看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所

総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、医療機関以外に看護師として働ける職場に保育園があることを知っていますか?保育園に勤めるということで、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は最適な職場でしょう。


保育園でどのような仕事をするかと言うと、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという働きがいのある仕事です。


昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。


しかし、事情があって就職を選んで結局OLになりました。


でも、夢を諦められませんでした。


資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。


すると、医療施設で看護助手として勤めながら資格を取ることが出来る事を知りました。


この方法で看護師の夢を叶えたいです。


皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。


他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。


会社によって給料が変わるもので、その点は看護師にも同じことが言えます。


地域の診療所と総合病院とでは、やはり貰える給与に違いがあるのです。


こうしたことを踏まえても、看護師として働く人の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。


病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。


日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患対応も必要で、多くの看護師が激務をこなしているのが実情です。


男性看護師も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、看護師の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも深刻な現状を表しているといえます。


職場を変わられるときには看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、注意すべきことがあります。


何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望した動機について、どのように表記するかということになります。


どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、技術や知識を学べるといった理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由などやる気に満ちたような内容がいいと思います。

◆いつ働くか休むかをコントロールしやすく、

いつ働くか休むかをコントロールしやすく、興味があってしてみたい、という仕事を割と選べる、といったあたりがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。


仕事は、単発のものや短期のもの、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、今現在、仕事を探している人は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。


看護師の人間関係は、構築が難しいということも、しばしば言われるようですが、どうやら、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。


女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。


職場がそんな人間関係ばかりだと少々げんなりすることもあるかもしれませんが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。


女の子が憧れることが多い看護師になるためには、よく知られている、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。


二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。


それに対して、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習をすることに重きを置いているのでそういった経験を生かして即戦力になれるというところです。


看護職の人がジョブチェンジする動機としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。


過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、負の動機であった場合、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。


それがいくら事実であろうと真意は胸の内だけでよいので、ポジティブな印象を与える応募動機を述べるようにして下さい。


職場にもよりますが、看護師の給料というのは、他と比べると、女性の仕事としては、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。


人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。


身体的にきつい夜勤が人より多い場合や進んで残業をたくさんする等々、そんな看護師なら確実に給料は、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。

◆もし、看護師が外科を勤務先と

もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の考えられる良い側面と良くない側面を説明しましょう。


手術を受ける前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、看護師としての技術が学べることです。


残念なことは、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期間じっくりと同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。


初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、大体希望を叶えてくれる病院もありますし、人員配置を担当する人の考え方一つで決定に至ることもあります。


人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、そこに配属になる事が多いのです。


ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。


初めて看護師の就職先を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。


一般的に、求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、場合によっては、病院が内実に採用の年齢を設定しているケースがあるのです。


例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合ではかなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。


長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。


よく言われるものは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。


せっかくのお休みにも友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする事が悩みのタネになっているようです。


または、昨今の看護師不足の影響から休みが取れないということも珍しくありません。


こうした状態を変えたいのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、転職を考えるのが良いでしょう。


看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、労働に見合うだけの残業手当がきちんともらえないケースがあります。


ただ働きで残業をさせるのは、労働者が新人かどうかは別の話で労働基準法に反した行為です。


残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、労働した時間分はきっちり、働いた人に支給されるべきでしょう。

◆多忙な業務に追われる看護専門職が違う職場を

多忙な業務に追われる看護専門職が違う職場を探す手立てとして、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのがメジャーとされるようになってきています。


ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、無料ですし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを検討することも可能です。


職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、様々な角度から調査することが要となりますので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。


看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望理由です。


どうしてこの仕事場がよいのかを肯定的な雰囲気で表明するのは簡単ではありません。


高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが労働条件のメリットを出すよりは、看護職の能力をさらに深めたい等、やる気を印象付ける言い方をしたほうが採用に結びつきやすいと思います。


多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。


また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。


会社員も会社によって給与が違うように、もちろん、看護師も同様です。


町医者と総合病院とでは、どうしても収入に差が出てしまいます。


こうしたことを踏まえても、一口に看護師といっても、平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。


殆どの看護師に共通する悩みといえば、休日や出勤日が不規則な事だと思います。


休日や休みの時間にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの悩みをよく聞きます。


または、労働環境が過酷で労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。


きちんとした休みを望むのであれば、日勤のみで働ける病院であればそれが可能ですので、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。


病院では普通、看護師が注射や採血を行います。


注射や採血を好む人は少数派でしょうが、実際に打たれるとしたら痛みが少ないようにしてもらいたいのが人情でしょう。


でも、注射針を刺すのは看護師の腕次第ですから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。


この辺りは運としか言いようがありませんね。

◆学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務

学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、気になったことがあります。


どうやら看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。


さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。


そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。


こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。


ただ、健康には気をつけてほしいです。


看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望の理由付けです。


どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好感をもってもらえるように表すのは簡単ではありません。


高収入、休暇が多いといった労働条件のメリットを出すよりは、ナースとしてスキルアップしたいといった、前向きな理由付けの方が好まれ、受かりやすいものです。


やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。


でも、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。


挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。


そして、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。


それらを承知の上でなお、看護師になろうと希望し、勉強に励む人が多い訳は、良くない点を打ち消せる程に長所も多いということに他なりません。


看護師となるための国家試験は、年に1度催されます。


看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を持ち続けています。


看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。


皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。


また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。


一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、看護師も同様でしょう。


町医者と総合病院とでは、どうしても給料も変わってくるでしょう。


ですので、看護師として働く人の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。