看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆一般的に見ると看護師の職はハードワークだと言

一般的に見ると看護師の職はハードワークだと言われますが労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。


具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、合間で休憩はあるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。


長時間勤務がザラだということも一般的に、看護師の勤務というものがハードだと思われやすい理由になっていると思います。


ナースが仕事を変える時のステップとしては、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずリストアップするのがよいでしょう。


夜の勤務は難しい、休みの日が減るのは困る、できればお看取りの場は避けたい等、望む職場環境は人それぞれです。


ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、ストレスのたまる勤務場所で辛さに耐え続けることはありません。


昔から看護師さんになるのが夢でした。


ですが、家庭の都合から、企業に就職して結局OLになりました。


しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。


転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも出来たのですが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、現場で看護助手として働くと同時に資格を取ることが出来る事を知りました。


看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。


一昔も二昔も前の話になりますが、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に人々に捉えられていたようです。


でも、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できる専門職であることが、よく知られるようになっております。


何しろ看護師の給料といえば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯の維持が可能なほどなのです。


今更言わずと知れたことではありますが、確実に高給を得られる専門職なのです。


病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。


そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。


それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。


そうすることで、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。


仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。


そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。

◆患者という立場から見ると笑顔で

患者という立場から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。


ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。


たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。


なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も今では珍しくありません。


看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。


当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で勤務中でも仮眠をとることが可能です。


国の指針により月に8回までと定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。


勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活ができなくなったり過労になる人が多いのも長続きしない看護師が多い理由の一つかもしれません。


病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤で働く必要のある仕事です。


夜勤の時間帯については、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。


一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、3交代勤務での夜勤となると、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。


就職しようとしている病院がどちらの交代勤務で動いているのかを早めに調べた上で検討することをおススメします。


年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。


この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、まじめに勉強していた学生にしてみると、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。


さて、看護師を養成するための機関といいますと専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。


看護士を志望する理由は看護師を志望するようになったのかを転職の場合の志望動機はこれまでに経験したことを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、口にしないことが大切です。

◆日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、数えきれな

日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。


そしてつい、楽な病棟はないか、などということを真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。


なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできると考えられている病棟は、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。


とはいっても、病院にもよりますし、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。


少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。


お世辞にも良いとは言えない労働環境で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。


きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そこでも高齢者人数の増加によって、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師にかかる心身の負担は大きいです。


オン、オフの期間を調整できて、希望に沿った仕事を多くの中から選べるのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。


単発の仕事あり、短期のものもあり、長期の仕事もむろんあります。


なにしろ、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、看護師の仕事を探しているのであれば派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、仕事を探すと、選択肢がとても増えます。


ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。


看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、焦らず比較検討するとよいでしょう。


急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、就職情報が活気付いてくるまで経過を見守るのが望ましいです。


専門職だけあって、看護師という仕事についていると、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。


自身の結婚、出産あるいは転居など個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。


転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。


なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。

◆誰もが一度は見たことがあるであろ

誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、看護師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。


料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。


しかしながら、近頃では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。


髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。


修学旅行やツアーなどについて行って、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。


子供のいる既婚者は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を希望しています。


病院以外を職場とするのであれば、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。


育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。


看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが選べると良いですね。


育児の間のみ看護師をお休みするという人もかなりいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を利用できる別の仕事を探したほうが良いでしょう。


病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤を避けられない職業の一つです。


夜勤の時間帯については、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。


主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。


3交代勤務の夜勤は休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。


求人に応募しようとする病院がどちらの交代勤務で動いているのかを理解しておいてください。


気になる看護師資格の難易度ですが、どの程度だと思いますか?調べてみると、看護師国家試験の合格率は平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。


試験内容自体が、学校の授業を理解していれば十分に合格できるものですので、それほど厳しい資格ということも無いようですね。

◆一般的に、看護師が持つ悩みに多いも

一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、対人関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。


一般的に看護師の多くが女性なので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくないのです。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。


転職し、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。


病院で病棟勤務に就いている看護師なら文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。


なくてはならない夜勤業務ですが、現場から医師や看護師も減ってしまいますし、また、夜中になって患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。


そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は日勤のそれを上回ることになります。


看護師資格の最大の利点は、やっぱり、ブランクがあったとしても心配はいらず、また看護師に戻れるという点です。


これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。


どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば条件に合えばすでに50代になっていても再び働くことができます。


看護師として働く人が転職しようとする時、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


けれど、一生懸命に看護師資格を得ることができたのですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。


かなり異なる職種であっても、看護師の資格が優遇される仕事は多くあります。


努力して得た資格なのですから、活かさないのはもったいありません。


小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、事情があって就職を選んで会社勤めをしていました。


ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。


転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。


夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。