看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師の人が転職する時に、職種の異なる職に転職

看護師の人が転職する時に、職種の異なる職に転職したいと考える人もたくさんいます。


ですが、苦しみながら看護師の資格を取ることができたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。


全然違う職種でも、看護師の資格が優遇される仕事は少なくありません。


苦労して取得した資格ですから、活かさないと無駄になってしまいます。


世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズは増加傾向にあるのです。


加えて、大会社になると医務室等にも専門の看護師がいて健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しています。


このようなケースは、その企業の社員として入社するといったこともありうるでしょう。


看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。


この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ふつうに授業を受けていたなら、そう難度の高いものではないということです。


そういった、看護師を養成する学校は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。


高校に進むときに衛生看護科で勉強を始めると、他の方法よりも早く国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが一番早いでしょう。


ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは簡単ではありません。


また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが準備期間が足りないために勉強したり実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。


病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。


日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。


それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。


夜勤もありません。


勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、例えば人気のある診療科だったりしますと多くの患者で待合室がいっぱいになり、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。


外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。

◆職場を変わられるときには看護

職場を変わられるときには看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、注意すべきことがあります。


注意すべきこと、それは特に履歴書の中の志望動機をいかに書くかです。


どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、成長に繋がるといったことや、過去の経験を生かせそうだからというような、「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。


「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。


双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。


それぞれ漢字表記にすると、どちらでも書くことができます。


少し前までだと、男性のことを表すのは看護士、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。


法の改正があった2001年をきっかけとして、男女分け隔てなく使用できる「看護師」としてまとめられることになったわけです。


健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、このところ次第に病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。


ですから当然、医療機関で働く看護師もどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。


しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、看護師にとっては、転職がやりやすいといったメリットも確かにある訳です。


病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。


担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、看護師が把握しておくべきことについての諸々をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。


患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話す努力が必要です。


業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も当たり前のように期待されます。


患者に安心して治療を受けてもらうためにも、看護師は服装や外見を意識しておくことが必要になります。


メイクが必要な女性では、派手なメイクは避けて病院に適したナチュラルメイクを施すのが良いでしょう。


スッピンとはまた違って、周囲の人が感じる印象もガラッと変わると思います。

◆全国の看護師年収は平均して437万円ほどで

全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。


ただ国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生も充実しているのです。


準看護師の場合だと、看護師より平均年収が約70万円くらい下がります。


病棟勤務の看護師として働いている者ですが、気付いたことは、看護師はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。


タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。


そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。


そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。


ただ、健康には気をつけてほしいです。


資格取得の難しさですが、看護師資格の場合はどれほどの難しさなのでしょうか。


調べてみると、看護師国家試験の合格率は毎年90%前後のようです。


実際の試験の内容も、それまでの学校生活で理解していれば十分に合格できるものですので、そこまで高難度な資格ではありません。


もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。


看護スタッフ募集のお知らせは、ハロワやアルバイト情報誌などには表に出ていないものも数多くあります。


その点、看護専門のオンライン求人サービスには、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。


できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを任せられることもあるようです。


看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。


勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、容態の急な変化もありえますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も担当看護士が任されます。


予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、少々混乱してしまいそうなくらいにゴタゴタする夜を過ごすこともあります。

◆看護師の国家試験にパスするよりも、看護

看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校の卒業の方が困難という人も多いです。


看護学校というのはとても厳しいらしく、レポートの提出がちょっとでも遅れたりテストに通らなかったといったちょっとしたことで留年させてしまうようです。


そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も合格できた人にはぜひ看護師の職に就いてほしいですね。


専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。


ですが、苦しみながら看護師の資格を取得したわけですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。


違った職種でも、看護師の資格が優遇される仕事は非常に多いです。


苦労して取得した資格ですから、使わないのは損になってしまいます。


それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとしてよくいわれる動機の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。


卒後間もない看護師の場合も、同世代の新入社員と比較してより高い給与を得ていることが分るはずです。


そうはいっても、このようにして高収入を得ているのですから、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに返していかなければなりません。


交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日祝日の休みをとることもできます。


簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、土日を休みにできるでしょう。


予定にない急な出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。


また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。


看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。


面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護職員を望む職場が多い現状でも残念ながら採用を見送られることもあるのです。


雇用の条件に恵まれているところはエントリーの数も増えるため、緊張感を失わず不足なく対策をたてて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。


爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、明朗快活に返答するように心がけましょう。

◆病院は清潔感が大切ですが、そこで

病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と関わらねばならないため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮しなくてはなりません。


患者からどう見えているのかを考えながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。


病院の雰囲気や方針次第で、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておきましょう。


こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。


働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。


勤務している今の職場で扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。


今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、単に給料や労働条件だけを見ないで、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。


看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊な体制であり勤め先によっても違ってきます。


現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。


2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。


しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。


日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、大変な目にあったりもします。


そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。


全体的に見て、比較的忙しくない病棟とされるところは、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。


とはいっても、病院にもよりますし、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、業務のハードさについては差があります。


仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場における対人関係や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。


やはり、女性が多い職場ともなると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場もよくあります。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。


あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのもアリだと思います。