看護師情報



◆パートや派遣といった形で、夜勤を避け

パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、大半の看護師は病院で働いています。


もちろん、その他のところでも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。


例を挙げると、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。


こうした職場で看護師として腕を振るう人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。


つまり看護師であれば、病院ではなくても仕事をすることが可能であり、ライフステージに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。


仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、勤めている職場の人間関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。


看護師には女性も多いので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場もよくあります。


勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。


転職し、環境の整った職場へ移るのも間違いではありません。


事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、これを行なう病院がかなり増えました。


看護師個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか位置づけできるよう、一からスケールを作っていった病院もあるようです。


月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、年に一度だけ、という病院もあるようです。


このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。


交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。


簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。


何か不測の事態による緊急の出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。


そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。


看護師の勉強をするための学校には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。


まず、大学はどういったところかというと、高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。


それに対して専門学校は、実習など現場に即した内容が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれます。


さらに学費に関していえば専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。

◆産業看護師は健康に働けるように従業員に保健指導

産業看護師は健康に働けるように従業員に保健指導をしたり、ウツ病を防止するための精神的なケアも行います。


産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業案内所で見つけるのは難しいでしょう。


興味を持たれた方は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。


転職サイトなら、産業看護師の求人も掲載されることが多いです。


育児のために転職する看護師も少なくありません。


看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、仕事をする日が多くない仕事だったりが選べると良いですね。


子育ての期間だけ看護師を休業するという人もたくさんいますが、お金がないと子育てに困りますので、看護師の資格を有効利用できる別の職を探すことを勧めます。


少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。


看護師らの労働環境はあまり良くはなく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死してしまった看護師もいたのです。


では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、看護師需要は高まるばかりで、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。


かつての看護師は大多数が女性でした。


しかし今日ではどこでも看護師の名称が使われ、男女共に働く職業となってきました。


看護師に求められる能力を考えてみると、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。


母性的な優しさだけでなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。


なんといっても、看護師という職業はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。


それと関係があるのか、おしゃれな人が多くいるように感じられます。


そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。


勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと耳にすることがあります。


収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最適なのだろうと感じています。

◆結婚相手として看護師は人気が高い

結婚相手として看護師は人気が高いと思うのですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。


調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が判明しました。


結婚が遅い人に共通していることは、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、自分の出世を考えて婚期が遅れるようです。


看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。


賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働基準法に反した行為です。


残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、こなした分はしっかり、報酬を得なくてはなりません。


看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。


万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような単純な業務とは言えませんから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。


看護師の中には、向学心から働く場所を変えようとするケースもあるようです。


様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。


二年ほど前から、病院事務として勤務しております。


看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですが常にみなさん忙しく働かれています。


夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。


しかし、案外、臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている看護師さんが結構たくさんいたんですよ。


先生方も歓迎ムードで、アットホームな雰囲気でした。


ここ数年は看護師不足の傾向にあると考えられています。


看護師の免許を持っていても、看護師の職を選択していない人も多いのです。


このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。


それは看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。


離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。


大多数が女性の職場なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。

◆外科勤務の看護師の、良い部分と、悪い部分に

外科勤務の看護師の、良い部分と、悪い部分について説明しましょう。


これから手術を受ける患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、スキルアップに繋がります。


短所は何かというと、一人の患者に対応するのが短期間であるため、腰を落ち着けて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。


産業看護師とは一般企業に勤務する看護師のことを指します。


看護師といわれると病院あるいはクリニックの印象が強いですが、医務室を設置している会社もあってそこで働いている人もいます。


仕事の中身及び役割といったことは働く会社により様々ですが、従業員の健康を守って管理していくのはどの企業でも行う仕事と思ってください。


転職をするのが看護師の場合であっても、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。


けれども、努力して看護師資格をゲットしたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。


違った職種でも、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は多くあります。


努力して得た資格なのですから、活かさないのはもったいありません。


看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。


課長職につく人物の収入が勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。


そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。


例えば、公立病院の場合、約750万円と言われているようです。


一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。


ただ、それ程スムーズに、戻ってこられるかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。


よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。


こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。


子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻り就職をする人も少なくありません。

◆昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関

昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、実行している病院がほとんどのようです。


病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを測定し、評価をつけられるよう、一からスケールを作っていった病院もあるようです。


能力評価は、月々に行なう所や、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。


なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。


また、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。


看護師になろうと思ったのかを転職の場合、その理由はさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、以前の職場への批判などは24時間交代の勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。


外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ勤務年数が短いうちはシフト勤務は避けて通れないと思います。


妻が看護師としてシフトに入っていましたから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず苦労した覚えがあります。


看護師をするきっかけとして欠かせないものにお給料を多くもらえるということがあると思います。


卒後間もない看護師の場合も、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、より高収入といえるでしょう。


そうはいっても、給料を多くもらうということは、それだけよく勉強して患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。


転職活動の場面においては、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、その際、注意点があります。


その注意点とは、履歴書で最重要と言っても過言ではない、「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。


どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、技術や知識を学べるといった理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由などやる気に満ちたような内容がいいと思います。