看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆出戻り就職という言い方があり、一度辞め

出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。


ただし、そうしてうまく、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた状況により変わってきます。


例を挙げるなら、結婚や転居、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。


実際に、こうして働いている看護師は多いです。


諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。


看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。


特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。


それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。


夜勤もありません。


忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。


どんなスキルが必要になるか、ということも診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。


看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。


通常業務のみでも大変忙しいのに加え、業務時間以外にも仕事が多くあり、残業しなければならなくなることが多いです。


ですが、いかに多忙で、疲労困憊でも、笑顔で患者さんやご家族とは接しています。


直前まで愚痴を言っていてもすぐに笑顔になれるので、時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。


よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。


なので、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。


夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。


基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。


そして、心身への負担をしみじみと思い巡らすようなことになるのです。


昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、看護師の不足が浮き彫りとなっています。


夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに勤務先によっては、急患にも対応する等、看護師のほとんどがかなりの重労働をこなしているといわれています。


男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスに悩まされたり、看護師の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも納得できる話でしょう。

◆一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべま

一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。


意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。


会社員も会社によって給与が違うように、看護師も同様でしょう。


町医者と総合病院とでは、どうしても年収にも差が出てきます。


ですから、看護師だからといって平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。


看護婦はハードな仕事と言われていますが、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。


入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。


なので、業務は日勤と夜勤という形に交代で勤務することになっています。


こうした交代制の勤務では、睡眠時間をうまく調整できない場合は思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。


ここのところ、看護師は不足傾向にあります。


看護師の資格を持っている人の中には、看護師の職を選択していない人も多いのです。


このように看護師が足りなくなるのは何故かというと最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。


常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。


職場の大半を女性が占めており、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。


他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。


一般的なほかの職業とは違って、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。


ですが、本業で勤めている病院で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。


そして、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。


人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。


まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接試験を受けることになります。


面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、看護師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く注視されていることを、知っておきましょう。


看護師としての能力に加えて、人としての良い部分も知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。

◆看護師の転職で失敗しないため

看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを考慮して迅速に行動を起こす必要があります。


さらに、何を重点的に考えるのかを決めておく方がいいでしょう。


将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ収集してください。


給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件もピックアップしておきましょう。


日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。


そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。


全体的に見て、比較的忙しくないとされる病棟は、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。


とはいえ、どんな病院なのか、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。


海外で医療の立場から支援したいと考えている看護師の方もいると思います。


海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。


海外においては医師や患者と意思疎通をはかる上で、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。


本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。


看護師にとってやはり辞職を考えることも何度もあるでしょう。


 仕事そのものの失敗のみならず心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。


そうはいっても、やりがいがあると実感することも多々あるのです。


時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。


看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。


ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には記載されていないケースもたくさんあります。


その点、看護専門のオンライン求人サービスには、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、仕事場のカラーといったこともチェックできます。


こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションを間に入って話してくれる場合もあります。

◆看護師は収入の面で恵まれている印象

看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。


現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など厳しい仕事も多いですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。


景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。


これらの高給や安定性を重視するならば看護師を選ばない理由はないでしょう。


どこの医療機関でも看護師は不足していることが多いため、看護師の転職は比較的かんたんです。


まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接という流れになるのがふつうです。


その場で、これまでの経歴や志望の理由について話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、そういった話の内容のほかに、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり注視されていることを、知っておきましょう。


実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。


看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。


ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


さて、看護師として長く働き続けると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についても今の状態を把握しやすくなるようです。


産業看護師は健康に働けるように従業員に保健指導をしたり、鬱病防止のメンタルケアも行います。


産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業紹介所で見つけるのは不可能だと思います。


興味のある方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。


転職サイトなら、産業看護師の求人も頻繁に載っているでしょう。


看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、昔とは違って、ウェブを介す方法がメジャーとされるようになってきています。


看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、金銭的な負担もなく、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を検討することも可能です。


よいジョブチェンジを実現するには、多角的に検討するのが鍵ですので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。

◆ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってし

ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが志望の理由付けです。


どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好感をもってもらえるように表すのは容易ではありません。


高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護職の能力をさらに深めたい等、将来性を連想させる志願内容が比較的パスしやすくなるでしょう。


自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も世の中にはいます。


看護師としての腕を上げることで、収入を増やすこともできるでしょう。


看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分がぴったりだと感じるところを探すのは大事なことです。


内科の外来が合うと感じる人もいれば、特養が適している人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。


看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみが可能な職場もあります。


忘れてはいけないのが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して結果的に給料が減ることが少なくありません。


今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。


育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。


看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、昼間のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが良いですよね。


育児に専念する間のみ看護師をやめるという人も多くいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探すことを勧めます。


もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の良い部分と、悪い部分について知っておいた方が無難です。


まず、手術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、とても勉強になります。


残念なことは、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。