看護師情報



◆激務で知られる看護師ですが、ど

激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、元気になって退院していった患者さんが、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。


それに、やはり患者さんの家族の方からとても喜んでもらえた時など、しみじみとやりがいを感じられます。


夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、仕事からやりがいを得られない場合は、きっと辞職しようと考えてしまうはずです。


あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。


それは国公立病院や公立機関で働くという方法です。


看護師は専門的な知識や経験が求められ、安定した職種の一つであるとして注目されていますが、公務員のメリットを生かす事も出来ればこれ以上の安定性はないですよね。


公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、魅力的ですよね。


職場にもよりますが、看護師の給料というのは、他と比べると、女性の仕事としては、とても高い額の給料となっております。


病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。


他の人より夜勤をたくさんこなしていたり勤務終了でクタクタのところ更に残業をするというような看護師ですと、給料はもちろん、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。


昔の話ですが、かつての看護師といったら大多数が女性でした。


しかし最近の傾向は、看護師という名前も定着して、男女共に働く職業となってきました。


実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。


母性的な優しさだけでなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。


様々な病気を患い心細い患者にとっては頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。


覚える必要のある仕事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため実は常に緊張状態という事もあるのです。


そのため、うつ病を患う看護師も多いそうです。


看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。

◆看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場

看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。


試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、特に恐れるようなものではないようです。


看護師を養成する学校というのは専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。


気になる看護師資格の難易度ですが、どれ程のものなのでしょう。


調べてみると、看護師国家試験の合格率は90%前後となっています。


試験そのものも、学校でちゃんと学習していた人であれば合格できますので、特別に看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。


最近では、より一層、看護師の数が足りなくなってきていると言えます。


看護師資格を持っているけれども、看護師として働いていない人も多くいます。


看護師不足が起こる原因は最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。


常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。


女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。


看護師の転職しようとする動機としては、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。


女の人が大半を占める職場ですし、ストレスが多くあることもあって、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。


人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする理由という人も存在します。


大変な環境を耐えて働いてしまうと、体調不良になりやすいですので、できるだけ早く転職すべきです。


病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、けっこう良い給料をもらうことができます。


特殊な、医療現場という場所での労働ですし、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当もしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。


どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするというような看護師ですと、給料はもちろん、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。

◆未婚の友人の中でも看護師をしている人が

未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。


異性から好かれる要素の多い看護師でも、なぜ結婚できない看護師が多いのでしょうか。


具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が言えるようです。


挙げられる理由としては出会いが無かったり、自分の出世を考えて結果として婚期が遅れるという事も、ままあるそうです。


初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、大体希望を叶えてくれる病院もありますし、人事を担当する人の考えによって左右される場合もあるかもしれません。


全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、導き出された結果としての配属であるはずです。


もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。


看護師が活躍できる場所は、病院以外にもあります。


どういったところかというと、グループホームという介護施設です。


こういったところでもまだまだ看護師は足りていません。


グループホームで介護サービスを受けている方というのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、そのことを心に留めて介護することが重要です。


介護方面に興味のある看護師は勤務先にグループホームを選択することも考えてみてはいかがでしょうか。


入院施設のある病院に勤める看護師は、絶対に夜勤が必要になる職業です。


実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。


普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。


一方の3交代勤務では夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。


就職しようとしている病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、理解しておいてください。


看護師の当直というのは、16時間にも及ぶ長い時間の勤務となっていて勤務中の仮眠が取れます。


月に8回までと国の指針では定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。


勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり体調を崩しやすいのも離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。

◆看護師がかぶっている、いわゆる

看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。


あれは看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。


しかし、ここ数年の間に看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。


特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは悲しい気もしますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。


看護師は良い給料をもらってはいますが、内実は夜勤手当があることによって稼ぎが多くなるという現実があります。


仮にナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤がある勤務先を選択してください。


夜勤で勤務できるかどうかで貰える給料が大きく異なってきます。


昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど異性から好かれる要素の多い看護師でも、意外と未婚の人が多いようですね。


実際のところ、看護師の結婚年齢は両極端だという事が言えるようです。


結婚が遅い人に共通していることは、出会いが無かったり、地位を上げるために結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。


看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。


どんな時やりがいを感じるかですが、元気になって退院していった患者さんが、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。


また、特に患者さんのご家族から涙ながらにお礼を言われるような時も、しみじみとやりがいを感じられます。


夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、退職したいと願い、悩んでしまうと思うのです。


高校入学時に衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師の資格を得るのが一番早いでしょう。


でも、在学中に進路を変更したくなっても変更するのは大変です。


また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが準備期間が足りないために試験勉強や実習が不足して合格するのが難しいともいえます。

◆看護師として勤務していくうちに当然のことです

看護師として勤務していくうちに当然のことですが、やめてしまいたくなることもままあります。


仕事上のミスや、患者さんとのトラブルなどもあるのです。


そうはいっても、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと実感することも多々あるのです。


時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によっていろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。


看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。


あれは晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。


よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。


しかし、近頃では看護師のユニフォームも変わりつつあり、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。


髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは残念だと思いますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


看護師は、16時間などの当直により長い拘束時間となっていて仕事中に仮眠をとることが可能です。


国の指針により月に8回までと定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。


働いている病院の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり過労になる人が多いのも看護師が長続きしない理由のひとつの原因と考えられます。


昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師は絶対に夜勤が必要になる職業です。


夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。


それは、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。


一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、また、3交代勤務の場合、時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。


求人に応募しようとする病院が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか調べておきましょう。


よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。


夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、容態の急な変化もありえますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも看護師が行います。


いきなり緊急手術が行われたり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、少々混乱してしまいそうなくらいにゴタゴタする夜を過ごすこともあります。