看護師情報



◆交代制で夜勤に入る勤務の形だと

交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。


病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。


まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。


また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。


学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。


さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、どうしても転職したい、と強く思ったのです。


決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。


検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、苦労しながらも、仕上げることができました。


でも、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがつくづく実感したものでした。


ちょっと前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、近頃では男性看護師の割合も増加しています。


看護の際、患者を移動させたりお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。


女性と年収に関しては同じですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。


看護士と看護師、発音は当然同じですが、それぞれ漢字表記にすると、こうして二種の字で表せます。


昔は看護士と書いた場合は男性のことを指し、看護婦は女性と明確に分けられていました。


法律が変更された2001年を境に、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師の呼び名に一元化しました。


夜勤で体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。


ですが、重要なポイントとして、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働く看護師より給料が少なくなってしまう事がほとんどです。


現在の年収を下げてまで転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。

◆看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで

看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。


たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、ですから、求人だってもちろん多いです。


例えば今現在、勤め先で給料が相場より遥かに安かったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。


もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。


結婚の時に転職をする看護師も非常に多くいます。


パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職を検討すべきでしょう。


いずれ育児をする気であれば、結婚すると同時に、時間に余裕のある仕事へと転職をしておくと生活に余裕ができますね。


イライラしがちだと子どもがなかなかできなくなってしまうので、要注意です。


国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方もいると思います。


海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。


海外で看護師とし働くためには、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語を話せることが絶対条件になります。


看護師として海外で働きたい場合、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。


看護師が転職を考える時に、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。


ですが、苦しみながら看護師の資格を取ることができたのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。


かなり異なる職種であっても、有利となる職場はいくつも存在します。


大変な思いをして取れた資格なのですから、利用しないのは損です。


「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。


双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。


漢字で書いてみるとこの二つになります。


昔は男性のことを表すのは看護士、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。


でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女分け隔てなく使用できる看護師の表記に一元化しました。

◆あと、結婚するときに転職しようとする看護師も非常に多く

あと、結婚するときに転職しようとする看護師も非常に多くいます。


パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職する方が良いでしょう。


今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職をすると生活しやすいですね。


イライラが多くなりがちだと妊娠しづらくなるので、注意しましょう。


働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。


その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。


幸い、ネット上を少し見てみると専門的に看護師の求人などを支援するサイトも豊富にあるようですので、会員登録して上手く活用しながら最適の仕事先を見つけてください。


医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、大きく異なっている点があります。


分かりやすい違いは、医師は患者さんの診察と治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。


対する看護師の仕事は、医師の指導に則って、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。


総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、病院外の看護師の仕事場として保育園があることを知っていますか?こうした保育園を職場にするとなると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、最適な職場でしょう。


仕事の内容は、園児の体調管理と共に、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切なものです。


修学旅行やツアーなどに一緒に行って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。


子供のいる既婚者は土日に休むことができたり、夜勤がないという職場を望んでいます。


病院以外のところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。

◆仕事をし続けていると不満や悩みが出

仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場における対人関係や不規則な勤務形態です。


看護師には女性も多いので、複雑な人間関係がつくられているところも多いのです。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。


あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、もっと環境の良い職場で働くのも選択肢に入れておきましょう。


業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。


例えば、「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。


何のことか見当がつきますか?実は、食事休憩をとりますよ、と勤務している他の人に知ってもらうために使用している現場は多いようです。


このエッセンという言葉自体には、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。


昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、それが今まで細々と生き残って今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。


最近では、看護師不足の傾向にあると考えられています。


せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、看護師の職を選択していない人も多いのです。


このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師の離職率が高いということが大きいと思います。


離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。


職場の大半を女性が占めており、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。


実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。


たとえば正社員として働く看護師は月給制です。


でも、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。


具体的な金額としては夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。


パートとしては結構良いように思えますが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、つくづく安い値段ではないでしょうか。


看護師の職業は、別名「白衣の天使」ということからも世間一般では職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。


とは言え、看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入はそこそこあるとはいっても、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。


プラス面だけに着目せずに、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。

◆そこそこ昔のことではあるものの、仕事としての看護師

そこそこ昔のことではあるものの、仕事としての看護師は、かなりハードな部類に入ると世間的に認知されていた節があります。


しかし、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。


その給料についてわかりやすい例を挙げると、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯の維持が可能なほどなのです。


そう、つまり看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。


看護師というものは勤務する時間がイレギュラーであることにプラスしてハードな仕事内容であるということを理由に他の仕事に移る人も結構いるということですが、実をいうと、看護師の資格を持っているといろいろな職種において活用できるというのもよくある話です。


例を挙げると、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。


看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、なんといっても看護師として勤務していない時間があっても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。


どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、人が足りていないことが大きくかかわっていると言えます。


「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、極端に言えばたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。


以前は疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、ここ数年の間に徐々に男性看護師も増加しています。


看護職においては、患者の移動の際や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。


給料は女性と差はありませんが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。


看護師の当直が16時間などに及ぶ長い時間の勤務となっていて仮眠を勤務時間中にとることができるのです。


月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。


勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり過労になりやすいのも看護師を辞める割合が高い理由の一つかもしれません。