看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師は収入の面で恵まれている印象

看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。


現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など厳しい仕事も多いですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。


景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。


これらの高給や安定性を重視するならば看護師を選ばない理由はないでしょう。


どこの医療機関でも看護師は不足していることが多いため、看護師の転職は比較的かんたんです。


まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接という流れになるのがふつうです。


その場で、これまでの経歴や志望の理由について話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、そういった話の内容のほかに、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり注視されていることを、知っておきましょう。


実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。


看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。


ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


さて、看護師として長く働き続けると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についても今の状態を把握しやすくなるようです。


産業看護師は健康に働けるように従業員に保健指導をしたり、鬱病防止のメンタルケアも行います。


産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業紹介所で見つけるのは不可能だと思います。


興味のある方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。


転職サイトなら、産業看護師の求人も頻繁に載っているでしょう。


看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、昔とは違って、ウェブを介す方法がメジャーとされるようになってきています。


看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、金銭的な負担もなく、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を検討することも可能です。


よいジョブチェンジを実現するには、多角的に検討するのが鍵ですので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。

◆ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってし

ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが志望の理由付けです。


どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好感をもってもらえるように表すのは容易ではありません。


高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護職の能力をさらに深めたい等、将来性を連想させる志願内容が比較的パスしやすくなるでしょう。


自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も世の中にはいます。


看護師としての腕を上げることで、収入を増やすこともできるでしょう。


看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分がぴったりだと感じるところを探すのは大事なことです。


内科の外来が合うと感じる人もいれば、特養が適している人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。


看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみが可能な職場もあります。


忘れてはいけないのが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して結果的に給料が減ることが少なくありません。


今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。


育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。


看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、昼間のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが良いですよね。


育児に専念する間のみ看護師をやめるという人も多くいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探すことを勧めます。


もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の良い部分と、悪い部分について知っておいた方が無難です。


まず、手術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、とても勉強になります。


残念なことは、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。

◆日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、医療の

日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、医療の立場から支援したいと考えている看護師の方もいると思います。


実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。


海外においては医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。


看護師として海外で働きたい場合、英語を身に付ける事を優先しましょう。


看護師が活躍できる場所は、確かに病院が多いですが、他にもあります。


それはどこかというと、介護施設です。


そのうちのグループホームでもまだまだ看護師は足りていません。


このグループホームにいるのは、基本的に認知症の方ばかりなので、そのことを心に留めて介護することが重要です。


介護の分野に関心があるという看護師は、グループホームへ勤務することも考えてみてはいかがでしょうか。


正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。


正社員の場合は月給制で、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。


その時給ですが夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが大体の相場らしいです。


パートの仕事の割には結構良いように思えますが、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、つくづく安い値段ではないでしょうか。


職場にもよりますが、看護師の給料というのは、様々な他職業と比べても、とても高い額の給料となっております。


病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、多めの残業や夜勤への手当などがしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。


夜勤を通常より多く入れている人ですとか進んで残業をたくさんする人の給料をみると、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。


病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師はほぼ確実に夜勤があります。


実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、2交代制か3交代制かでまた違っています。


普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。


3交代勤務の夜勤は勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。


就職しようとしている病院がどういった交代勤務を採用しているのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。

◆結婚のタイミングで転職してしまう看護師も

結婚のタイミングで転職してしまう看護師もたくさんいます。


パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職を考える方がいいと思います。


いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職しておくと良いでしょう。


ストレスが多くあると妊娠しづらくなるので、要注意です。


看護師として働く人が転職しようとする時、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。


けれど、一生懸命に看護師の資格を取ることができたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。


違った職種でも、プラスになるところはいくつも存在します。


努力して得た資格なのですから、活かさないと無駄になってしまいます。


免許が必要な専門職である看護師は医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。


そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、少し念入りに求職活動を試みれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。


最近スマホやPCで閲覧可能となっている転職や求人を看護師に特化したサイトがたくさんありますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。


収入の話になりますが、看護師という職業は、他と比べると、女性の仕事としては、とても高い額の給料となっております。


医療現場という、人命のかかった職場であり、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。


夜勤を通常より多く入れている人ですとか進んで残業をたくさんするなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。


どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。


女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすく顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。


あまり健全ではない、そんな空気の中にいてやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということをわかっておけば、冷静でいられるでしょう。

◆准看護師ではなく、国家試験を

准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが絶対条件です。


看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。


しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。


定員が少なく倍率が高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通う人も増えています。


もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校の通信課程も存在しますから、興味があれば調べてみてください。


看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。


特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、働く日の少ない仕事だったりが選べると良いですね。


子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人も多くいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を有効利用できる別の職を見つけた方がいいでしょう。


夜勤で心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。


注意しておかなくてはならない点として、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して給料が少なくなってしまう事がほぼ確実なのです。


今の収入を減らしてでも、今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。


ちょっと前までは一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、ここ最近になって男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。


看護職においては、患者の移動の際や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性看護師の活躍する場面は多々あります。


給料の点からみると女性と変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。


看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。


料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。


しかしながら、近頃では看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。


ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら悲しい気もしますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。