看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆一般的に、看護師が持つ悩みに多いも

一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、対人関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。


一般的に看護師の多くが女性なので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくないのです。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。


転職し、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。


病院で病棟勤務に就いている看護師なら文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。


なくてはならない夜勤業務ですが、現場から医師や看護師も減ってしまいますし、また、夜中になって患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。


そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は日勤のそれを上回ることになります。


看護師資格の最大の利点は、やっぱり、ブランクがあったとしても心配はいらず、また看護師に戻れるという点です。


これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。


どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば条件に合えばすでに50代になっていても再び働くことができます。


看護師として働く人が転職しようとする時、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


けれど、一生懸命に看護師資格を得ることができたのですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。


かなり異なる職種であっても、看護師の資格が優遇される仕事は多くあります。


努力して得た資格なのですから、活かさないのはもったいありません。


小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、事情があって就職を選んで会社勤めをしていました。


ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。


転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。


夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。

◆誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子

誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。


ですが、近年では看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。


ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら残念だと思いますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。


看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、勤労条件についての要望を始めにはっきりさせておきましょう。


夜の勤務は難しい、休みの日が減るのは困る、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。


ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、不満がたまるような勤め先で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。


基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。


ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


なお、看護師という職についていると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自分の心身の健康についても今の状態を把握しやすくなるようです。


働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。


簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。


何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。


他には、個人の病院で入院施設がなければ、そういうところでは大体は土日は休めるようになっているでしょう。


病院などで看護師という仕事に就いていると、やはり辞職を考えることも何度もあるでしょう。


 仕事上のミスや、心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。


ただ、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと思うことはいっぱいあります。


時に厳しく、時に優しい諸先輩方。


周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。

◆朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は

朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。


休日や時間休も取れますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大変多いようです。


特に子供ができると24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。


けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて職場に戻ってきたりする人も徐々に増えつつあるようです。


看護師という職業は勤務する時間が不規則な上にハードな仕事内容であるということを理由に他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実は看護師の資格というものは、違う職種の現場においても活用できるというのもよくある話です。


具体例として、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。


全国での看護師年収は平均すると437万円ほどです。


ただ国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため年収は平均すると、593万円くらいになります。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。


準看護師の場合だと、看護師より平均年収が70万円ほど低いです。


高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。


ですから、どうしても転職率も高い数値になります。


ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども多種多様に存在しています。


こうした看護師専用の転職サイトであれば、もっと簡単に希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。


どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを参考にしてみるのが良いでしょう。


今どきの交代制勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。


職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、まだ勤務年数が短いうちはほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。


私の話になりますが、妻が子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず苦労した覚えがあります。

◆若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は

若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師はほとんどが女性の職業でした。


でも、今では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性の看護師も多いです。


看護師に求められる能力を考えてみると、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。


女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師にとって大事なポイントになっています。


皆さん想像がつくと思いますが、看護師は女性がかなりの割合を占めている職業なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、結果的に離職率が高い仕事となっています。


さらに、働く時間帯がイレギュラーであることや、ハードな仕事内容であることが原因で離婚してしまう人も多いと言われています。


お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。


皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、医療職にかかわる人たちもより多く輩出されなければならなくなるでしょう。


したがって、今でさえ足りていない看護師ですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。


毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが一つの理由といえるでしょう。


一般的に、看護師は離職率が高いです。


そのため、転職率も高いですね。


そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが多くあります。


こうした看護師専用の転職サイトであれば、時間をかけずに自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。


それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを一緒に活用することをお勧めします。


多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこういったイベントに出る看護師は多く存在しています。


職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性と出会う機会が少なく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。


看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。


ただし、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、休日が合わないために上手くいくケースばかりではないのが現実です。

◆高校進学の際に進学先が衛生看護科だと、他の方法

高校進学の際に進学先が衛生看護科だと、他の方法よりも早めに国家試験の受験資格を得ることができるので、看護師の資格を得るのが一番早いでしょう。


でも、在学中に進路を変更したくなっても変えることは難しいです。


それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが試験までの期間が短いために勉強時間や実習をする時間が足りずに簡単には試験に合格できないという面もあるようです。


様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、働く看護師は外見に気を付けておくことが重要です。


メイクが必要な女性では、派手なメイクは避けて誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが良いでしょう。


すっぴんとは異なり、雰囲気がガラッと変わると思います。


世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズは多くなってきているのです。


それに、大手の会社になると医務室等にも専門の看護師がいて健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを手がけています。


このようなケースは、その企業の社員として入社するといったこともありえるでしょう。


比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、どこで働いているかによって、大きく額が異なります。


個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。


では、退職金についてはどうなっているかといえば、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、納得のいく額が支払われることになるでしょう。


ところが、個人病院の方では、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。


決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。


総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、医療機関以外に看護師として働ける職場に実のところ、保育園が挙げられます。


こうした保育園を職場にするとなると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、理想的な職場だと思います。


病院とは違って、保育園での看護師の仕事は園児の体調管理と共に、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切な仕事です。