看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆多くの看護師は、病気を患っている患者やそ

多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と接する場合が多いので、印象の良いヘアスタイルにも気を配っておきましょう。


看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大事です。


勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておいた方が良いと思います。


普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。


意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。


給料は勤めている会社によって違うものですが、看護師も同様でしょう。


総合病院と町医者とでは収入は違ったものになるでしょう。


これらの事を考慮すると、一般的な看護師の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。


比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。


では、退職金についてはどうなっているかといえば、公的医療機関であれば、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。


翻って個人病院の状況ですが、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。


公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。


看護専門職が職場を移る根拠としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。


たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、負の動機であった場合、相手側の心証を悪くしてしまいます。


それがいくら事実であろうと素直に明かす意味もありませんので、建設的にキャリアを積もうとしているということを表明してください。


世間から見ると、看護師は高収入だというイメージが強いです。


もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な面もありますが、別の業種の給料と比較してみると平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。


景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。


これらの高給や安定性を重視するならば看護師を選ばない理由はないでしょう。

◆病院で看護師として働く場合、働く時間が規則的で

病院で看護師として働く場合、働く時間が規則的でないことやハードな仕事内容であるということを理由に違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実をいうと、看護師の資格を持っているとその他の仕事でも活用できるというのもよくある話です。


考えられるのは人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。


よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも看護師の仕事です。


予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールに何度も応答することになったり等々、めまぐるしく立ち働くことになります。


勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と調整しやすいようになっています。


他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。


なので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。


小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。


基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。


業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。


担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、業務を行なう上で必要な事柄を次に勤務を始める看護師に口頭で伝えることになっています。


患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すことが大事です。


申し送りは、素早くスムーズに行うことも求められます。


看護師は比較的高給のイメージがあります。


現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など厳しい仕事も多いですが、別の業種の給料と比較してみると平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。


また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。


高給が約束された安定した業種としては人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。

◆実際の看護師資格取得の難易度はどの程度だと思います

実際の看護師資格取得の難易度はどの程度だと思いますか?資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、毎年90%前後ですから、決して低くありません。


試験内容も、今までの授業で普通に勉強していた人だったら合格できますので、それほど高難度な資格ではありません。


医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務時間が一定でないことに加え、労働環境の大変さによって他の仕事に移る人も結構いるということですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外にそれ以外の職場にとっても実際に役立つことがよくあります。


具体例として、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。


すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。


労働環境は、決して整っているとは言えず、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。


夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、看護師需要は高まるばかりで、看護師にかかる心身の負担は大きいです。


看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校を無事に卒業することの方が困難という人も多いです。


看護学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。


そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も見事に合格した方にはできれば、看護師の職についてもらいたいですね。


今の職場に不満があって看護師が転職するときの秘訣は、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。


それに加え、3ヶ月程を使って注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。


気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、自分の条件に合う職場を丁寧に探しましょう。


このため、自らの条件を分かりやすくしておくことが必要ですね。

◆私の勤め先は病院の事務です。普通は仕事中に看護師さ

私の勤め先は病院の事務です。


普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、毎日お忙しそうにしていますね。


夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。


けれど、私の心配とは無縁に、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、自分の子供と一緒に参加している看護師さんが結構目立つんです。


先生方も喜んで迎えられていて温かい雰囲気でした。


一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法が変わってくるのです。


看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、多くの事を学べる機会です。


将来を考えるキッカケになりますから、新人看護師の意欲も上げられると言われています。


結婚のタイミングで転職してしまう看護師も非常に多くいます。


パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職する方が良いでしょう。


今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職をしてしまうのが良いと思います。


ストレスが多くあると子どもができづらくなってしまうので、気をつけましょう。


看護師を志したのは中学での職業体験でのことでした。


介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て感銘を受けたのがきっかけとなりました。


将来的にはこんな風に働きたいと思って看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。


大変なこともあるのですが、それなりに充実していると思います。


一般的に看護師が転職する要因は、人間関係といった人が多くいます。


女性がたくさんいる職場ですし、イライラが多くなりがちであり、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。


一部には、パワハラやいじめが転職を考える原因といった人も出てきています。


辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、体を悪くしてしまうので、すぐにでも転職を考えましょう。

◆働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、ほと

働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。


もちろん、その他のところでも、看護師の仕事は色々あります。


職場となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師はじわじわ増えています。


こうして、病院に限らず看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。


結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにしてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。


転職活動を行う時には、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、その際、注意点があります。


何だと思いますか?それは、履歴書に書くことの中でも特に志望した動機について、どのように表記するかということになります。


雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。


学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。


けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、転職という選択をすることにしたのでした。


決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。


検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。


けれども、もういい大人なのだから、何か起こった時はなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがわかったのです。


年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。


それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。


試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、それほどまでに難しい、というものでもないのです。


そういった、看護師を養成する学校は複数あります。


看護学校、短大、大学や学部などですが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学や学部の人気が高まっているようです。


基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。


けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。


そういう看護師の仕事を続けていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、そのうち、自身の身体や健康のことなども異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。