看護師情報



◆実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります

実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。


その方法は、病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。


そもそも、看護師は専門職で長く勤務することが出来る安定した仕事だということで希望者が多いのですが、公務員のメリットを生かす事も出来ればもっと安定性が高まりますよね。


公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、最大のメリットだと言えるでしょう。


国外で助けを求めている人に、看護師として役に立ちたいと思案している看護師の方もいるでしょう。


海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、看護師は常に求められているのです。


当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで医学的な英会話ができる事が最低条件になります。


海外で看護師として活躍したいのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。


本当に何をきっかけにして交えるとイメージが良くなります。


多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは大きな問題です。


代表的な要因として看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。


法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事が増加する一方になり、労働時間も長くなりますから、休みを取るのも困難なのです。


また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、看護師を退職する人も珍しくありません。


看護師を志したのは中学での職業体験でのことでした。


体験先の介護施設の看護師の方に衝撃を受けたからです。


将来的にはこんな風に働きたいと感じたのが始まりで看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。


楽しいことばかりではありませんが、それなりに充実していると思います。

◆小さい頃から看護師として働きたいと思っていまし

小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家庭の事情があって結局OLになりました。


ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。


転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも考えましたが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。


すると、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。


看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。


収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。


専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。


とは言え、メインで働いている職場の規定でWワークを禁じていることがあったり、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。


看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という一点では確実に、看護師の方が上回るといいます。


それから、看護師という仕事は医療機関を中心に一定数以上の需要が常に見込まれるので、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という大きなメリットがあるといえます。


ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。


看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をするとどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみが可能な職場もあります。


ここで気を付けたいことは、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して給料の額が減ってしまうことがあります。


将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。


看護師でも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうであるとは限りません。


自己アピールを上手に行えば、経験が豊かで意欲があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。


しかし、勤務の期間がほんの少しであると、採用後、すぐやめると思ってしまう場合も少なくないでしょう。

◆病気になって気落ちしていると看護師の支え

病気になって気落ちしていると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。


ですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。


具体的には、覚える必要のあるいくつもの作業や繰り返しのチェックなど酷くストレスを感じていると言えるでしょう。


こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も珍しくないのです。


中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。


すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。


これにより、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。


お世辞にも良いとは言えない労働環境で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。


夜勤のない職場に移ったとしても、多くは訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。


注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。


普通、好んで注射をされに行くような人は少ないと思いますが、もし注射されるのならば、痛くないよう、上手に打ってくれる看護師に打ってもらいたいと思うのが普通です。


とは言うものの、看護師の技術によっては上手に刺してくれる人もいれば、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。


これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。


今の職場に不満があって看護師が転職するときの秘訣は、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。


更に、3ヶ月は利用して細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。


焦った状態で次の仕事に就くと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の希望に合う仕事を丁寧に探しましょう。


ですので、自分の中で条件を明確にしておきましょう。


病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、とても高い額の給料となっております。


責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当が確実に支給されるからです。


夜勤を通常より多く入れている人ですとか急な残業を断らず行なう人の給料をみると、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。

◆看護師の人が転職する時に、違う職種へ

看護師の人が転職する時に、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。


そうは言っても、頑張って看護師資格をゲットしたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。


かなり異なる職種であっても、プラスになるところは多くあります。


苦労して取得した資格ですから、活かさないと無駄になってしまいます。


例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、当然のようにやめたいと思うことも少なくないでしょう。


仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。


そうはいっても、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと思うことはいっぱいあります。


先輩からの励ましや優しい言葉など、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。


多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。


また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。


それぞれの会社で給料が変わるものですが、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。


総合病院と町医者とでは給料も変わってくるでしょう。


こういった事を考えても、看護師として働く人の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。


看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。


けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。


なお、看護師という職についていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分の心身の健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。


看護師が働ける場所というのはクリニックや病院の他にも存在します。


グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師の働けるところは十分にあります。


こういったグループホームに入所している方は、認知症患者の方であるため、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。


介護関係に携わりたいという看護師の方は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。

◆看護師は他人の健康や時には生命に関

看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、神経を張りつめていることが多く、そうこうしているうちに強いストレスを経験することになります。


ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。


そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知っているかどうかということは、この先も長く続けたい場合は見逃すことのできない点になるでしょう。


昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師はほぼ確実に夜勤があります。


夜勤の時間帯については、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。


一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、3交代勤務の夜勤は時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。


就職先として考えている病院がどういった交代勤務を採用しているのか調べておきましょう。


日本での看護師の年収は平均して437万円くらいです。


ただ国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため年収は平均すると、593万円くらいになります。


公務員看護師は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。


準看護師だと、看護師より平均年収が約70万円くらい下がります。


働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、極力、放射線を浴びないようにすることです。


エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、慎重に行動してください。


同様に、薬にも妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、気をつけないといけません。


勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。


それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。


24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。


外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、経験が浅いとほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。


実際に、私の妻も看護師としてシフトに入っていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって苦労した覚えがあります。