看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆世間的に、看護師は収入面で安定している

世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されておりもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。


とは言え、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師については注意しなければなりません。


ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは派遣などではなく、正社員として勤めている安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。


看護師という仕事に就いていると、他職種と比較して高いお給料をもらえます。


それが理由なのかはわかりませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。


ですが、とにかく忙しいです。


働きづめの病院もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけといったケースもよくあるみたいです。


収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最もいいと思います。


キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も世間にはいます。


スキルを高めることで、収入アップを目指すこともできます。


看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分で自分にピッタリな職場を探すことも大切でしょう。


内科の外来が合うと感じる人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。


学校は看護学校を卒業しました。


そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。


辞める時には、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。


さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、「転職しよう」と決めたのです。


決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。


検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということが理解できて、いい勉強になったと思っています。


昨今の看護師不足は社会問題に繋がっています。


原因としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。


看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長時間になって、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。


交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、看護師を退職する人も珍しくありません。

◆引く手あまたの看護師は就職しやすく、さ

引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。


希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、多くの場合は面接という形になるでしょう。


ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をすることになります。


しかし、看護師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く調べられているのです。


実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。


女の子が憧れることが多い看護師になるためには、主に看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。


授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。


対する看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。


殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。


原因としては、過酷な労働環境があります。


看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため仕事が増加する一方になり、勤務時間も長くなってしまい、休みを取ることも難しいのが現状です。


また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に職を辞する人も多いのです。


看護師の転職で失敗しないためには、将来の自分のことを想像して迅速に行動を起こす必要があります。


さらに、何を重点的に考えるのかを決定しておいた方がいいでしょう。


未来の自分の姿を明確に思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めるようにしましょう。


給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も挙げておきましょう。


24時間交代の勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。


勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので看護師経験が浅い間はほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。


実際に、私の妻も看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって大変でした。

◆准看護師ではなく、国家試験を合格して正看

准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護の専門学校や大学等を卒業することが絶対条件です。


卒業できなければ、試験の受験資格がありません。


ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通う人も増えています。


准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、看護学校が行っている通信教育課程がいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。


高校に入った時点で進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で看護師になれるでしょう。


ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。


また、最低5年で試験を受けられますが期間が短いことが理由で勉強時間や実習をする時間が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。


一般的に見ると看護師として働くことは大変ハードだと認識され、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。


二交代制の病院勤務の一例を挙げると、途中で休憩を挟みはしますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。


こういった長時間労働の現実も看護師として勤務することが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。


ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。


面接者の評価が良くなければ、看護職員を望む職場が多い現状でも選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。


雇用契約の内容が他よりよければもちろんのこと志願者数も多く競争率があがりますので、緊張感を失わず不足なく対策をたてて面接試験に行くようにしてください。


場にふさわしい端正な装いで、イキイキと応対するのがポイントです。


患者という立場から見ると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。


ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。


覚える必要のあるいくつもの作業や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。


このような仕事のストレスで、こころの病に侵される看護師も今では珍しくありません。


看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。

◆思い返してみると、私が看護師になりたいと

思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは中学での職業体験でのことでした。


介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感動したのがきっかけです。


大人になって仕事に就くならああいう風になりたいと思ったことをきっかけに高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。


辛くなってしまうようなことだってあるのですが、充実した日々を過ごしています。


看護師という仕事に就いていると、異業種に比べると高給です。


その結果かどうかは不明ですが、着飾った人が多く見受けられます。


そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。


勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると聞くことがあります。


収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最も理想的であろうと感じます。


当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて勤務中の仮眠が取れます。


月に8回までと国の指針では定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。


仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活ができなくなったり過労になりやすいのも看護師を辞める割合が高い理由の一部かもしれません。


給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、よく見てみると、夜勤手当があることによって給与が高くなるといえるでしょう。


あなたがもしも、ナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤がある勤務先を選択してください。


夜勤の有無によってどのくらい稼げるかが変わってきます。


常日頃、看護師とて奮闘していて、つらいこと、大変なこともあります。


そしてつい、楽な病棟はないか、などということを真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。


全体的に見て、比較的忙しくないとされる病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。


とはいっても、病院にもよりますし、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、ハードさの度合いは違ってくるはずです。

◆主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめる

主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、一般企業においては課長の役職相応でしょう。


いわゆる課長職でも、その年収は大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。


または、公立と民間、地域によっても差があって、例えば、公立病院の場合、おおよそ750万円前後だと見られています。


海外で医療に携わる者として何かできる事がないのかという考えを持った看護師の方が増えています。


海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、看護師は常に求められているのです。


当たり前の事ですが、海外では患者とやりとりをするうえで英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。


看護師として海外で働きたい場合、きちんと英語を学んでおくべきです。


看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行われます。


看護師の人数の不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を示し続けています。


看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格を勝ち取ることのできる試験です。


自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も少なくないです。


看護師としての技量を高めておくことで、収入アップを目指すこともできます。


その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分で自分にピッタリな職場を探してみることは重要です。


内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。


看護師の職は特殊な仕事と認識されることが多いですが、とはいえ、労働組合がないと雇用条件において不利になることも生じて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。


看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、経営者サイドがしっかりと気を配るということが大事だというのは当然の事実です。