看護師情報



◆一般に高給取りだとされている

一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。


そして、気になる退職金は、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それを支払ってもらえるでしょう。


一方、個人経営の病院になると、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。


決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。


高い給料をもらっている看護師でも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。


病院以外の働き口も看護師には多く、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。


ですが、本業で勤めている病院で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。


看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使と呼ばれている通り、往々にして、良い印象を持たれていることが多いと言えます。


ただ、看護師がどのように働いているかを考慮してみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。


たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。


学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。


ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。


そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。


そういうサイトを見たり、本を探したりしながらこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということが理解できて、いい勉強になったと思っています。


女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。


試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。


そういった、看護師を養成する学校はいくつか種類があるのですけれど、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。

◆主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をと

主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、一般的には課長の役職に近いと言えます。


課長職につく人物の収入が大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。


そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。


稼ぎの良い公立病院に勤めるケースではおよそ750万円程度だと想定されます。


一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますから借り入れをしようとしている場合にも大体の場合、スムーズに審査を通ります。


例外として、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは必ずしもそうであるとは言えません。


ローンを組むことが容易なのは派遣などではなく、正社員として勤めている看護師のように、安定している場合なので、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。


病院に初めて看護師が就職を果たした時、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれることもありますが、そこで人事を引き受ける人の見解により、左右される場合もあるかもしれません。


配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、そこに配属になる事が多いのです。


でももし、その配置に不満がやまないのなら直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。


看護師の仕事といっても、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置の方法も異なります。


ローテーション研修は、看護師にとって他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。


また、視野を広げて、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。


看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人看護師の意欲も上がります。


少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。


労働環境は、決して整っているとは言えず、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死してしまった看護師もいたのです。


きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。

◆看護師のための転職サイトの中に、祝い金を

看護師のための転職サイトの中に、祝い金を出してくれるサイトがあります。


転職してお金を受け取れるなんて得した気分ですよね。


しかし、祝い金を受け取るための条件を満たしていなければならないことが多いので、チェックを事前にきちんとしておくようにした方がよいでしょう。


そして、祝い金のないサイトの方がその他のサービスが充実している場合もあります。


少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。


看護師らの労働環境はあまり良くはなく、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。


きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。


世の中の高齢化が進んで、看護師は福祉施設でも需要が増してきているのです。


また、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しています。


このような事例の場合は、社員としてその会社に入社することもありえるでしょう。


昨今、看護師は足りていないと言えます。


看護師の資格を持っている人の中には、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。


このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。


それは看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。


それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。


職場の大半を女性が占めており、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。


高い給料をもらっている看護師でも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。


Wワークに向いた仕事も様々で、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなどその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、Wワークをしようと思えばできるのです。


しかし、メインの方の職場で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。


そして、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。

◆本当にどんなことをきっかけにして看護師

本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すようになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。


今までに培ったスキルを活かしたいポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。


口にしないほうがいいです。


看護師の夜勤は
16時間などの長時間勤務となっていて勤務中の仮眠が取れます。


国の指針では月に8回までとされていますが、それ以上になってしまうことも多いです。


勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり過労になる人が多いのも長続きしない看護師が多い理由の一部かもしれません。


昔の話ですが、かつての看護師といったら大多数が女性でした。


でも、今ではどこでも看護師の名称が使われ、男性の看護師も珍しくなくなりました。


看護師に相応しい性格や能力をみても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。


女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も看護師に求められる要素だといえるでしょう。


働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。


正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。


では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート看護師の時給としての相場です。


単にパートの時給としてみると良い時給なのかもしれません。


しかし、人の命に関わる責任の重さや常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、あまり良い時給ではないのかもしれません。


一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。


他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。


会社によって給料が変わるもので、その点は看護師にも同じことが言えます。


大きな総合病院と町医者を比較すれば、収入は違ったものになるでしょう。


これらの事を考慮すると、看護師だからといって平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。

◆看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、気に

看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、気になるのはその配属先ですが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなこともありますが、そこで人事を引き受ける人の見解により、決定に至ることもあります。


病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、検討された結果であることがほとんどでしょう。


それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。


勤務や休みをある程度自由にすることができ、希望に沿った仕事を選んで働ける、等などが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。


働く期間も様々で、単発、短期、長期で働ける方歓迎、というものもあってこちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合はできれば、派遣で働くということも考えて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。


看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。


看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったりテストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです。


それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人にはできれば、看護師の職についてもらいたいですね。


看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはインターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。


ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には載らない場合もたくさんあります。


しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、仕事場のカラーといったこともチェックできます。


こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションを間に入って話してくれる場合もあります。


海外で医療の立場から支援したいと考えている看護師の方もいると思います。


海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。


海外においては患者とやりとりをするうえで英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。


本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、英語を身に付ける事を優先しましょう。