看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆病気になって気落ちしていると

病気になって気落ちしていると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。


ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。


多くの覚える事やチェックを繰り返し、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。


なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も珍しくないのです。


中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。


看護師の国家試験は、1年に1度行われます。


看護師の人数の不足が問題視されている日本にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を示し続けています。


看護師の資格のための国家試験は大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできればパスできる試験です。


事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。


看護師の個々の能力を、間違いなく測ることを目的に、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。


評価を行なうのは、毎月の病院や、年に一度だけ、という病院もあるようです。


なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。


また、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。


「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。


漢字だと、こうして二種の字で表せます。


昔は看護士と書いた場合は男性のことを指し、看護婦は女性と明確に分けられていました。


2001年の法律改正を機に、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師という呼び方にひとくくりにされることになったのです。


看護師国家試験に受かるよりも、看護学校を無事に卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。


看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたりテストに落ちるなどの些細なことでも留年してしまうようです。


それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人にはぜひとも看護師の仕事について欲しいものですね。

◆国際化する社会においては、海外で助けが必

国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、医療従事者として手助けしたいという考えを持った看護師の方が増えています。


現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。


当たり前の事ですが、海外では患者との円滑なコミュニケーションのために英語が必要不可欠なのです。


本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。


本当にどんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを転職の際の志望動機は今までに身につけたスキルを活かしたい前向きなイメージを持たせられるものにします。


すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。


厳しい労働環境の中で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。


たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、さらに看護師の需要は高まっており、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。


看護師というものは特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、そうは言っても、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。


職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、雇う側の立場の人間が、しっかりと気を配るということが重要であるということに疑いの余地はありません。


多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。


他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。


会社員も会社によって給与が違うように、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。


町医者と総合病院とでは、どうしても収入は違ったものになるでしょう。


これらの事を考慮すると、平均的な看護師の年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。

◆看護師の職場といえば、病院という考えが一般的でしょう

看護師の職場といえば、病院という考えが一般的でしょう。


しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は病院以外にも多々あります。


保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の役目です。


それに福祉施設には医師が常に居るところは少なく大抵の医療行為を看護師が行います。


看護師という仕事に就いている方の中では、勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響して違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実は看護師の資格というものは、いろいろな職種において活用できるというのもよくある話です。


いくつか例を挙げるならば、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。


多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。


ですが、重要なポイントとして、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して給料の額が減ってしまうことが多いようです。


例え年収が下がったとしても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。


看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働く現場として実は、保育園があります。


実際に保育園で働くとなると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、適任の職場だと言えます。


病院とは違って、保育園での看護師の仕事は園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする必要不可欠な仕事なのです。


どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、看護師に多いトラブルと言えば、職場での人間関係の難しさや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。


看護師の中には女性が多く、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることもよくあります。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。


転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも間違いではありません。

◆看護職の人が職場を移る際も、

看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。


試験官にマイナス点をつけられると、ナースは人手不足といえど落とされることもあるでしょう。


当然のことながら、待遇が良い勤務先は応募者数も多くなりますから、緊張感を失わず不足なく対策をたてて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。


身だしなみを整えきちんとした格好をして、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。


知人が看護師として働いていたのですが、病気のために一度看護師を辞めています。


ですが、身体の調子が治ったら、早めに復職して昔と変わらず看護師として勤務しているのです。


多少のブランクでも、役に立つ資格があったら復帰も早いと思います。


私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。


働く時間を、自分である程度調整でき、やりたい仕事を選べたりもする、等々が看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。


その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、今現在、仕事を探している人は派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職してみても良いのではないでしょうか。


社会に出たばかりの新卒看護師や、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、通常支払われるはずの残業代について未払いになることがあります。


残業代の未払いは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働に関する法律に、明らかに違反しています。


残業も完全に仕事のうちですから、働いたらその分はちゃんと、給金という形で手に入るのが当然なのです。


仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。


とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


なお、看護師という職についていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分自身の身体や健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。

◆一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは3交

一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。


平日が休みになってしまっては、デートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの辛さがあるようです。


または、昨今の看護師不足の影響から簡単に休みが取れないという問題もあります。


規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。


一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり給料が高いという印象があるのではないでしょうか。


もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な面もありますが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均的に高水準を維持できることが見て取れます。


また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。


高収入で安定した職業という意味においては人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。


看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師は服装や外見を意識しておくことが必要になります。


中でも、女性の看護師は派手な化粧はなるだけ控えておいて、病院に適したナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。


ノーメイクとも違いますから、患者に与える印象もまた違ったものになるでしょう。


看護師の不足は十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。


その原因として代表的なものは、過酷な労働環境があります。


最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師一人にかかる仕事量が増加し、労働時間が長くなり、休みを取るのも困難なのです。


また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、退職する人もいます。


ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも担当看護士が任されます。


また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、少々混乱してしまいそうなくらいにゴタゴタする夜を過ごすこともあります。