看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師の国家試験に合格することよりも、む

看護師の国家試験に合格することよりも、むしろ看護学校を卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。


看護学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れてしまったりテストに通らなかったといったちょっとしたことで留年させてしまうようです。


そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方にはぜひとも看護師の仕事について欲しいものですね。


産業看護師とは一般企業で働く看護師を指します。


看護師と聞けば病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室を置く会社もありそういう場所に勤務している人もいます。


仕事の中身及び役割といったことは働く会社により様々ですが、社員の健康を守りそして管理するというのは必ずすることだと思います。


看護師が転職をするには、将来のことを考慮して迅速に行動を起こす必要があります。


それから、どんな点が大切なのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。


将来の自分の姿を明確にして、その希望に合った転職先の情報を集めてください。


年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましよう。


看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、往々にして、好意的な印象を与える仕事であると思います。


ただ、実際の看護師の働き方を見てみると、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。


良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。


病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、けっこう良い給料をもらうことができます。


病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。


身体的にきつい夜勤が人より多い場合や急な残業を断らず行なう人の給料をみると、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。

◆出戻り就職という言い方があり、一

出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。


ただし、そうしてうまく、出戻ってこれるのかどうかは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。


多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。


こうしたケースは、実際にとても多いようです。


様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻ってくる人もよく見られます。


医療施設で看護師として働いていた知人は、病気のために一度看護師を辞めています。


しかし、完治させた後は、現場に復帰して、医療施設で看護師として今も元気に働いています。


多少のブランクでも、資格があれば復帰も早いと思います。


再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。


看護師の仕事を選択する、重要な理由の一つに「給料が高い」ということがあります。


新卒の給料を見ても同世代の新入社員と比較してより高い給与を得ていることが分るはずです。


ただし、このようにして高収入を得ているのですから、それだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。


日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。


実際には本人が働いている医療機関でそれぞれ異なるようです。


特に、3交代の勤務体系で行われていると、シフトを組んで働きますので、休日や出勤日が変則的なこともよくあります。


むしろ、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。


医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は緊張の糸を切らすことがなかなかできず、これが続くとどうしても強いストレスを経験することになります。


要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、精神的なきつさも感じることになります。


ストレスを和らげ、自らをケアする手段を探し出せるかどうかというのは、この仕事を続けていくのであれば重要なキーポイントになり得ます。

◆給料についてですが、看護師の場合は職場の規模の大小、

給料についてですが、看護師の場合は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。


看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立や公立の医療機関の場合は、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それなりの額を受け取ることができるようになっています。


個人病院はどうなっているかというと、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。


つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。


実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。


たとえば正社員として働く看護師は月給制です。


でも、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。


時給がどのくらいなのかというとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが世間の相場みたいですね。


これを単純にパートの時給とみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、かなりの激務をこなしていることを思うと、金額的に少々不満です。


あなたは「看護師」と聞くとどのような印象を受けますか?別名「白衣の天使」ということからも往々にして、印象良くとらえているという人が多いでしょう。


しかしながら、看護師の勤務の実情に着目してみれば、もちろん待遇はそれなりですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている看護師も少なくないのです。


プラス面だけに着目せずに、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。


前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。


ただ、それ程スムーズに、出戻ってこれるのかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。


多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。


こうしたケースは、実際にとても多いようです。


子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻ってくる人もよく見られます。


産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師です。


看護師といえば病院およびクリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室などを設けている会社もありそこで仕事をしている人もいます。


仕事の中身や役割は働く会社により様々ですが、社員の健康を守りそして管理するというのは基本的な仕事と考えてください。

◆病院で病棟勤務に就いている看護師なら文字通

病院で病棟勤務に就いている看護師なら文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により夜勤をこなしていくことになります。


夜勤においては医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、それなのに、夜半にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。


そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は大体いつも、日勤より多くなるようです。


看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。


それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。


試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、それほどまでに難しい、というものでもないのです。


さて、看護師を養成するための機関といいますといくつか種類があるのですけれど、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。


看護師の仕事をしていく中で勿論逃げ出したくなることもままあります。


仕事そのものの失敗のみならず患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。


しかし、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと思うことはいっぱいあります。


先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。


卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。


まず、大学はどういったところかというと、最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。


そして、専門学校の場合は、実習など現場に即した内容が多いので、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。


その他、学費に関しても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。


意外に思われるかもしれませんが、看護師には細かな階級が存在するのです。


トップに位置するのは、ほとんどの病院では総看護師長ですとか、看護部長といわれる人ですね。


具体的に、どのように階級が上がるのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、信頼を得られるように努めることが必須になります。


もちろん、階級が上がればその分、年収や待遇は良くなるでしょう。

◆24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務

24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。


外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ経験が浅ければ、殆どの人がシフト勤務になるはずです。


個人的な話ですが、妻も看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。


ですから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって大変だった思い出があります。


看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。


面接担当官に悪印象だと、看護職員を望む職場が多い現状でもご縁がなかったということにもなるのです。


雇用の条件に恵まれているところはエントリーの数も増えるため、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。


クリーンな印象のファッションで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。


皆さんご存知のように、看護師は離職者が多い職業ですので、どうしても転職率も高い数値になります。


そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが多くあります。


専用の転職サイトなら、もっと簡単に希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。


それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを一緒に活用することをお勧めします。


看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。


普通やることもたくさんあるのですが実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残業を強いられることがままあります。


ですが、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。


直前まで愚痴を言っていても打って変わって笑顔になるのです。


看護師のその様子はまるで女優のようです。


基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは本人が働いている医療機関で各自違うようです。


中でも3交代勤務の職場においては、シフトに沿っての仕事になりますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも珍しくありません。


別の見方をすれば、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。