看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師免許を取るには、何通りかの道すじが考えられます。

看護師免許を取るには、何通りかの道すじが考えられます。


看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが突然、試験を受けることは認められていません。


試験を受けさせてもらうためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうちどれかの学校で、看護について勉強するという条件があります。


看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。


どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったシンプルな仕事でもないため、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。


向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を希望する場合があります。


規模の大きい病院に移って働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、とてもアグレッシブな転職になります。


激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、回復して退院した患者さんが、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。


それに、やはり患者さんの家族の方から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、最高にやりがいを実感できます。


看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。


そういう訳で、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、退職したいと願ってしまうでしょう。


いま日本においては、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。


とは言っても、日本語を使った看護師国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国しなければならないと決まっています。


就労中に日本語を学び、また、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、大変シビアであるようです。


ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。


いわゆる課長職でも、その年収は企業によって違うように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。


または、公立と民間、地域によっても差があって、ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、750万円位だと言われているようです。

◆あまりイメージに無いかもしれ

あまりイメージに無いかもしれませんが、看護師が働く現場として保育園がある事をご存知ですか?保育園を職場にするのは、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、理想的な職場だと思います。


病院とは違って、保育園での看護師の仕事は園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする必要不可欠な仕事なのです。


修学旅行やツアーなどに随行して、イザというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。


結婚していて子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤なしの職場を望んでいるものです。


病院以外を職場とするのであれば、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。


看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを考慮して早めに行動を起こすことが大切です。


それに、どのような条件を重視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。


将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に合った転職先の情報を集めるようにしましょう。


年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましよう。


多くの方が看護師を続ける動機として欠かせないものに年収が高いということがあります。


新卒の給料を見ても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。


しかし、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、患者さんに返していかなければなりません。


注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。


一般的に、注射が好きな人は少ないと思いますが、実際に打たれるとしたら出来るだけ痛くないようにしてもらいたいのが人情でしょう。


とは言うものの、看護師の技術によっては注射が得意な人と不得意な人がいますから、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。


たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。

◆皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ば

皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、とりわけ医療職に就く人たちがより多く輩出されなければならなくなるでしょう。


ですから、既に不足している看護師なのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。


年々多くの看護師が輩出されているのに、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも原因として挙げられます。


人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。


転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、雇用する側との面接になるでしょう。


ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をすることになります。


しかし、そういった話の内容のほかに、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も注視されていることを、知っておきましょう。


技能や知識のみならず、人としての良い面を知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。


働く看護師の休日に関してですが、クリニックや病院の勤務形態によって違うのです。


とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、出勤や休日がカレンダー通りではないことも一般的です。


一見大変そうなシフト勤務ですが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。


看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。


看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。


ですが、ここ数年の間に少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。


昔から、看護師は比較的高給のイメージがあります。


現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など辛いことも多いですが、給料で見れば安定して高給だということが見て取れます。


また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。


高収入で安定した職業という意味においては看護師を選ばない理由はないでしょう。

◆資格の面からみると看護師の資格というものの最大の

資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、つまるところ、もしも離職している期間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。


これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、現場の人手不足の問題が根拠として挙げられます。


どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば極端に言えば五十代でも復帰できます。


世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されており「ローンを組みたい」という時でも大体の場合、スムーズに審査を通ります。


ですが、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合にはそうとは言えないことも多いです。


ローンで審査に引っかからずに通れるのは正規の職員として雇用されている安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。


世間では、看護師はよく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間的には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。


けれども、看護師の現状はというと、収入はそこそこあるとはいっても、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。


肯定的側面を見るだけではなく、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。


能力評価では、自分の看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。


実行している病院がほとんどのようです。


病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを測定し、評価をつけられるよう、一からスケールを作っていった病院もあるようです。


能力評価は、月々に行なう所や、一年に一度だけということもあります。


このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、高いモチベーションを保てます。


高い給料をもらっている看護師でも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。


専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、Wワークをしようと思えばできるのです。


とは言え、メインで働いている職場の規定でWワークを禁じていることがあったり、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。

◆看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望

看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望の理由付けです。


どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのは簡単ではありません。


高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、ナースとしてスキルアップしたいといった、やりがいを求めているような応募理由のほうが採用に結びつきやすいと思います。


労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、平均年収という一点では明らかに看護師の方が多いです。


看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく一定数以上の需要が常に見込まれるので、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。


ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。


産業看護師は働く人の健康のために保健の指導などをしたり、鬱病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。


産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業案内所で見つけるのはほとんど不可能です。


興味がある場合は看護師転職サイトを活用してください。


看護士転職サイトには、産業看護師の求人などもたくさん掲載されています。


一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。


ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。


それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。


そうすることで、得意なことを最も活かすことができるポジションにつくことができるでしょう。


なので、夜勤を希望したいと言っておけば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。


就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。


シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。


ですが、注意点ですが、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて給料の額が減ってしまうことがほぼ確実なのです。


今の収入を減らしてでも、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。