看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考え早めに

看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考え早めに行動することが重要です。


それから、どんな点が大切なのかを決めておく方がいいでしょう。


将来の自分の姿を明確にして、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。


給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。


一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、ほぼ確実に夜勤があります。


夜勤の時間帯については、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。


2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。


3交代勤務での夜勤となると、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。


求人に応募しようとする病院がどういった交代勤務を採用しているのか調べておきましょう。


患者という立場から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。


ですが、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のあるいくつもの作業や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、常に緊張を強いられる状態なのです。


そのため、うつ病を患う看護師も多いそうです。


責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。


多忙な業務に追われる看護専門職が違う職場を探す手立てとして、今はネットサービスを役立てるのが多数派になってきました。


看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、金銭的な負担もなく、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報を閲覧できます。


職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、たくさんの情報に触れて吟味するのが肝心ですから、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてください。


看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。


入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて説明を行います。


患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すことが大事です。


また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うことも当たり前のように期待されます。

◆あなたは「看護師」と聞くとどのような印象を受けま

あなたは「看護師」と聞くとどのような印象を受けますか?よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、一般的には印象良くとらえているという人が多いでしょう。


けれども、実際の看護師の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。


たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。


以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、最近ではこれを行っている病院は多いです。


個人ごとの能力を位置づけできるよう、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。


評価を行なうのは、毎月の病院や、年に一度だけ、という病院もあるようです。


自分の能力評価を受け続けることで、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。


病棟勤務の看護師として働いている者ですが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。


タバコが有害という認識が広まったこともあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。


そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。


そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。


ただ、健康には気をつけてほしいです。


それに、結婚する際に転職を検討する看護師もかなりの数います。


配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職を考える方がいいと思います。


いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をしておくと生活に余裕ができますね。


イライラしがちだと子どもを授かりにくくなるので、要注意です。


なんといっても、看護師という職業は異業種に比べると高給です。


それが理由なのかはわかりませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。


なのですが、多忙を極める仕事です。


病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと聞くことがあります。


収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのがベストな形だと思います。

◆看護士になりたい理由は転職の時の理由は前の勤務先

看護士になりたい理由は転職の時の理由は前の勤務先に関するネガティブなことは看護士の求人情報は豊富にありますが、希望に見合う条件の求人があるとは限らないものです。


看護師資格の保有者でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。


できれば給料が高額で職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと思う人が多いはずです。


望み通りのところに転職するには、情報の収集が重要になります。


全国において、看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。


ですが国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるので年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。


準看護師の場合であると、看護師より平均年収が70万円ほど低いです。


看護師になるための手段として、皆さんご存知のように、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。


授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。


その一方で、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習時間が多く設けられているため、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。


看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。


面接担当者に嫌われると、どれほど看護専門職は市場で価値が高いとはいえ選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。


当然のことながら、待遇が良い勤務先はエントリーの数も増えるため、慢心することなく念入りに用意して面接官の前に立ちましょう。


TPOに配慮した品のある服を選んで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。

◆看護士の求人はいくらでもあり

看護士の求人はいくらでもありますが、希望と一致する条件の求人が存在するとは限りません。


看護師資格を持つ方で就職できれば良いと思っている方は多くないでしょう。


可能な限り高い給料で職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいとほとんどの方が思っています。


望み通りのところに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。


比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。


看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的医療機関であれば、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それなりの額を受け取ることができるようになっています。


他方で個人病院の状況を見てみますと、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。


他はそうとも言えない、ということになるでしょう。


働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。


正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。


では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみるとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが普通のようです。


パートとしてはなかなかの数字なのでしょうが、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、金額的に少々不満です。


どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、主に女性が担う一般の職に比べ、相当高めの給料をもらうことできます。


責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。


他の人より夜勤をたくさんこなしていたり進んで残業をたくさんするなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、そうでない人たちより高めになります。


看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。


しかしながら、ここ数年の間に徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは物悲しく思えますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。

◆働きながら妊娠したら、看護師と

働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。


X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、注意するに越したことはありません。


それから、薬についてですが調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。


一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。


ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。


病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどのくらいのレベルになるのでしょうか。


看護師国家試験の受験生の合格率ですが、毎年90%前後のようです。


試験そのものも、学校の授業を理解していればそれほど苦労なく合格できるものですから、全く看護師の資格取得は難しいものでもないようです。


子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、家庭の都合から、企業に就職して会社員として働くことになりました。


ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。


転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという事も出来ますが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。


この方法で看護師の夢を叶えたいです。


大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。


勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。


それから、検温や血圧測定、動けない人の介助も担当看護士が任されます。


いきなり緊急手術が行われたり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらい立ち働くことになります。


看護師という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他の仕事と同様に、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。


ストライキを起こそうにも看護師という仕事では難しいため、看護婦を雇う側がちゃんと考えてくれることが大事だというのは当然の事実です。