看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆国際化する社会においては、海外で助けが

国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、医療に携わる者として何かできる事がないのかと考えている看護師の方もいると思います。


実際に、海外において日本の看護師を求める声も増えていて、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。


当然ですが、海外では医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語を話せることが絶対条件になります。


もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、きちんと英語を学んでおくべきです。


看護師の転職しようとする動機としては、人間関係という人が大変多いです。


女性がたくさんいる職場ですし、イライラしやすいこともあり、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。


その時、パワハラやイジメが転職しようと考える発端となる人も少なくありません。


辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、健康を害してしまいますので、早いうちに転職した方が吉です。


誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。


しかし、ここ数年の間に看護師のユニフォームも変わりつつあり、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは物悲しく思えますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。


看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえず言語化できるようにしておきたいものです。


泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、個人個人で仕事への要望は異なります。


看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で頑張り続けることはありません。


看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、ここ数年、オンラインサービスの使用が多数派になってきました。


ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、無料ですし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを確認することができるのです。


華麗なる転身のためには、多くの情報を比較することがポイントになりますから、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてください。

◆看護師の資格を取るには、何通りかのコースが

看護師の資格を取るには、何通りかのコースがあります。


看護師免許を得るためには、国家試験を受験しなければならないのですがいきなりは受験できません。


試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護に関して勉強することが必要なのです。


看護師の職は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、そうは言っても、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ雇用条件において不利になることも生じて、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。


看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、経営者サイドが考慮することが重要であるということに疑いの余地はありません。


看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれている通り、世間的には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。


とは言え、看護師がどのように働いているかを考慮してみると、もちろん待遇はそれなりですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。


良い面だけを見るのではなく、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。


以前は看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近年では男性看護師の割合も増加しています。


看護の際、患者を移動させたり入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。


給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分より職業的な高みを目指していけるということです。


修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。


結婚していて子供のいる人は土日に休めたり、夜勤をしなくてもいい職場を希望しているものです。


病院以外のところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。

◆多くの看護師が持つ悩みといったら

多くの看護師が持つ悩みといったら、休日や出勤日が不規則な事だと思います。


折角休みになっても誰とも都合が合わないといった事が悩みのタネになっているようです。


他にも、そもそも人手が足りずに休みを取る暇がないケースもあるでしょう。


規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤のみで働ける病院であればそれが可能ですので、転職を考えるのが良いでしょう。


多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。


職場では女性が多数で、どうにも男性に出会うことが難しく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。


街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。


けれども、せっかくいい相手が見つかっても、後々になってお互いの休みが合わなかったりと破局をむかえることが多いと言われています。


以前は看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、昨今はだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。


実際の看護の場面においては、患者の移動、入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。


給料は女性と差はありませんが、産休や育休がないので、より多くの経験を積むことが出来ます。


キャリアアップを目指して転職を考える看護師も世の中にはいます。


能力を磨いておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。


看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分がぴったりだと感じるところを見つけられるといいですね。


内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。


「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンを組むことを考えている際、比較的審査が通りやすいと言えます。


ですが、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意しなければなりません。


ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正規の職員として雇用されている看護師のように、安定している場合なので、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。

◆出戻り就職という言い方があり、一度辞め

出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。


ただし、そうしてうまく、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた状況により変わってきます。


例を挙げるなら、結婚や転居、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。


実際に、こうして働いている看護師は多いです。


諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。


看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。


特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。


それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。


夜勤もありません。


忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。


どんなスキルが必要になるか、ということも診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。


看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。


通常業務のみでも大変忙しいのに加え、業務時間以外にも仕事が多くあり、残業しなければならなくなることが多いです。


ですが、いかに多忙で、疲労困憊でも、笑顔で患者さんやご家族とは接しています。


直前まで愚痴を言っていてもすぐに笑顔になれるので、時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。


よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。


なので、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。


夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。


基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。


そして、心身への負担をしみじみと思い巡らすようなことになるのです。


昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、看護師の不足が浮き彫りとなっています。


夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに勤務先によっては、急患にも対応する等、看護師のほとんどがかなりの重労働をこなしているといわれています。


男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスに悩まされたり、看護師の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも納得できる話でしょう。

◆一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべま

一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。


意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。


会社員も会社によって給与が違うように、看護師も同様でしょう。


町医者と総合病院とでは、どうしても年収にも差が出てきます。


ですから、看護師だからといって平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。


看護婦はハードな仕事と言われていますが、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。


入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。


なので、業務は日勤と夜勤という形に交代で勤務することになっています。


こうした交代制の勤務では、睡眠時間をうまく調整できない場合は思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。


ここのところ、看護師は不足傾向にあります。


看護師の資格を持っている人の中には、看護師の職を選択していない人も多いのです。


このように看護師が足りなくなるのは何故かというと最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。


常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。


職場の大半を女性が占めており、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。


他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。


一般的なほかの職業とは違って、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。


ですが、本業で勤めている病院で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。


そして、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。


人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。


まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接試験を受けることになります。


面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、看護師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く注視されていることを、知っておきましょう。


看護師としての能力に加えて、人としての良い部分も知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。