看護師情報



◆ここ数年は看護師は足りていないと言え

ここ数年は看護師は足りていないと言えます。


看護師の資格を持っている人の中には、看護師をやっていないというケースは少なくありません。


このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。


具体的には、常勤看護師の場合の離職率は、約11%にもなります。


女性の方が圧倒的に多い仕事のため、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。


基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは職場によって各自違うようです。


3交代勤務の場合、シフトを組んで働きますので、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも当たり前にあります。


むしろ、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。


一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンの際も、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。


ですが、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそうとは言えないことも多いです。


ローンで審査に引っかからずに通れるのは派遣などではなく、正社員として勤めている看護師については言えることなのですが、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。


土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。


病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。


何か急な事態によって呼び出されたり、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は休める、と考えてもよさそうです。


他には、個人の病院で入院施設がなければ、診療科にもよりますが、たいてい土日は休みでしょう。


殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。


原因としては、過酷な労働環境があります。


看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため仕事量が増加し勤務時間も長くなってしまい、休みも簡単には取れません。


また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、看護師を退職する人も珍しくありません。

◆いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが

いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、職場においての有用性、必要性は高く、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。


入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。


そのため、どこの病院でも日勤、夜勤と交代しながら働く形になります。


こういった勤務形態ですから、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。


24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。


勤務表、つまりシフト次第ではありますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。


なので、育児中であってもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。


子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、なんとか対応していける主な理由は、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。


なお他業種同様、8時間勤務が基本です。


もはや日本は超高齢化社会です。


病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。


お世辞にも良いとは言えない労働環境で、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。


では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そこでも高齢者人数の増加によって、さらに看護師の需要は高まっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。


看護師国家試験に合格するよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。


看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れたり試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年してしまうようです。


そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も見事に合格した方にはぜひ看護師として現場に出て欲しいですね。


看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり就職先によっても異なってきます。


現場では一般的に、勤務が2交代あるいは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。


2交代制が3割そして3交代制が7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。


しかし、2交代制の方が休日が多いため2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。

◆看護スタッフが別な勤務先へ移

看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、ここ数年、オンラインサービスの使用が過半数を占める勢いです。


看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、無料ですし、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を確かめられるでしょう。


よいジョブチェンジを実現するには、リサーチが重要ですので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。


働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。


正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。


時給がどのくらいなのかというと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。


時間いくらのパート勤務にしては良い時給なのかもしれません。


しかし、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、つくづく安い値段ではないでしょうか。


修学旅行やツアーなどに一緒に行って、イザというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。


結婚していて子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を希望しているものです。


病院ではないところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。


看護士の求人はいくらでもありますが、望んでいる条件の求人があるとは限らないものです。


看護師の資格を持つ人で就職できれば良いと思っている方は多くないでしょう。


できることなら給料が高くて職場環境も良くて、夜勤のないところで働きたいとほとんどの方が思っています。


希望通りの病院などに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。


以前は一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、近頃では男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。


実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。


年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。

◆ナースが仕事を変えるタイミン

ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。


ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。


すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、就職情報が活気付いてくるまで待機すると無駄がないでしょう。


近年、日本においてはEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。


とは言っても、日本語で出題される看護師の国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国する必要があります。


病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、あわせて、国家試験対策をしなければならず、とても大変だというのが現状です。


仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。


とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


ところで看護師であるからには、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、人の身体がどんな具合か、だけではなく、自分自身の身体や健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。


免許が必要な専門職である看護師は医療や介護など、様々な場面で求められています。


なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。


しかも、丁寧に探してみれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。


幸い、ネット上を少し見てみると求人サイト、それも看護師専門のものがかなりの数があるのです。


なので、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。


病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。


いわゆる課長職でも、その年収は中小企業と大企業では全く違うのと同様に、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。


他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、例えば、公立病院の場合、大体750万円くらいになると推測できます。

◆新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を

新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみても上手くいかないという人は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。


求人において年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、病院側の事情で採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。


例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では厳しいケースが多いです。


一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、ほぼ確実に夜勤があります。


実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。


普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。


3交代勤務での夜勤となると、休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。


就職先として考えている病院がどういった交代勤務を採用しているのか前もって知っておいた方が良いでしょう。


実際の看護師資格取得の難易度はどれほどの難しさなのでしょうか。


試験の合格率ですが、90%前後となっています。


試験内容自体が、学校の授業を普通に勉強していた人だったらそんなに難しい試験ではありませんので、特別に高難度な資格ではありません。


看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人事担当者の考え次第で決められてしまうこともあるでしょう。


人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、そこに配属になる事が多いのです。


もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。


社会に出たばかりの新卒看護師や、別の医療機関から転職してきたばかりの看護師に多いのですが、労働に見合うだけの残業手当が払ってもらえないことがあるようです。


ただ働きで残業をさせるのは、新人だということは何の言い訳にもならず労働に関する法律に、明らかに違反しています。


残業も完全に仕事のうちですから、当然、働いた分のお金は、報酬を得なくてはなりません。