看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこで

街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。


こういったイベントに出る看護師は多く存在しています。


職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性と出会う機会が少なく、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。


街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。


けれども、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって勤務形態が不規則なせいで、破局をむかえることが多いと言われています。


医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は神経を張りつめていることが多く、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。


ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。


そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を探し出せるかどうかというのは、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら見逃すことのできない点になるでしょう。


高校に入った時点で進学先が衛生看護科だと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、看護師の資格を得るのが一番早いでしょう。


でも、在学中に進路を変更したくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。


また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが短い準備期間のために試験勉強や実習が不足して合格するのが難しいともいえます。


修学旅行やツアーなどに随行して、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。


結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤がない職場を望んでいます。


病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。


准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが絶対条件です。


卒業できなければ、試験の受験資格がありません。


ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、専門学校に入学するための予備校も人気があるのです。


准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、看護学校の通信課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。

◆看護師の資格のある人は法律では、仕事内容として、医師

看護師の資格のある人は法律では、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。


医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。


とはいえ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、差し迫った状態になったときは、経験豊富な看護師であれば、一部の医療行為を許可されてもいいのではないかと考えています。


病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接する機会が多いため、不潔な印象にならないよう、髪形にも注意しておきましょう。


看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、まずは清潔感を重視した髪形にすることが良いでしょう。


病院の雰囲気や方針次第で、髪形への規則の厳しさが変わるということを理解しておきましょう。


高校進学時点で進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師になるのに最短の道を歩むことができるでしょう。


ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは簡単ではありません。


それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが試験までの期間が短いために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が困難という側面もあります。


少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療職にかかわる人たちもまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。


それ故、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。


毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。


それには職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も要因となっています。


看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。


どんな時やりがいを感じるかですが、回復した患者さんが退院していき、その上、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。


それから、患者さんの家族の人たちに涙ながらにお礼を言われるような時も、最高にやりがいを実感できます。


生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、看護師の仕事はとても大変です。


なので、仕事からやりがいを得られない場合は、退職したいと考えてしまうはずです。

◆看護師の仕事内容がかなりハードだというの

看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。


二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちにたいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。


心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これにより疲労はたまる一方であり、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと思い知らされることもあるのです。


昨今、看護師不足の傾向にあると考えられています。


せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、看護師の職を選択していない人も多いのです。


では、看護師不足の原因はなんでしょう。


それは、最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。


実際の離職率はどのくらいなのでしょう。


なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。


職場の大半を女性が占めており、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。


一般的に見ると看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。


例えば二交代制の病院勤務だと、休憩を挟むとは言っても、全部で16時間勤務になるようなこともあります。


長時間勤務がザラだということも看護師という仕事が大変だと思われる一因だと思います。


シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。


でも、忘れてはいけないのが、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも収入が少なくなることが多いようです。


現在の年収を下げてまで転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。


看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。


読み方はどちらも同じですが、この二つを漢字で書き表すと二通りで表すことができます。


少し前までだと、男性のことを表すのは看護士、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。


法の改正があった2001年をきっかけとして、性別に無関係に使用できる看護師の呼び名に一本化されました。

◆看護師は他人の健康や時には生命に

看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、神経を張りつめていることが多く、こうした生活が続くと強いストレスを経験することになります。


要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタル面にもつらい部分があると言えます。


溜めてばかりだと良いことは少しもありません。


解消の仕方を探し出せるかどうかというのは、この仕事を続けていくのであればかなり重視するべき点ではないでしょうか。


一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。


看護師の中には女性が多く、人間関係のもめごとが多い職場も少なくありません。


夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。


あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのもアリだと思います。


看護士だと、求人はたくさんありますが希望通りの条件の求人が存在するとは限りません。


看護師資格を持つ方で就職できれば良いと思っている方はあまりいないものです。


できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思っている方が多いでしょう。


希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要です。


一般的に看護師が転職する要因は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。


女ばかりの仕事ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。


一部には、パワハラやいじめが転職を考える動機となってしまう人もいます。


つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、体を悪くしてしまうので、早いうちに転職した方が吉です。


いつ働くか休むかをコントロールしやすく、したい仕事を多くの中から選べるのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。


その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人にはできれば、派遣で働くということも考えて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。

◆看護師の人間関係は、構築が難しいといった

看護師の人間関係は、構築が難しいといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。


というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。


あまり健全ではない、そんな空気の中にいていい加減、疲れてしまうかもしれません。


でも、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と達観しておくのが良いでしょう。


今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。


女の職場なので、なかなか男性と関わる機会がなく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。


街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。


しかし、もし、恋人同士になれたとしても、仕事が規則的でないということが原因で、上手くいくケースばかりではないのが現実です。


給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実は夜勤の手当に依るところが大きいことによって給与が高くなるといえるでしょう。


仮に「いいお給料で看護師をしたい」というのならば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤で働けるところにしましょう。


夜勤の有無によって貰える給料が大きく異なってきます。


なぜ看護師をやるのかといわれたときに、外せない理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。


卒後間もない看護師の場合も、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高収入といえるでしょう。


ただし、そうやって高いお金をもらって働くということは、自分の腕を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。


少し前までは、看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近頃では徐々に男性看護師も増加しています。


実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。


年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより多くの経験を積むことが出来ます。