ネットを使った方が良いと思いますもう使わない様な切手を多数の人が売ってしまいたいと思います。


その様な時には買取専門業者へ送付し査定を依頼する方法も使えます。


使い道がなければ買取を依頼しましょう。


思っていたよりも高価格で買い取ってもらえる場合もあります。


やってみる価値はあると思います。


普通、切手の買取と言えば、買取してもらう予定の切手を持って業者に赴くという方法が主でしたが、ここ数年では買取の際に出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者も珍しくありません。


大量に買い取ってほしい切手があるのなら、店先まで赴くのは面倒です。


それ以外にも、ご自宅と店が離れているという方の場合も、時間と交通費を抑える意味でも買取のために出張や宅配を利用した方がいいと思います。

◆額面プラスアルファの価値がありそ

額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、同じものでも、状態の良し悪しをみて買取価格に大きく差が出るのは確かです。


それならば、入手したときの状態を保って売れる限りの高値で大事な自分のコレクションを買い取ってもらおうとすれば切手の保管状況はどうなっているか、気を配ることを忘れないでください。


切手を業者に買い取ってもらう場合に、バラの切手でなくシートじゃないと認められないと思い込んでいる人もいるでしょうが、切り離してある状態の切手でも買い取ってもらうことはできます。


ただ、シートになっている状態の切手と比較すると安値での買取になってしまいがちです。


その上、もしも汚れた状態や糊の落ちた状態であった場合にはなおさら買取の価格から引かれてしまうことがあります。


記念日の際に記念品扱いで発売されることもあり切手の取り扱われる時期により、一枚一枚の市場に出回る量もかなり変わってきます。


そうなることによってかなり買取価格も変化しますので少しでも高い値段で買い取ってもらうにはその切手を買取に出す時期というのも、関わってきます。


この切手はいくらで売れるか、額面以外の付加価値を考えたとき売り手と買い手の駆け引きによって結構変化するので価格は一定しないと考えてください。


この現状で、切手の売却を考えたとき一円でも高く売りたいと思わないわけにはいきません。


それならインターネットなどで、切手の買取相場をチェックしても良し、業者の査定を定期的に受けるなどを検討してください。


実際に切手を買い取ってもらうという場合、通常、切手の額面から何割か引いた額で買い取られることになります。


しかしながら、切手と言っても収集家にとって魅力的な切手は価値があり、高く買取してもらえる場合もあります。


あなたが買取してもらうつもりの切手の大体の値打ちは大体でいいので把握できていた方が安心です。

◆外国切手というと使い道のないイメージで

外国切手というと使い道のないイメージではありますが日本では見ないような独特のデザインであることから、ある一定の人気があり思いのほかコレクションしている人が多数いる切手ではあります。


それゆえ、業者の中でも買取を受け付けているところは数的には少なくはないのですが、希少価値が高くないものだったり、揃っていないコレクションであった時には受け付けてもらえない場合も多々あります。


実際に切手を買い取ってもらうという場合、通常、額面の料金そのままでなく、何パーセントか安い値段で買取が成立することが殆どです。


しかし、切手にもいろいろあり、その中にはコレクション的な価値を持つものもあり、高く買取してもらえる場合もあります。


あなたが買取してもらうつもりの切手の大体の値打ちは大体でいいので分かっておいた方がいいと思います。


「一度使った切手に価値なんかない」と想像している人もいるでしょうが、本当は予想外の結果になるかもしれません。


特に年代の古いもので綺麗なまま保管されていてコレクター界隈では人気の高いものの場合は既に使用してしまった切手であろうとも買取契約が成立することもあるのです。


もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、試しに切手買取業者に相談してみてください。


もしもあなたが切手を買い取ったもらおうとする際には、バラよりもシートの状態の方が高値が付きます。


ただし、もしも「バラの切手ならたくさんあるんだけど」という時に、買取の際、工夫すればレートを高くできます。


その方法は簡単で、ただ台紙に貼ってしまうだけでいいのです。


具体的な貼り方は、同じ切手料金の切手50枚を、A3サイズの紙(A4を二枚貼り合わせたものでもOK)に縦5行、横10列に並べて貼ります。


これをすることにより1割もレートが上がることさえありますからインプットしておいてくださいね。


良い状態で保管されていたような、過去の記念切手だったりすると、買取価格が驚くような額になることもあります。


そのような珍しい切手の場合には、第一に鑑定をしてもらえる鑑定買取がいいでしょう。


店舗のみならず、ネットを利用することも可能で、価格を出してもらってから、買い取ってもらうかどうするか決断を下すということが可能です。

◆あなたが切手を業者に売ろうとするとき、切手を

あなたが切手を業者に売ろうとするとき、切手を買取してくれる業者に直接行くだけでなく依頼すれば宅配買取という方法を使うことが出来ることもあります。


その方法を利用する時には宅配でかかる送料が心配かもしれませんが、無料にしてくれたり、梱包材まで用意してくれる買取業者も多くあります。


ただ、売る切手が一定量以上ないとこの限りではありませんので、気を付けなければなりません。


切手収集が趣味だった方の遺留品が残っていたり、不要な切手のやり場に困ったら、切手を買い取ってもらおうかなと思う人もいるでしょう。


その際、どういう風にして買取業者をチョイスするかが問題になってきます。


コレクターなら話は別ですが、殆どの方が詳細は分からないと思うので、実際に行われた切手買取の実績と、評判はいかがなものかを考慮しながら、業者選択を進めていきましょう。


例年、梅雨の時期になるとカビのことが気がかりです。


今年はラッキーなことに目立った被害もなく掃除が終われそうだと思ったら、在りし日の父が整理していた切手シートやバラ切手、記念切手類も含め数冊のいろいろな種類の切手アルバムが出てきたんです。


見かけ上、傷みはないようですが、この状態でうちで保管し続けたとしても質の低下が心配です。


やがて近いうちに買取に出しても許される時期でしょうかね。


切手のように大量に収集するケースが多いものの場合、そうやって収集したものをいっぺんに業者にお店で買取査定してもらうとすると、査定にそれだけ時間がかかることになり長い間待たされる可能性があります。


それを考慮すると、ネット上で出来る切手査定は、家に居ながらにして、何をしていても手続きすることが出来るため、大変効率的な方法です。


往々にして、切手というと郵便に利用するもので、消印が押印され、使用後は特に要らなくなるものです。


ですがそれだけではなく、そんな古い切手も、デザインが認められたり、珍しいものであると認定された場合は、買取の際に高くなることもあります。


もしも、あなたの家にある古い切手の価値が自分では分からないというのなら、査定を古切手の買取を行っている業者に頼んでみましょう。