看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的な

一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。


折角休みになっても友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする辛さがあるようです。


または、労働環境が過酷で忙しくて休みが取れないケースもあります。


こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。


基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。


でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、強いストレスを感じることはよくあります。


さて、看護師として長く働き続けると、自然にそれなりの知識もついてきますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、自分自身の身体や健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。


世間から見ると、看護師は比較的高給のイメージがあります。


現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など厳しい仕事も多いですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均して高水準を続けられることが看護師の特徴だと言えるでしょう。


景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。


高給が約束された安定した業種としては人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。


この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。


ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、その際に気を付けてさえいれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。


幸い、ネット上を少し見てみると看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、活用しつつ、条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。


看護師となるための国家試験は、年に1度催されます。


看護師の人数の不足が問題となっている日本にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保っています。


看護師の資格のための国家試験は大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な国家試験です。

◆一昔も二昔も前の話になりますが、看護師といえば極端

一昔も二昔も前の話になりますが、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に世間的に認知されていた節があります。


しかし、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。


何しろ看護師の給料といえば、家の屋台骨として充分に、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。


そう、つまり看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。


世間では、看護師は白衣の天使と呼ばれている通り、往々にして、印象良くとらえているという人が多いでしょう。


しかしながら、看護師の現状はというと、収入はそこそこあるとはいっても、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている看護師も少なくないのです。


良い面だけを見るのではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。


総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、病院外の看護師の仕事場として保育園があることを知っていますか?こうした保育園を職場にするとなると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、理想的な職場だと思います。


保育園での具体的な仕事の内容は、病院とは異なり園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする必要不可欠な仕事なのです。


病院という場所で働く看護師は片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。


なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。


自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知っているかどうかということは、看護師というハードな仕事を続けていくためには見逃すことのできない点になるでしょう。


看護士だと、求人はたくさんありますが希望通りの条件の求人があるとは限らないものです。


看護師資格の保有者で就職できれば良いと思っている方は多くないでしょう。


なるべく給料が高くて職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと大抵の方が思っているでしょう。


求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。

◆ちょっと前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性

ちょっと前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、近年では徐々に男性看護師も増加しています。


看護の際、患者を移動させたり入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。


年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。


看護師国家試験に受かるよりも、看護学校の卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。


看護学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れたり試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年してしまうようです。


それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人にはぜひ看護師として現場に出て欲しいですね。


看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり勤め先によっても異なってきます。


現場では一般的に、勤務が2交代あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。


2交代制で約3割で3交代制では約7割となっており、3交代制を導入している病院が多いのです。


でも、2交代制の方が休みが増えるので2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。


看護士の場合
求人はいっぱいありますが希望通りの条件の求人があることは少ないでしょう。


看護師資格を持つ方で就職できれば良いと思っている方は多くないでしょう。


できれば給料が高額で職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと思っている方が多いでしょう。


希望に合う勤め先に転職するためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。


いつ働くか休むかをコントロールしやすく、したい仕事をかなり自由に選択可能、というのが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。


勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。


ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合はできれば、派遣で働くということも考えて求職してみても良いのではないでしょうか。

◆看護師が活躍できる場所は、病院以外

看護師が活躍できる場所は、病院以外にもあります。


数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも特に看護師は重宝されているのです。


グループホームで介護サービスを受けている方というのは、基本的に認知症の方ばかりなので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。


介護の分野に関心があるという看護師は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも考えてみてはいかがでしょうか。


看護師が上手く転職するためには、将来の自分のことを想像して迅速に行動することが重要です。


それから、どんな点が大切なのかを決定しておいた方がいいでしょう。


将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに沿った転職先の情報を集めるようにしましょう。


年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も考慮しておきましよう。


看護師が転職する時のポイントは、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。


加えて、3ヶ月程掛けて念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。


急いで決めた仕事だと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、自分の条件に合う職場をしっかりと見つけるようにしましょう。


以上から、自らの希望の条件を分かりやすくしておくことが必要ですね。


国家資格を有した正看になるためには、看護の専門学校や大学等を卒業することが必要不可欠になります。


看護師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。


しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。


定員が少なく倍率が高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校があるほど、難関なのです。


いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、通信過程で学べる学校がありますから、働きながら勉強することが出来ます。


正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。


看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は実際とても多いのです。


看護師はこんな風に仕事をすることが可能であり、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際に働きやすい職場へと、転職することもできるのです。

◆休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場

休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第でやりようによっては、土日に休むことも可能です。


病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日が休日になるでしょう。


変則的な出勤があったり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。


そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういったところは高い確率で土日は休みでしょう。


思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは中学の時の職場体験で、介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感銘を受けたのがきっかけとなりました。


将来的にはあんな仕事をしたいと感じたのが始まりで看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。


楽しいことばかりではありませんが、毎日が充実しています。


一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。


という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。


または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、その技能を一番発揮できる場所で働けるようになるはずです。


また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。


就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。


ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。


社会が高齢化していることもあり、着実に病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。


ですから当然、医療機関で働く看護師もどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。


しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それによって求人も多くなりますから、転職先に困ることはない、という大きなメリットもあります。


業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。


二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。


ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと当然のように疲れを蓄積していき、腰痛や頭痛に苦しむことになり、ようやく「少し無理をしているのかも」などと実感してしまうことはあります。