看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆収入面において、看護師という仕事は、女性が

収入面において、看護師という仕事は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、けっこう良い給料をもらうことができます。


責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当もきっちりもらえるから、ということです。


どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか残業を厭わずに長時間こなすといった看護師の場合、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。


学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。


さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。


そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。


それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。


看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて容態の急な変化もありえますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も看護師の仕事です。


急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、目が回るほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。


看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。


なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。


しかも、丹念に当たってみるなら、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。


幸い、ネット上を少し見てみると転職や求人を看護師に特化したサイトがかなりの数があるのです。


なので、そういったところを利用してぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。


働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、大半の看護師は病院で働いています。


もちろん、その他のところでも、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。


必ずしも病院でなくとも働ける場所は色々あり、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。

◆キャリアアップを目指して転職を考える看護師

キャリアアップを目指して転職を考える看護師も少なくないです。


看護師の能力を向上させることで、収入アップを目指すこともできます。


看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分がぴったりだと感じるところを探すことも大切でしょう。


内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。


病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、随分と高給です。


特殊な、医療現場という場所での労働ですし、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。


誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、進んで残業をたくさんするというような看護師ですと、給料はもちろん、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。


他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、少なくとも平均年収においては明らかに看護師の方が多いです。


医療に関わる職場において需要が途切れることなくあります。


そのため、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの得難い長所もあるわけです。


ところが、高給を得られる職業ではありますが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。


「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。


漢字で書いてみるとこうして二種の字で表せます。


過去には看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。


2001年の法律改正を機に、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師の呼び名に統合されました。


比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。


退職する時に出る手当である、退職金については、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、そうした規定に沿って支払われます。


翻って個人病院の状況ですが、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。

◆国家資格を有した正看になるためには、看護の

国家資格を有した正看になるためには、看護の専門学校や大学等を卒業することが条件です。


看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。


しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。


定員が少なく倍率が高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って勉強する人もいます。


いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、看護学校が行っている通信教育課程がありますから、働きながら勉強することが出来ます。


病棟勤務の看護師は病院によりますが、2交代制か3交代制で夜勤勤務に従事することになるはずです。


日勤と違って夜勤は現場から医師や看護師も減ってしまいますし、また、夜中になって患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。


かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おそらく日勤を超えるでしょう。


国外で助けを求めている人に、医療の立場から支援したいと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。


海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、看護師は常に求められているのです。


海外で看護師になる場合、患者とやりとりをするうえで医学的な英会話ができる事が最低条件になります。


海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。


以前は疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、近年では少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。


日常の看護においては、患者の移動の介助をする時やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。


給料の点からみると女性と変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、より多くの経験を積むことが出来ます。


なんといっても、看護師という職業は異業種に比べると高給です。


その結果かどうかは不明ですが、着飾った人が多く見受けられます。


なのですが、多忙を極める仕事です。


働きづめの病院もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているというのは珍しくありません。


給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最適なのだろうと感じています。

◆あまり意識されたことは無いか

あまり意識されたことは無いかもしれませんが、看護師にもそれぞれ階級があります。


一番階級が高いのは、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。


階級を上げる方法ですが、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、一目置かれ、認められるような存在になることが必須になります。


もちろん、階級が上がればその分、年収や待遇は良くなるでしょう。


看護師の職場といえば、病院と考えるのが普通でしょう。


でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は病院の他にも色々とあります。


保健所において保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の職務です。


また福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく医療行為の大半を看護師がやります。


看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。


退職する時に出る手当である、退職金については、公的医療機関であれば、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、そうした規定に沿って支払われます。


他方で個人病院の状況を見てみますと、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。


他はそうとも言えない、ということになるでしょう。


看護師という職業は勤務時間が一定でないことに加え、キツい仕事だということも原因となり、看護師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、実は看護師の資格というものは、その他の仕事でも実際に役立つことがよくあります。


例を挙げると、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。


ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、ここ数年、オンラインサービスの使用が大部分となってきました。


看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、金銭的な負担もなく、時間や場所を問わず気軽に転職情報を検討することも可能です。


よいジョブチェンジを実現するには、様々な角度から調査することが要となりますので、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。

◆看護師は他人の健康や時には生命に関わ

看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、なかなかリラックスできる暇などなく、こうした生活が続くと多くの看護師はストレスに悩まされます。


要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、心にも大きな負担がかかるということになります。


そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、看護師というハードな仕事を続けていくためには見逃すことのできない点になるでしょう。


看護師として、毎日激務をこなしているうちに、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。


どこが一番楽のできる診療科か、ということを考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。


ちなみに、それほど激務でもない病棟とされるところは、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。


ですが、どういった病院か、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。


修学旅行やツアーなどに随行して、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。


結婚して子持ちの人は土日が休みだったり、夜勤なしの職場を希望しています。


病院以外のところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。


誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。


看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。


しかし、ここ最近においては看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。


髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは物悲しく思えますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。


最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、看護師の仕事がありますよね。


外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、まだ勤務年数が短いうちは必然的にシフト勤務になると思います。


妻が看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。


ですから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって悩みました。