看護師情報



◆小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、

小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家の都合によって会社員としてしばらく働きました。


しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。


資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという事も選択肢の一つでしたが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、実際に看護助手の立場で働きながら資格を取ることが出来る事を知りました。


この方法で看護師の夢を叶えたいです。


看護師は、16時間などの当直により長い時間の勤務となっていて仕事中に仮眠をとることが可能です。


月に8回までと国の指針で定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。


働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり体調を崩しやすいのも看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。


少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、医療職にかかわる人たちもより必要性が高まると考えられています。


ですから、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。


毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも要因となっています。


朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。


当然、休みはきちんともらえますけれど、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大変多いようです。


結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、どんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないとほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。


けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。


人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。


一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。


職場がそんな人間関係ばかりだとあまり良い気分もしないでしょうが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。

◆病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケア

病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケアにあたるため絶対に夜勤が必要になる職業です。


具体的な時間帯ですが、2交代制か3交代制かでまた違っています。


2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、対する3交代勤務の夜勤では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。


就職先として考えている病院がどちらの交代勤務で動いているのかを前もって知っておいた方が良いでしょう。


産業看護師は従業員の健康が保てるように保健について指導したり、鬱病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。


産業看護師の求人というのは一般に公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは不可能だと思います。


興味がある場合は看護師専用転職サイトを利用してください。


転職サイトでは、産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。


いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。


看護職員の価値は市場では依然高いのですが、より良い雇用環境に就くためにも、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、落ち着いて情報収集するのが安心です。


1日でも早く別な勤務先に行きたいといった状態でないなら、人材募集が増加してくるタイミングまで静観することを推奨します。


昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、実行している病院がほとんどのようです。


看護師個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか評価することを可能にするため、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。


評価を行なうのは、毎月の病院や、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という病院もあります。


このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。


看護師として外科で働く際の良い部分と、悪い部分について分かっておく必要があります。


まず第一に、術前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、スキルアップに繋がります。


マイナス面としては、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。

◆やはり、看護師の場合であっても転職

やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあるとマイナス評価となるのかというと、確実にそうであるとは限りません。


自己PRのやり方次第では、経験が多くあり、意欲的であるというイメージを与えられるかもしれません。


とは言っても、勤務の年数がほんの少しであると、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる可能性が高いでしょう。


昔から看護師さんになるのが夢でした。


ですが、家庭の都合から、企業に就職してしばらくOLとして会社に勤めていました。


ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。


転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも出来たのですが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。


夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。


看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、ステップアップと説明するのが良策です。


前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、不本意な評価をされかねません。


この場合は、仕事を変えたい本当の訳をストレートに伝えることはないですから、未来志向であることを印象付ける志望理由を言えるように準備しておきましょう。


普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。


もちろん休みはとることができますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。


結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。


とは言え、近年においては職場に戻ってきたりする人も増えてきており、大きな戦力となっています。


離職率が高い職業として看護師が有名ですが、転職率も高いですね。


このような傾向から、転職サイトの中でも看護師専用のものが多種多様に存在しています。


看護師の求人に特化した転職サイトであれば、手際よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。


最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも併用して、より良い転職先を見付けましょう。

◆景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、

景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。


転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。


この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、そういった話の内容のほかに、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く調べられているのです。


看護師としての能力に加えて、人としての良い部分も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。


夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。


働いた分の休みはちゃんとありますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大勢いる、というのが現実です。


出産し、子育てを始めるとなるといつでも託児を引き受けてくれる場所がないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。


しかし最近になって、子育てが済んだということでもう一度看護師として働くことを希望する人も増えてきており、大きな戦力となっています。


あと、結婚するときに転職しようとする看護師もかなりの数います。


パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職を検討すべきでしょう。


今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職をしてしまうのが良いと思います。


イライラが多くなりがちだと子どもを授かりにくくなるので、注意しましょう。


産業看護師はそこで働く人の健康が保てるように保健指導をしたり、ウツ病を防止するための精神的なケアも行います。


産業看護師の募集は一般公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのは無理かもしれません。


興味を持たれた方は看護師専用の転職HPを利用してください。


そういうサイトなら、産業看護師の募集も多数紹介されています。


看護師の資格を取るには、何通りかのコースがあるでしょう。


看護師の資格を取るためには、国家試験を受験することが必要ですがいきなり試験を受けるわけにはいきません。


受験資格を手にするために看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうちどれかの学校で、看護について学習することが必須になっているのです。

◆一般的に看護師が転職する要因は、人間関

一般的に看護師が転職する要因は、人間関係という人が大変多いです。


女の人が大半を占める職場ですし、イライラが多くなりがちであり、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。


その時、パワハラやイジメが転職しようと考える原因といった人も出てきています。


つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、体調不良になりやすいですので、すぐに転職した方が良いでしょう。


昔の看護師といえば、女性が担うものというイメージがありました。


でも、今ではどこでも看護師の名称が使われ、男性の看護師も多いです。


現場で求められる看護師の能力を考えた場合、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。


母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師にとって大事なポイントになっています。


一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。


他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。


会社員も会社によって給与が違うように、もちろん、看護師も同様です。


大きな総合病院と町医者を比較すれば、貰える給与に違いがあるのです。


これらの事を考慮すると、平均的な看護師の年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。


看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。


ハードな通常業務だけでなく、業務時間以外にも仕事が多くあり、残業しなければならなくなることが多いです。


それでも、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。


直前まで愚痴を言っていてもぱっと笑顔を作れるのですから看護師はさながら女優だなと感じます。


専門職だけあって、看護師という仕事についていると、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。


結婚や引っ越しといったような一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。


こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職そのものが危ぶまれます。


例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など前向きな志望動機があれば良いでしょう。