看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆医療施設で看護師として働いていた知人は、病気になってし

医療施設で看護師として働いていた知人は、病気になってしまって、その療養のために一度看護師を辞めています。


ですが、病気が完治すると早速現場に戻って、看護師として今も病院で働いています。


空白期間が出来ても、資格を取得しておけば復帰も早いと思います。


やはり資格が大切なことが改めて分かりました。


今どきの交代制勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、看護師の仕事がありますよね。


外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、まだ経験が浅ければ、必然的にシフト勤務になると思います。


私の話になりますが、妻が看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。


ですから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので困った事を覚えています。


看護師が外科に勤務する時の考えられる良い側面と良くない側面を知っておきましょう。


まず、手術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、看護師としての技術が学べることです。


考えられる短所はといえば、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期に渡って落ち着いてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。


何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、意義の感じられる仕事です。


入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、看護師も24時間、病院に滞在することになります。


そこで、業務は日勤と夜勤という形にシフトを組んで交代でこなしていきます。


こうした交代制の勤務では、多少強引にでも時間の調整をしなければ思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。


近年、日本においてはEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。


とは言っても、日本語で出題される看護師の国家試験にもしも、3年以内に看護師になれなければ自国に帰らなければならないのです。


就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。

◆ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事

ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。


ハードな通常業務だけでなく、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残って仕事をしなければならないことがよくあります。


ですが、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。


さっきまで愚痴っていた人がすぐに笑顔になれるので、考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。


看護師にとって当然のことですが、やめてしまいたくなることも往々にして起こります。


お仕事に関する失敗だけでなく時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。


しかしながら、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることも多くあります。


元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。


若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師はほとんどが女性の職業でした。


ですが、ここ最近の傾向として看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男女共に働く職業となってきました。


看護師に求められる能力を考えてみると、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。


母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力もこれからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。


意外に思われるかもしれませんが、看護師には細かな階級が存在するのです。


高い階級から言うと、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長、総看護師長といわれる階級です。


どういう人が出世するのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。


階級が高くなるほどに高収入になる事は間違いないでしょう。


看護師がかぶる帽子というのは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。


料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。


けれども、近年では看護師のユニフォームも変わりつつあり、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。


髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは残念だと思いますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。

◆看護師が働ける場所というのは病院だけだと思う方もいる

看護師が働ける場所というのは病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。


グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても特に看護師は重宝されているのです。


こういったグループホームに入所している方は、基本的に認知症の方ばかりなので、気を付けて接する必要があります。


介護方面に興味のある看護師はグループホームに就職するという選択肢もいいのではないでしょうか。


看護師の当直というのは、16時間にも及ぶ長時間の勤務となっているので勤務中でも仮眠をとることが可能です。


月に8回までと国の指針で定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。


仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活を送れなくなったり体調を崩しやすいのも看護師が高い割合で離職していく理由の一部と思われます。


日本全国の看護師の年収は平均すると437万円ほどです。


ただ国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため年収は平均して593万円ほどになります。


公務員看護師は給料の上昇する率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。


準看護師の場合であると、看護師より平均年収が約70万円くらい下がります。


少し前までは、看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、昨今は少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。


実際の看護の場面においては、患者の移動、お風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。


給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休がないので、より多くの経験を積むことが出来ます。


病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。


日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。


それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。


忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気の医師のところなどでは、たくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、対応には時間がかかるでしょう。


クレームが入ることもよくあります。


外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。

◆ナースが仕事を変えるキッカケ

ナースが仕事を変えるキッカケとしては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。


元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、否定的な事由だったりすると、それだけで評価を下げることになりかねません。


この場合は、仕事を変えたい本当の訳を真意は胸の内だけでよいので、積極的な姿勢で求職していることを言えるように準備しておきましょう。


看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。


ですが、重要なポイントとして、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働く看護師と比べて収入が減ってしまう事が多いようです。


例え年収が下がったとしても、今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。


看護師の資格を取るには、何通りかの方法があるのです。


看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんがすぐに受験することは認められません。


試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について学習することが必要なのです。


看護師にとってもちろん辞めたくなることも少なからずあることと思います。


仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。


そうはいっても、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと思うことはいっぱいあります。


先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。


一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。


また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。


一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、看護師も同様でしょう。


総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では給料も変わってくるでしょう。


これらの事を考慮すると、一般的な看護師の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。

◆看護師が働ける場所というのは病院だけだと思う方もい

看護師が働ける場所というのは病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。


数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも看護師の働けるところは十分にあります。


グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、基本的に認知症の方ばかりなので、そのことを心に留めて介護することが重要です。


介護関係に携わりたいという看護師の方は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも前向きに考えていいのではないでしょうか。


看護師が転職しようとする理由は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。


女の人が大半を占める職場ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。


その時、パワハラやイジメが転職しようと考える要因となる人もいます。


辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、健康を害してしまいますので、できるだけ早く転職すべきです。


准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必須です。


看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。


しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。


定員が少なく倍率が高いため、こうした専門学校に合格するための予備校に通って勉強する人もいます。


准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、通信過程で学べる学校がありますから、働きながら勉強することが出来ます。


実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。


その方法は、病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。


実際、看護師の職業は長期にわたって務められる仕事だということで注目されていますが、加えて公務員に準じたメリットがつけばこれ以上の安定性はないですよね。


公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、最大のメリットだと言えるでしょう。


夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。


休日や時間休も取れますが、なかなかハードではあります。


そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師もかなり多い、というのが問題となっています。


特に子供ができると安心して託児ができる施設などがなければそもそも夜勤などはできないものです。


ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例が増えてきており、大きな戦力となっています。