看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師として働く中で、もし妊婦となったの

看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。


エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、注意するに越したことはありません。


薬品についても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、軽く考えない方が良いでしょう。


そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。


それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。


転職活動の場面においては、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、気を付けるべきことが存在します。


注意すべきこと、それは履歴書の項目の中でも特に大事な志望の理由の書き方です。


志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。


ほんの少し前までは一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、ここ数年の間に少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。


実際の看護の場面においては、患者の移動、お風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。


給料の点からみると女性と変わらないのですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。


少し長く看護師をしてきておりますが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。


禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。


しかし、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。


そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。


それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。


看護師の人間関係は、構築が難しいなどと、言われることは多いですが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。


女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。


職場がそんな人間関係ばかりだと少々げんなりすることもあるかもしれませんが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。

◆最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業とし

最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。


職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ経験が浅ければ、確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。


妻の話ですが、看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。


ですから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって困った事を覚えています。


看護師国家試験に受かるよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。


看護学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れたりテストに落ちるなどの些細なことでも留年させてしまうようです。


そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も合格できた人にはぜひ看護師として現場に出て欲しいですね。


例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、当然のようにやめたいと思うことも少なからずあることと思います。


重要な仕事で失敗してしまったり心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。


しかし、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと感じることももちろんあります。


先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。


ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、今はネットサービスを役立てるのが多数派になってきました。


看護専門のオンライン求人サービス等を役立てるなら、金銭的な負担もなく、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を確認することができるのです。


職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、多くの情報を比較することがポイントになりますから、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。


看護師だった知人は、病気になってしまって、その療養のために退職したそうです。


でも、体調が良くなったら、現場に復帰して、病院で看護師としての仕事を続けているのです。


多少、仕事をしていない期間があっても、資格を持っていたらそこまで苦労なく復帰できますね。


やはり資格が大切なことが改めて分かりました。

◆看護師として働くことは、ドラマ

看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。


普通やることもたくさんあるのですが業務時間以外にも仕事が多くあり、残業しなければならなくなることが多いです。


それでも、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。


直前まで愚痴を言っていても打って変わって笑顔になるのです。


看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。


どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつに「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。


この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、働いている他の人にわかってもらう目的で普段から使用されているようです。


そもそもエッセンとは、というと、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。


医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、現在までその習慣が微かに残っていてよく使われ、親しまれている用語です。


看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、労働に見合うだけの残業手当がきちんともらえないケースがあります。


賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、労働者が新人かどうかは別の話で労働に関する法律に、明らかに違反しています。


残業も完全に仕事のうちですから、せっかく働いたのならその時間分、給金という形で手に入るのが当然なのです。


修学旅行やツアーなどに共に行き、イザというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。


既婚で子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤がないという職場を求めています。


病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。


多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。


意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。


給料は勤めている会社によって違うものですが、その点は看護師にも同じことが言えます。


町医者と総合病院とでは、どうしても収入は違ったものになるでしょう。


こういった事を考えても、一般的な看護師の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。

◆看護師の転職しようとする動機としては、人間

看護師の転職しようとする動機としては、人間関係という人が大変多いです。


女の人が大半を占める職場ですし、イライラしやすいこともあり、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。


その中には、パワハラ・いじめが転職する要因となる人もいます。


つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、体を悪くしてしまうので、早いうちに転職した方が吉です。


ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、昔とは違って、ウェブを介す方法が過半数を占める勢いです。


看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、タダの上、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報を検討することも可能です。


今よりよい仕事に就くためには、多角的に検討するのが鍵ですので、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてください。


看護師として働いて、もう数年になります。


それで、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。


煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。


それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。


それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。


他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、年間を通した平均収入の額ですと明らかに看護師の方が多いです。


医療に関わる職場においていつでも人手を求めている、という事情により、景気に関係なく、収入が安定しているといった役得もあるようです。


ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。


看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。


以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、否定的な事由だったりすると、わざわざ株を下げることになります。


この場合は、仕事を変えたい本当の訳を真意は胸の内だけでよいので、積極的な姿勢で求職していることを言えるように準備しておきましょう。

◆看護師の勤務先は、病院に限りません。数

看護師の勤務先は、病院に限りません。


数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも看護師の働けるところは十分にあります。


こういったグループホームに入所している方は、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、十分留意したうえで関わらなければなりません。


介護方面に興味のある看護師は勤務先にグループホームを選択することも視野に入れてみてください。


色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、結局のところ、もしも離職している期間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。


なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と人が足りていないことが根拠として挙げられます。


どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は状況次第でたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。


正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。


正社員の場合は月給制で、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。


どのくらいの額かといいますと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが相場のようです。


パートとしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、どうしても安く感じてしまいます。


看護師になるための手段として、よく知られている、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。


授業の内容などはそこまで変わらないのですが大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。


そして、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。


職業上、看護師という立場では愛煙家が減っているように思います。


実際のところ、その印象は間違っておらず、喫煙率は平均より少ないようですね。


病気の患者と接する職業上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように注意している人が多い状況だと理解できると思います。