看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆大変な激務と世間一般に認識されている看護師という

大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。


勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、容態の急な変化もありえますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も仕事の一つです。


緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、気の休まる時間はないくらい次々と仕事が飛び込んできたりもします。


高校進学時点で衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早く国家試験の受験資格を与えられるので、最も早く看護師として働けるようになるでしょう。


しかし、途中で違う進路を考えだしても変更は困難です。


さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが短い準備期間のために勉強したり実習をこなす量が少なくて合格するのが難しいともいえます。


スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。


どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったことは、看護師という仕事柄あり得ません。


なので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。


看護師の中には、向学心から働く場所を変えようとするケースもあるようです。


大学病院など、高度な医療を行なうところで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。


数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。


きっかけが結婚や出産だったり個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。


こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。


例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、大病院で最先端の治療に接したい、というように前向きな志望動機があれば良いでしょう。


少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、医療職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。


そういった理由で現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。


年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、いまだに看護師不足が叫ばれているのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも原因として挙げられます。

◆大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも

大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。


第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。


それから、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。


そういったことをわかった上で、看護師という仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、難点を補って余りある意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。


事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、これを行なう病院がかなり増えました。


看護師の個々の能力を、間違いなく測り、評価できるように、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。


この評価は、病院により月一のこともあれば、一年に一度だけということもあります。


このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。


また、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。


看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。


その時、もういっそ、看護師を辞めてしまおうか、などと悩みました。


さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、「転職しよう」と決めたのです。


そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。


検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とつくづく実感したものでした。


皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。


「看護師」と言えば普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、他職種と同じように、労働者の権利を訴えるような組織がなければ雇用条件において不利になることも生じて、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。


看護師というものはストライキをすることも難しく、雇う側の立場の人間が、きちんとした配慮を行うことが大事なことだと思います。


看護師として、毎日激務をこなしているうちに、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。


楽ができる病棟はどこだろう、と考えるようになってもおかしくありません。


ちなみに、それほど激務でもない診療科としては、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。


とはいっても、病院にもよりますし、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。

◆皆さんは看護師の帽子を見たこ

皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。


看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。


しかし、昨今では、看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは残念だと思いますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。


多忙な業務に追われる看護専門職が違う職場を探す手立てとして、今はネットサービスを役立てるのが多数派になってきました。


ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、タダの上、時間や場所を問わず気軽に転職情報を閲覧できます。


転職活動が実を結ぶようにするには、たくさんの情報に触れて吟味するのが肝心ですから、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてください。


看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。


実際にはどれ程のものなのでしょう。


資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。


試験内容自体が、学校でちゃんと学習していた人であればそれほど苦労なく合格できるものですから、これといって厳しい資格ということも無いようですね。


看護士になりたい動機は転職の場合の志望動機はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。


実際、看護師専用の転職サイトには、お祝い金があるところが存在しています。


転職することでお金をくれるなんてラッキーですよね。


けれども、祝い金を出してもらうためには条件がほとんどの場合にありますから、申し込む前にチェックをしっかりとしておくようにしましょう。


それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方がその他のサポートが良いこともあります。

◆基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは働い

基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは働いている職場で異なっていますから、一概には言えません。


3交代勤務の場合、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みもよくあります。


大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、そういう意味では働きやすいと言えますね。


かつての看護師はほとんどが女性の職業でした。


ですが、近年は看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。


看護師に相応しい性格や能力をみても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。


母性的な優しさだけでなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も看護師に求められる要素だといえるでしょう。


病院には多くの科が設置されていますが、勤めている科が違えば、看護師の仕事やケアなど、看護の方法が違います。


看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、多くの意見を参考にしながら多くの事を学べる機会です。


将来を考えるキッカケになりますから、看護師としてのやる気も高まります。


多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。


ですが、忘れてはいけないのが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも結果的に給料が減ることが多いようです。


例え年収が下がったとしても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。


看護師の場合は安定していると思われることが多く、ローンを組むことを考えている際、比較的審査が通りやすいと言えます。


とは言え、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の看護師だとそうとは言えないことも多いです。


スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと派遣などではなく、正社員として勤めている安定している看護師に限って言えることであり、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。

◆他の仕事と違い、看護師が職場で勤

他の仕事と違い、看護師が職場で勤務する時間というのは、実は意外と調整しやすいようになっています。


それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児中であっても大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。


例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、なんとか対応していける主な理由は、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。


ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。


かつての看護師は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。


ですが、ここ最近の傾向として看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。


実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。


女性の持つ優しさだけではなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、看護師にとって大事なポイントになっています。


そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。


そして、慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。


なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。


しかも、丹念に当たってみるなら、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。


幸い、ネット上を少し見てみると看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどがかなりの数があるのです。


なので、そういったところを利用して条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。


多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮しなくてはなりません。


看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔感を第一にすることが大切です。


職場の環境によっては、ルールがそれぞれ異なるケースがあると理解しておきましょう。


看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、大半の看護師は病院で働いています。


看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、看護師の仕事は色々あります。


職場となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は増えていて、競争率の高いところもあるようです。


つまり看護師であれば、病院ではなくても仕事をすることが可能であり、自身の生活が変わっていくのに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。