看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師の働き先といえば、病院という考えが一

看護師の働き先といえば、病院という考えが一般の考えでしょう。


でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は病院以外にも多々あります。


保健所では、保健師と連携し地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の役目です。


それから福祉施設には医師が常駐しているところは多くなくほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。


昔から、看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。


場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、ハードな職業ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると安定して高給だということが特徴として挙げられます。


景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。


これらの高給や安定性を重視するならば人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。


看護士の求人はいくらでもありますが、望んでいる条件の求人がある訳ではありません。


看護師の資格を持つ人で就職できれば良いと思っている方はあまりいないものです。


できることなら給料が高くて職場環境も良くて、夜勤のないところで働きたいとほとんどの方が思っています。


望み通りのところに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。


病院で病棟勤務に就いている看護師なら2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて夜勤をこなしていくことになります。


なくてはならない夜勤業務ですが、現場から医師や看護師も減ってしまいますし、夜中の少人数体制の中で患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。


そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、大体いつも、日勤より多くなるようです。


学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。


けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。


それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。


スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。


けれども、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということが理解できて、いい勉強になったと思っています。

◆看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたっ

看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望理由です。


どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはそう単純なものではありません。


たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか勤務条件の利点を並べるのに比較して、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、やりがいを求めているような応募理由のほうが受かりやすいものです。


あまりイメージに無いかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として保育園がある事をご存知ですか?保育園を職場にするのは、子供好きの看護師には、おススメの職場だと言えますね。


保育園でどのような仕事をするかと言うと、看護師として子どもたちの健康をケアしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする必要不可欠な仕事なのです。


ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。


面接担当官に悪印象だと、ナースは人手不足といえど不合格になる可能性があります。


言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと応募者数も多くなりますから、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして就職面接当日を迎えましょう。


場にふさわしい端正な装いで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。


様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意する事を忘れてはいけません。


女性のケースでは、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが良いでしょう。


すっぴんとは異なり、患者に与える印象もまた違ったものになるでしょう。


看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。


子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。


また、病棟勤務と違い、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。


例外を除いて、夜勤ももちろんありません。


忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、対応には時間がかかるでしょう。


クレームが入ることもよくあります。


どんなスキルが必要になるか、ということもどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。

◆初めて看護師として働こうと思っても

初めて看護師として働こうと思っても、就職先が決まらず困っている話を聞きますが、年齢が壁になっているかもしれません。


実際の求人には特に年齢制限の記載がなくても、病院が裏で年齢を理由にした不採用を決めている場合があります。


例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。


国外で医療的な支援を求めている人々に、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方もいると思います。


海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。


当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで英語を話せることが絶対条件になります。


もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。


近年、相次ぐ病院の統廃合によって看護師の不足が浮き彫りとなっています。


日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師はかなりの重労働をこなしているといわれています。


男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスが蓄積されたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は納得できる話でしょう。


看護師の当直というのは、16時間にも及ぶ長い時間の勤務で勤務中でも仮眠をとれることになっています。


月に8回までと国の指針で定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。


病院における看護師の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり過労になりやすいのも看護師を辞める割合が高い理由の一部と思われます。


専門職だけあって、看護師という仕事についていると、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。


きっかけが結婚や出産だったり単に私事からの転職もよくあるものの、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。


そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。


そうでなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。


例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など積極性を感じられる理由を挙げたいところです。

◆看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子持

看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子持ちの看護師からするとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。


ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。


そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も多数存在するようです。


誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。


看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。


そうはいっても、近頃では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは物悲しく思えますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。


皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。


意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。


給料は勤めている会社によって違うものですが、看護師も同様でしょう。


総合病院と町医者とでは収入に差が出てしまいます。


ですから、一般的な看護師の平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。


どこの医療機関でも看護師は不足していることが多いため、看護師の転職は比較的かんたんです。


希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、面接試験を受けることになります。


この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、看護師としての能力と同様に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も調べられているのです。


人間的な良さをアピールできると、とても有利でしょう。


看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、6月、1月あたりが狙い目です。


たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、熟慮していくのがよいです。


急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、人材募集が増加してくるタイミングまで様子を見るのがベターです。

◆看護職の人がジョブチェンジす

看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望の理由付けです。


どういう理由でその勤務先を希望しているのかを肯定的な雰囲気で表明するのはそう単純なものではありません。


高収入、休暇が多いといった待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護職の能力をさらに深めたい等、将来性を連想させる志願内容が比較的通過しやすいようです。


貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。


どういったところかというと、グループホームという介護施設です。


こういったところでも看護師の活躍が期待されています。


グループホームで生活しているのは、基本的に認知症の方ばかりなので、十分留意したうえで関わらなければなりません。


介護の分野に関心があるという看護師は、職場としてグループホームを選ぶということも前向きに考えていいのではないでしょうか。


昨今の看護師不足は大きな問題です。


代表的な要因として看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。


法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事が増加する一方になり、勤務時間も長時間になって、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。


また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、看護師を退職する人も珍しくありません。


看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をするとどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。


注意点ですが、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働く看護師より収入が少なくなることが多いようです。


今の収入を減らしてでも、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。


医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば病院によりますが、2交代制か3交代制で誰もが夜勤を経験します。


なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、また、夜中になって眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。


そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、日勤のそれを上回ることになります。