看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆受験資格を得て、合格後、看護師として働くため

受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。


大学の特色は何かというと最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。


それに対して専門学校は、実習など現場に即した内容が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。


そして、必要とされる学費についてはなんと大学の学費の十分の一程度です。


数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。


結婚や引っ越しといったようなその人の都合で職場を変えることもありますが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。


こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。


今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった前向きな志望動機があれば良いでしょう。


今、私は病院事務の仕事をしています。


日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですが皆さんいつも忙しそうです。


特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。


ですが、予想よりも上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、お子さん同伴での看護師さんの参加が相当いるんですよ。


参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。


休みを自由にとれて、したい仕事をかなり自由に選択可能、というのが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。


勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、看護師の仕事を探しているのであれば派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職してみても良いのではないでしょうか。


看護師の勤めているところといえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。


しかし、看護師の資格を使える職場は病院の他にも色々とあります。


保健所で保健師の方と連携して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の役目です。


また福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく医療行為の大半を看護師がやります。

◆医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば2交代制か

医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて夜勤をこなしていくことになります。


なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、そうやって人がいなくなった夜中に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。


当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。


収入の話になりますが、看護師という職業は、主に女性が担う一般の職に比べ、とても高い額の給料となっております。


病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がきっちりもらえるから、ということです。


誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、進んで残業をたくさんする人の給料をみると、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。


看護師の当直というのは、16時間にも及ぶ長い時間の勤務となっていて勤務中でも仮眠をとれることになっています。


国の指針により月に8回までと定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。


勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり体調を崩しやすいのも長続きしない看護師が多い理由のひとつの原因と考えられます。


食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。


この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、ふつうに授業を受けていたなら、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。


そして、看護師を育てる専門機関は複数あります。


看護学校、短大、大学や学部などですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。


一般的に看護師の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、独身の女性も多いです。


調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については両極端だという事が分かりました。


結婚が遅い人に共通していることは、出会いが無かったり、出世を第一にすることで結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。

◆大きなやり甲斐を得られ、また社会的に

大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。


第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。


それから、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。


ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、デメリットに目をつぶることが可能なくらい意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。


多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と接する機会が多いため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮することをおススメします。


看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔感を重視した髪形を選ぶことが良いと思います。


職場の環境によっては、髪形への規則の厳しさが変わるということを覚えておいた方が良いと思います。


注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。


一般的に、注射が好きな人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射されるなら上手な看護師に打ってもらいたいと思うのが普通です。


とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。


これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。


看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。


試験官にマイナス点をつけられると、どれほど看護専門職は市場で価値が高いとはいえ不合格になる可能性があります。


雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことエントリーの数も増えるため、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして面接官の前に立ちましょう。


クリーンな印象のファッションで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。


少し長く看護師をしてきておりますが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。


タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。


それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態はまあ、お察しの通りです。


ちなみに酒豪が多いです。


それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。


ただ、健康には気をつけてほしいです。

◆食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目

食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。


国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、ふつうに授業を受けていたなら、それほどまでに難しい、というものでもないのです。


さて、看護師を養成するための機関といいますと看護専門学校や短大など、いくつかありますが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。


平均的に離職者の多い看護師という職業は、転職率も同じように高い傾向があります。


こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが増えています。


こうした看護師専用の転職サイトであれば、手間なく希望通りの求人を探すことが出来るので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。


最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。


ちょっと前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、昨今は男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。


看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。


女性と年収に関しては同じですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分より職業的な高みを目指していけるということです。


一般的に、看護師という職業は比較的高給のイメージがあります。


医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的などハードな職業ですが、給料で見れば高収入を続けやすいことが看護師の特徴だと言えるでしょう。


景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。


高給が約束された安定した業種としては看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。


普通、看護師としてキャリアを積んでいくと昇進し、階級が上がることがあります。


例えば、婦長という階級は分かりやすい役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。


最近では、学生やパートの看護師も少なくありませんので、正看護師も役職的には上の立場になるわけです。


当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。

◆看護師の働く職場では、人間関係が上手くい

看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。


というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。


慣れていないと、そんな環境に少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。


比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。


では、退職金についてはどうなっているかといえば、公的医療機関であれば、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それを支払ってもらえるでしょう。


ところが、個人病院の方では、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。


つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。


誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。


料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。


ですが、近頃では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。


ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら残念だと思いますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


ハードながらもしっかり稼げるお仕事、看護師を目指したいのであれば、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。


それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。


国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、それほどまでに難しい、というものでもないのです。


そういった、看護師を養成する学校はいくつか種類があるのですけれど、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。


総じて看護師の職はハードワークだと言われますが労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。


二交代制の病院勤務の一例を挙げると、休憩を挟むとは言っても、全部で16時間勤務になるようなこともあります。


長時間勤務がザラだということも看護師という仕事が大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。