看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務

病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。


ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。


そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、その技能を一番発揮できる職場配置となるはずです。


仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。


行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。


看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、理解しておきましょう。


手術を目前に控えているような患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、看護師の成長に役立ちます。


短所は何かというと、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、腰を落ち着けて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。


働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に求人が途切れるようなことはありません。


ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、少し念入りに求職活動を試みれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。


近年においては、ウェブ上のサービスとして専門的に看護師の求人などを支援するサイトも増えてきていますから、上手にそういうものも使ってぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。


看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。


担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、業務を行なう上で必要な事柄をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて説明を行います。


伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話すことが大事です。


あまり時間をかけず、要領よくこなすということも大事なことになります。


看護師という職業は勤務時間が一定でないことに加え、労働環境の大変さによって他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実をいうと、看護師の資格を持っているとそれ以外の職場にとっても有益であるケースが多いのです。


いくつか例を挙げるならば、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。

◆気になる看護師資格の難易度ですが、どの

気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいのレベルになるのでしょうか。


受験生全体の看護師国家試験合格率は平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。


実際の試験の内容も、専門学校や大学の講義を普通に勉強していた人だったらそんなに難しい試験ではありませんので、それほど高難度な資格ではありません。


思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て衝撃を受けたからです。


将来的にはこんな風に働きたいと感じたのが始まりで高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。


大変なこともあるのですが、おおむね満足した日々を過ごしています。


一般的に看護師が転職する要因は、人間関係といった人が多くいます。


女性の多い職場ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。


その時、パワハラやイジメが転職しようと考える要因となる人もいます。


厳しい環境の中で無理して働いていると、健康を害してしまいますので、早く転職することをお勧めします。


看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子育てをしながら働く看護師にしてみると大きな不安要素となり得ます。


未就学児であれば、数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。


それでも、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。


そのため、パートで働く形に変えていくという看護師も相当数いると思われます。


病院の統廃合続きにより、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。


日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師は大変な激務の状態にあるということです。


男性看護師も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスが蓄積されたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は納得できる話でしょう。

◆昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、

昔から看護師さんになるのが夢でした。


ですが、家庭の事情があって会社員として働くことになりました。


でも、夢を諦められませんでした。


思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働くことも出来たのですが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師資格を取る方法があることを知りました。


看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。


看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働ける職場として実のところ、保育園が挙げられます。


実際に保育園で働くとなると、子どもの世話が好きな方であれば、適任の職場だと言えます。


保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児の体調管理と共に、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切なものです。


こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。


看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、そのため求人の数はとても多いのです。


せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。


今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、単に給料や労働条件だけを見ないで、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。


よく看護師として働くことは大変ハードだと認識され、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。


病院勤務で、二交代制だった場合、休憩を挟むとは言っても、合計して16時間勤務となることもあるのです。


労働時間が長いということも看護師という仕事がハードだと思われやすい理由になっていると思います。


収入面において、看護師という仕事は、他と比べると、女性の仕事としては、随分と高給です。


病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。


他の人より夜勤をたくさんこなしていたり残業を厭わずに長時間こなす人の給料をみると、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。

◆修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や

修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。


既婚で子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。


病院以外を職場とするのであれば、そこに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。


看護師の国家試験は、年に1度開催されます。


看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を持ち続けています。


看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格できる国家試験です。


看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。


日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。


そしてまた、外来勤務では夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。


勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。


外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは病院や、診療科によっても違います。


看護師の勤務先は、確かに病院が多いですが、他にもあります。


それはどこかというと、介護施設です。


そのうちのグループホームでも看護師の活躍が期待されています。


このグループホームにいるのは、認知症患者の方であるため、そのことを心に留めて介護することが重要です。


介護の分野に関心があるという看護師は、グループホームへ勤務することも考えてみると良いでしょう。


今、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。


とは言っても、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、もしも、3年以内に看護師になれなければ自国に帰らなければならないのです。


働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても大変だというのが現状です。

◆普通、注射や採血は看護師が行うものです

普通、注射や採血は看護師が行うものです。


注射されるのが好き、なんていうタイプはそうそう多くいるとは思えませんが、実際に打たれるとしたら出来るだけ痛くないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。


でも、注射針を刺すのは看護師の腕次第ですから、上手に刺してくれる人もいれば、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。


この辺りは運としか言いようがありませんね。


結婚と同時に転職を考える看護師もかなりの数います。


パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職する方が良い選択でしょう。


いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職するのが楽ですね。


イライラが溜まっていると妊娠しにくくなりやすいので、要注意です。


実際どんなことをきっかけにして入れたら印象が良くなるはずです。


転職の際の志望動機はさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。


以前の職場への批判などは働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。


よく聞くのは不規則な休みでしょう。


カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという辛さがあるようです。


あるいは、単純に労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。


規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。


高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、このところ次第に病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。


ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、実際には、人手不足が深刻です。


ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、転職先に困ることはない、という大きなメリットもあります。