看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、辛酸

日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。


そしてつい、楽な病棟はないか、などということを真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。


ちなみに、それほど激務でもないと考えられている病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。


とはいっても、病院にもよりますし、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。


免許が必要な専門職である看護師は、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。


引っ越し、結婚、出産という類のその人の都合で職場を変えることもありますが、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。


こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職そのものが危ぶまれます。


なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった積極性を感じられる理由を挙げたいところです。


産業看護師はそこで働く人の健康が保てるように保健指導とかメンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。


産業看護師の求人というのは一般に公開されていないので、職業案内所で見つけるのは不可能だと思います。


興味がある場合は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。


転職サイトなら、産業看護師の求人も頻繁に載っているでしょう。


現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。


ハードな通常業務だけでなく、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残って仕事をしなければならないことがよくあります。


ですが、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。


直前まで愚痴を言っていてもすぐに笑顔になれるので、時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。


ナースが仕事を変えるキッカケとしては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。


以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、負の動機であった場合、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。


たとえ本音がそうだとしても律儀に知らせなくても問題はないため、未来志向であることを印象付ける志望理由を述べるようにして下さい。

◆多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると地位

多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると地位が高くなっていきます。


例えば、婦長といったら比較的想像がつきやすい役職ですよね。


でも、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。


最近では、学生やパートの看護師も少なくありませんので、国家試験をパスした正看ともなれば上の役職であることは理解できると思います。


もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。


誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。


料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。


しかしながら、ここ最近においては看護師のユニフォームも変わりつつあり、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。


ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。


もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の考えられる良い側面と良くない側面を知っておきましょう。


手術を目前に控えているような患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、とても勉強になります。


残念なことは、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。


他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。


Wワークに向いた仕事も様々で、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、その時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、Wワークをしようと思えばできるのです。


ただ、本業の医療機関においてWワークを禁じていることがあったり、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。


専門職だけあって、看護師という仕事についていると、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。


自身の結婚、出産あるいは転居など個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。


こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職そのものが危ぶまれます。


今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった積極性を感じられる理由を挙げたいところです。

◆交代勤務を代表にハードな仕事を強いられる看護師でも、特

交代勤務を代表にハードな仕事を強いられる看護師でも、特に油断できない仕事が申し送りです。


入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、その情報を交代する看護師に伝える必要があります。


伝言で済むものもありますが、病状や処置に関する情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。


看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。


普通に課長職といっても、その年収がそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。


そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。


ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、およそ750万円程度だと推測できます。


仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く神経を張りつめていることが多く、そうこうしているうちに自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。


ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。


自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら大事な点になるでしょう。


看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校の卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。


看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったりテストに通らなかったといったちょっとしたことで留年してしまうようです。


それほど厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人はできれば、看護師の職についてもらいたいですね。


もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。


どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったことは、看護師という仕事柄あり得ません。


なので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。


向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから新しい職場を探す、という人も少なくありません。


最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で技術を吸収したいと希望する、ポジティブな考え方の転職ですね。

◆収入の話になりますが、看護師という

収入の話になりますが、看護師という職業は、様々な他職業と比べても、けっこう良い給料をもらうことができます。


人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、夜勤や残業が多く、それに対する手当をちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。


夜勤を通常より多く入れている人ですとか残業を厭わずに長時間こなすというような看護師ですと、給料はもちろん、そうでない人たちより高めになります。


看護師として外科で働く際の長所と短所を説明しましょう。


手術を目前に控えているような患者や術後の患者の看護を実践することで、スキルアップに繋がります。


良くない面を挙げると、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、時間をかけて確実に患者のケアを行えないことが挙げられます。


結婚のタイミングで転職してしまう看護師も少なくありません。


配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職を検討すべきでしょう。


今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職しておくと良いでしょう。


イライラが多くなりがちだと子どもができづらくなってしまうので、気を付けるようにしましょう。


街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。


街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。


女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。


看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。


ですが、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、勤務形態が不規則なせいで、上手くいくケースばかりではないのが現実です。


病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。


そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。


または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、その技能を一番発揮できる場所で働けるようになるはずです。


なので、夜勤を希望したいと言っておけば、まず間違いなく、病棟で働くことになります。


就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。

◆今、私は病院事務の仕事をしていま

今、私は病院事務の仕事をしています。


通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、常にみなさん忙しく働かれています。


仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。


けれど、私の心配とは無縁に、臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時にお子さん同伴での看護師さんの参加が結構目立つんです。


先生達も、歓迎している様子でしたし、穏やかな雰囲気でよかったです。


看護師の資格を手にするには、何通りかの道があるのです。


看護師免許を取るためには、国家試験受験の必要があるのですがいきなり試験を受けるわけにはいきません。


試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護に関して勉強することが必須になっているのです。


いま日本においては、EPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の外国人看護師候補生という方々を受け入れています。


とは言っても、看護師国家試験の勉強をして3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。


勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。


年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。


それから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。


国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、まじめに勉強していた学生にしてみると、特に恐れるようなものではないようです。


そういった、看護師を養成する学校は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護大学や学部の人気が高まっているようです。


シフトを組んだ交代制勤務などで多くの仕事がある看護師ですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。


入院している患者に関する情報をしっかり覚え、きちんと次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。


それほど重要でない情報もありますが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては間違いがないよう、慎重になる必要があります。