看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師の仕事の実態は、ドラマと

看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。


通常業務のみでも大変忙しいのに加え、業務時間以外にも仕事が多くあり、時間通りに帰れないということはよくあるのです。


けれども、いかに多忙で、疲労困憊でも、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。


つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしても打って変わって笑顔になるのです。


考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。


ほんの少し前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、近年では徐々に男性看護師も増加しています。


看護職においては、患者の移動の際や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、力のある男性看護師は重宝されます。


年収については、女性の場合と一緒ですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、より多くの経験を積むことが出来ます。


専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


しかし、大変な思いをして看護師資格をゲットしたのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。


全く異なる職種だとしても、プラスになるところは少なくありません。


努力して得た資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。


国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、医療従事者として手助けしたいという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。


実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、看護師は常に求められているのです。


海外で看護師になる場合、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。


海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。


なぜ看護師になろうと思ったのかは実際にどのようなことをきっかけにして今までに身につけたスキルを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、口にしないことが大事です。

◆実際、看護師が転職する理由は、人間関係という人が大変多

実際、看護師が転職する理由は、人間関係という人が大変多いです。


女の人が多くいる仕事ですし、イライラしやすいこともあり、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。


その時、パワハラやイジメが転職しようと考える理由という人も存在します。


ひどい環境を我慢して働くと、体調を崩しやすくしますから、できるだけ早く転職すべきです。


そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。


そして、医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。


なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。


しかも、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。


近年においては、ウェブ上のサービスとして専門的に看護師の求人などを支援するサイトも増えてきていますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして最適の仕事先を見つけてください。


看護師の当直が16時間などに及ぶ長時間の勤務となっているので仕事中に仮眠をとることが可能です。


月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。


勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり過労になる人が多いのも長続きしない看護師が多い理由の一部かもしれません。


看護師として働く人は女性が大部分を占めているため、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。


さらに、働く時間帯がイレギュラーであることや、過酷な労働環境だということも相まって、離婚してしまう人も多いと言われています。


自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。


「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて「ローンを組みたい」という時でもどちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。


けれども、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の看護師だと必ずしもそうであるとは言えません。


ローンを組むことが容易なのは非常勤でなく、正職員として働いているような看護師の場合には当てはまることなのですが、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。

◆職場を移りたい、と考える看護師は意外な

職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。


看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、そのため求人の数はとても多いのです。


例えば今現在、勤め先でどう考えても給料が労働に見合わなかったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。


現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。


かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。


とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


さて、看護師として長く働き続けると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、それだけでなく自分自身の身体のこともかなり深く理解できるようになるでしょう。


今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこれに参加を申し込む看護師は多数います。


職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。


看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。


ですが、たとえカップルが成立しても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、破局をむかえることが多いと言われています。


看護師の勤務しているところといえば、病院という想像がオーソドックスでしょう。


しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は病院以外にもいっぱいあります。


保健所では、保健師と連携し地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役割です。


それと福祉施設には医師常駐のところは少なく医療行為は看護師が行うことが多いです。


病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。


夜勤においては職員が大きく減ってしまい、また、夜中になって眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。


そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、大体いつも、日勤より多くなるようです。

◆スキルを上げて「有能な看護師に

スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、一にも経験、二にも経験となります。


どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といった単純な業務とは言えませんから、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。


人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として働く場所を変えようとするケースもあるようです。


救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで技術を吸収したいと希望する、大変に積極的な仕事の選び方です。


看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、結局のところ、看護師として勤務していない時間があっても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。


理由として、看護師が専門職だからということと現場の人手不足の問題が少なからず関係しています。


どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は上手くいけば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。


子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、色々と事情があって就職し、結局OLになりました。


ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。


思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働く事も出来ますが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。


すると、看護助手として勤務しながら資格を取ることが出来る事を知りました。


看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。


働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。


ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。


幸い、ネット上を少し見てみると専門的に看護師の求人などを支援するサイトもたくさんありますから、そういったところを利用して優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。


人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。


転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接という流れになるのがふつうです。


これまでの経験や職務について、志望動機など質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。


しかし、看護師としての能力と同様に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも見られています。


人間的な良さをアピールできると、とても有利でしょう。

◆やり甲斐という観点から見てみますと

やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。


でも、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。


挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。


そして、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。


そういったことをわかった上で、看護師という仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程に長所も多いということに他なりません。


転職をするのが看護師の場合であっても、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。


けれど、一生懸命に看護師の資格を取得したわけですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。


全然異なった職種だとしても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は少なくありません。


大変な思いをして取れた資格なのですから、利用しないのは損です。


看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。


面接者の評価が良くなければ、ナースは人手不足といえどご縁がなかったということにもなるのです。


当然のことながら、待遇が良い勤務先は志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして面接試験に行くようにしてください。


TPOに配慮した品のある服を選んで、イキイキと応対するのがポイントです。


資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、やっぱり、ブランクがあったとしても心配はいらず、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。


理由として、看護師が専門職だからということと働き手が足りていない現状が大きくかかわっていると言えます。


どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば上手くいけば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。


実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。


たとえば正社員として働く看護師は月給制です。


でも、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。


具体的な金額としては昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。


パートとしては良い時給なのかもしれません。


しかし、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、つくづく安い値段ではないでしょうか。