看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆普通、注射や採血は看護師が行うもの

普通、注射や採血は看護師が行うものです。


好んで注射や採血をしてもらうような人は稀なタイプだと思いますが、もし注射されるのならば、痛みが少ないようにしてもらいたいのが人情でしょう。


とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。


たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。


卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。


大学の特徴を挙げると、最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。


対する専門学校については、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。


また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについてもなんと大学の学費の十分の一程度です。


一口に看護師と言っても、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術やケアのやり方も違ってきます。


ローテーション研修は、看護師にとってひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。


また、多くの意見を参考にしながら多くの知識を身に付けることが出来ます。


今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人看護師の前向きな気持ちも湧きやすいようです。


キャリアアップを志して転職する看護師も存在します。


看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。


看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分で自分にピッタリな職場を探してみることは重要です。


内科の外来が合うと感じる人もいれば、特養が合うという人も存在するので、進んで転職するのも良いかもしれません。


看護師国家試験に合格するよりも、断然に看護学校を卒業する方が難しいと思う人も多いといわれています。


看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたりテストに落ちるなどの些細なことでも留年させられるそうです。


それほど厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人にはできれば、看護師の職についてもらいたいですね。

◆注射や採血は看護師が行う仕事の

注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。


普通、好んで注射をされに行くような人は稀でしょうが、実際に打たれるとしたら出来るだけ痛くないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。


でも、注射針を刺すのは看護師の腕次第ですから、上手に刺してくれる人もいれば、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。


これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。


様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、働く看護師は外見に気を付けておく事を忘れてはいけません。


中でも、女性の看護師は派手なお化粧は控えて、病院に適したナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。


素顔の時ともまた違っているので、雰囲気が良くなるでしょう。


業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。


例えば、カタカナでエッセンと書く言葉があります。


この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仲間うちだけに伝わるようにしたもので日常的に使用されています。


このエッセンという言葉自体には、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。


医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、その影響です。


何であれ今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。


看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。


なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。


そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知り、実行しているかということも、この仕事を続けていくのであれば重要視した方が良いようです。


看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、具体的には1月、6月がオススメです。


看護職員の価値は市場では依然高いのですが、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、焦らず比較検討するとよいでしょう。


とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、転職情報が多くなる時まで経過を見守るのが望ましいです。

◆一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な

一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。


面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、ナースは人手不足といえど不合格になる可能性があります。


良い雇用環境と思われる仕事場は志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして就職面接当日を迎えましょう。


クリーンな印象のファッションで、イキイキと応対するのがポイントです。


若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は女性が担うものというイメージがありました。


でも、今では看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。


実際に看護師に必要な適性を考慮しても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。


女性の持つ優しさだけではなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も看護師に求められる要素だといえるでしょう。


仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く片時も気を抜くことはできないでしょうし、そのために自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。


ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、精神的なきつさも感じることになります。


ストレスを和らげ、自らをケアする手段を知っているかどうかということは、看護師であり続けるためには大事な点になるでしょう。


日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。


看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的医療機関であれば、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。


他方で個人病院の状況を見てみますと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。


勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。


看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志願の根拠です。


どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを肯定的な雰囲気で表明するのはそう単純なものではありません。


たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか採用条件で選んだと見られるよりは、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、将来性を連想させる志願内容が比較的通過しやすいようです。

◆看護師のためだけの転職サイトには、祝い金

看護師のためだけの転職サイトには、祝い金を出してくれるサイトがあります。


転職をしてお金を受け取ることができるのはハッピーですよね。


けれど、お祝い金を受け取るためには条件がほとんどの場合にありますから、先にチェックしておくようにする方が損しませんね。


また、祝い金を出してくれないところの方が充実のサービスな場合があります。


業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。


二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。


基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと当然のように疲れを蓄積していき、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い知らされることもあるのです。


街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。


街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。


職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いというものが少なくて、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。


「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。


ただし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事が規則的でないということが原因で、結果として、破局、ということもままあるようです。


職場において、仕事のできる看護師を目指すには、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。


どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったことは、看護師という仕事柄あり得ません。


なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。


人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として働く場所を変えようとするケースもあるようです。


大学病院など、高度な医療を行なうところで腕を磨きたいという気持ちからくる、チャレンジ精神からきた動機です。


一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。


中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。


それから、検温や血圧測定、動けない人の介助も仕事の一つです。


急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間にナースコールに何度も応答することになったり等々、気の休まる時間はないくらい次々と仕事が飛び込んできたりもします。

◆一口に看護師と言っても様々な違いがある

一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり給料が高いという印象があるのではないでしょうか。


医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など厳しい仕事も多いですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて安定して高給だということが分かっています。


景気に左右されないのも強みでしょう。


高収入で安定した職業という意味においては看護師はメリットの多い職業だと言えます。


比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。


では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立や公立の医療機関の場合は、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。


個人病院はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。


学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、100パーセント希望通りにしてくれる場合もあり、また、人員配置を担当する人の考え方一つで確定されたりすることもありそうです。


病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、充分に考えられた配属であることが殆どです。


もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。


働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、結局、大多数の看護師は病院で働いております。


ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、介護施設、保育園、大きな企業内などです。


こういった所で看護師として働く人は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。


こうして、病院に限らずやる気があれば、仕事する場は多いので、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際に最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。


看護師となるための国家試験は、年に1度あります。


看護師の人数の不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%と非常に高い水準を推移しています。


看護師資格取得のための国家試験は大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。